ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

no title

8月24日公開予定の映画『検察側の罪人』で初共演した俳優の木村拓哉と二宮和也が、7月24日発売の男性向けファッション誌『UOMO』9月号(集英社)の表紙を飾ることが分かった。
両者が揃って表紙に出るのは雑誌史上初だという。

ジャニーズファンにとって大きな話題になりそうだが、インターネット上ではメインとなるはずの“ツーショット”ではなく、図らずも別の“ある点”に注目が集まっている。

《キムタク、顔が変わってないか? 修正ミス?》
《これキムタクなの? 別人レベル》
《ニノの隣にいる人が、最初誰だか分からなかった…》

ネット上でも《髪型がダサい》などと指摘する声はあるが、その上で彼自身の“劣化”に言及する声も多い。

《どうしたんだろう? オーラがない》
《いじった?》
《良い老け方してないね》
《なぜ若くしようとするんだろう?》
《年相応の自然体を目指してほしかったのに逆方向に向かってる気がする》

木村は現在45歳。いつまでも若くはいられないのは承知の上で、しかしファンが望んでいるのは“良い年齢の重ね方”のようだ。

https://myjitsu.jp/archives/57341

木村拓哉に「ダサい」「老けた」など絶望的な指摘が相次いだ理由 の続きを読む

sumb_megane

 おぎやはぎの小木博明(46)と矢作兼(46)が、女優の剛力彩芽(25)が恋愛をオープンにしていることに「女優として大損」と釘を刺した。

 剛力は、ZOZOTOWNの前沢友作社長との交際が報じられた。今月16日にはワールドカップロシア大会決勝戦を現地で観戦したことをインスタグラムで報告し、前沢社長と一緒に訪れたとみられるスタジアム前で撮影した笑顔の写真をアップして話題に。さらにコメント欄でファンと交流し、前沢氏について「お金がなくてもモテるので心配ですけどねっ笑」などとのろけてみせたことでも、ネットなどで話題になった。

 おぎやはぎの2人は19日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」で剛力のインスタグラムに触れ、矢作は「あの写真を見ると、俺は剛力ちゃんがかわいそうに見えてさ。はしゃいでんのよ。うれしそうな顔なの。なんでそんな写真をあげちゃったのって」と私見を述べた。小木も「もうダメだなぁ、もったいない。載せなくていいのにね。付き合ってるのはいいことなんだけどさ、載せちゃいけないでしょ」と剛力が前沢社長と同じ構図で撮した写真を公開したことをとがめた。

 矢作は「女優さんとしてさ、事務所とか変な色をつけたくないわけじゃん。あのはしゃいでる感じが出ちゃうと、もうなぁ……。損か得かで言うと、得ではないからね、女優さんとして」と指摘。小木も「大損ですよ」と同調した。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15039446/

【おぎやはぎ】のろける剛力彩芽は「女優として大損」「あのはしゃいでる感じが出ちゃうと、もうなぁ……」 の続きを読む

タレントの眞鍋かをりさん(38)が、アイドルや女性芸能人の容姿を「劣化した」などと表現する風潮について、自身が年齢を重ねたことで開き直れるようになったとツイッターで明かした。

「芸能人ってすぐ『劣化』とか言われたりするけど」――。2018年7月20日午後の投稿で、眞鍋さんは突然このように切り出した。そして、38歳という年齢になったことで、こうした批判に対して、

「あっ、知ってまーす どっちかっつーと老化でーす」

no title

https://www.j-cast.com/2018/07/20334346.html

【眞鍋かをり(38)】「劣化」批判に開き直り 「どっちかっつーと老化でーす」 の続きを読む

10041364

元プロ野球選手で野球解説者の金村義明氏(54)が、20日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・0)に生出演。炎天下で行われている夏の全国高校野球選手権地区予選について、持論を展開した。

 兵庫・報徳学園高3年時に夏の甲子園で全国優勝の経験を持つ金村氏は、「見直すところは見直さないといけない」と前置きした上で、高校時代を振り返り「予選7試合、甲子園6試合を1人で投げた。
今の気候でやっていたら僕はたぶん、生きていない」と苦笑。「水をどんどん摂取しながら、あまりにも危険なときは練習を休むなど、そういう見直しはするべきだけど、甲子園だけは続けてほしい。今年で100周年ですよ」と熱く訴えていた。

https://www.sanspo.com/geino/news/20180720/geo18072021190027-n1.html

【金村義明氏】炎天下での高校野球は続けるべき「今年で100周年ですよ」 の続きを読む

このページのトップヘ