ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

middle_46132_0

女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。
医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。
セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しいとの要求にも「渡せない」と拒否したという。父は病院を変わり、1年半を生きたとしている。

加藤はある週刊誌の対談企画で大阪を訪れたと記した。対談した医師について「簡潔にわかりやすく、ゆったりお話ししてくださいました。
患者さんにもこのように対応してらっしゃるんだろうな~、と想像できる先生でした」と信頼出来そうな医師だったと記した。

続けて、「ドクターと患者 ストレスなくコミュニケーションが成立する関係が理想的ですが…これがなかなか、難しいんですよね」とこれまでの経験から訴えた。
「私なんかは直ぐにはドクターのお話を理解できません。でも、医師に質問すると、イライラ空気であからさまにーその説明したところで、君にわかるの?みたいな態度をされたり…」とも。

さらに加藤は「亡き父が、癌になったときのこと」をつづった。総合病院の外科医が「手の施しようがないステージです。もって3か月です。
退院して自宅療養をおすすめします」と、「説明もめんどくさそうに言われました。ショックで倒れそうでした」と振り返った。

加藤はセカンド・オピニオンを考え、「検査結果をいただけますか?」と尋ねた。すると医師は「検査結果が欲しいなんて初めてです。それは渡せません。
どこに行かれても同じですよ」と返答。「半分鼻で笑われてるような言い方であしらわれました」と記した。

加藤は「今でも、思い出すと吐き気がするくらい酷い対応でした」とし、しかし、「おかげで家族一丸となって父の闘病生活を共にする覚悟が出来ました。
そして、退院して、患者側に寄り添った治療をしてくれる病院を見つけて、父は1年半延命することが出来ました」とつづった。

以来、加藤は「説明をはしょったり、言葉を濁す医師を信頼できない傾向があります」と当時の外科医によって考え方が決定づけられた様子。
現在は「幸運なことに現在の私は、不妊治療、出産、そして家族でお世話になっている内科や耳鼻咽喉科の主治医や看護師さんたちに、とても恵まれています」と記し、
「あらためて、医師とのコミュニケーションがいかに大事なことかを痛感しています」と、つづった

http://news.livedoor.com/article/detail/15589966/
2018年11月13日 17時55分 デイリースポーツ

【加藤貴子】 父ががん、総合病院の外科医の対応「ひどい」 の続きを読む

5f67b3

11月14日、大みそか恒例のNHK紅白歌合戦の出場者が発表され、King&Prince、純烈などが初出場を果たした。

しかし、11月に入ってからも、各メディアでは年末に向けて復活説が信ぴょう性をもって語られていた和田アキ子の復活はなかった。

「実は『紅組』の司会として当初、過去に『紅組』の司会経験があり、来年1月スタートの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』への出演も決まっている綾瀬はるかが有力視されていたんです。
今年デビュー50周年を迎えるという和田自身のメモリアルイヤーに加えて、
今年は同じ『ホリプロ』の鈴木亮平が大河ドラマ『西郷どん』の主演を務め、さらに後輩の綾瀬が『紅白』の司会を務めるとなれば、和田の復活の可能性も十分だった。
『BOYS AND MEN』研究生とコラボし、5月にリリースしたシングルも好調。
今夏には『ボイメン』研究生とともにNHKの『うたコン』に出演するなど関係修復も図っていましたからね」(スポーツ紙芸能デスク)

それでも落選となった理由とは──。

「司会は綾瀬ではなく、次期朝ドラの主演を務める広瀬すずだったこともありますが、やはり一昨年に落選が決まった後に和田がラジオ番組で『今年は観たくない。
日本を後にしたい』『早くほっておいてほしい』とか、その後も『私は急に切られた』などとさんざん恨み節を語ってしまったことの影響はいまだに大きいということでしょう。
メモリアルイヤーでもお声がかからなかったということは、来年以降もよほどのヒット曲でも出さない限り今後も復活はムリでしょうね」(前出・デスク)

和田の通算40回目の「紅白」出場への道は限りなく遠のいたようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1570418/ 
【和田アキ子】「今年の紅白復活」が強く囁かれるも叶わなかったワケ! の続きを読む

20181114-00000060-dal-000-3-view

俳優・坂上忍が14日、MCを務めるフジテレビ系「バイキング」に出演。防弾少年団(BTS)の「原爆Tシャツ」「ナチス帽」騒動について「無自覚の罪」と苦言を呈し、無自覚だったことそのものが「罪」だとした。

 「おしゃれだからとか、与えられたものを着ただけというのかもしれない」と深く考えずに着用したことを示唆。だが「20歳過ぎてんでしょ?原爆とかナチスのことも『よく知らない』『そんなつもりなかった』が通用するのかな」と疑問を呈した。さらに「知らない罪ってある。知らなかったでは済まされない場面がある。今回がその場面」と“知らなかった”が通用しないとした。

 一方で「韓国の人と一緒に仕事することもあるんだけど、彼らは日本語はうまいし、勉強熱心で、礼儀正しいいいイメージしかないから、あまりこういう騒動になるのは韓国の人も僕らも好まないと思う」と思いやっていた。さらにBTSが「過激なヒップホップなの?だとしたらまた何かあるの?可能性あるの?」とさらなる問題が起きることを心配していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000060-dal-ent

【BTS騒動】<坂上忍>「20歳過ぎてんでしょ?原爆とかナチスのことも『よく知らない』が通用するのかな」 の続きを読む

20171112162505

元TBSアナウンサーの安東弘樹アナ(51)が、曜日コメンテーターを務めるTOKYO MXテレビ「バラいろ ダンディ」(月〜金曜・後9時)に出演。
週刊誌で報じられている日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」の“やらせ疑惑”について持論を展開した。

この日の番組では、疑惑をかけられているラオスの「橋祭り」について、MCの内村光良(54)が別の週刊誌の取材に「信じています」と語ったことが紹介された。

安東アナは「演出とヤラセは永遠のテーマ」として、視聴者の目が肥えてきているため敏感になっていると指摘。
YouTubeなどリアルな映像を流す動画サイトの広がりが、より(ヤラセか分からない)テレビから離れる状況を招いているとして
「テレビにとって過渡期になっている」と語った。

一方、番組コメンテーターの内山信二(37)は、自身もバラエティーの海外ロケで、
ホームステイ先を探して入った先の住民が収録用のピンマイクをつけていた過去を暴露。

「演出と言えば演出だし、だからって誰か傷つく人がいるんですかってなると、誰も傷ついていないのでいいのかな。
それを踏まえてテレビを楽しんでもらいたいな」と寛容コメント。「何で人気ある番組を叩こうとするのかな」と続けた。
https://news.nifty.com/article/entame/12265/12265-123779/ 
【イッテQ!ヤラセ】 内山信二 「何で人気ある番組を叩こうとするのかな。 誰か傷つく人がいるんですか、誰も傷ついていないのでいい」 の続きを読む

このページのトップヘ