ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

2017112807

9月21日、ロックユニットB’zが味の素スタジアムで『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 ―HINITORI―』のライブを開催。この日デビュー30周年を迎えたB’z の祝福に木村拓哉(45)がサプライズ登場したとして、Twitterで話題を呼んでいる。

雨の中スタートしたライブは、デビュー30年記念日とあって大盛り。ライブ中盤で『ZERO』を歌う稲葉浩志(53)に、近寄るカメラマンの姿が。稲葉はカメラを取り上げ、逆にカメラマンを撮影。すると、そのカメラマンがなんと変装した木村だったというのだ。

巨大モニターに木村が映し出され、会場は大歓声。マイクを向けられた木村は「30周年おめでとうございます」と伝え、稲葉や松本孝弘(57)とハグ。そして稲葉のマイクをシェアしながら『ZERO』を歌い、ステージから退場したという。

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1666759/

【木村拓哉】B’z30周年ライブにサプライズ登場、ファン騒然 の続きを読む

20180921071313

オフにはゲームで遊んだり、ゲーム実況動画を視聴するなど、予てよりゲーム好きを公言していた本田。記念すべき1回目の生配信は「Dead by Daylight」をプレイした。

本田翼ゲーム生配信、初回ならではのトラブルも


初回から、最多時14万超人ほどの人が視聴するほど大盛況となった今配信だが、途中設定変更のために一旦ゲームを中断し、本田がフリートークで繋ぐ“初回生放送”ならではのトラブルも。

しかし、動じた様子がない本田は、軽快にトーク。本田翼であることを隠して行ったテスト配信の模様について、「(アップした動画は)編集を頑張ってやりました。編集って楽しい。見ていただいたらわかると思うんですけど、素人がやったなって感じが全面に出ている」と恐縮気味だったが、コメント欄は「編集もやったのスゴい!」「全然そんなことなかった!」などと盛り上がっていた。

本田翼の“神対応”


また、中断中には、仕事の都合で不定期になってしまうことや、「仕事っぽくやりたくないんですよ、ゆるりとやっていきたい(笑)」と配信についての姿勢も説明。話はゲームに限らず、先週行っていたニューヨークの思い出話や、発売されたばかりのiPhoneXSについてなどにも及び、「トークだけでも満足」「声だけ聞けてもいい」「フリートークまで聞けるとは…トラブル中の神対応に感謝」などのコメントが寄せられた。

初回とは思えぬ配信に


その後、改めてゲーム配信をリスタートさせ「いや~ダメ~」「やだ~危な~い」など無邪気に楽しんだり、ルールやキャラクターの説明を入れたりと、すっかり実況も板についている本田。その腕前の高さにも注目が集まったほか「トークも含めて初回からスゴい」「初めて『Dead by Daylight』やるとか流石」「次回以降も絶対観る!」「可愛い声と怖いゲームのギャップ!」「こんなに可愛い配信みたことない」「初回から15万目前はヤバイ」と話題に。コメント欄に多数寄せられた顔出し希望には、「ゲームしているときの顔、見られたくないですよね~シンプルに(笑)。人前でご飯食べてる顔見られたくないって人と同じかな…あと、真剣にゲームやってるから…」と答えていた。

そして、2時間を超えたところで第1回の配信を終了。最後は「私はファンクラブとかファンイベントとかないから、なかなかファンの人と近い距離で何かできることがなかったので、今回こうやって好きなゲームを活かしつつ、生の声を聞いて頂けることが嬉しく思います。ありがとうございます」と感謝の言葉で締めくくった。(modelpress編集部)

https://mdpr.jp/news/detail/1794372

【本田翼】ゲーム実況生配信が初回から14万人超えの人気 トラブルも“神対応”で乗り切る の続きを読む


お笑い芸人でタレント、世界的なインスタグラマーでもある渡辺直美さん(30)が来春をめどにNYへの渡米を発表。2014年の短期留学が衝撃だったことが理由の1つで、今回の渡米後は本格的なエンターテイナーを目指すそうです。

すでにフォロワーが約820万人いる彼女ですから、逆に考えれば日本だけを拠点にしているのがおかしかったほど。今後の活躍に注目ですが、ここ最近またしても芸能人の留学ラッシュが続いています。

たとえばモデルのダレノガレ明美さん(28)はアメリカへの短期留学を宣言し、着々と準備を進めています。目的はハリウッド女優になるということで、これは同じくハーフタレントでモデルのローラさん(28)に刺激を受けてのことなのでしょうか。

またタレントのウエンツ瑛士さん(32)も、10月から1年半のイギリス留学をすでに宣言。ロンドンでのミュージカル出演を狙うといいます。

スマホがあれば、今やどこでも発信ができる時代。すでに一定数のファンや知名度を獲得している人は、日本にとどまりテレビ出演を中心に活動する必要はありません。それは前々から感じていたことですが、ここへきて“泊付けとしての海外”という選択が1つ浮き彫りになっている気もします。

■一般人と芸能人を分けるものは何か?

そもそもSNSのフォロワーが1つの審査基準となった今、一般人と芸能人の境目はかなり曖昧になりつつあります。しかしフォロワー数が多かったとしてもテレビには一切出ずにネットでの発信や出演が多いと、「あの人は落ち目?」「干されたの?」といったリアクションが芸能人に出てしまうのが現状です。

テレビとネット、2つの軸で輝くことが求められる芸能人。今の時代、比重や売りポイントをどこにおくか非常に悩ましいのかもしれません。

そうなると芸能人として一般のインフルエンザーと立ち位置を変えるためには、それなりの“箔付け”が必要になっていきます。女優であれば「有名作品に出た」といった内容で良いのかも知れませんが、こと話術が売りのタレントやグラビアアイドルは難しさがある。

そこで海外留学や海外作品への出演経験というのが、1つ影響力を発揮してくるのではないでしょうか。

もちろん当人の熱量はそれぞれだと思います。ただ1年とかの期間限定で海外作品へ出演ができたとしても、芸の道が極められるかは懐疑的です。そうなると芸のスキルアップは求めるとしても、同時に箔付けや刺激を得るという目的の方が、大きいような気もします。

■キャラ付けに海外留学、芸能人としてあるべき次の一手とは

ここ数年の芸能人(特にタレントさん)は資格を取得したり何かに本格的にチャンレンジしたり、はたまた起業したり大学に入学したりと多面的な活動が加速しています。どれも否定するつもりもありませんし、正解が何かはわかりません。

ただ1つ言えることは、本当の意味での“タレント性”というのが昔とは違うカタチで求められ始めたという証拠なのでしょう。

ただ可愛くて、ただ話がうまい。それだけでは、タレント性は弱い。弱肉強食の芸能界。次はどんな一手が生み出されるのか、注目したいと思います。

9/22(土) 6:02配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00010001-jisin-ent

イラストno title

【なぜ今】芸能人はこぞって海外留学するのか? の続きを読む


issei-ran
タレントの乱一世が、「CM中にトイレへ」発言でスポンサーの怒りを買って、芸能界を干されてしまった騒動を振り返った。また、現在の活動についても明かしている。

9月20日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」は、「人生が180度激変した人SP」だった。乱は1990年代に人気を誇ったテレビ朝日系
「トゥナイト2」のレポーターとしてブレークを果たし、当時はレギュラー番組をいくつも抱える売れっ子だった。番組では、「トゥナイト2」のキワドい裏話もいろいろ明かされた。

乱が失墜する事件が起きたのは、1997年8月のことだった。「トゥナイト2」の生放送中、番組をアピールするあまり、「これからCMに入るので、
トイレに行きたい人は行ってもいいですよ」と言ってしまったのだ。この一言に対して、番組スポンサーは激怒。翌日の新聞でも当該発言が取り上げられる事態となってしまった。

この発言の代償は大きく、10月から担当する予定だった平日帯のラジオ番組、テレビ番組のオファーが立ち消えになってしまった。その後、約2年半で出演番組すべてから干される結果となってしまった。

乱は、「一緒に出てるリポーターとかスタッフからも電話がかかってきて、『大丈夫なの? いつ頃戻れるの?』とか。犯罪者か重病人の扱いですよ」
と一連の騒動を振り返った。事件から21年たってもテレビで姿を見ることのない乱だが、現在は週6本レギュラーを抱える人気ナレーターとして活躍しているそうだ。

(文/原田美紗@HEW)

https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/578614/

「CM中にトイレへ」発言で干されたレポーター、炎上当時は「犯罪者か重病人の扱いですよ」 の続きを読む

このページのトップヘ