ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

alife2

1月15日に放送された木村拓哉主演のテレビドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)第1話の視聴率が、14.2%だったことがわかった。
同ドラマは、木村主演のドラマとしては低空飛行のスタートとなった。

「かつて木村といえば、主演ドラマは視聴率20~30%が当たり前でしたが、近年は下降ぎみ。
そして今回の『A LIFE』は、彼の主演作の中で歴代ワーストの初回視聴率を記録しました。
それでも他のドラマと比べれば、十分な数字ではありますが、本作は主役級の俳優を揃え、1話あたり約1億円という莫大な制作費がかかっている。それだけにTBS側としては、物足りない数字でしょう」(テレビ誌記者)

また木村は今回、今まで演じるのを避けてきた医者役を、視聴率獲得のために選んだとも一部で囁かれている。
しかし昨年、全話平均で視聴率20%超えを記録した「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)とは、大きく水を空けられることとなった。

そんななか、1月17日発売の「FLASH」が、木村の今後の予定を掲載し話題を集めている。

「木村といえば昨年、SMAP独立騒動の際に、1人事務所に残ることを選択したと言われています。
そのため、事務所はジャニーズ帝国に忠誠を誓った木村を今まで以上に全面バックアップすることになっている。
その結果、現在TBSドラマに出演している木村ですが、記事では10月からの月9主演にも決まっていると報じています。
つまり今年、彼としては異例の年に2回の連ドラ主演を務めることになるようです」(前出・テレビ誌記者)

「A LIFE」の不発を見越して、月9という「保険」をかけていたとしたら、TBSの制作陣としてはなんとも士気の下がる話だろう。
http://www.asagei.com/excerpt/74023

【キムタク】 「A LIFE」惨敗でもすでに秋の月9主演に決定の続きを読む

2e535_188_5909086b_3d03f57d

 18日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」でお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、アニメ作品において芸能人が声優を担当することに反対姿勢を示し、本業である声優が担当した方がいいと主張した。

 2012年4月28日公開のアニメ映画「きかんしゃトーマス ディーゼル10の逆襲」でディーゼル10役を担当した山里。
オファーを受けた際には「原作とか色んなものを壊してしまうのがイヤだから」と拒否したが、製作側から「全然大丈夫」と説得され、声優に挑戦。
しかし、山里の不安が的中。作品が公開されると同シリーズのファンから猛烈な批判を受けたという。

 その苦い経験を踏まえ、山里は「餅は餅屋。本当に絶対声優さんがやった方がいい、アニメの声は」と主張。
「演技ができてようがなんだろうが、芝居できるレベルじゃないんだよ。声優さんの出す声の感じと、アニメに命を吹き込む感じって」と自身が感じた印象を語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/12561888/ 
2017年1月19日 15時0分 リアルライブ 

【芸能人のアニメ声優に反対姿勢】山里亮太 「餅は餅屋。絶対に声優がやった方がいい」の続きを読む

問題のマナー広告は、東急電鉄が1月9日から、駅の構内ポスターとして使用。
公式サイトにも掲載している。足を組んだり広げたりして座っている乗客に挟まれた女性が、足を揃えて席に着く写真が使われている。
女性が履いている黄色いハイヒールに焦点をあて、「ヒールが似合う人がいた。美しく座る人だった。」 というキャッチコピーを添え、周囲に迷惑をかけない「スマートな着席」を呼びかけている。

この広告を見た人たちからは、「ヒールをはいた女性は足を閉じて座るときれいなんて、お節介で抑圧でしかない」「迷惑なのは両隣の男性なのだからそちらに訴えたほうが良いのでは」などとTwitter上で批判が続出。
自作のイラストや他の鉄道会社の広告を引き合いに出し、「もっとダイレクトに伝えるべき。
迷惑行為の深刻さが伝わらない」といった表現方法に疑問を投げかける意見も相次いだ。


問題になった広告↓
no title

クレーマーが改善した広告
no title


2017年01月19日 13時33分
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/19/tokyu_n_14260560.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

【難癖クレーマーで大炎上】東急広告「ヒールが似合う人がいた 美しく座る人だっだ」の続きを読む

CI0003

【1月19日 AFP】米スポーツ専門チャンネルESPNの解説者が、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)に出場している ヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)を「ゴリラ」と比較するような発言をしたことで、インターネットでは批判の声が殺到している。

 18日に行われた女子シングルス2回戦で、試合の解説を担当した元テニス選手のダグ・アドラー(Doug Adler)氏は、「(対戦相手のシュテファニー・)フェーゲレ(Stefanie Voegele、スイス)がファーストサーブをミスすれば、圧倒的にヴィーナスが有利だ。ヴィーナスの動きはまるでゴリラだ。
襲撃に備えている」と発言。それを見た視聴者は、すぐさまソーシャルメディアで嫌悪感をあらわにしていた。

 テニス記者のベン・ローゼンバーグ(Ben Rothenberg)氏も「最低のコメントだ」と批判し、自身のツイッター(Twitter)に「2017年になっても、ウィリアムズ姉妹がそんなことを言われ続けるなんて、ぞっとする」と投稿した。

 女子では今大会最年長となる36歳のヴィーナスは、フェーゲレに6-3、6-2で勝利し、3回戦に進出している。

 合計で29回の四大大会(グランドスラム)制覇を成し遂げているヴィーナスと妹のセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)は、これまでも否定的なコメントを浴びせられた経験がある。

 2014年には、ロシアテニス連盟(Russian Tennis Federation、RTF)のシャミール・タルピチェフ(Shamil Tarpischev)会長が、姉妹を「ウィリアムス兄弟」と呼んで謝罪した。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3114684

【全豪オープンテニス】米テニス解説者「ヴィーナス・ウィリアムズの動きはまるでゴリラ」→炎上の続きを読む

このページのトップヘ