ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

逆風のなかで迎える初陣のガーナ戦へ「結集した力を作っていきたい」

20180526-00106220-soccermzw-000-1-view

日本代表の西野朗監督はロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで約3週間となるなか、日本国内での代表チームへの関心の低さに危機感を露わにしている。

【写真】「日本の女子校生風スカート姿」と反響! 来日のW杯ロシア美女アンバサダー、“白いブラウス&ショートスカート”公開

 千葉県内で行われた代表合宿開始前のミーティング、日本サッカー協会の田嶋幸三会長のスピーチに続き、西野監督も選手に語りかけた。

「ミーティングでは集まって会長の激励もあった。その後……何を話しましたっけ?」と、スピーチ内容の質問にいきなりボケてみせた指揮官。だが、日本代表の現状には危機感を示している。

「いろいろな形で最終的なキャンプに入ってきた。ワールドカップというところを捉えるよりは、まずはチームを整える。(最近は)代表チームの活動・試合があまり良い形で報じられていない。関心が少し薄れた。代表はどうなのかというなかで、ワールドカップを迎える。ガーナ戦を迎えて、ワールドカップに出場できる。ワールドカップを見据える前に、代表チームとしての、劇的とは言いませんけど、新しい体制のなかでのゲームを見せようと」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が電撃解任され、技術委員長として支えていた西野氏が監督に就任した。日本国内での代表への懐疑論や、関心自体が薄れてしまったという実感が指揮官にはあるという。逆風の中で迎える就任1カ月足らずでの西野体制の初陣。劇的な変化を見せることはできないが、新体制の色を示したいと指揮官は語っている。

「時間がないなかで、自分だけの力でやることに限りはある」

 2015年に名古屋グランパス監督を退任し、久々の現場復帰を果たした63歳の指揮官。日本代表をロシア大会でグループリーグ突破に導く“ミラクルレシピ”は存在しない。

「ただもう時間がないなかで、自分だけの力でやることに限りはある。選手に与える、選手からも力をもらって結束しないと。そういうのがないとチームとして戦えない。それが日本チームの強さでもある。そうした結集した力を、この短い間で作っていきたい」

 西野監督はこう語った。デュエルを前面に押し出し、自ら描く道を突き進んだハリル流とは対照的に、選手との協調路線で苦境を打開するつもりのようだ。

フットボールZONE 5/26(土) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180526-00106220-soccermzw-socc



【サッカー】日本代表、ガーナ戦のチケット完売を発表…当日券販売はなし、5月30日19時25分キックオフ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527073278/

【W杯直前の関心の低さに危機感】西野監督「代表があまり良い形で報じられていない」 の続きを読む

 フィギュアスケートのアイスショー「ファンタジーオンアイス」の幕張公演が25日、幕張イベントホールで開幕し、14年ソチ、18年平昌五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が出演した。

 オープニングで華麗なトリプルアクセルを成功。公の場では2月25日の平昌五輪エキシビション以来89日ぶりとなるジャンプを跳んだ。

 公演後の取材では、報道陣の質問が終わった後、立ち止まって、自ら切り出した。「変な報道もありますけど、僕は関与してません。
ビックリしました。別の世界の僕が知らない羽生結弦っていう人がいるんだなって」と、一部週刊誌で報じられたメドベージェワ(ロシア)との熱愛を疑う報道を否定。笑顔で立ち去った。

 メドベージェワは新シーズンから羽生と同じブライアン・オーサーコーチを師事。「羽生を追いかけ」などと報じられていた。

デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000189-dal-spo
no title

no title

【フィギュアスケート】羽生結弦 メドベージェワとの週刊誌報道を否定「別の世界の羽生結弦って人が…」 の続きを読む

20180525-00000166-spnannex-000-6-view

 22年ほど前にデビューし、一時バラエティ番組でひっぱりだこだった藤崎菜々子(40)が、25日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演。露出が一気になくなった理由を激白した。

 藤崎は愛らしいルックスと天然キャラで、早くからバラエティ番組やドラマなどに出演。お茶の間の人気者となっていた。しかし、ある日激しいめまいと動悸の乱れに襲われ、医師に「自律神経失調症」の診断を受けることに。その後もイライラは止まらず、スタッフにあたるようになってしまったという。

 リアクションが大きいことがウリだったにもかかわらず、日に日に感情は薄くなっていくばかり。そんな時、「内臓をねじ切られそうな激しい痛み」が藤崎を襲った。その原因となったのが、子宮内膜症の一種「チョコレート嚢胞(のうほう)」。月経血が逆流し卵巣内に袋状の「嚢胞」ができるというもので、見た目がチョコレート状であることから、その名がついている。4センチ以上になると卵巣がんの危険性も高まるとされているが、藤崎のものは、なんと6センチにも肥大していたのだ。

 緊急手術を行い痛みを抑えることはできたが、この病気の怖さは高い再発率にある。術後5年の再発率はなんと40~50%。子宮を摘出しない限り根治は難しいと宣告されていた。

 藤崎はホルモン剤によって痛みを抑える化学療法を選択したが、この場合服用中は無月経になるという。従って、痛みから逃れるためには“妊娠することは不可能”ということになってしまうのだ。

 再発すれば激痛、再発防止をすれば妊娠ができないという女性としてのジレンマに陥った藤崎。現在はハーブについて猛勉強したり、アロマセラピーの資格も取るなどして、内側から改善する努力を続けているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000166-spnannex-ent

【あの人は今】藤崎奈々子 露出が激減した原因を激白 の続きを読む

20180525-00000133-dal-000-5-view

フィギュアスケートのアイスショー「ファンタジーオンアイス」の幕張公演が25日、幕張イベントホールで開幕し、14年ソチ、18年平昌五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=や、06年トリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ(35)=ロシア=らが出演した。

“皇帝”プルシェンコは10年バンクーバー五輪のフリー「Tango Amore」を男の色気をプンプンに漂わせながら舞った。フィニッシュではリンクの外に飛び出て、観客の女性を1人立ち上がらせて、力強く抱きしめる圧巻のパフォーマンス。抱きしめられた女性は、腰砕けになり、その場に倒れ込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000133-dal-spo

【フィギュアスケート】さすが“皇帝”プルシェンコ 観客女性抱きしめ、腰砕けにさせる の続きを読む

このページのトップヘ