ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

ダウンロード

放送中のフジテレビ系・月9枠の連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の13日放送(第4話)の平均視聴率が6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、月9ドラマ史上最低視聴率を更新してしまった。

 今作は西内まりや(23)演じる結婚したいOLと、人気バンド・flumpoolのボーカル、山村隆太(32)演じる結婚したくないイケメンアナウンサーを中心に繰り広げられるラブコメディー。ティーン誌のモデル出身で、若い女性に人気の西内が、フジの看板枠で初主演を務めたのだが……。

「当初はキャスティングが難航。西内は制作発表会見で、急きょ海外留学予定を中止してオファーを受けたことを、また、山村は昨年11月にオファーを受けたことを明らかにした。ドラマでは西内と山村、山村の恋敵の山崎育三郎との胸キュンのキスシーンが見どころですが、他に打つ手なしといった感じです」(テレビ関係者)

 また、同ドラマに続く放送で「SMAP×SMAP」の後番組として注目されていた「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」は、初回から6.7%と撃沈。フジテレビの月曜夜は全く数字がない状態だが、局内ではあるプランが再浮上中だという。

「以前、月曜午後9~11時で、ジャニーズ事務所のタレントが総出演するエンタメ番組の企画が浮上していたが、SMAP解散騒動のゴタゴタで立ち消えになっていた。しかし、数字が期待できるジャニーズだけに、年内になんとかスタートできないのかという声が上がっている」(フジ関係者)

 4月の月9は嵐の相葉雅紀主演ドラマが発表されているが、もはやジャニーズ頼みしか方策はなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITAL 2/19(日) 9:26配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000009-nkgendai-ent

【「月9」沈没で再浮上 !】フジテレビに“ジャニーズ総出演番組”計画の続きを読む

no title


森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。
この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。

1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。
年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、時代とともに高齢化が進み現在では70%以上に達している。
逆に20代は15%から1%に激減。シカやイノシシの獣害が目立つようになってきたことには、ハンターの減少も影響している。

「『有害鳥獣対策費』は毎年100億円前後が予算に計上されていますが、農作物被害はそれを上回る200億円前後に達しています。
獣害で農家が疲弊し、農地を手放すような深刻な状況に陥っているケースもあるのです。
シカが樹皮を食い荒らす森林被害も深刻で、国はシカとイノシシを半減させる目標を掲げていますが、
現実は繁殖が駆除をはるかに上回っています」(農林水産省鳥獣対策室)

そんな折りに、JR東日本の駅構内商業施設『エキナカ』に展開するファストフード店『ベッカーズ』が、
鹿肉バーガーを昨年11月から先月までのキャンペーンにおいて、前回より3割増しの2万食を準備し、これがすべて完売するほどの人気を博した。

鹿肉の味は、牛肉ほど主張がない控えめなあっさり系だという。
同店のミートパティは、野生鳥獣被害対策で捕獲された長野の鹿肉を使用しているという。
この鹿肉バーガーは、1個720円と牛肉バーガーのおよそ2倍もする価格だが、
農作物を食い荒らすシカがおいしい料理に変わるのならば、まさに一石二鳥である。

このような野生動物の問題は、海外ではどう対処しているのだろうか。
ヨーロッパなどでは野生鳥獣の肉を『ジビエ』と呼び、貴重な高級食材として珍重されている。
日本ではなぜビジネスの対象にならないのだろうか。

「実際に、ハンターが捕獲した肉が利用されるのはまれで、9割以上が廃棄されています。銃で駆除すると食用として使えないのです。
それに加えて、全国的に獣肉の処理施設が未整備で、捕獲しても持っていく施設がありません。
牛や豚、鶏に比べ、日本の消費者の抵抗感は根強いこともあります」(グルメライター)

戦前は旧帝大に狩猟学が存在していたというが、現在は消滅している。
一方で、欧州では狩猟学が確立され、生息域や個体数の管理から人道的な捕獲、食肉利用まで担う専門の職業人が存在している。
また、英国営林署の職員の1割は野生シカの捕獲係だという。

日本でも狩猟学講座を復活させ、ジビエ料理として活用してこそ、鳥獣の命は全うされるのではないだろうか。

http://myjitsu.jp/archives/17217

【獣肉】海外で重宝される「ジビエ料理」はなぜ日本で定着しないのか?の続きを読む

20170218-00010000-jomo-000-2-view

「ヤツガシラ」が今月上旬ごろから、館林市のつつじが岡公園周辺で目撃されるようになり、アマチュアカメラマンらが連日集まっている。

◎愛好家が集結 マナーを喚起
 日本野鳥の会群馬館林分会(太田進会長)によると、1科1種の珍鳥でユーラシア、アフリカ両大陸などに広く分布する。驚いたり興奮すると、頭にある冠羽(かんむりばね)を扇のように開く。

なぜここに…? アフリカなど分布の珍鳥ヤツガシラの目撃情報 館林・つつじが岡公園
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00010000-jomo-l10

【秘境】群馬でアフリカにしか生息しない鳥を目撃。日本野鳥の会「調査員を派遣し、情報収集に当たっている」の続きを読む

19日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、厚切りジェイソンが、日本文化を称賛する番組に困惑していることを明かした。

番組では、厚切りジェイソンとSHELLY、パックンの3人が、日本の芸能界について外国人目線でトークを展開した。

その中で、厚切りジェイソンは「凄くない日本の文化に感動しないといけない場面がある」と日本で活動する外国人タレントのデメリットを語ったのだ。

厚切りジェイソンによると、日本の文化を称賛する番組に出演したときのこと、日本文化がすごいのは「四季があるから」という返答が求められたが、

内心では「アメリカにも季節はあるんだよね」と思ったそう。だが、それを発言すれば全面カットされてしまうため、「四季凄いよね!」と言うほかなかったという。

これを聞いたSHELLYは思わず苦笑い。そして「それ外国の人はよく言う!(日本人は)四季を感動させたがるけど、世界中に四季はあるって」と納得したのだ。

厚切りジェイソンは「四季はどこにでもあるよ!」と大声で指摘していた。

2017年2月19日 9時59分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12693356/

写真
no title


1★2017/02/19(日) 12:53:06.42
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487502809/

【日本称賛番組に困惑!】<厚切りジェイソン >「凄くない日本の文化に感動しないといけない場面がある」の続きを読む

このページのトップヘ