ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

pye1802230023-p1

北「美人応援団」、米フィギュアペアに突然の拍手 自然な心境の発露? 仲間が慌てて制止   


 平昌五輪に出場したフィギュアスケートの米国ペアに対し、北朝鮮の「美女応援団」の1人が
拍手を送ったことが米メディアで話題となっている。北朝鮮選手に大声援を送る任務を負う一方、
五輪観戦を純粋に楽しむ最中に起きたまさかのハプニング。“敵国”米国を利するかのような
行為に気付いた隣のメンバーが慌てて、止めに入った。

 22日付の米紙USAトゥデー(電子版)によると、ハプニングが起きたのは15日、
米国のクリス・クニエリム(30)とアレクサ・シメカクニエリム(26)のペアがリンクに登場したシーン。

 頭に毛糸の帽子、ブルーと白の上着をまとって縦約10列、横約10列に美しく陣取った美女応援団のうち、
右端中段付近に座っていた女性が突然、笑顔で拍手をし始めた。

 しかし、ミサイル・核問題などで激しく対立する敵国への行為に気付いた左隣のメンバーが慌てて、
女性を右肘でこづいた。拍手を止めた女性はその後、“鉄仮面”のように無表情を貫き通した。
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180223/pye1802230023-n1.html

【悲劇】 北朝鮮応援団の1人、米国選手に拍手 周囲「っ!?」「バカな…!」「あ…あ…」 の続きを読む


DDNpuu0UMAAiMvr

政府は23日午前の閣議で、左翼過激派の日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)に関し「全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)および東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)内には、影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が相当浸透していると認識している」とする答弁書を決定した。
民進党の川合孝典参院議員の質問主意書に答えた。

答弁書は、北海道旅客鉄道労働組合(JR北海道労組)への革マル派の浸透実態についても「現在、警察などにおいて鋭意解明に努めている」と言及した。

JR総連やJR東労組への革マル派の浸透実態に関しては、平成22年5月11日の閣議でも同様に「影響力を行使し得る立場に革マル派活動家が相当浸透していると認識している」とする答弁書が決定されている。

http://www.sankei.com/politics/news/180223/plt1802230017-n1.html

政府「JR総連及びJR東労組には革マル派が相当浸透している」 の続きを読む

20171116s00005000220000p_thum

 大相撲の元横綱朝青龍関(37)が22日、小学館・コロコロコミック誌の画像を引用し、モンゴル史上最大の英雄チンギス・ハンを侮辱されたとツイッターで激怒した。

 子供向けギャグマンガで、チンギス・ハンの写真と名前を見てテストに回答するという場面。
「モンゴル国の皇帝 チ( )・( )ン という空欄を埋める問題に「男性器」の答えを記入し、その絵をチンギス・ハンの額に落書きして「とりあえずこれでいいかねぃ」としていた。

朝青龍氏はこの漫画の写真に添えて「なー言いとけどなー!! 先祖バカにするお前ら!! 品格がない日本人!! 許せない!! 謝れ!! 謝れ!! 謝れ!! どこのゴミの会社!?」「よっぼど中国人がましや!! あれ得ない!! 悲し涙!! 大好きな日本人がこんな風に!!」「我が国東アジアで一番の平和である国!! 日本国まりに日本と平和国ありますか? てきばっかりの国々!! なぜこんな事おかした?」(すべて原文ママ)と立て続けにツイート。モンゴル語では外交ルートを通じて謝罪するよう求めるツイートをしている。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180222-OHT1T50197.html 

【元朝青龍氏激怒!】英雄チンギス・ハンの顔に“落書き”のギャグマンガ、 外交ルートを通じて謝罪を要求 の続きを読む

552d8efb-s

12球団大きな反対なし、プロ野球くじ導入を再検討

日本野球機構(NPB)が、超党派のスポーツ議員連盟から野球くじの導入について再検討をするよう要請されていたことが22日、明らかになった。
NPB井原敦事務局長が昨年5月ごろ国会議員会館に出向いて、遠藤利明衆院議員から説明を受けた。
15年にも要請されたが、同年7月のオーナー会議で否決された。その後巨人選手の野球賭博関与もあり、立ち消えとなっていた。

今月21日には那覇市内で中期経営計画小委員会が行われた後、12球団の代表者に伝えられた。
サッカーの「BIG」のように八百長を防ぐため無作為に対象試合を選ぶ「非予想型」が想定され、強力に反対した球団はなかった模様だ。

NPBは野球振興に特別会計から年間約1億円を充てているが、残り2年で底を突くという。
昨年、金融界から就任した斉藤惇コミッショナーは、アマチュアなどの野球振興に注力する方針を示しており、財源の確保を課題に挙げていた。

詳細はソースにて
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802230000095.html

【NPB】プロ野球くじ導入12球団大きな反対なし 野球振興費が残り2年で底を突くため財源確保?!の続きを読む

このページのトップヘ