ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

e184d31

お笑いタレント・久保田かずのぶ(とろサーモン)による上沼恵美子“批判騒動”に、新たな展開があった。

発端は、2日に放送された“日本一の漫才師を選ぶ祭典”『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)放送後にスーパーマラドーナ・武智がインスタライブで配信した、久保田の動画だった。
『M-1』で審査員を務めた上沼の審査内容に不満を持った久保田は、「酔ってるから言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」
「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「お前だよ、一番お前だよ。
わかんだろ、右側のな」と発言し、審査員席の一番右の席に座っていた上沼を批判。
上沼は3日放送のラジオ番組内で審査員の引退を宣言し、翌4日には久保田は自身のTwitterに上沼への謝罪コメントを投稿した。

以降も騒動は沈静化の兆しをみせず、ついに10日には上沼のマネージャーがマスコミの取材に応じ、吉本から久保田と武智による対面での謝罪の申し入れを受けたものの、断っていたことを明かした。
さらに、久保田の暴言に対する上沼の反応について、「怒っているほうが面白いでしょうけど、まったく(怒っていない)。
デマも流れましたが、冷たい言い方になりますけど、本人はまったく興味がなく、相手にしていないのが実情です」と語った。

「今回の騒動が起こったあとに久保田に会った人の話では、そのときも久保田は上沼以外の業界関係者への批判を口にしており、まったく反省の色が見えなかったといいます。
ことは単に久保田と上沼の間の話ではなく、所属事務所の吉本や『M-1』という番組、さらにはスポンサーにまで迷惑をかける大きな問題になっているということが、理解できていない様子だったといいます。
テレビ局としても、何をしでかすかわからない久保田を、あえて起用する理由はなく、業界全体で久保田の起用を控える動きが出るのは当然でしょう。
もはや、久保田が何をやっても“笑えない”レベルにまでなっています。また、割が良くておいしいCMの仕事が入る可能性もなくなりました」(テレビ局関係者)

久保田といえば、かつてテレビ番組で、元妻をガールズバーで働かせ、彼女のサイフから勝手に金銭を抜き警察に被害届を出されたというエピソードを披露するなど、
自身の“クズ人間”ぶりをネタにすることも多いが、今回だけはシャレにならない事態に陥っているようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1606653/ 
【とろサーモン久保田】上沼“批判騒動”後も陰で別の人を批判…反省の色なし の続きを読む

530353d57c9e0595908b66d2401edc53

10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、横野レイコ氏が貴ノ岩暴行問題に絡み元貴乃花氏の責任を追及。
「元貴乃花憎し」に見える姿勢に、ネットユーザーから怒りの声が噴出している。

番組では、貴ノ岩の暴行事件について、元貴乃花氏がスポーツニッポンの紙面上で「私は付け人の性格がわかるからかわいそうで仕方ない」「あの子はとても気を使う子で、殴られた後騒ぎになってはいけないと思い巡業先から逃亡した。それをわかっていたのかと貴ノ岩に言いたい」「付け人を殴ることは貴乃花を殴ること同じ。それをわかっていたのか」などとコメントしていると紹介する。

さらに、元貴乃花氏が『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、「貴ノ岩から会見する日に携帯が鳴ったが出なかった」と発言し、事件の対応についても、「千賀ノ浦親方に任せている。私の出る幕ではない」「貴ノ岩とは10年会わない。
どんな状況でも会わない」と話していると紹介した。

この姿勢について横野氏は、「貴乃花さんって『もう来んな』っていって後援会に頼んでいたりしたんですけど、多分、今回も(そういうことを)するかもしれませんけども、それじゃダメだと思うんですよ」と指摘。その上で、

「千賀ノ浦親方が見たのはわずか2か月ですよ。そしたらやっぱりこういう風に、
事を起こしたのは貴乃花さんにも責任があると感じたら、子供の裾野を広げたいってお仕事しようとしてるじゃないですか。
相撲に関わる仕事だったら、貴ノ岩の面倒を見て一緒にやるっていうのが一番いい」

と師匠として、弟子が問題を起こした責任を取る意味で貴ノ岩を引き取り、一緒に活動していくべきだと持論を展開した。

この発言に、ネットユーザーは激怒。「横野が決めることじゃない」「彼には彼の考えがあるし、食わせていけるかわからない。無責任なことを言うな」
「なぜ事件に直接関係ない、元貴乃花が責任を取らねばならないのか?」「ケチをつけたいだけだろ」など、怒りの声が噴出。

そして、「とにかく横野が不快」「もうテレビに出さないでほしい」「取材歴30年と言いながら話は妄想と持論ばかり」と横野氏自身の取材姿勢を批判する声が上がった。

元貴乃花氏は、テレビ朝日や日本テレビの取材を受けているものの、フジテレビに関しては一切出演していない。
これは、『バイキング』や『直撃LIVEグッデイ』で横野氏が執拗に元貴乃花氏を叩き続けたことが要因だと思われる。

今年一年、元貴乃花氏を執拗に叩き続けた横野レイコ氏。
他人を批判するが仕事なのだろうが、自身への批判にも耳を傾けてもらいたいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1605955/ 
【視聴者から猛批判?!】横野氏、貴ノ岩暴行問題で元貴乃花氏の責任を追及 「ケチをつけたいだけ」の続きを読む

20181211-00000630-san-000-2-view

 衣料品通販サイト「ZOZO TOWN」を運営するゾゾの前沢友作社長(43)は11日、球団保有への意向を一時断念することを、自身のツイッターで明らかにした。

 前沢社長はツイッターで「複数の球団オーナー様や野球関係者様との面会を通し、球団保有の可能性を探ってきましたが、近々での球団保有はいったん断念することにしました」とし、「残念ですが、引き続き別の形で野球界に対する応援ができればと思います」とつづった。

 さらに、前沢社長はツイッターで「今回は努力と勉強不足でした。夢は夢として、諦めず持ち続けたいと思います」として、将来的な球団保有には意欲をのぞかせた。

 前沢社長は今年7月17日、自身のツイッターで「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい」などとつぶやき、球団保有への思いをツイッター上で述べていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000630-san-base

【球団保有の意向】ゾゾの前沢友作社長「いったん断念」 の続きを読む

m1-logo

12月2日に行われた『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)は『霜降り明星』が史上最年少で王者に。
そんな明るいニュースに水を差す騒動が起こってしまった。

「昨年王者の『とろサーモン』久保田かずのぶと、今年のファイナリスト『スーパーマラドーナ』武智正剛が泥酔状態の動画をインスタグラムで公開。審査員への不満をぶちまけたのですが、明らかに上沼恵美子さんへの批判でしたね」(テレビ誌ライター)

酔っぱらった勢いで久保田は上沼を「オマエだよ、わかんだろ、クソが!」と罵倒。
武智も「オバハンにはウンザリ」「更年期障害か?」と同調したのだ。
動画はすぐに削除されたが、関西お笑い界の女帝に向けた暴言の影響は想像以上に大きかった。

番組サイトから名前が消えた
「久保田さんは12月17日に出演予定だった『なんばグランド花月』のステージが休演に。上沼さんの夫が過去に勤務していた、関西テレビの生活情報番組『よ~いドン!』にレギュラー出演している武智さんには、降板説が囁かれています」(スポーツ紙記者)

関テレは「現時点では降板の予定はない」としているが同番組サイトでレギュラーへの意気込みなどを語った『スーパーマラドーナ』は閲覧できない状態に……。

さらには『M-1』自体も消滅危機にさらされているという。

「スポンサーのサントリーが彼らの所属事務所である吉本に猛抗議しており『M-1』スポンサーから降りるという可能性もあります。というのも、放送後に同社の缶チューハイ『ストロングゼロ』を飲みながら武智さんを含む出演者たちが打ち上げをするという企画があったんです」(前出・テレビ誌ライター)

『千鳥』が司会を務めたこの『M-1打ち上げbyストロングゼロ』は、YouTubeで生配信された。

「その配信後に、武智さんら数名の出演者が別の場所で行った二次会に、久保田さんが合流。そこで起きてしまった事件とはいえ、サントリーの缶チューハイで酔っぱらったうえでの失態にも見えてしまうと、同社が激怒したそうです」(同・テレビ誌ライター)

サントリーに確認すると、

「吉本さんに抗議はしておりませんが、来年の『M-1』スポンサー契約については決まっておりません」

吉本にも確認すると、

「こちらには、そういった抗議は来ておりません」

だが、吉本はこの一件で久保田にお灸をすえている。

「各方面からかなりお叱りを受けたようで、そうとうヘコんでいるという話ですよ」(前出・スポーツ紙記者)

普段は破天荒なキャラとして認知されている久保田だが、実はメンタルが弱いと言われている。
今年3月、番組打ち合わせの無断欠席などの素行不良について週刊女性が直撃すると、「何なん!? どういうこと」と、取り乱して激高したこともあった。

今回は酒に酔ったうえでの失態とはいえ、自分の発言の影響力の大きさに、気がつくのが少し遅かったようだ……。

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00014038-jprime-ent
【『M-1』消滅の危機】とろサーモン・久保田の暴言騒動にスポンサー「サントリー」が激怒!の続きを読む

このページのトップヘ