ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

TOKIOが、5月23日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。番組内でヒロミ(53)が贈った、TOKIOへの金言が反響を呼んでいる。

今放送回はTOKIOにとって、山口達也(46)の脱退後初めての“4人での収録”。TOKIOはデビュー時から親しいヒロミをゲストに迎え、トークを繰り広げた。話題が“人生のターニングポイント”に及ぶと国分太一(43)はヒロミについて「運命的なものを感じる」とし、こう語った。

「初めて僕がレギュラー番組を持ったときも、『ビビット』(TBS系)が始まったときも『太一の役に立ちたい』と番組に出てくれた。ある意味きょうの放送もそうだけど、僕のターニングポイントに必ずヒロミさんがいるなって」

一度、芸能界から姿を消しているヒロミ。自身の経験を踏まえ「芸能人しかやってないから(他の世界では)生きていけないっていう人もいるけど、(どんな状況でも)絶対生きていける」と切り出すと、「落ちぶれるとかどうかっていうのは他人が決めることじゃなくて、自分が認めてしまうかどうか」と展開。

すると国分が「ヒロミさんにすがりたい時期だった」と明かし、長瀬智也(39)も「ヒロミさんは男とか人間のダサい部分をちゃんと言ってくれるから胸に来る」と発言。ヒロミは、こう結んだ。

「良いことも悪いことも結果的には“良いこと”になっていくから。大人になったTOKIOを一度遊びに連れていきたい」

ネットではヒロミの優しさに、感謝の声がTOKIOファンから上がっている。

《ヒロミさんの言葉って重みがあって突き刺さるなぁ~でも優しさがいつでもあって見てて安心する》
《色々経験したヒロミさんの言葉、今のTOKIOには心強いよね》
《楽しい時ももちろんですけど、困った時の彼らの近くにいてくれて、芸能界に戻ってきてくれてありがとう》

女性自身 2018年5月24日 16時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14761872/

写真
no title

【TOKIOへのエールが大反響!】<ヒロミ>長瀬智也「男とか人間のダサい部分をちゃんと言ってくれるから胸に来る」 の続きを読む

20180414s00001173232000p_thum

日本ハムのD1位・清宮幸太郎、2打数無安打で打率・150

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、12回戦、24日、ゾゾマリン)
 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実高=は「8番・左翼」で3試合連続の先発出場を果たしたが、2打数無安打1四球で打率は・150になった。

 第1打席は二回、二死一塁で回ってくると、ロッテの先発、D5位ルーキー渡辺(NTT東日本)と対戦し、四球を選んだ。
四回の第2打席では二死走者なしで打席に立ったが、捕邪飛に倒れた。
六回の第3打席では、二死走者なしで打席に立ったが、ロッテの2番手・南の前に空振り三振に倒れた。
裏の守備では左翼に杉谷が入り、清宮はベンチに下がった。

サンスポ 2018.5.24 20:18
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180524/fig18052418410003-n1.html



<清宮の成績>
19試合 64打席 60打数 9安打 打率.150 本塁打1 打点1 盗塁0 得点4 犠打0 犠飛0 四球4 死球0 三振26 出塁率.203 長打率.233 OPS.436 得点圏打率.000(7の0)
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1700025/

【日ハム・清宮】2打数無安打で6回裏の守備から杉谷と交代 打率は.150に低下 の続きを読む

韓国南西部沖で2014年に発生した旅客船セウォル号沈没の原因調査に当たる政府の船体調査委員会は24日、現場海域に近い木浦の港に昨年引き揚げられた船体の内部を報道陣に公開し、今後の調査方法などを説明した。

引き揚げ後、横倒しの船体内部で、依然行方不明となっている5人の捜索などが行われたが、調べづらい個所があるとして今月、船体をほぼ直立の状態にした。

事故による死者・不明者は304人に上る。
調査委は4月、船体の左舷下部に衝撃を受けた形跡があると発表、潜水艦などと衝突した可能性も指摘されている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/180524/wor1805240042-n1.html
no title

no title

no title

【画像】引き揚げられたセウォル号内部の様子がこちら の続きを読む

img_0f6c713d9c88e3ccf964bea5f2ad0c3a80671

アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦で、日大選手が関学大選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、日大教職員組合文理学部支部は24日、声明を発表した。アメフト部の内田正人前監督らの会見について「司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」と批判している。

声明は今回の問題を「競技反則のあり方にとどまらず、大学法人本部の危機管理能力欠如を露呈させている」と指摘。法人本部に対し、再発防止や抜本的改革の明言▽経緯解明と再発防止のため第三者独立委員会の立ち上げ、などを求めている。

同支部の初見基支部長は「前監督の会見以降、これまでよりもさらに、指導力や管理のまずさが露呈していると感じる」。学生の中には就職活動への影響を懸念したりする声もあるという。「学生たちに、今回のことで萎縮することはなく、こうやって動く教員もいることを伝えたいという気持ちもある」と話した。(円山史)

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL5S65QNL5SUTIL05D.html

【アメフト騒動】「司会者の不遜な態度を含め、大学側の不誠実さを広く世に知らしめた」 日大教職員組合支部が声明 の続きを読む

このページのトップヘ