ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

兵庫県姫路市で、高校3年の男子生徒が野球部の練習帰りに通行人の女性の胸を触った疑いで逮捕されました。

男子生徒は全部で10回ぐらいやったと供述しています。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは姫路市にある県立高校3年の男子生徒(17)です。

男子生徒はことし5月、姫路市内の路上で歩いていた女性(26)を自転車で追い抜きざま胸をつかんだ疑いがもたれています。

男子生徒は野球部の練習帰りで制服を着て、部のバッグを持ったまま犯行に及んでいて、付近の防犯カメラの映像から逮捕に至りました。

警察の調べに対して男子生徒は「全部で10回ぐらいやった」と話しているということです。

写真
no title


6/28(水) 12:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000000-kantelev-l28

【わいせつ容疑で逮捕!】<野球部の生徒>路上で歩いていた女性(26)を自転車で追い抜きざま胸をつかんだ疑いの続きを読む

no title

「夜、こっそり、ひと気のない甲子園球場に行ったんです」――。

 昨年2月、覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博氏(49)が29日発売のNumber930号「清原和博『告白』」での独占インタビューに応じ、昨年3月の保釈後から続く、薬物との戦いの実態を明らかにした。

 清原氏がメディアに口を開いたのは昨年末に放送されたTBSテレビのインタビュー以来。途切れ途切れの言葉をつなぎながら2時間以上にわたって、今どのように薬物と戦っているか、保釈後どこでどのように過ごしていたか、そしてあらためて、なぜ、薬物に手を出してしまったのか、自分の心の中を探るように語った。

今も甲子園で生き続ける清原伝説だが……。
 冒頭は「一日、一日が戦い」という薬物依存症治療の実態と、現在の生活ぶりから始まり、やがて、自分の野球人生や引退後の暮らしを振り返りながら、なぜ禁断のクスリに手を出してしまったのかに言及していく。

 「もう本当に後悔しきれないですけどね……」

 時折、目に涙を浮かべながら語られる一語、一語からは、いまだ深い苦しみの中にいることが伝わってきた。

 そして、どん底の留置場での44日間と、それでも手を差し伸べてくれた友人たちへの感謝を口にしていく中で、清原氏はふと思い出したように保釈後の昨年秋、深夜の甲子園球場に行ったことを明かした。それが冒頭の発言だ。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170628-00828351-number-base 
清原和博氏「夜、こっそり、ひと気のない甲子園球場に行ったんです」の続きを読む

タレントの大竹まこと(68)が28日、パーソナリティーを務める文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に生出演。
将棋の最年少棋士で藤井聡太四段(14)が公式戦29連勝の新記録を樹立したことについて、改めてコメントした。

大竹は27日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演した際、藤井四段の29連勝について「本当に誰か負かさなきゃいかん、本当に。

これ以上勝たせてどうするの?」「これ以上調子に乗らすな。誰かシメてやれ!俺はそういう意見だ」などと発言し、注目が集まっていた。

番組後半、俳優でタレントのきたろう(68)から「藤井さん、ワイドショーで見ない日とはない。
大竹、今、炎上しているって話を聞いたけど、お前、天才を認めなきゃだめだよ」と話を振られた大竹。

「聞いてくれた人はわかってくれると思うけど、笑いの中だけど、愛情の塊だよ、俺の言葉は。
文字起こしをして、全然違うものになる。それで、こっちは芸人だから笑ってほしくて言ってるだけだから。本人を誹謗中傷するつもりは何もない」と反論した。

さらに「凄いのはわかっているって。誰か藤井を止めろよ、このまま勝ち進んでいったら、14歳の少年が…。
それでいいのか?」とあくまでも将棋界への喝だったことを強調した。


詳細はソースにて
写真
no title


6/28(水) 15:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000102-spnannex-ent

【藤井四段に対する発言で炎上も・・・】大竹まこと「笑ってほしくて言ってるだけ」 の続きを読む

511cabfbaa82df212482078f00689ca1

7月15日に放送されるBS11の開局10周年記念番組『たけしの北野レガシー』の取材会で、ビートたけし(70)が番組MCを務めるベッキー(33)を絶賛。芸能界に数多く存在する“ハーフタレント”とベッキーの違いを語った。

『たけしの北野レガシー』は、たけしが少年時代から現在に至るまでに影響を受けたスポーツや文化について、出演者らと議論を展開しながら「後世に残したいモノ」を“北野レガシー”として認定するという番組。

 番組にMCとして出演するベッキーは、収録後に行われた取材会で、「本当に緊張しました。ドキドキしちゃって、どアタマで噛んじゃったりしたんですけど、たけしさんとMCをやらせていただける日が来るとは思ってなかったので、感激です」とコメントした。

 そのたけしは「最近ハーフのまぬけなバカタレントのモデルが、ひな壇に上がって礼儀知らずのこと言ってウケようとするような番組が多い」とハーフタレントを批判する一方、ベッキーについて「言うコメントもしっかりしてるし、ちゃんと番組の進行もできるし、MCとしては素晴らしい」と絶賛。ベッキーは「今の映像欲しい! インスタに上げたいです」「ありがとうございます。本当にもったいないぐらいのお言葉です」と大喜びし、周囲の笑いを誘った。

詳細はソースにて

週刊大衆 2017年06月28日 16時00分
https://taishu.jp/detail/28363/ 
【たけしの北野レガシー】ビートたけし「ハーフのまぬけなバカタレントのモデルが、礼儀知らずのこと言ってウケようとするような番組が多い」の続きを読む

このページのトップヘ