ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

20181114-00185375-diamond-000-5-view

 「早い」「安い」「旨い」の代名詞である牛丼がもうからなくなり、吉野家は人件費と原材料費の高騰のダブルパンチに襲われています。『週刊ダイヤモンド』2018年11月17日号の第1特集は「お得・旨い・テック 外食[新]格付け」です。上半期に8年ぶりの赤字決算となった吉野家ホールディングス(HD)の河村泰貴社長に直撃インタビュー。苦境に立つチェーンストアの雄が胸の内を明かしました。(聞き手/『週刊ダイヤモンド』編集部 山本 輝、相馬留美)

● 「早い、安い、旨い」から 「ひと・健康・テクノロジー」に

 ――近年における外食業界を取り巻く環境は厳しい。吉野家HDの今上半期は8年ぶりの赤字決算になりました。

 人件費や原材料費の高騰などが主な要因です。ただ、この流れは、昨日今日に始まったことではない。4、5年も前から起こっていたことです。事態が突然好転するという甘い考えはありません。

 その意味で、この中間決算(の赤字)は“想定外”では決してない。今期は、見込まれる経費増を売り上げの伸びでカバーする野心的な計画で、そこが一歩足りなかった。
.
 今は、2025年までの「長期経営ビジョン」に基づいて、未来に向けた検証活動をしているという位置づけにあります。数字にこだわるのではなく、あくまで将来のビジネスに向けて、定性的な取り組みをしていきたい。

 これだけ課題が山積する中、もはや10年先を見通して売り上げや店舗数にコミットすることは不可能に近い。神様でも無理じゃないかな。あえて、「長期“計画”」ではなく「長期経営ビジョン」としているのは、そのためです。

 ――「長期経営ビジョン」では「ひと・健康・テクノロジー」をキーワードに挙げています。

 当社は「早い、安い、旨い」を価値として提供し続けてきました。

 しかし、「早い」を求める客はもう吉野家には来ません。本当に忙しい人は、コンビニでご飯を買ってオフィスで食べていますから。

 「旨い」についても、味には特許が取れないため、小回りが利く小型店にすぐにまねされます。「安い」についても、寡占化して価格決定権を持たない限り、規模の効率性ではもはやもうかりません。

 つまり、これまで吉野家の提供しているニーズでは不十分になったということです。

● 注文後「30秒」提供を求める客が消え、 スマホ見ながら「3分」待つ客に

 ――消費者の動向に変化があった?

 そう。昔はランチタイムに注文から30秒で提供できたことに価値があった。その頃は、提供に1分もかかったらお客様があからさまにいらいらし始めることもありました。

 ですが、今提供している牛すき鍋膳は3分掛かっても、お客様はスマホを見ながら待ってくれる。「30秒」を求める人はもう吉野家には来ず、「スマホで読みかけの記事を少し読もう」という人が来るようになっているんです。


 いま拡大しているキャッシュ&キャリー型(配膳を自ら行うセルフ方式)店舗は、省力化だけでなく、そうしたゆっくり過ごしたいというお客様のニーズに対応したものでもあります。

 ――セルフ型店舗は突き詰めると、無人店舗化というようなことにはなりませんか。

 いや、牛丼に関しては無人店をつくるつもりは全くない。それが正しいかどうかは10年後の社会が評価するでしょうが、私は「人が創り出す価値」にこだわりたいんです。

 自動食器洗浄ラインなど、機械化を積極的に進めていますが、人がやることで価値が生まれることは人がやり、それ以外を機械化していく。

 中食市場が勢いを増し、日常食の牛丼は、「競争」というのもおこがましいぐらい食い荒らされている。その中で、「せっかく吉野家に来たからには」という外食ならではの魅力を提供する必要があります。

● おいしいだけの牛丼を一生懸命作る時代は終わった

 ――具体的にどうやって他社との差別化を図っていくのですか。

 一つは「健康」。当社は、血糖値の上昇をおだやかにするサラシノールを含んだ「サラシア牛丼」を販売しています。ただの食事ではなく、そこに付加価値を持たせることが重要になってきます。

以下全文はソース先で

ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00185375-diamond-bus_all&p=1

【吉野家】「早い 安い 旨いで勝てない」吉野家社長の大胆決断 注文後「30秒」提供を求める客が消え、スマホ見ながら「3分」待つ客に の続きを読む

20181113-00000171-sph-000-20-view

今年1月にNHKを退局し、現在フリーの登坂淳一アナ(47)が、12日深夜に放送された日本テレビ系「月曜から夜ふかし」(月曜・後11時59分)に出演。年収が5分の1にダウンしていることを明かした。

 10月に続き、この番組2度目の出演となった登坂アナは、全国の注目されないニュースを紹介するコーナー「news zero未満」のキャスターとして登場。ディレクターの少し意地悪な質問にもていねいに答えた。

 最近の仕事の状況に「そんなに良くはないですけれど…」と語った登坂アナは、「局アナからフリーになった場合、年収5倍アップとか記事に出ますが(同じような感じですか)」という問いに「ダウンしていますね」と苦笑い。「5分の1とか」と続けた。

 さらに、NHKを辞めて驚いたこととして、楽屋に置いてある弁当を「有料だと思って。収録がこれからあるし、お腹すいていないので、『いいです』(と断った)」とカルチャーの違いを告白。もともとアナウンサーを目指していたわけではなく、就職活動をしていた頃には民放もディレクター職などで受けていたそうだが、「(アナウンサーになれて)良かったと思います。いろいろな仕事もできましたし、いろんな方とお会いできましたし」と語った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000171-sph-ent

【元NHK登坂淳一アナ】民放の“カルチャー”にびっくり「楽屋のお弁当有料だと思った」 の続きを読む

senju1-618x477

タレントのマツコ・デラックスさんが、11月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、「人付き合いなんて無い方がいい!」と持論を訴えた。

番組では、夕刊フジの連載を紹介。人付き合いが苦手な75歳無職の男性が、
かかりつけ医に「人と交わらないとボケる」「次回までに最低5人の初対面の人と会話してきてください」と言われ、ストレスだと相談していた。(文:okei)

「そのストレスで他の体調不良が出てくる」と医師を批判

一人暮らしで不自由はないという男性に人との交流を強いる医師に対して、マツコさんは、「これ、ひどい医者よ」と猛反発。
「75歳のあまり出歩かない無職の人はもちろん大変だけど、あたしらだって初対面の5人としゃべってくるなんて、なかなか(大変)じゃない?」と、男性に理解を示した。医師の助言には呆れ顔で、

「それはだからさ、テキトーな医療やってるなと。ホントにそう思うよ。75歳のおじいちゃんに次回来るまでに5人としゃべって来いなんて言う医者って!」

と批判した。会話で得られる効果を差し引いても、「そのストレスで何か影響出てくると思うわ」ときっぱり。
5人と話さなければ認知症になるという恐怖を与えることで、他の体調がおかしくなると指摘した。相談者の年齢を考えると、

「これまで頑張って生きてこられたわけじゃん。他の病気も含めて、あまんり気になさらないで自分のやりたいように生きた方が、幸せじゃない?」

と薦めていた。

「人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。ろくなことはない」と繰り返し強調
その後マツコさんは、

「この相談者の方がある意味正しいなと思うのは、人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。人間関係なんてろくなことはない」

と何度も繰り返した。さらに

「そこに他者というものがあるから、苦労するわけじゃない人間って。考えなくてもいいことを考えるわけじゃない?」

と切実に訴える。

確かに、考えてみれば様々な転職理由の調査では、たいてい「職場の人間関係」が上位に入る。
ただ仕事をしているだけなら何の問題もないのに、パワハラ上司や困った部下、面倒くさい同僚に悩まされて仕事を辞めたがっている人のなんと多いことか。
マツコさんの言うように、人付き合いは面倒だし「人間関係なんてないほうがいい」と思う人は少なくないだろう。

それでも、全く人間関係を断ち切って生きていける人がどれだけいるか。マツコさんは、「とにかく無理をして他人としゃべるって……どうすりゃいいんだろ。
ボランティアとかに参加すればいいのか?地域のゴミ清掃とかさ。そういうほうがラク」などと逡巡し、最後は相談男性に「頑張ってください」とエールを送っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15592213/
2018年11月14日 7時0分 キャリコネニュース

【マツコ・デラックス】「人付き合いはないほうがいい。他者がいるから人は苦労する」医師の「最低5人の初対面相手と会話しろ」に猛反発 の続きを読む

middle_46132_0

女優の加藤貴子(48)が13日、ブログを更新し、父親ががんになった時の総合病院の外科医の対応「ひどさ」について記した。
医師は「手の施しようがないステージです。もって3か月です。退院して自宅療養をおすすめします」と「めんどくさそうに」宣告。
セカンドオピニオンを考えて検査結果を渡して欲しいとの要求にも「渡せない」と拒否したという。父は病院を変わり、1年半を生きたとしている。

加藤はある週刊誌の対談企画で大阪を訪れたと記した。対談した医師について「簡潔にわかりやすく、ゆったりお話ししてくださいました。
患者さんにもこのように対応してらっしゃるんだろうな~、と想像できる先生でした」と信頼出来そうな医師だったと記した。

続けて、「ドクターと患者 ストレスなくコミュニケーションが成立する関係が理想的ですが…これがなかなか、難しいんですよね」とこれまでの経験から訴えた。
「私なんかは直ぐにはドクターのお話を理解できません。でも、医師に質問すると、イライラ空気であからさまにーその説明したところで、君にわかるの?みたいな態度をされたり…」とも。

さらに加藤は「亡き父が、癌になったときのこと」をつづった。総合病院の外科医が「手の施しようがないステージです。もって3か月です。
退院して自宅療養をおすすめします」と、「説明もめんどくさそうに言われました。ショックで倒れそうでした」と振り返った。

加藤はセカンド・オピニオンを考え、「検査結果をいただけますか?」と尋ねた。すると医師は「検査結果が欲しいなんて初めてです。それは渡せません。
どこに行かれても同じですよ」と返答。「半分鼻で笑われてるような言い方であしらわれました」と記した。

加藤は「今でも、思い出すと吐き気がするくらい酷い対応でした」とし、しかし、「おかげで家族一丸となって父の闘病生活を共にする覚悟が出来ました。
そして、退院して、患者側に寄り添った治療をしてくれる病院を見つけて、父は1年半延命することが出来ました」とつづった。

以来、加藤は「説明をはしょったり、言葉を濁す医師を信頼できない傾向があります」と当時の外科医によって考え方が決定づけられた様子。
現在は「幸運なことに現在の私は、不妊治療、出産、そして家族でお世話になっている内科や耳鼻咽喉科の主治医や看護師さんたちに、とても恵まれています」と記し、
「あらためて、医師とのコミュニケーションがいかに大事なことかを痛感しています」と、つづった

http://news.livedoor.com/article/detail/15589966/
2018年11月13日 17時55分 デイリースポーツ

【加藤貴子】 父ががん、総合病院の外科医の対応「ひどい」 の続きを読む

このページのトップヘ