ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

b24dd8938bbeffbe067702324363d8e420180616151558085

水面下での激しい争奪戦を経て、マツコ・デラックス(45)らが所属する中堅芸能事務所「ナチュラルエイト」の所属となった有働由美子アナ(49)。

日本テレビ系の夜の報道番組「NEWS ZERO」のメインキャスターに就任することも明らかになったが、
その余波とも思える動きがテレビ関係者の間でささやかれている。

有働アナ獲得をめぐり、いくつかの芸能プロが獲得に名乗りを上げたが、その中で有利とみられていたのは、複数の有名歌手を抱える大手芸能事務所だった。

「このプロダクションは有働アナと接触し始めた当初から社内に“専従チーム”をつくり、
彼女が民放に出演するにあたって『どんな番組がふさわしいか』『何社くらいのスポンサーがバックアップしてくれるか』について詳しく調査を進めてきたといいます。

ところが契約の最終確認をする段階になって有働アナが選んだのはナチュラルエイト。
万全を期して受け入れ態勢を整えていたこの大手芸能プロに激震が走ったのは言うまでもありません」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

そして有働アナは今年3月にNHKを退局。その日からこの大手芸能プロの“意趣返し”が始まったという。
そのターゲットといわれているのがマツコ。有働アナが所属事務所を決める際に親身にアドバイスをしたり、背中を押したとも伝えられる。

「結果的にマツコに有働アナをさらわれることになった大手芸能プロの社内には、“マツコ潰し”に闘志を燃やす空気が漂っているそうです。
今、具体的な方法として取り沙汰されているのが、“共演NG作戦”です。マツコのタレントとしての得意技は“共演者転がし”であり、その持ち味を存分に引き出すには良質の共演者が欠かせません。この大手芸能プロが本気で所属タレントとの共演NGを言い出したら、マツコはあっという間にテレビから姿を消してしまうことになるでしょう」(芋澤貞雄氏)

実際、マツコがMCを務めるいくつかの番組で具体的な動きも出始めているという。

さすがのマツコもこうした不穏な空気を察知したのか、13日に放送された「マツコ&有吉かりそめ天国」(テレビ朝日系)では、「私は(有働アナを)全然誘っていない。私はずっとNHKにいなさいと。NHKが合ってると(言っていた)」と懸命に否定した。

本来なら有働アナの獲得はマツコにとってお手柄のはず。それがアダとなり、消滅危機に立たされているとしたら気の毒な話である。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/231395

【有働アナ取られ・・・】 大手芸能プロがマツコに意趣返し “共演NG包囲網”の続きを読む

spo1806170019-p1

毎度同じパターンの繰り返しだ。北海道日本ハムファイターズ、斎藤佑樹投手のことである。

 6月12日の阪神タイガース戦で今季2度目の先発マウンドに立ったものの、4回8安打5四死球7失点と大炎上。3イニングで先頭打者を四球で出塁させ、2本塁打を被弾するなど終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊した。

 どうひいき目に見ても褒めるところがない。栗山英樹監督は二軍降格を言い渡したが、それでも「苦しめば苦しむほど生まれるものもある」などと、あえて突き放すようなことはせず逆にエールを送るかのような温かい言葉を口にした。

 6月6日に30歳を迎えた。今年で、もうプロ8年目だ。ルーキーイヤーに6勝を飾ったのが自己最多で以降、泣かず飛ばずの成績が続きここまで通算15勝止まり。今季は「ラストチャンス」と力強く言い切っているシーズンとはいえ、案の定結果は出ていない。

 斎藤には大変申し訳ないが、これは誰もが予想できた流れだ。今後は打者をかわしながら“ごまかしの投球”が奇跡的にうまくハマれば、年間に1、2試合ぐらいなら勝ち星を拾えるかもしれない。しかし先発ローテーションを守り抜くことは、まずできないだろう。

今の斎藤は下半身をうまく使えず、上体だけで投げている。いわゆる「手投げ」だ。2013年に右肩を壊してから、この弱々しい投球フォームが定番となってしまっている。棒球のような直球は球威がなく、変化球もキレがない。その上、制球力もないからカウントを悪くした末に置きにいった球をいとも簡単に痛打される。弱点が多くありすぎて対戦打者としてはオイシイ相手だろう。これでは勝てるわけがない。

 二軍では、そこそこ通用することはあっても一軍のマウンドとなれば同じようにはいかない。だからファームでそこそこの結果を残せても、いざ一軍に上げてみたら大炎上という毎度同じパターンの繰り返しとなってしまう。

 ■無神経というか、KYというか

 散々な状況となっている当の斎藤本人は本当に危機感を覚えているのだろうか。おそらく、そこまで窮地に立たされているとは思っていないだろう。仮にそう自覚しているのであれば、もう彼はとっくに自分から身を引いている。

 悪く言えば「厚顔無恥」。逆にいい意味で表現するとしたら、斎藤は自分を着飾るだけの「プロデュース力」がズバ抜けている。そして世間からの猛バッシングをモノともしないタフな精神力、いわば「鈍感力」も彼の持ち味と言えるかもしれない。斎藤に近い日本ハムの関係者は次のように打ち明ける。

「一軍で投げては打たれるたびに多くの有識者から『引退するべきだ』などと酷評され続け、ネットユーザーからはもっと辛らつなトーンの批判が毎度のごとく書き込まれている。にもかかわらず、斎藤は『これは僕に対する叱咤激励です』とポジティブにとらえている。時に笑い飛ばすこともあるほどだ。

 高校球児のときに『ハンカチ王子』として注目され、どうしても気になる存在だからこそ批判される。もし批判もされなくなれば、もう自分に関心がなくなるわけだから、そのタイミングこそ終わりのときなのだ。つまり批判されているうちが華なのである。斎藤は、そうやってポジティブに考えている。だから、いくらブッ叩かれてもまったく気にならない。無神経というか、KYというか……」 

 マウンドでいくら滅多打ちを食らって大炎上しても、試合後の斎藤は「能力がない」「自分が情けない」といった類の言葉はほとんど発したことがない。自暴自棄になったり、自分を責めたりすることはせず基本的には“逃げ道”や“言い訳”を用意して再起しやすいシチュエーションをつくっておくことが彼の常套手段だ。

 KOされれば当然のように試合後の取材でメディアから詰問を受けることになり、精神的にも追い込まれているから、とても受け答えの仕方を考える余裕などないはずだが、それを斎藤は普通にこなせてしまうのである。そういう意味でもやはり図太い神経の持ち主と言えるのかもしれない。

※以下見出しのみ 全文はソース先をお読み下さい
産経ニュース
http://www.sankei.com/sports/news/180617/spo1806170019-n1.html

【ボコボコに打たれても…】日ハム・斎藤佑樹の不思議な“ポジティブ思考” 世間からの猛バッシングに「これは僕に対する叱咤激励」の続きを読む

20180617-01655168-gekisaka-000-7-view

“つり目”ポーズで炎上中のマラドーナがSNSで釈明「アジア人が応援してくれるなんて…」

 アルゼンチン代表の初陣となったグループリーグ第1節アイスランド戦を3階のVIPルームから見守ったディエゴ・マラドーナ氏の行動が波紋を呼んでいる。

 マラドーナは禁煙のスタジアムで試合中に葉巻をくわえていたことが取り沙汰されていたが、さらに人種差別行動があったようだ。観客に手を振って応じる中で、韓国人ファンに対して“つり目”ジェスチャーを行ったと『BBC』が報じている。

 これを受け、マラドーナ氏は自身のフェイスブックで釈明。スペイン語、英語、イタリア語の3カ国語で、「スタジアムを訪れたファンの中で、アルゼンチンのユニフォームを着て私の撮影をしているアジア人の少年に驚いた。アジア人までもが私たちを応援してくれるなんて素晴らしいことだと伝えたかっただけなんだ」と説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-01655168-gekisaka-socc 
【SNSで釈明】“つり目”ポーズで炎上中のマラドーナ「アジア人が応援してくれるなんて…」の続きを読む

木村拓哉次女“長髪時代のキムタク”にそっくり

木村拓哉(45歳)と工藤静香(48歳)夫妻の次女で、先日、ファッション誌「ELLE JAPON」7月号表紙で鮮烈なモデルデビューを飾ったKoki(コウキ/15歳)が6月17日、Instagramを更新。6時間で10万件を超えるいいね!が付くなど、反響を呼んでいる。

Kokiはこれまで、「ELLE JAPON」撮影時のオフショットや、ニッコリと微笑むショットなどをInstagramで披露してきたが、今回はそれらともまた異なる、髪を下ろして、夏らしいファッションに身を包んだショットを披露。

すでにネットなどでは、「若い頃のキムタクにそっくり!」との声が続々と上がっているKokiだが、今回の写真は「キムタク感すごい」「ほんとに似てる」「遺伝子すごすぎる」など、より一層、長髪時代の木村に似ているとの評判を呼んでいるようだ。


[kokiofficial_0205]
no title


https://www.narinari.com/Nd/20180649997.html

木村拓哉次女“長髪時代のキムタク”にそっくり の続きを読む

このページのトップヘ