ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

b3018d3b0add8136b6db5210fbd81

今月21日、NGT48・山口真帆の暴行事件に対しての第三者委員会調査報告書が公開された。
運営は「今後は健全な運営に取り組んでいく」とコメントしたが、それとは裏腹に “NGT48解散”とも取れる動きを見せている。

第三者委員会は、山口真帆に直接事情をきくとともに、メンバー42名とAKS役職員24名と他に14名、計80名に聴取、資料の提出も求めた。
またメンバーのうち38名に記名任意の書面回答による調査を実施。記名回答24人、無記名14人の回答を得た。
その結果、12名がファンとの“つながり”を持っているとして名前が上がったという。一方で、事件に関与したメンバーはおらず、処分は不問とした。

ごく一部のファンとの“つながり”(私的領域における接触)は、具体的には、「(事件の犯人3名のうち1名と)複数回個別に会っていたメンバーがいること」
「(犯人3名のうち別の1名が)以前より、当該マンション内で、他のメンバーと会うなどしていたこと」などが事実だとして報告されている。

AKSのNGT48運営部は、“つながり”を黙認していた。積極的に調査や対応をしなかった理由として、具体的な規程がないためだと報告書では説明されている。
不倫など不適切な男女交際が判明した場合は処分対象だが、ファンとの私的領域での接触は「不適切な男女交際」に該当するかどうかが曖昧だということだ。

山口真帆の事件告発以降、ネット上では数名のメンバーのファンとの“つながり”や事件関与が噂されてきたが、実に12名ものメンバーが“つながり”を持っていたと発覚したことは大きい。
あらためて「犯行を唆したメンバーはいない」と明示されたものの、アイドルグループとしての存在意義を揺るがす事態であることに変わりないだろう。

果たしてNGT48は今後も前向きに活動を継続できるのだろうか。運営はすでに解散・撤退も視野に入れている可能性がある。
第三者委員会調査報告書を公開した同日に発表された劇場スケジュールは、白紙だった。

NGT48の劇場スケジュールは白紙で、冠番組も終了

今月は週3~4回程度のペースで劇場公演を開催してきたNGTだったが、発表された今月23日~31日までのスケジュールはすべて“休館日”、つまり、コンサートを開催しないという報告だった。

NGTの冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』(TeNY新潟テレビ)は今月末で終了することがわかっており、ネット上では「NGTが解散のための準備に入ったのでは」という意見が飛び交っている。

なお、4月27日に横浜スタジアムで開催される「AKBグループ 春のLIVEフェス」へのNGTの出演は、取り消しにはなっていないが出演メンバーは調整中だ。

握手会を再開しても払拭できない“不信感”

一方で、NGT48は今月16日と17日にパシフィコ横浜で行われたイベント「NO WAY MAN」で、暴行事件以降初の握手会を再開させている。

この握手会にはAKB48などNGT以外のグループも参加したが、NGTメンバーのレーンにだけ防犯カメラが設置されるなど厳戒態勢。
何とかしてNGTを通常運転に戻したいという運営側の思惑が窺えるが、何事もなかったかのように活動を再開させることに嫌悪感を持つファンも多い。

一部ではNGTの活動再開を喜び、グループが崩壊した原因を山口真帆に押し付ける声も聞こえるが、冷静なファンであれば発表内容を二転三転させる運営側に不信感を抱いて当然だ。

また、事件に関わったとネット上で噂される複数のメンバーのSNSには、今なお多くの誹謗中傷が書き込まれ続けている。
暴行事件やファンとのつながりですっかり悪化したイメージを改善することは相当難しいだろう。

第三者委員会の調査報告書には、言い訳のように、新潟という一地方における健全なアイドル運営の困難さも綴られていた。
都市部が狭く、公共交通機関が発達しておらず、ファンの絶対数も少ない新潟において、ファンがアイドルの私的領域に接触してしまうことは容易だったとしているのだ。

報告書はAKSスタッフの職務範囲や権限の明確化、およびメンバー規程の整備を要すると結ばれている。
新潟で健全運営を目指すか、解散か。NGT48は岐路に立たされている。

http://dailynewsonline.jp/article/1743357/ 
【NGT48解散か?】 「事件のマンションで犯人と会っているメンバーはいた」の続きを読む

7c4874d686f9409f29ff9810fccd50e8

22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、絵本作家デビューを宣言した元貴乃花親方こと貴乃花光司氏について議論。

その中で、東国原英夫が貴乃花氏の言葉遣いを指摘する一幕があり、インターネット上で賛否両論が巻き起こっている。

■「お母さん呼び」を指摘

自身の半生や家族をモデルにした絵本を書きたいと語っていた貴乃花氏。番組では母で女優の藤田紀子との関係が伺えるコメントが紹介された。

すると、東国原は貴乃花氏が母親のことを「お母さん」と言って話していたことが気になった様子。

「まず自分の親のことをお母さんて言うのはやめていただきたいです。いい年をしてますから『母』とか『おふくろ』とかそういう言い方をしなさい。自分の親をお母さんと呼ぶ成人男子は信用できないですもん、僕」と、指摘した。

■視聴者の意見も賛否分かれる

東国原の指摘に、視聴者からは賛否両論様々な意見があがっている。

「え? 成人したら『お母さん』て呼んじゃダメなの? 初めて聞いたわ…なんて呼んでも良くない?」

「母親をお母さんって呼んでもいいでしょ。ママとかババア呼びするよりは良い」

「公的な場で『お母さん』呼びがみっともないのは同意だけど、それはいい歳をした男だからダメなわけではないし、『おふくろ』呼びならOKでもない」

中には、「ママ呼びよりはいいと思う」との意見も。

2019/3/22 19:40 しらべぇ
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190322-04708554-sirabee

【東国原英夫の発言が物議】「母親のことをお母さんと呼ぶ男子は信用できない」  の続きを読む

b91dc12f20d26efe

3月15日放送のカンテレ『快傑えみちゃんねる』に安田美沙子が出演。夫とのケンカを明かしたのだが、ネット上では「もう離婚するしかないと思う」と哀れむ声が上がっている。

2014年3月に3歳年上のデザイナーの男性と結婚した安田。しかし第1子妊娠中の16年12月末に夫の浮気が発覚。安田は落ち込み、激怒もしたというが、結局は離婚に至っておらず、その後は夫婦円満で暮らしているように見えた。

しかし、今回の番組のエピソードトークで、安田がまだ浮気を引きずっていることが分かった。ある日、夫の帰りが(深夜)1時と聞いていたのに、3時になったため、「一応『浮気してへんやんな?』って久しぶりに聞きました」と、念のため問いただしたという。

すると夫が、嫌そうに「してないよ」と答えたため、安田は「どの口が言ってんねん!」とムカついてしまったのだとか。これに司会の上沼恵美子は 「そんなこと思いながら人生楽しい? 全然楽しくないわ。別れなさい」と辛口でアドバイスを送っていた。

この話には視聴者からも、

《相手のことを思いやれなくなったら離れた方がいい。お互いのために》
《気にしないようにするか、見切るか。自身を大切にしてほしい》
《こうやって何かのとき疑いたくなる状況はつらい》
《この夫婦はもううまくいかないと思う》

など、同情する声が相次いでいる。

無理して夫婦円満アピール?
安田は18年6月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、夫とうまくいっていないことを明かしていた。
不倫発覚後から、安田は夫の携帯電話をチェックするようになったというが、
あるとき夫が「めんどくさっ」と発したため、安田は「自分に前科があるのに、どの口が言うとんねん!」とブチギレしたらしい。

「絶対に離婚した方がいいと言われながら、かたくなに別れなかった安田。
『(不倫を乗り越えたことで)逆に仲が深まった』などと、事あるごとに夫婦円満をアピールしていたときもありましたが、そろそろ限界が来たようですね。
別れる方が、どちらにとっても精神的に良いかもしれません」(芸能記者)

安田と同じく妊娠中に不倫された小倉優子は、すぐさま離婚を決意し、シングルマザーとして活躍。その後、再婚を果たしている。果たして安田はどんな選択をするのだろうか。

http://dailynewsonline.jp/article/1741826/ 
【もう離婚しなよ!】 安田美沙子が“精神崩壊寸前”で哀れむ声続出 の続きを読む


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000188-spnannex-ent
no title


 虎党で知られるタレントのダンカン(60)が22日に自身のブログを更新。アスレチックスとの開幕第2戦終了後に現役引退を発表したマリナーズのイチロー外野手(45)について「最後が客寄せパンダって・・」とつづった前日のブログ内容について、文面がぞんざい過ぎたとし「書き方に反省しています」「もし、イチローが今回不愉快に思ったなら先々何処で本人に謝罪します」とつづった。

 21日のブログで「とんだ茶番のイチロー」のタイトルでブログを更新。「なんだこのシラケ・・」のコメントとともに、イチローがベンチでチームに迎えられるシーンの画像アップ。「最後が客寄せパンダって・・」「くだらね~」と自らの感想を記した。

 ブログアップ後に多くの批判があったとし、「文面だけだとイチロー選手を批判しているように見えるし、ぞんざい過ぎたと書き方には反省しています。まず、大前提としてイチロー選手の28年の現役生活や数々の記録や偉業には最大級の敬意を払っています。本当にお疲れ様でした」と改めてイチローの偉業を称えた。

 その後「オレが腹立たしかったのはペナントレース(公式戦)をイチローの引退試合にしたMLBやその周辺になんです!」とした。

 「熱心な野球ファンの方は分かる人が多いでしょうが、ペナントレースの1試合は途轍もなく大切なものなんです。例えば昭和48年阪神―巨人両チーム勝った方が優勝(結果は巨人優勝)例えば平成6年中日―巨人の10、8決戦!(巨人優勝) 
たかが1試合、されど1試合!だから、1試合1試合ベンチは最大のベストを尽くさなければなりません」と1試合の大切さを説き、「イチロー選手は1年間プレーから離れているし、オープン戦でも大不振、そしていよいよ開幕の2試合打線ではカラダが突っ込んでたり、差し込まれたり…
野球ファンとして大切な試合にイチローのあの姿を見たくなかったし興行のために(?)イチローを利用しているとしかオレには映りませんでした」と自身の思いを告白。

 続けて「いや、プロ野球だから興業オーケー!お金儲け大オーケー!です。ならば、両メジャーのオープン戦を日本で組み『イチロー引退試合』にすれば良かったのに・・。引退試合はオープン戦もしくはペナントレースの順位が決まった後のいわゆる消化試合にするべきです。(過去はそうして来ました。)」と持論を展開した。

 最後に「言葉が足らなかったことは申し訳ありませんでした。もし、イチローが今回不愉快に思ったなら先々何処で本人に謝罪します」と記し、この日のブログを締めた。

【ダンカン炎上】「客寄せパンダ」の真意説明、書き方に反省「不愉快に思ったなら本人に謝罪します」 の続きを読む

このページのトップヘ