ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

tutorial_tokui-20170804101014

12月10日、“この世で一番オモシロイ女性”を決める賞レース『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)が放送された。

しかし、ネット上では「面白くなかった」という否定的な声が目立っている上、その原因が出場者だけでなく司会者にもあると叫ばれている。

同大会は昨年から開催されており、『M-1グランプリ』や『キングオブコント』といった賞レースの女性限定版という位置付け。女性であればピンやコンビを問わず出場でき、優勝者には賞金1000万円が贈られる。

テレビで生放送されるのは、総エントリー606組から勝ち上がった10組による決勝トーナメント。当然、白熱したお笑いバトルが繰り広げられるかと思いきや、スタジオの笑い声は、ほぼすべてのネタでまばら。ネット上にも否定的な感想が多く上がった。

名前を間違える凡ミスも
そんな中、お笑いコンビ『チュートリアル』徳井義実による番組進行も批判の的になった。

「徳井の司会は無難なコメントばかりな上、緊張からか滑舌も悪くて散々。これなら、男性アナウンサーの方が良かったと思うほどです。出演者のネタがつまらないせいで、会場の空気が冷え冷えになっていましたが、徳井はわれ関せず、ボケもほとんどしないで進行するだけ。対して“副音声”枠で出演している『ダウンタウン』松本人志は、場の空気を変えようと、話を振られたときは必死にボケているのが印象的でした」(芸能記者)

勝ち上がったコンビにコメントを求める際に、間違って敗退コンビの名前で振る凡ミスもした徳井。その後の処理では苦笑いで平謝りするなど、司会として、芸人としての力量を疑わざるを得ない場面が目立っていた。

ツイッターにも、

《徳井の司会ヘタ過ぎない?》
《すぐ審査員にコメント振るのは、自分じゃさばききれないからだな》
《司会の徳井は何でもっと盛り上げようとしないの?》
《徳井さんでは正直力不足…。フットボールアワーの後藤とか、もっとうまく回してくれる芸人さんがやればいいのに》
《ネタがつまらないオンパレードだけど、一番やばいのは徳井の司会だと思う》

などといった感想が続出。自身は『M-1』優勝歴を誇る徳井だが、場を回す力はまだまだ足りなかったようだ。

『THE W』は2回目の開催で、大会が盛り上がっていくのはこれからかもしれない。しかし、司会が徳井のままでは盛り上がりに水を差しかねないため、早くも交代が求められることになりそうだ。

https://myjitsu.jp/archives/69819

【チュート徳井】『女芸人No.1決定戦』司会に「ヘタ過ぎる」の酷評!名前を間違える凡ミスも... の続きを読む

西内まりや、美谷間くっきり 透けドレスで色気放つ<BVLGARI AVRORA AWARDS 2018>

女優の西内まりやが12日、都内で行われた「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018」ゴールデンカーペットセレモニーに出席した。

◆西内まりや、美谷間くっきり

胸元が大きく開いたブラックドレスでゴールデンカーペットに登場した西内。

スカートの裾は少し透けており、クールな印象のアイメイク、シックな色合いのリップでより色気を際立てていた。

◆「BVLGARI AVRORA AWARDS」

様々な分野から比類なき才能と創造性に輝く“Inspiring Women(創造性と知性そして才能に満ち溢れ、多くの人々にインスピレーションを与える女性)”の功績や活動にスポットライトを当て、その生き方を讃える同賞。

ほかイベントには、杏、中村アン、マギー、木下優樹菜、伊藤千晃、Koki,なども出席した。(modelpress編集部)


西内まりや (C)モデルプレス
no title

no title

no title

no title


https://mdpr.jp/news/detail/1810040

【西内まりや】美谷間くっきり 透けドレスで色気放つ<BVLGARI AVRORA AWARDS 2018> の続きを読む

dospara_logo

「お客様に不愉快な思いをさせてしまった事実を重く受け止め、全社を挙げて信頼回復に努めて参る所存です」――。
通販サイト「ドスパラ」を運営するサードウェーブ(東京都千代田区)は2018年12月12日、J-CASTニュースの取材で「騒動」をお詫びした。

発端は、ドスパラの利用者からのサポート対応をめぐる「告発」だった。

■「不具合なし」のはずの製品、買取り依頼すると...

価格比較サイト「価格ドットコム」の掲示板で12月6日、「ドスパラの対応に不信感」と題した投稿があった。

投稿者によれば、ドスパラが販売する約16万円のパソコン部品を買ったものの、初期不良が見つかった。
そのためドスパラに修理依頼をすると、「弊社では不具合が発生していないため、お客様環境に起因している可能性がございますので今一度お客様環境の見直しをお願い申し上げます」との回答があり、受け付けてもらえなかった。

投稿者は再度試してみるとやはり不具合が発生。このままでは差し障りがあるため、売却を決意した。
ドスパラに買取りを依頼し査定してもらうと、まさかの210円に。入金手数料を差し引くとわずか10円だ。
理由は「動作不安定・負荷時にノイズ、フリーズ、勝手に再起動」するためだった――。

この旨をドスパラのサポート部門に報告すると、再検証の結果不具合が確認できたので新品と交換してもらったという。
投稿者は一連のやりとりを振り返り、「ドスパラの現状は不良品確認の基準が甘いと受け取れますよね」と書き込んでいる。

■ドスパラ運営「投稿内容は事実」「再発防止に努める」

投稿はSNSで拡散され、ドスパラへは「初期対応がマズすぎるな」など厳しい意見が多数寄せられている。

ドスパラを運営するサードウェーブの広報担当者は取材に対し、投稿内容は事実だとして、

「お客様に不愉快な思いをさせてしまった事実を重く受け止め、全社を挙げて信頼回復に努めて参る所存です。 ご心配をおかけし誠に申し訳ございませんでした」 と謝罪。

修理時と買取り時で見解に齟齬(そご)が発生した理由については、

「サポート部門、買取り部門それぞれで同様の検査をしておりますが、PC関連製品の性格上、不具合が恒常的に 発生するケースと特定の環境下や時間的経過でのみ偶発的に発生する場合がございます。残念ながら今回のケースは 後者のケースであったと考えられます」 と説明した。

今後は検査方法を見直すなど再発防止に努めるとした。

 https://www.j-cast.com/2018/12/12345874.html?p=all 
【ドスパラ、顧客対応で炎上し謝罪。】初期不良品を修理に出すと「不具合はありません」、買取に出すと「不具合品なので10円」★3 の続きを読む

赤西仁の弟・赤西礼保 覚悟の全国ツアー!2000枚CD売るまで東京に戻らない

 赤西仁(34)の弟で歌手、俳優の赤西礼保(れお、31)が11日、都内で初のファンミーティングを前に取材に応じた。

 来年4月からフリーライブの全国ツアーを開催することを発表。自主制作盤2000枚を売り切るまで東京に戻らないと決心し「勝負に出る。結果を出して認めてもらいたい」と“武者修行”へ向け意気込んだ。

 この日が31歳の誕生日。兄とは12日に食事に行くといい「兄貴やお嫁さん(黒木メイサ)には日ごろから助言してもらったりしていて感謝しかない。尊敬もしている。(武者修行で)ここまでやったぞというのを見てほしい」と、結果を残すことを誓った。

 16年9月に歌手活動をスタート。同年12月に都内で初ライブ開催する際には兄に「先に箱(会場)だけ抑えちゃえよ」という助言を得て従った。「先に箱を抑えて逃げられない状況を作ってくれた。兄貴の考えに刺激を受けた」と振り返った。

 08年に舞台「飛行機雲」でデビューし、KAT―TUNなどで大活躍する兄を嫉妬することもあった。「兄貴が太陽だとしたら、僕は月として泥臭くやってきた。今はないけど、悔しくて嫉妬することもあった」。現在は個人事務所「レッド・ウエスト」を立ち上げ、4月に福岡からスタートする“武者修行”に向け準備を進めている。

 「昔はビビりだったけど、思いっきり一生懸命やることが自分のアピールポイント。全力で挑みたい」と、礼保の名を全国に広げるべく来年に勝負を懸ける。


CDを手売りしていく全国ツアーの開催を発表した赤西礼保
Photo by スポニチ
no title

no title


https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/11/kiji/20181211s00041000278000c.html

【赤西仁の弟・赤西礼保】覚悟の全国ツアー!2000枚CD売るまで東京に戻らない の続きを読む

このページのトップヘ