ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

20180925-00549032-shincho-000-1-view

10月改編のバラエティ新番組が出揃った。注目されるのは、坂上忍(51)や所ジョージ(63)がMCを務める冠番組や、局の看板となっているタレントのさらなる新番組。つまりはタレントありきの番組だが、近頃企画ありきの番組でMCに名が挙がるのは東野幸治(51)だという――。

 4年連続の年間視聴率三冠王の王者・日本テレビだが、「5年連続3冠は盤石ではない」と4月改編では手を付けなかったゴールデン帯バラエティでの改編を決定。それが木曜19時の「THE突破ファイル」で、MCは「世界の果てまでイッテQ!」の内村光良(54)。日テレでは3本目となる内村番組で、もはや局専属タレントのよう……。

 その日テレを追うテレビ朝日は、ネプチューンがMCの「ナニコレ珍百景」を日曜18時半に復活。さらにその後番組に、所ジョージと林修(53)で特番として放送してきた「所&林修のポツンと一軒家」をレギュラー化。

 TBSは、関ジャニ∞の「ペコジャニ∞」(月曜22時)を打ち切って、坂上忍の「1番だけが知っている」に。

 そしてフジテレビは、坂上忍が同局4本目となるレギュラー「坂上どうぶつ王国」(金曜19時)、所の「新説! 所JAPAN」(月曜22時)。そして俳優の佐藤二朗(49)をMCに起用したクイズ番組『超逆境クイズバトル!!  99人の壁』(土曜19時)をレギュラー化。

 民放プロデューサーが言う。

「フジテレビの会見が象徴的でしたね。編成部長が『坂上さんばかり、との声もあるが、坂上さんが提案した企画で、坂上さんの夢を実現させるもの』と説明していましたが、つまりはタレントありきの番組というわけです。坂上さんなど他局を含めれば10月からの地上波レギュラーは8本、MCが6本ですからね。日テレのウッチャンもそうですね。ここ何年か、特に多くなっている気がします。“マツコで何かやりたい”とか“ジャニーズをMCに”、“AKBの番組を作ろう”などといった感じで、何をやりたいという企画ではないわけです。もちろん、企画ありきの番組だってありますよ。そんなときにMCを誰にしようかと考えたときに名前が挙がるのが、今田耕司(52)と東野幸治。いろんなタイプの番組を仕切れるからですよ」

■Wコウジの活躍

 コンビではないものの「Wコウジ」と評されるこの2人。それぞれがピンで活躍している吉本所属のお笑いタレントである。

「先にMCとして頭角を現したのは今田さんで、ダウンタウンの下を離れて初めてMCを務めたのはフジテレビの深夜お色気番組『殿様のフェロモン』(93~94年)でした。一緒にMCを務めていた中山秀征(51)とは犬猿の仲だったことを最近公表しましたね。すでに和解しているそうですが、まだ東京ではレギュラーもあまりない中で、今田さんも必死だったそうです。先日引退した安室奈美恵(41)とのバラエティ「アムロ今田きっとNo.1」(96~97年・日本テレビ系)なんて番組もありました。その実力が決定的となったのは、島田紳助さん(62)の謹慎騒動で、その代役として白羽の矢が立ったことでしょうね。『開運! なんでも鑑定団』(テレビ東京)のMCでは当時のテレ東社長が絶賛するなど、その能力が改めて注目されました。そして紳助さんが引退すると、『オールスター感謝祭』(TBS系)など、多くの番組を受け継ぎました」(同・民放プロデューサー)

 現在、今田のレギュラー番組は、「ファミリーヒストリー」(NHK総合テレビ)、「人生が変わる1分間の深イイ話」(日テレ)、「アナザースカイ」(同)、「弁護士といっしょです」(テレ朝)、「炎の体育会TV」(TBS)「開運! なんでも鑑定団」(テレ東)、「今ちゃんの『実は…』」(朝日放送)、「特盛! よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)、「本能Z」(CBCテレビ)と多岐にわたる。

デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00549032-shincho-ent&p=1

【ついに今田耕司を超えたMC?!】「東野幸治」 いまや“バラエティ界の池上彰”と高評価 東野無双となるか の続きを読む

20180924_asagei_katori

 ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社・前澤友作社長による「月旅行」の表明が注目を集めている。

 9月17日、アメリカで宇宙開発企業代表と会見を開いた前澤社長。2023年の実現を目指しているとし、6人から8人のアーティストと同行すると宣言した。

 そこで気になるのは「どのアーティストが月に同行するか」だ。

 前澤社長といえば女優の剛力彩芽と交際中で知られるため、「剛力が同行者に含まれるのでは」との憶測も囁かれていたが、すぐさま彼女の所属事務所が「剛力が月に行く予定はない」と否定している。

 同行するアーティストについて「日本人がゼロということはないと思いますが、せいぜい一人との見方が強いですね」とはテレビ関係者。

「前澤社長は海外のミュージシャンや画家に強い興味を持つ“海外志向”。今後、同社の世界展開の予定を考えても日本人だけが選ばれることはまずないでしょう」

 月行きが有力視される人物の“実名”も挙がっている。

「極めて“月旅行に近い”とされているのが、前澤社長が作品の大ファンである現代美術家・村上隆氏。ルイ・ヴィトンのデザインでも知られる超有名アーティストですがネックは年齢。村上氏は現在56歳のため2023年には還暦を超えていて、11日間の宇宙生活に耐えられるか年齢的に厳しいのではとも言われているのです」

 意外な名前も──。

「村上氏が行かない場合、意外かもしれませんが、元SMAPの香取慎吾にオファーがあるのではとの見方が強い。香取は美術家としての実績はこれからですが、長年、歌手・俳優と広義の“アーティスト”として大活躍していて、何より話題性バツグン。もともと前澤社長が『SMAP好き』を公言してることもあり、かなりの有力候補になると思います」

https://www.asagei.com/excerpt/112782

【驚愕】前澤社長と「月に同行するアーティスト」有力候補に「香取慎吾」が急浮上 の続きを読む

20180924-00000119-dal-000-4-view

女優・観月ありさが24日、インスタグラムを更新。“大阪名物”の激安自動販売機を見つけ、驚いたことを伝えた。

 22、23日と大阪で、自身が座長を務める歌、ドラマ仕立ての舞台「座・ALISA Reading Concert vol.II キセキのうた~私たちの『今』を歌おう~」を開催した観月。大阪公演を終え、東京に帰る前に、天神橋商店街を歩いていたところ、「なんと!激安自動販売機を見つけました!ほうじ茶30円」と自販機の写真を投稿した。

 大阪には10円でペットボトルの飲み物が買える自販機もあり、テレビで取り上げられるなど話題になっているが、観月が見つけたのは、最安値が某有名お茶メーカーのほうじ茶。写真を見ると、ホット専用商品だが、自販機には「冷やして販売中」の注意書きが。

 この自販機の最低価格は30円で、最高は100円。人気炭酸飲料が80円、コーヒーは50円と100円のものがあり、価格差がつけられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00000119-dal-ent

【観月ありさ】大阪でお茶30円の激安自販機に驚き「なんと!」 の続きを読む

11667772

なおみフィーバーに沸いた1週間が終わった。テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は23日、シングルス決勝が行われ、世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、日本勢23年ぶりの優勝を逃した。日本人シングルス初の4大大会制覇した全米オープン後の凱旋試合とあって、大坂の試合日はすべてチケット完売の超満員となったが、その裏では日本人ファンのマナーの課題も残った。

なおみフィーバーに沸いた1週間、大坂とともに日本人ファンも成長を
 なおみフィーバーに沸いた1週間が終わった。テニスの「東レ パンパシフィック・オープン」は23日、シングルス決勝が行われ、世界ランク7位の大坂なおみ(日清食品)が同8位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)に4-6、4-6で敗れ、日本勢23年ぶりの優勝を逃した。日本人シングルス初の4大大会制覇した全米オープン後の凱旋試合とあって、大坂の試合日はすべてチケット完売の超満員となったが、その裏では日本人ファンのマナーの課題も残った。

 晴れの決勝の舞台。大坂とプリスコバの登場を目前に控えるコート上には、こんなアナウンスが再三、響いていた。「試合中のフラッシュによるカメラ撮影は禁止です」――。全米女王と元世界1位の一戦。一流選手を自分のカメラに納めたい気持ちはもちろん分かるが、プレーの妨げにならないように観客に配慮を求めるお願いが繰り返されていた。

 なおみフィーバーに沸いた今大会。チケットは連日完売となり、大坂を一目見ようと当日券を求めて列もできた。当然、今までテニスを観戦経験がないファンも多かった。ただ、東レPPOは国内女子最大の国際大会。WTAツアーとして世界のトップ選手が真剣勝負をする場だ。しかし、大坂の初戦となった2回戦では試合中にフラッシュが光り、何度か主審が注意をする場面があった。

 以降、連日「撮影注意」のアナウンスが繰り返された。3連休中日となった決勝当日も「選手から連日、クレームが届いている」とアナウンスされ、設定によっては自動的にフラッシュ撮影となっているスマホもあること、デジカメもズームをする際に焦点を当てるため光が発せられることを挙げ、故意でなくともプレーの妨げになる可能性があることが懇切丁寧に説明されていた。
https://the-ans.jp/news/38051/

【テニス】<大坂なおみ・フィーバーの裏で問われるファンのマナー>繰り返された「撮影注意」のアナウンス... の続きを読む

このページのトップヘ