ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

32374_1212_5b556ff1_9d5fdf47

城田優のハーフ国籍言及が話題 大坂なおみ例に日本の風潮指摘 10月18日、AERA dot.上に掲載された城田優(32)のインタビューが話題を呼んでいる。

日本とスペインのハーフであり、スペインの国籍を取得している城田。インタビュアーが「女子テニスの大坂なおみ選手が全米オープンを制覇したときも、国籍のことが話題になりましたね」と話を振った。すると城田は、インタビュアーにこう語った。

「ああいうのを見ていると、どこに言ってもここだという居場所がない我々からするとズルいなと思う。良いときだけ『日本人初』って持ち上げるくせに、都合が悪くなったら『やっぱり外人だから』って言うんですよ」

大坂なおみ選手(21)は日本とアメリカの二重国籍。アメリカで生活しているが、全米オープンで優勝した際にネットでは『日本すごい!』『特例で二重国籍を認めよう!』といった言葉が並んでいた。そのことを受けての発言だった。

カズオ・イシグロ(63)が昨年にノーベル文学賞を受賞した際も、大坂選手と同様の現象が起こっていた。

「イシグロさんは幼年期に渡英し、成人後にイギリス国籍を取得しています。限られた日本語しか話せませんが、やはり受賞時には『日本の誇り』といった声が上がっていました。城田さんはそういった“手柄を立てた”ときだけ日本と結びつける風潮を指摘したようです」(スポーツ紙記者)

そうした率直な意見を明かした城田に、Twitterでは賛同の声が上がっている。

《仰る通り。都合の良いときだけ日本人扱いってのは卑怯だよね》

《純血だとか、ハーフ、クォーターだとか移民だとか。議論が狭すぎる。国と言う単位はあっても良いけど、あくまでも枠であって国籍の縛りや重責は必要ないとないよ》

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15464772/

【ハーフ国籍言及が話題!?】<城田優>大坂なおみ例に日本の風潮指摘!「良いときだけ『日本人初』って持ち上げるくせに...」 の続きを読む

元モーニング娘。でタレントの後藤真希が、あす19日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。
モー娘。時代の話から結婚後の家庭の話まで、アイドル時代には決して語られなかった“ぶっちゃけ”トークの数々をダウンタウン、坂上忍、菊地亜美に披露する。

菊地は「この回に来られて良かった」と同じ元アイドルとして憧れの後藤に会えて感動を隠せない様子。
そんな人気アイドルで、ダウンタウンがMCを務めた音楽番組『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』にも過去26回も出演した後藤の当時の映像を振り返りながら「後藤真希33歳 今だから言える○○」と題して、さまざまなエピソードに迫っていく。

アイドルとして人気絶頂の時期に実家で(現在の夫と)同せいしていたという爆弾告白にはダウンタウンも驚がく。
さらにファンとのまさかの関係も明らかになり、菊地もたまらず「今のアイドルだったらクビですよ!」とツッコミを入れる。

モー娘。卒業から15年が経過した後藤だが「どこまで言っていいか分かんない」と言いながらも“なっち”こと安倍なつみとの“いろいろあった”というリアルな関係もぶっちゃけると、松本人志も興味津々。
さらにモー娘。OGや後輩たちからもタレコミが届き、メンバーだからこそ知る後藤の素顔が明かされていく。

「ハシゴ酒」のコーナーには、高橋メアリージュンも出演。
先日婚姻届を提出し、幸せいっぱいの妹・高橋ユウも登場し「なぜ姉が幸せになれないか」を証言していく。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000358-oric-ent

『ダウンタウンなう』 後藤真希
no title

no title


元モーニング娘。 後藤真希
no title

【元モー娘。後藤真希が爆弾告白】 人気絶頂期に彼氏と同せいしていた 安倍なつみやファンとのまさかの関係も の続きを読む

20181018-00000071-dal-000-1-view

ルミ子 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」

 大のサッカーファンで知られる歌手の小柳ルミ子が18日、ブログを更新し、16日に行われたサッカー日本代表対ウルグアイ戦について「私はいまいち盛り上がらなかった」とコメント。その理由について「ウルグアイが本気じゃないんだもの」と不満を募らせた。

 ルミ子は仕事終了後に会場にかけつけ、生観戦。試合は日本が4-3で勝利し、会場はもちろん、翌日の報道なども盛り上がりを見せた。

 だがルミ子は「日本代表の勝利、良かった、良かった」としながらも「でも私はいまいち盛り上がらなかった」とした。

 その理由は「ウルグアイが本気じゃないんだもの」とバッサリ。「プレッシングには来ないし、寄せも甘いし、ミスパスは多いし、連携、連動もミスだらけだし、こぼれ球の反応も遅いし、直ぐに日本にカットされてカバーニ迄ボールが行かない」と切り捨てた。

 ルミ子はこれまでもウルグアイの試合を生で何度も見てきているが「一昨日のようなゆる~~~~~いパフォーマンスは見た事ない」といい、「ウルグアイはこんなもんじゃないから。本気でやってほしかった」と、緩いウルグアイからの4得点は興奮できないとコメント。

 欧州リーグはシーズンが始まったばかりとあって「本気でやってくれる訳ないよな~」と事情を汲みつつも「でもなぁ~今迄観たウルグアイの試合で最低のパフォーマンス。それでも3点獲っちゃうんだから大したもんだ」と半ば呆れ気味につづった。

 日本については「ウルグアイが手を抜いていたとは言え日本代表選手はベストを尽くして頑張った」と評価。過信は禁物としながらも「決定力不足と言われ続けて来た日本代表JP 中島翔哉、南野拓実、堂安律の頑張りによって明るい未来が見えてきた」とつづっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000071-dal-ent
no title

【ルミ子】 日本勝利もウルグアイに不満「本気じゃないんだもの」の続きを読む

5467820

トルコ新暁新聞が伝えるところ、メシャル・サアド・アルボスタニはサウジ首都リヤドの交通事故で死亡した。
複数の報道によると、失踪したジャマル・カショギ記者がトルコにあるサウジアラビア領事館を訪れた時、アルボスタニもそこにいた。

スプートニク日本

アルボスタニは、カショギ記者と同時に領事館にいた15人の容疑者の1人。
アルボスタニは2日、カショギ氏が領事館に入り、行方不明になったその日にトルコを後にした。

報道によると、トルコはカショギ氏が領事館で殺されたと疑っている。
トルコ警察は領事館の建物と総領事の家を捜索。サウジアラビアは疑惑を全否定している。
サウジアラビアは米国に最も親しい同盟国の1つ。
カショギ記者の失踪は米国を厄介な立場に置いた。

トランプ米大統領はすでに、ワシントン・ポスト紙のカショギ記者を巡る暗い話に対する断固とした対応が不十分だと批判している。

サウジ記者失踪の容疑者、交通事故で死亡
https://jp.sputniknews.com/incidents/201810185473207/

【驚愕】サウジ記者失踪の容疑者、交通事故で死亡 の続きを読む

このページのトップヘ