ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

ネプ名倉、河本びっくり…アルコール依存症の恐怖…酒が原因のトラブル3つでアウト
デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/14/0011445924.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000082-dal-ent

名倉潤
no title


ネプチューンの名倉潤一、次長課長の河本準一がMCを務めるテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)が12日深夜に放送され、ギタリストの山口岩男さん(54)が陥ったアルコール依存症の恐怖に驚きの声をあげた。
山口さんは12年間にわたってうつ病と精神薬依存に悩み、アルコールにも依存していたという。番組では「絶対にやってはいけない精神薬とアルコールの併用」と訴えた。名倉は山口さんに「依存症とはどのような?飲まないと震えるとか?」とアルコール依存症について尋ねた。

山口さんは「問題行動」と即答し、「あの人は酒さえ飲まなければという声が聞こえてきたり。借金、暴力、交通事故、浮気、なんでもいいけど、お酒が原因のトラブルが、僕の感覚だと3つ続いたらもう間違いない」と経験から語った。

名倉は「依存症…」と驚いたようにため息交じりに応じた。山口さんは「だから、毎晩飲んでも楽しくて問題が無いならいい。分かりやすいのは会社を休むとか、約束の時間に来ないとか、来たけど使い物にならないとか」とアルコール依存症の症状を述べた。

名倉は「日常生活に支障をきたすことがあると依存症だと疑ったほうがいいということ?」と問うた。
山口さんは「アルコールは完全に解毒されるのに24時間かかる」と自身の見解を述べ、「ずっと少しずつだけどアルコールが切れない状態が続くと体はアルコールが入っている状態を正常と判断する」と述べた。
河本は「飲まない方が異変が起きる?」と応じ、山口さんは「酒を飲まないと(手が)震えて、飲むとぴたっと止まるのはそういことです」と話した。

【ネプ名倉、河本びっくり…】ギタリストの山口岩男さんが陥ったアルコール依存症の恐怖…酒が原因のトラブル3つでアウト の続きを読む

11446138

たけし 人生の危機で聞いた曲は玉置浩二「田園」…映画も撮れない、視聴率も悪い時

 ビートたけしが14日、TBS系「音楽の日」に出演し、心に残る「アノ日の歌」を問われ、玉置浩二が1996年にリリースしてヒットした「田園」をあげた。映画も撮れない、視聴率も取れないと思った日、玉置の詞に救われたとしている。

 「アノ日の歌」を問われたたけしは「あれはね、交通事故を起こしてマスコミに叩かれて。映画も撮れなくなって視聴率も悪くなって『たけし終わりだな』って言われた時に、落ち込んだ時によく聞いて酒を飲んだ」と、しみじみと振り返った。

 続けてたけしは「玉置浩二の『田園』ていうのがすごい好きで。詞がね、『生きていくんだ それでいいんだ』。それでいいんだよなって。焼酎飲んで浅草でやってたんだから、それに戻っただけだと思えた」と語った。

 番組スタッフから励まされた曲なのかと聞かれ、たけしは「歌に励まされたというよりも、『田園』を歌って『どうせこんなもんだ』と思えた。(逆境に)納得できた歌だよね」と述べた。

 さらに、たけしは「復活したなと思ったのは、ベネチアに行って金獅子賞もらった時に」とし、1997年、監督作「HANA-BI」でベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したことを振り返った。「島に行く飛行機でも船でも聞いていた。生きていくんだ、それでいいんだよって気持ちになれた」と受賞できてもできなくてもいいんだという気持ちでのぞんだことをほのめかした。


https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/14/0011446137.shtml

【たけし】人生の危機で聞いた曲は玉置浩二「田園」…映画も撮れない、視聴率も悪い時 の続きを読む

元巨人・柿沢の窃盗は「楽天の時も...」 指導のデーブ大久保が「後悔」語る
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/07/14333866.html?p=all
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000006-jct-ent

デーブ大久保
no title


柿沢貴裕容疑者
no title


チームメイトの野球道具を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕された元巨人の柿沢貴裕容疑者(23)は、移籍前の楽天時代も盗みを繰り返していた。
楽天の元監督で野球評論家のデーブ大久保さん(51)が明らかにした。

大久保さんが柿沢容疑者について語ったのは、2018年7月13日放送のCS生番組「プロ野球ニュース」(フジテレビ ONE)。大久保さんは当時、騒動を受けて球団側に防犯カメラを設置して欲しいとの要請までしていたという。

■「もう1度柿沢を仲間に入れてくれないか」

大久保さんは12年シーズン終了後に楽天の二軍監督に就任。一方の柿沢容疑者は同年のドラフト6順目で指名され、楽天へ入団した。その後、大久保さんが一軍監督になるまでの約2年間、柿沢容疑者を直接指導する関係にあった。

大久保さんは13日の「プロ野球ニュース」で、神妙な面持ちで「初めて、公の場で言うんですけれども...」と一言。柿沢容疑者の窃盗行為は「楽天の時もあったんです」として、当時のエピソードを次のように語り始めた。

二軍監督時代、楽天の選手から盗みの相談を受けた大久保さんは、本人に直接「やったのか。話は聞いているんだ」と尋ねた。だが、柿沢容疑者は「やってません」と頑なに否定したという。

当時、窃盗の件でチームメイトから「総スカン」状態だったという柿沢容疑者。こうした状況を受けて、大久保さんは自らの頭を丸坊主にした上で選手たちを集め、

 「この場でこの話は終わろう。大久保という人間はたいしたことなくても、二軍監督という立場の男が坊主にしてきた。この坊主頭で、もう1度柿沢を仲間に入れてくれないか」

と懇願。ベテラン選手もこれを受け入れ、一度は場が収まった。当時の楽天球団は、柿沢容疑者にペナルティを課さなかったという。

◆「結局、何も変えられなかった」

その他にも、柿沢容疑者に盗みを止めさせるため、球団社長に「防犯カメラを設置してくれないか」と要請するなど、本人を更生させようと努めていた大久保さん。
練習を厳しくする方法も取ったが、これも上手くいかなかったそうだ。

それだけに、柿沢選手が巨人に移籍した後に起こした窃盗事件について、大久保さんは今回の番組の中で「もの凄く責任を感じています」。その上で、

 「結局、何もしてあげられなかったし、変えられなかった。辛いですね」

と後悔の言葉を口にしていた。

【プロ野球】元巨人・柿沢の窃盗は「楽天の時も...」 指導のデーブ大久保が「後悔」語る 大久保監督が丸坊主にすることで場が収まる の続きを読む

【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】

芸能界では、サッカーのロシアW杯でベスト16に進出した日本代表の話題で持ちきりだ。ナインティナインの岡村隆史は、日本代表の活躍に感動したが「セルジオ越後さんが『10人相手のコロンビアに1勝しただけ』っていう、ものすごく辛口な…。そやけど、それ言うんだって思って、ちょっと悲しくなったんですけど…」と言う。

「おぎやはぎ」の小木博明も、セルジオ越後氏と同様に辛口だ。「かつての城彰二のように、空港で水かけられてもいいよね。そういうファンがいてもおかしくないと思うよ。韓国なんてそうだもんね。ドイツに勝って、気持ちよく帰ってきても、生卵ぶつけられたんだよね。そういうふうになったとき、多分、日本は強豪国なんだよ」と熱く語った。

 相方の矢作兼は、独自の観点から敗因を分析。

「おカネない人が急に1億円当たっちゃうの。そしたら1億円の使い方、よく分かんないからさ、すぐ使い切っちゃったりするじゃん。日本はあんな強いチームに2点リードしたことないからさ、その後の使い方も分かんないんじゃないの? おカネのある人が1億円当たったらさ、それを増やそうとか、いろいろ使い道があるじゃん。強いチームに2点リードなんて経験ないから、その後の過ごし方よく分かんねえんだよ」

 だがこれも「いい経験」とも言う。「これを経験して強くなってくわけじゃん。今までなかった経験したってことでさ」

 明石家さんまは「『ワーッ、すごい! 胸張って帰ってきて』って言う人が多いんですけど、『君らはそれでええのか?』と思うねん」と指摘。

「ベスト16で帰ってきて、ブラジルみたいにブーイングされる国に早くなってほしいねん。これではサッカー界が伸びない。ベスト8でもブーイングされる国に早くなってほしいね。サッカーがもっと文化になって、日本がW杯でいつも上位に。ベスト8で悔やむ時代が来ないかなって…」

 さらにさんまは、1点リードされているのに守りに徹したポーランド戦について「負けてもいいから攻めていくべきだ」と不満があるという。

「グレッグ・ノーマンっていうプロゴルファーが、3日目に10打差つけて、次の日、普通にやっておけば優勝だったんです。ボールが岩場に行ったんですね。ほんなら、お客さんが『2オン、2オン』と。2打目で乗せろって言って。その声援に応えて、ノーマンが岩場から打ちよったんです。それで、左手骨折して棄権。『どうしてあんなバカなことをしたんですか?』って記者の質問に『すまない。僕は親父から攻めることしか教えてもらってないんだ』って。『カッコイイ!』と思って、ちょっと僕、オシッコ漏らしたことあるんですよ。その言葉を座右の銘として生きてる俺にしては、ポーランド戦は許せないわけですよ。負けてもいいじゃないかって」と熱弁を振るった。

☆現役放送作家X氏=1967年、東京・神楽坂生まれ。23歳の時にラジオ番組で放送作家デビュー。現在はPTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

7/14(土) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000035-tospoweb-ent

写真
no title

【サッカーのロシアW杯】大御所・明石家さんま「ベスト16で帰ってきて、ブラジルみたいにブーイングされる国に早くなってほしいねん」の続きを読む

このページのトップヘ