ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

sh_tereasa_01

職場のセクハラに泣き寝入りしないで! 知っておくべき5つの対処法
1:いざというときのための証拠探し
セクハラにあったら、証拠集めをすることがとても大切です。セクハラは、ほとんどの場合が形として残ることのない被害です。
そのため、相手がしらばっくれてなかったことにされてしまうケースも。そのようなことにならないためにも、セクハラという実態があったことを決定的にする証拠が必要なのです。

2:味方を作ることで緊急時も安心
セクハラを受けた際には、自分ひとりで抱え込んでしまいがちです。誰にも打ちけることができず、一人で悩んでいる人も多くいることでしょう。
しかし、その後の被害拡大を防ぐためにも、味方を作ることがとても大切です。味方を作ることで、その後の被害から身を守ることが出来たり、再度セクハラにあった際の証拠人になってもらえたりします。

3:酷いときは第三者機関に相談
あまりにもセクハラが酷く長く続く場合には、警察や労働組合・労働基準監督署など、第三者機関に相談しましょう。
酷いセクハラの場合、精神疾患や妊娠などの肉体的な影響も考えられます。そのようなトラブルを避けるためにも、我慢できない・限度を超えていると感じたら、勇気をだして相談しましょう。

4:事態が改善されないときには法的な手段も検討しよう
知人や第三者機関に相談してもなおセクハラが収まらない場合には、法的な手段を検討する必要があります。
まずは自分がどれだけ不快な思いをしているのかを理解してもらうために、内容証明を送って相手を威嚇します。相手が会社員であれば、勤務先にも同じ内容のものを送ると有効です。

5:はっきりと拒絶することも大切
セクハラを受けていると、相手のことが怖くなってしまい、されるがままになってしまうこともあるかもしれません。
しかし、セクハラがエスカレートしないように、はっきりと拒絶することも大切です。
信じられないかもしれませんが、セクハラをする人の中には、嫌がっていないと思っている人もいるのです。
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Doctorsme_4614/

1→録音はしたが1年半も食事に同伴し続ける
2→上司に「報道して」と言っただけ
3→してない
4→してない
5→してない

【悲報】"セクハラ被害者"のテレ朝女性社員、セクハラ対処法をほとんどやっていなかった!の続きを読む

「中国のガッキー」と呼ばれ、ネットで話題を呼んだロン・モンロウ(龍夢柔)さんが4月18日から北海道限定で放送されている「東急ステイ」の新CMに出演しています。

「栗子」というニックネームのロンさんは中国・湖南省出身。
中国のオーディション番組ではグランプリに輝き、モデルやレポーターの仕事もしていました。
2017年後半にインスタグラムに上げた写真、動画が女優の新垣結衣さんに似ていると、日本でも注目を浴びました。

今年に入ってロンさんの人気はさらに高まり、日本のバラエティー番組などにも出演していました。
そしてこの度「東急ステイ札幌」オープンを記念した北海道限定のCMに出演することが決まりました。

CMのPR担当者によれば、ロンさんの起用は「札幌でのプロモーションを検討し始めた2月初めごろ、日本でも海外でも活躍されており、インターネットなどで話題の人物として取り上げられていることを知ったのがきっかけでした」と言います。

東急ステイもロンさんも、他に似ているものはあるけれど、自身にしかない個性や魅力があり「自分らしさ」を伝えていきたいという思いが重なったことも起用の理由だそうです。
ロンさんにとっては、初のCM撮影。北海道では、雪の量や魚介の新鮮さに驚いていたそうです。
撮影の合間にCMで話す日本語の発音を練習。
努力家な一面も見せました。

このCMは北海道限定ですが、ロンさんのキュートな姿をテレビで見たいという人は全国にいます。

残念ながら「全国放送への拡大・別CMへの起用はいずれも未定です」とのことですが、東急ステイでは地方出店を加速させていること、さらに日本および海外のお客様が増えていることから「日本でも海外でも注目されているロンさんをCMに限らず様々な形でご出演いただくことを今後も検討していきたいと考えています」とのことでした。

ロンさんはこの春から日本の会社が窓口となり、日本での芸能活動を開始し、現在も日本に滞在中。
日本での音楽デビューを目指しているそうで、今後の活躍にも期待です。

詳細はソースにて
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00010000-bfj-ent

SNSで話題の中国人モデル、栗子(ロン・モンロウ)初のCM出演 東急ステイCM「東急ステイ札幌OPEN 2018」篇&メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=IzKbCBiGLZM



「東急ステイ」の新CMより ロン・モンロウさん
no title

no title

no title

no title

「中国のガッキー」栗子(ロン・モンロウ)
no title

【歌手デビュー目指し日本での活動本格化!?】「中国のガッキー」が日本のCM初出演!?の続きを読む


20180421-00000054-dal-000-9-view

 サッカー日本代表監督を電撃解任された、バヒド・ハリルホジッチ氏(65)が21日、羽田空港着の航空機で再来日を果たした。集まった報道陣は100人超と大きな注目を集めての再来日。W杯を直前に控えた中での解任に納得できない前指揮官は、涙ながらに「真実を探しに来た」と話した。27日には都内の日本記者クラブで会見も行う。

 以下、ハリルホジッチ前監督の再来日時、全コメント。

 -来日の目的と、今の心境は?

 「日本に来るのは…いつも、喜びを持っていましたけど。今回の状況は、ちょっと特別なものです。45年フットボールにかかわっていて、本当にフットボール人生の中でも難しいものになっていますが、何が起きているかまだ理解できていない状況です。真実を探しに来ました。本当に、公に真実を知りたいと思っている」

 (続けて)

 「私をうんざりさせるような状況に追いやって、私をゴミ箱に捨てたような状態で。ただ、私は最後の言葉を言いに来ました。私の誇りを傷つけるようなところは戦わないといけないと思っています。このような対応をされると、特に日本のような素晴らしい国で。日本という社会はお互いを尊敬しあい、リスペクトをするという文化のところなので。ただ、私はまだ終わっていないと思っています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000054-dal-socc 
【涙と怒りの再来日】バヒド・ハリルホジッチ「私をゴミ箱に捨てた」の続きを読む

main_01-13-546x364

2017年度の平均視聴率で、TBSがゴールデン帯(19~22時)で9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、民放2位となった。これは同局にとって11年ぶりの快挙で、局内は大いに沸いている。

 一方、そのTBSと同率でゴールデン民放2位につけたのがテレビ朝日だ。テレ朝は全日帯(6~24時)で7.4%、プライム帯(19~23時)で10.0%、プライム2帯(23~25時)で 5.4%を記録し、その3つの時間帯でNHKと民放を通じて2位となっている。そんな絶好調に見えるテレ朝だが、実は今「編成」の失態が続いているという。

「17年5月にスタートしたKAT-TUN・中丸雄一とオードリー・若林正恭をメイン司会に据えた『世界ルーツ探検隊』は、業界内でも評価が高まっていましたが、わずか3カ月あまりで打ち切られました。その後を受けて始まった『天才キッズ全員集合~君ならデキる!!~』も4カ月足らずで終了。最終回(2月5日)の前週のオンエアでは、19時台にもかかわらず4.7%という驚きの低視聴率を記録しました」(芸能記者)

 テレ朝の編成ミスの象徴ともいえるのが、1977年から40年続いた2時間ドラマ枠『土曜ワイド劇場』の打ち切りだという。同枠は2017年4月の放送をもって終了となったが、長年のファンからは大ブーイングが起き、インターネット上でも物議を醸した。

詳細はソースにて


Business Journalhttps://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_432181/

【テレビ朝日が失態連発!】土曜ワイド劇場』打ち切りで大ブーイング「編成が視聴者の気持ちを読めていない」 の続きを読む

このページのトップヘ