ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

歌手の中島美嘉(35)が自身のインスタグラムを更新し、ライブ終わりに撮影された写真をアップした。
インターネット上では、その写真が「鈴木紗理奈に似ている」と話題になっている。

no title

https://sirabee.com/2018/12/14/20161922801/

【画像】中島美嘉(35)の近影に騒然 「鈴木紗理奈かと…」「何飲んでるの?」 の続きを読む

1: ひかり ★ 2018/12/14(金) 10:57:18.26 ID:CAP_USER9
「彼女の存在は、学校内でも有名ですよ。”キムタクの長女”というのももちろんですが、それ以上に超実力派のフルート奏者として、です。しかもルックスは
親譲りでスタイルも抜群。校内で歩いているだけで、イヤでも目立ってしまいます」(長女の知人)

木村拓哉(46)と工藤静香(48)の次女・Koki,(15)が衝撃の芸能界デビューを果たしてから半年。それを追うように現在、にわかにキムタク長女の
動向に注目が集まっている。長女の楽器演奏者としての才能と美貌から、音楽関係者を中心にして”デビュー待望論”が巻き起こっているのだ。

キムタクの長女はインターナショナルスクールを経て、都内にある超名門音楽学校の管楽器専門科に通う現役女子高生。幼少期からフルートの英才教育を受け、
年に数人しか入学できない狭き門をくぐった、まさに”金の卵”だ。

「彼女の実力は折り紙付きです。小学生のときには、大手楽器店『山野楽器』主催のコンクールで最優秀賞を獲っている。今年8月にも、学生コンクールの
最高峰『全日本学生音楽コンクール』で予選を勝ち抜き、10月の東京大会本選に出場しました。全国大会には惜しくも選出されませんでしたが、まだ17歳で
伸び代もあります。ウチの学校は、基本的に芸能活動を禁止している。当面は表立った動きがなくても、卒業後はプロとしてデビューする可能性は
十分にあるでしょう」(前出・知人)

フルートの腕はホンモノで、ルックスもピカイチ。しかも両親はキムタクと工藤静香となれば、音楽関係者が色めき立つのも当然の話だろう。

「実際、高校卒業のタイミングで彼女を獲得しようと、複数のレコード会社がいまから目をつけています。次女のKoki,もそうですが、木村家では
娘のプロモーションに関しては静香さんが担当している。長女の芸能界デビューを狙うなら、まずは母親の説得からです」(レコード会社関係者)

次女のKoki,は先月『エル・ガール ライジングスター賞』を受賞するなど、相変わらず一挙手一投足が注目を集めている。この状況で長女までもが
鳴り物入りでデビューすることになれば、話題性はバツグン。’19年も、キムタクファミリーが芸能界の話題の中心となることは間違いなさそうだ。

FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181214-00010000-friday-ent
今年3月、恵比寿にある有名バーのパーティに革ジャンで現れたキムタク。その後ろには、静香(右)の姿も
no title

【長女も芸能界デビュー?】 19年はキムタクファミリーが芸能界の中心 の続きを読む

ミュージシャンで音楽プロデューサーのヒャダイン(38)が、食事に訪れた飲食店での店員の不手際に怒りを覚えた体験をつづった。

ヒャダインは13日更新のブログで、「いやはや。腹ペコペコでランチの店に入ったんですよ。『贅沢ランチプレート』なんか頼んじゃって。わくわくして待てど暮らせど周りのお客さんがガンガン食べ終わる中ひとりぽつんと30分。店員さんが来て『オーダー通ってませんでした。パスタでしたっけ?』」と飲食店での出来事をつづった。

「おいおい。忘れてたのかよ。てか、パスタじゃねえし、ランチプレートだよ! 腹がペコペコなこともあってムカついてきちゃって」と怒りを覚えたが、「でも、声を荒らげるわけにもいかないし」と我慢し、「『もういいです』と退店しました」と顛末(てんまつ)を報告した。

しかし退店後も怒りは収まらず、「いらいら!いらいら!やり場のない怒り!ああ、もっと怒ってやればよかったな、でも、芸能人だしな。子供番組やってる人間が激高しちゃあいけないよ。SNSで店を晒してやろうか。いやいや、そんな品の無いことしたら一発炎上確定。はしたない 結果、なんもできねえ!てことを思い知り」とモヤモヤ。
晴れない気持ちのまま行きつけの総菜店でなじみの店員に愚痴ったという。

すると「店から出たら、完全にではないけど怒りの大半が消えておりました。ちょっと笑顔になってたし」とヒャダイン。
「アンガーマネジメントなんて言葉がありますが 空腹も相まって完全に怒りに取り込まれてしまいましたがデリの店員さんに助けてもらいました。怒っても、過去は変えられないし、疲れて損するのは自分だけなんですよね。。でもわかっちゃいるけど管理できない、それをマネジメントできるのが生きかた上手の人のやり方なんだろうなあ、と少し疲れた頭で思いました」とつづった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00418795-nksports-ent

ヒャダイン
no title

【飲食店員の不手際に】ヒャダイン、「いらいら!いらいら!やり場のない怒り!」 の続きを読む

0c315_50_792981c7_e5cafefe

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が14日、テレビ朝日で放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に相方の山崎静代(39)とともに出演。
静ちゃんに「今までごめんなさい」とこれまで言えなかった一言を口にし、謝罪。涙した。思わぬ言葉に、しずちゃんも涙をにじませた。

コンビ結成から15年。山里がしずちゃんの人気に嫉妬し、何度も解散の危機があったが、それを乗り越えてきた。

出演コーナーの最後に山里は意を決して「コンビ組んで15年、一度も言ってない言葉があるんです」と切り出し、
「今までごめんなさい。すいませんでした」と口にすると涙がこみあげ、
「そして…ちょっと待って…あの…えっと、…あの…、ちょっと…すいません」と涙で言葉が続かなくなった。

一呼吸おいて、「多分僕のこと、斬り捨てるタイミング、どこでもあったんです。
他の先輩からも『解散した方がいいんじゃないか』とか、しずちゃんが新喜劇からも誘われてるの知ってた」と打ち明けた。

山里によると、しずちゃんは「私は山ちゃんに拾ってもらったんで」と誘いや解散を断っていたそうで、
「それを知ってるのに、悪業ざんまいで…、しずちゃんを攻撃し続けることで自分が頑張ってる錯覚起こして、
自分が調子いい時は調子いい時で、しずちゃんをないがしろにして…」とすべてを告白。
「本当に今までごめんなさい。そして本当にありがとうございました」と震える声で頭を下げた。
山里の謝罪告白を聞きながら、しずちゃんも涙をにじませていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15742207/ 
【南海キャンディーズ・山里亮太】しずちゃんに「今までごめんなさい」とTVで謝罪、涙で言葉続かず の続きを読む

このページのトップヘ