ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

64582424699604e

7月に発売された『清原和博 告白』(文藝春秋社)は10万部を超える大ヒットとなった。
印税が入ったことで、覚せい剤事件で執行猶予中の清原和博氏(51)の“銀座金満豪遊”が一部マスコミで報じられた。

清原は現役引退後、銀座の高級クラブに頻繁に通うようになった。6丁目のクラブ『R』の雇われママだったA子さんとの不倫が噂されてからは言動が粗暴になり、他のクラブからは出禁になった経緯がある。

「A子さんとの不倫を清算してからも、もはやどのクラブからも敬遠された。唯一、受け入れたのが7丁目のクラブ『B』だったんです」(銀座事情通)

清原は、『B』でヘルプについた元タレントでシングルマザーのM子さんに一目ぼれし、再婚を決意した。

「M子さんの父親にも会って、これからというときに、清原の前に現れたのが元タニマチで飲み仲間だったXです。彼は、かつて経営コンサルタントとして羽振りがよかったんですが、
コカイン不法所持と脱税で逮捕され、生活が困窮。そのXと'14年8月に再会し、シャブ仲間になって1億円を貸してしまったんです」(同)

しかし、Xは'15年2月に覚せい剤で再逮捕され、返済に窮した。Xは『B』で、清原に対し、「1億円の借金をチャラにしないと、シャブのことをマスコミにバラすぞ」と脅したとされる。

「清原は、これを拒否した。怒ったXは、裁判のための弁護士費用を工面するために、マスコミに清原の“シャブ中ネタ”を売り歩いたんです」(夕刊紙記者)

銀座の某クラブ関係者は、「Xはそろそろ刑期満了で出所する頃。清原は、Xと会う危険性のある銀座には来ませんよ」と言う。

8丁目のクラブのママも、
「逮捕前は頻繁に来てましたが、逮捕後は見たことがありませんね。目撃情報があれば、銀座の情報網で、すぐに分かりますからね。
どのクラブも清原さんにはいい印象を持ってませんから、来ても入れませんよ」

逮捕後、銀座から消えたM子さんと親しかった同僚ホステスは、2人の近況を次のように語っている。
M子は、清原さんに付きっ切りで糖尿病の治療と更生をサポートしています。完全な更生を確認出来たら結婚すると言ってます」

“心にぽっかりと空いた穴”を埋めることは容易ではないが、男清原の更生は必ずできると信じたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1545578/ 
【番長】清原和博氏 “銀座豪遊”再び!? 告白本で得た金満生活の真偽 の続きを読む

長らくノーベル文学賞の有力候補に挙がる作家の村上春樹氏(69)が、21日放送のTOKYO FM「村上RADIO~秋の夜長は村上ソングスで~」に出演し、自身の執筆術を明かした。

 リスナーからの「日記は書いてますか?自分の核となるアイデアの育て方を教えてください」という質問に答える形で、村上氏は「書いたことない。事実関係だけ。こんなこと考えたとか、考えついたとか、アイデアとかは全く書かない」とし、「大体、僕、自分の書いたものも読み返さない。出した本でも読み返したことはまずないから、どんどん忘れちゃう」と続けた。

 さらに「アイデアだけが独立してあるものじゃない。書いてる流れの中で出てくるもの。極端に言えば、最初の一行だけあればあとは書けちゃう感覚。先が分かっていたら書いていても面白くない。どうなるか分からないから面白い」と持論を述べていた。

 なお、今年はノーベル文学賞選考委員の不祥事を受けて、受賞者の発表は見送られている

10/21(日) 20:25配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000197-spnannex-soci

写真
no title

村上春樹氏「大体、僕、自分の書いたものも読み返さない。出した本でも読み返したことはまずないから...」 の続きを読む

お笑いタレント同士の立ちトークは、選ばれし者の2人でしか成立しない。長寿にしていまだ視聴者に求められているのは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)で実現する松本人志と浜田雅功によるトークだろう。昨年、番組のオープニングVTRはリニューアルされ、立ちトークのセットも一新。“天才”松本の言葉に浜田が耳を傾け、情け容赦なく頭を叩くという一連の流れは、もはや伝統芸能の域に達している。

 立ちトークほど、話す内容の起承転結がシビアに求められるものはない。完ぺきな到達点と爆発力が必要なため、発信する芸人としては、ゴールデンタイムの特番を仕切るに値する労力かもしれない。

 そんな舞台に毎週立っているのは、さまぁ~ず。2人きりによるトーク番組『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレビ朝日系)は、ド深夜枠ながらも11年続いている。入れ替わりが激しいバラエティ業界において、打ち切りの憂き目を免れ続けているのは、ある種の奇跡だ。

 30分番組で画面に映し出されているのは、大竹一樹と三村マサカズの2人だけ。トークはおおまかに3部構成だ。冒頭は、それぞれの身の回りで起こった近況や疑問、怒りなどを吐露する。中盤に差し掛かると、セットバックの大型ビジョンにトークテーマが映し出され、それに則って丁々発止。『目の前に現れたライオンにスモールライトをあてましたが、ネコくらいの大きさにしかできませんでした。どう戦いますか?』や、『知らないボタンと知らない扉が急に家にあったら、どっちから確認しますか?』など。いわゆる、ムダトークだ。ここは割愛されることが多いが、ラストは「お題」というミッション。即興芝居、ゲーム、なぞなぞ。イラストを描くこともある。2人の脳内を多角度から刻もうという構成だ。

 随所に垣間見られるのは、2人の私生活だ。番組開始当初は子育てに追われていた三村はもう、子離れ完了。娘は成人した。オトナのオンナを匂わせる発言、視線を見せるようになったという。おむつを替えていた息子も立派な青年となり、そのころは結婚願望がゼロだった大竹が今では、おむつを替えるパパとなった。
 番組観覧している女性の多くは、三村の長女と変わらない年齢層だ。20代の女性が、50代のオジサン2人がワチャワチャしている姿を、笑いながら温かく見守っている。これは、冒頭のダウンタウンにも同じことが言える。この見守られるゾーンに入った初老芸人は、強い。さまぁ~ずはもう、半永久的に国民から愛されるパスポートを手に入れたのだ。


https://npn.co.jp/sp/article/detail/22166698/

写真no title

【ダウンタウンと肩を並べた?】さまぁ~ずの真価が見える『さまぁ~ず×さまぁ~ず』 の続きを読む

公演ドタキャン騒動の渦中にいる歌手の沢田研二(70)が21日、大阪府大阪狭山市の「SAYAKAホール」で、今回は予定通りに公演を行った。
キャンセル後、初となる公演で自ら経緯や思いを直接ファンに説明した。

収容人数約1200人の同会場は満員で、チケットも前日までには完売。報道陣も多く詰めかける中での公演となった。

ライブを見届けたファンによると、沢田は2曲目「彼女はデリケート」を歌い終えた後、普段はアンコールまで行わないというMC(トーク)を行った。
自分の頑固な性格から、集客数などの面で自ら中止を決断したと経緯を説明し、「ファンの方には申し訳ないけど、自分の信念を貫かせてもらった」。
キャンセルした、さいたまスーパーアリーナ公演に集まっていた7000人のファンへの謝罪の言葉も述べたが、直接伝えられないことに「残念です」と
話していたという。

それでも、「僕は(自身に)白旗を上げたのではなく、情熱の赤い旗を上げた。70歳にして新しい目標ができた」。今回の件で自分を見つめ直し、
いちからスタートを切ると話し、「もう1度、さいたまスーパーアリーナを満席にできるように」とリベンジを誓ったという。

全18曲を披露する中で、アンコール後にはキャンセルした公演の代替として、1月5日、2月7日に埼玉・大宮ソニックで公演を行う意向も明かし、
最後はデビュー当時から知るファンの多くが「見たことがない」という投げキッスでステージを後にしたという。

奈良から来た60歳と62歳の女性ファンは、キャンセルとなった前公演にも足を運んでいたという。中止については、翌日の本人の釈明などで
理解しているといい、「早くジュリーの曲を聞きたかった」。逆に体調面などを心配していたと話し、「今日、(チケットを)取っておいて良かった。
逆に、さいたまに行っておいて良かった」と2重の喜びで感激していた。23日に行われる兵庫・尼崎での公演チケットも購入済みだといい、
「もう次はいつも通り。今日で(騒動は)終わり」と沈静化を望んでいた。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201810210000940_m.html?mode=all
コンサートを終え、車に乗ってホールを出る沢田研二(中央)(撮影・奥田泰也)
no title

【沢田研二70歳】新目標「さいたまSアリーナ満席に」 の続きを読む

このページのトップヘ