ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー


JAL(日本航空)、機内食の容器の蓋が“旭日旗デザイン”に見えると某国の人たちから抗議を受け、変更へ
no title



日本航空(JAL)が機内食の容器のふたの旭日旗模様を使用しないことにしたと、徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が21日明らかにした。

これに先立ち徐教授は、金浦(キンポ)-羽田を運航するJALの航空機で提供されるユダヤ教食「コーシャミール」
の透明プラスチックのふたに旭日旗模様が使用されているという情報を受け、これを確認した後、JAL側に是正を要求するメールを送っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000018-cnippou-kr

【JAL(日本航空)】機内食の容器の蓋が“旭日旗デザイン”に見えると韓国人たちから抗議を受け、変更へ の続きを読む

長友「金髪化」にNHK、まさかすぎる対応! フリップに視聴者爆笑「無理やりすぎる」


黒髪時代の長友選手(写真は2016年12月撮影)
no title


金髪に染めた長友選手(画像はツイッターのスクリーンショット)
no title


サッカー日本代表の長友佑都選手(31)がロシアW杯前に髪の毛を金髪に染めたことを受け、NHKがまさかの「急ごしらえ」をしたようだ。

2018年6月21日放送のニュース番組「ニュースウオッチ9」(NHK総合)では、19日の対コロンビア戦に出場したメンバーを顔写真付きで紹介。長友選手は金髪に変貌していたが、下からはチラリと黒いものも見え隠れしていた。

■「NHKも困っているんですね」

番組では、サッカー解説者の山本昌邦氏、サッカー好きのお笑い芸人・土田晃之さんをゲストに迎えた。日本代表が19日のコロンビア戦に勝利した「ポイント」について、「交代の妙」と山本氏は回答する。

番組側は、フィールドの人工芝に見立てたフリップを用意。山本氏がそこに代表選手の顔写真を貼り付け、解説を始めようとすると、土田さんがなぜかテレビ越しに聞こえる音量で「フッ」と笑い声を発した。司会の桑子真帆アナから「どうして笑われているんですか、今?(笑)」と聞かれるも、返答はなかった。

山本氏は特に気にする素振りもなく、フリップから香川真司選手の写真を外し、本田圭佑選手の写真を貼り、1度目の交代を解説し始めた。

 「チームの中で左利きは彼(本田選手)しかいない(略)。特別なキックを持っていますので、この意外性があのゴール(を生ん)だと思います」

さらに2、3度目の交代を解説するため、柴崎岳選手と山口蛍選手、大迫勇也選手と岡崎慎司選手の写真を入れ替えた。一通り説明し終えたところで、土田さんが「NHKも長友君の髪を急に変えたの、困っているんですね」と口を開いた。

「これはあの...ちょっと突っ込んでいただけて」。司会の有馬嘉男アナは小さな声で応えると、長友選手の写真に指を触れた。するとあら不思議、「金髪」の部分だけ外れ「黒髪」に変身。どうやら黒髪時代の写真に「金髪」の部品をかぶせていたようだと分かったのだ。

■「カツラみたい」「ちゃんとしてあげてw」

長友選手の髪が黒から金に変わったのは、6月10日。本人は「スーパーサイヤ人になりたかったけれど、ただのスーパーゴリラになった」と、心機一転のつもりだと説明したが、SNSでは漫画『金色のガッシュ!!』に登場するキャラ「キャンチョメ」に似ているなど、別の角度からも波紋(?)を広げていた。

土田さんは「急なことをやられると、NHKも困りますよね」と話し、出演者からも思わず笑い声が。桑子アナも「よくぞお気づきいただけました」と大ウケし、土田さんは「最初からもうおかしくてしょうがなかったです。よく作ったな、それと思って」と話していた。

ツイッターなどインターネット上でも、

 「長友の写真、金髪のカツラみたいになってる!w」
 「長友だけ頭の部分マグネットで金髪重ねてる、それカツラじゃないか(笑)」
 「ニュースウォッチの長友さんの写真の髪型が手作り感」
 「わざわざ金髪に髪の部分だけ変えてるNHKさんの仕事の細やかさ」

と笑いを取ることに。他にも「長友ちゃんとしてあげてw」「無理やり過ぎるw」「長友が雑」「ある意味気づかいなのか?」など、さまざまなツッコミも入っていた。

 J-CASTニュース 
https://www.j-cast.com/2018/06/21331954.html?p=all 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000007-jct-ent 


【長友「金髪化」に・・・】NHK「金髪」の部品をかぶせて対応 土田晃之「急なことをやられると、NHKも困りますよね」 の続きを読む

cb673dbe-s

昨年10月から高まりを見せた批判、4月のハリル監督解任で一層強まった逆風

 まるで復活するたびに強くなる人気漫画のキャラクターのようだ。日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で2-1と勝利。大会前、日本代表に対する批判は高まりを見せていたが、DF長友佑都は「批判されてきたのが今となっては良かった」と感謝している。
試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれ1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKからFW大迫勇也がヘディングで決勝点を流し込んだ。

 コロンビア戦後、2014年ブラジルW杯からの歩みを振り返った長友は、「4年間、必ずしも上手くいったわけじゃなくて、苦しいことも多かった。皆さんに批判されながらも、この4年間みんなで戦ってきて、W杯で絶対成功したいという、覆したい思いがあった」と力を込めている。
 とりわけロシアW杯出場を決めてから、日本代表への批判は徐々に高まりを見せた。
国内組主体で臨んだE-1選手権(2勝1敗)を除き、本来のA代表チームは昨年10月のニュージーランド戦(2-1)から今年6月12日のパラグアイ戦(4-2)まで約8カ月間も白星から見放されていたのだ。そして4月にはバヒド・ハリルホジッチ監督が撃解任され、西野朗監督が就任すると、逆風はさらに強まった。
そうした逆境のなかで、日本代表は一致団結してコロンビア戦に臨み、見事に金星を手にしている。
「間違いなく反骨心はある。南ア(2010年南アフリカW杯)の時もたくさん批判されて、批判されればされるほど、何かエネルギーが出てくる。何か沸々としたものが出てきて、『やってやるぞ』という気持ちにさせてくれたと思う」 これも勝者の余裕と貫禄か。コロンビア撃破後に胸を張った長友は、「批判されてきたのが今となっては良かった」と、むしろ感謝の言葉を残した。
批判されればされるほど強くなる――。雌伏の時を経て、西野ジャパンはロシアW杯で快進撃を見せるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00113875-soccermzw-socc 

【サッカー日本代表】 批判されると強くなる? 長友感謝「今となっては良かった。やってやるぞという気持ちになれた」 の続きを読む

3F%3F%3F+2018-06-21+15.02.30

 TBSは21日、先月に行われた「水曜日のダウンタウン」(水曜、後10・00)のロケで、芸人を連れ去るシーンを撮影中、それを見ていた一般人から110番通報があったことを認め「警察及び、関係の皆様にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」とのコメントを発表した。同番組のツイッターには「警察に迷惑かけないで」と番組に対して批判的な意見や、「これからも臆することなく」と激励する声もあった。

 番組公式ツイッターには20日の放送を告知するツイートがあり、これに対する返信にさまざまな意見があった。

 番組に批判的な声は「イタズラで警察に迷惑かけないでください 毎回この番組で事件や不祥事ありますが考えて番組放送してください」と2016年に、実施した企画「クロちゃんが閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説」を実施した際、混乱を招いたことなどを指摘していた。

 一方で激励の返信も多くあり、「地上波でお腹抱えて笑える数少ない番組 批判に負けないで」「水曜日は唯一無二の番組です。このまま自由にやり続けて欲しいです」「ギリギリ限界の部分で勝負してるなどの事で本当に楽しみです。注意されてもあまりスタンスは変えないで欲しいです」「これからもギリギリのところで踏ん張って欲しい」などの声が見られた。

 問題の企画は5月に渋谷区内でのロケで発生。お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが車に連れ去られるロケをしていたところ、それを見た一般の人から110番通報が相次いだことから警視庁も誘拐を疑い捜査したところ、水曜日のダウンタウンのロケであることが発覚、関係者に厳重注意した。

他ソース
「水曜日のダウンタウン」厳重注意 110番通報相次ぎTBS「ご迷惑をおかけした」
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/21/0011373934.shtml 

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/21/0011374683.shtml 
【TBSが謝罪】「水曜日のダウンタウン」に警視庁が厳重注意  番組ツイッターに批判と激励の声 の続きを読む

このページのトップヘ