ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

20120112095656

1: アイアンフィンガーフロムヘル(チベット自治区) 2014/02/06(木) 19:38:33.65 ID:a3tKj2uc0 BE:2164687766-PLT(12122) ポイント特典
日本マクドナルドホールディングスが6日発表した2013年12月期の連結決算によると、営業利益は115億2400万円、前期比53.5%減となった。
客離れが進んだことに加え、他社との競争激化、原材料費の値上がりも響いた。

売上高も落ち込み、2期連続の減収減益で、同社のこれまでの成長路線は大きな曲がり角を迎えた。

サラ・カサノバ日本マクドナルド社長は決算発表会見の席上「商品が魅力を感じてもらえるものにならなかった」と述べ、顧客の嗜好(しこう)の変化に対応しきれなかったとの見方を示した。

既存店の売上高は6.2%減で、度重なる価格変更によって客離れを招いた02年(11.8%減)以来11年ぶりの落ち込みとなった。
この結果、売上高は11.6%減の2604億円だった。

14年12月期見通しは、売上高が4.0%減の2500億円、営業利益が1.5%増の117億円と減収増益を見込んでいる。  


【マクドナルド】営業利益半減 カサノバ社長「商品が魅力を感じてもらえるものにならなかった」の続きを読む



1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/06(木) 19:24:31.62 ID:???0
★佐村河内氏から「ソナチネ」送られた少女の父「深く心に傷」

聴力を失った作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏(50)が、実際は曲作りをしていなかった問題で6日、12年に同氏から「ヴァイオリンのためのソナチネ」という曲を送られた、義手の少女バイオリニストの父親がコメントを発表した。

佐村河内氏が約5年前、テレビで少女を見つけて、コンタクトを取り交流が始まったという。
そして、12年に「ヴァイオリンのためのソナチネ」を送られたという。

少女の父は、佐村河内氏が桐朋学園大非常勤講師の新垣隆氏(43)氏に作曲を依頼していたことことを知った時「大変衝撃を受けました」といい「5年もの長きにわたり、信じ切っておりましたので、憤り、あきれ、恐怖すら覚えております」と怒りを露わに。

ただ「娘は、佐村河内氏から格別の厚遇を受け、素晴らしい曲を献呈いただいたり、コンサートに出演させていただくなど、様々な恩恵を授かりましたので、それに関しては大変感謝しております」謝意も。

しかし「ここ1年ほどは、絶対服従を前提に徐々に従いがたい要求を出されるようになり、昨年11月に、“服従できぬ”と回答しましたところ、大いに怒りを買い、絶縁された状態になっております」と語り、現在は交流がないことを明かした。 

【絶対服従って・・・】義手の少女バイオリニストの父「佐村河内氏が絶対服従を前提に従い難い要求。服従できぬと言ったら絶縁された」の続きを読む

1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/02/06(木) 16:41:23.52 ID:???0
まもなく始まるソチ冬季オリンピック。
ですがそのホテルの状況が酷すぎるとネットで話題となっています。
特にツイッターでは宿泊した人々らがその惨状を次々とアップロードしています。

主要な競技場の建設工事は数ヶ月前に終了している必要があります。
しかしメイン会場やオリンピック村を含む広範囲では、いまだに工事が継続しています。

汚れた水道水、「紙を流さないでください」ルールのトイレ
no title

【ソチ五輪】宿泊施設が酷すぎるとネットで話題にの続きを読む

cd819aa8fddd9f06b60a91fb65897624

1: 非常勤φ ★ 2014/02/06(木) 16:38:11.89 ID:???0
 ソニーは6日、2014年7月をめどにテレビ事業を分社し、完全子会社にすると発表した。事業の独立性を高めて経営責任を明確化すると同時に、意思決定のスピードを引き上げる。ソニーのテレビ事業は2013年3月期まで9期連続の営業赤字を計上している。固定費の削減やフルハイビジョンの4倍の解像度がある「4K」など高精細テレビへのシフトを進め、15年3月期の黒字化を目指す。

 6日にはパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(東京・千代田)に売却する意向確認書を同日締結したことも発表した。同事業を分離し、産業パートナーズが設立する新会社に譲渡する計画で、今年3月末までに正式契約を結ぶ。ソニーは各国で発売する今春モデルを最後としてパソコン事業から撤退する。

 パソコン事業の切り離しや早期退職プログラムの実施、テレビ事業の規模の適正化などにより、14年度末までに国内で1500人、海外で3500人の計5000人の人員削減に踏み切る方針も明らかにした。
いずれも平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)が6日午後に都内で記者会見を開いて説明する。 


【ソニー】テレビ事業を分社化 国内外で5000人リストラの続きを読む

このページのトップヘ