ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

20130520-367054-1-L

1: ツシマヤマネコ(大阪府) 2013/05/20(月) 13:12:34.56 ID:zcplZPYi0● BE:220834324-PLT(12000) ポイント特典
 陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地(茨城県土浦市、阿見町)で19日、開設60周年記念行事があり、
内部が一般開放された。

 同駐屯地には、陸自の後方支援を行う関東補給処、ヘリコプターのパイロットと整備員を養成する
航空学校などがある。行事は「感謝、そして未来へ」と題し、ヘリコプターの飛行や装備品の展示が
行われたほか、制服を試着して写真が撮れるコーナーや、陸自のワッペンなどグッズを販売する
テントが家族連れなどでにぎわっていた。

 隊員が操縦する戦車に試乗した栃木県栃木市の女性(38)は「最高時速70キロで走り、思っていたより
速かった」と話していた。
(2013年5月20日11時55分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130520-OYT1T00071.htm?from=main7

http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130520-367054-1-L.jpg

90式戦車に試乗した栃木市の女性(38)「戦車速すぎワロタ」の続きを読む

img_807233_30562621_4

1: 西独逸φ ★ 2013/05/20(月) 12:35:30.56 ID:???0
福岡県中間市職員らによる生活保護費の不正受給事件で、福岡県警捜査2課は19日、詐欺の疑いで、
新たに同市職員で生活保護費の支給担当だった藤崎靖彦容疑者(44=北九州市八幡西区)を逮捕した。

一連の事件で市職員の逮捕は3人目で、受給者らを合わせた逮捕者は7人になった。

逮捕容疑は2010年から11年にかけ、中間市職員田中道被告(40=詐欺罪で起訴)らと共謀し、生活保護を
受けていた無職女(65=公判中)の世帯に同居実態のないフィリピン国籍の女(44)を編入したほか、
10年8月、北九州市に住んでいた無職千代丸久恵被告(40=詐欺罪で起訴)が中間市に住んでいるように
見せかけ、生活保護費計約56万円を不正受給した疑い。

県警によると、藤崎容疑者は「必要な調査をせず、うその結果を報告した」と容疑を認めている。

関係者によると、藤崎容疑者は田中被告と同じく中間市のケースワーカー。田中被告から引き継ぐ形で
10年7月から11年3月にかけ、千代丸被告を担当した。

日本野球機構(NPB)などによると、藤崎容疑者は、社会人野球の新日鉄八幡から外野手として1990年の
ドラフト会議で巨人の3位指名を受け入団。1軍での試合出場はなく、2年で退団。94年に中間市役所に入った。
田中被告とは同じ少年野球チームでコーチを務める間柄だった。

県警は今年1~4月、田中被告ら6人を逮捕。田中被告は同罪で4回起訴されている。

ソース
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130520-1130229.html

【ナマポ】中間市職員らによる生活保護費の不正受給事件 新たに市職員男(元巨人・1990年ドラフト3位)を逮捕の続きを読む



1: スペインオオヤマネコ(チベット自治区) 2013/05/20(月) 00:24:45.22 ID:zNZsJhzXP BE:528621023-PLT(12010) ポイント特典
そろそろ暑い日も増えてきて、街を行き交うビジネスパーソンたちも、クールビズスタイル
になってきましたね。
ところで、男性のシャツといえば、白がほとんどというのは過去のことで、いろいろな色の
シャツを着る男性が増えてきました。
でも、どんな色のシャツを着ているかで、その男性の性格がわかるとしたら、どうですか?
今回は、アメリカの綿花協会が発表した興味深い調査をもとに、シャツの色が男性の
どんな性格を表しているのか、そのポイントを紹介します。

■ピンクのシャツは自信家
米国綿花協会が、男性1,500人を対象に行った調査によると、ピンクのシャツを好んで着る
男性は、自信があり、女性から褒められることが多いというのです。それだけではありません。
学歴については、ピンクのシャツを着る男性は、白いシャツを着る男性の2倍の割合で
修士の学位を持っており、10人にひとりは博士の学位を持っているのだそうです。
また収入面でも、他の色を好む男性よりも、平均して10万円以上多く稼いでいるとのこと。
これは狙い目ですね!

■紫のシャツは野心家
他の色についてはどうかというと、例えば紫のシャツを好んで着る男性には野心家が多く、
職場恋愛の傾向が高いことがわかりました。また収入的には、昇級の可能性が高く、
高級車に乗る割合も高いことがわかりました。
さらに同調査では、白いシャツを好む男性は几帳面であることや、緑色のシャツを好む
男性はだらしがないということなども報告されています。

いかがですか? たかがシャツの色とはいえ、そこにはそれを着る人の嗜好や性格が
あらわれているのですね。ビジネスファッションの世界では、“パワースーツ
(昔は、白いシャツに赤いネクタイ。今は白いシャツにブルーのネクタイ)”とよばれる、
好印象を与える定番の着こなしがありますが、おしゃれかどうか、似合っているかどうか
だけではなく、どうしてこの色のシャツを着ているんだろうと考えてみると、その男性の
性格や考え方が見えてきて、面白いですよ。2013/05/19
http://www.men-joy.jp/archives/83629

【(ゝω・)v】「着ているシャツの色で男のあれがわかる」と判明の続きを読む

E59FBAE69CACE381AFE3838FE382A4E38393E383BCE383A0

1: そーきそばΦ ★ 2013/05/19(日) 20:27:42.86 ID:???0
 過去5年の人身交通事故で、夜中の発生は日中より死亡する危険性が最大で約25倍になることが、宮城県警の分析調査で分かった。
県警は夜間の運転に気を付けるよう呼び掛けている。
 県警は4月、2008~12年に県内で発生した人身事故計4万1391件を分析した。死傷者は計5万3095人で、 内訳は死者303人(0.6%)、重傷者3264人(6.1%)、軽傷者4万9528人(93.3%)だった。
 時間帯別の事故件数と死者の割合はグラフの通り。事故は通勤時間帯の午前7時台に増え始め、
午後8時台まで1211~3670件で推移。この時間帯の死者は7~23人だったが、同じ時間帯の死傷者数に占める割合は0.2~0.9%にとどまった。
 一方、事故が1000件に満たない午後9時台~午前6時台は死者が5~16人と日中より若干少なくなったが、 死者の割合は午後11時台(0.9%)を除いて1%を超え、午前2時台はピークの5.1%に達した。
最も死者の割合が低い午後0時台の0.2%に比べ、約25倍となった。
 死傷者に占める重傷者の割合も同傾向を示す。午前7時台~午後8時台は4.4~6.5%だったが、
午後9時台~午前6時台は7.5~14.8%に伸びた。午前0~5時台は10%を超え、10人に1人以上が重傷を負ったことになる。
 県警交通企画課の担当者は「夜間は見通しが悪い上、交通量が少なく速度を出す傾向があるので重大事故につながる危険性が高い」と指摘。
「対向車がいない時は前照灯をハイビームにしたり、速度を落としたりして安全運転を心掛けてほしい」と話している。

河北新報 5月14日(火)8時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00000011-khks-l04

「対向車がいない時はハイビームに」 交通事故、夜間死亡率、昼の最大25倍 速度超過高まる危険性の続きを読む

このページのトップヘ