ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

a0128408_1331992

















1: トンキニーズ(dion軍) 2012/12/10(月) 19:48:34.88 ID:BeF1/sO60● BE:632181233-PLT(12003) ポイント特典
「世界は2012年12月21日に終わる」という世紀末論の横行を受け、アメリカ政府が公式ブログ(USA.gov blog)で風評を否定する異例の措置を取りました。

政府はこう書いてます。


問題の風評には「マヤ暦が2012年で終わる」(終わらない)、「彗星で壊滅的打撃を受ける」(絶対ない)、
「目に見えない惑星がいつのまにか接近して地球と衝突する」(ないない)、その他諸々のパターンがあります。


政府が公式に否定するまでもなく、NASAの方でも既に「地球はブラックホールに飲み込まれて終わりません」と去年ビシッと発表してます。
地球滅亡論の否定を成り行き上ライフワークにしちゃってる研究者もいましたよね。

人類学研究の分野でも、現存する最古のマヤ文明の壁画から専門家が問題のマヤ暦の文字を解読してみたら、な~んとマヤ暦は終わるどころか、
2012年12月を起点に異様に長い長期暦「バクトゥン(baktun)」の新しいサイクルが始まることもわかってます。
http://www.gizmodo.jp/2012/12/20121221.html

【人類滅亡フラグ】「12月21日に世界は終わりません」米政府が公式ブログで2012人類滅亡を否定への続きを読む

672d4516











1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊ρ ★ 2012/12/10(月) 18:43:37.13 ID:???0
 ◇番組全般にわたる意見
11月の視聴者意見は1,596件と先月より303件減った。総選挙に向けて走り出した。視聴者からの意見も、
選挙報道に関するものが増えた。ワイドショーなど情報系番組についての偏向批判や、キャスター、
出演者の発言に関するものが多い。文字の間違いの多さや、放送事故などへの対応のまずさを指摘する声もあった。

 信用金庫の立てこもり事件では、現場からの中継報道に、人質の安全への配慮が足りないとの批判があった。

 バラエティー番組では、食べ物を粗末にすることや出演者の食べ方が汚いなどの批判が多かった。ドラマでは、
昼の連続ドラマで過激な性的シーンが多いとして、放送時間を配慮するべきだとの声もあった。
ラジオに関しては30件、CMに関する意見は33件あった。

 ◇意見抜粋
・ワイドショーなど情報番組での偏向が激しい。番組中、○○党も駄目だが△△党も駄目と断定するものがあまりにも多い。
素直に聞いている人は影響を受けるだろう。誘導し決めつけることは一種の洗脳ではないか。「今のような状況になったのは
有権者のせい」とも言っていた。正論だが、それをマスコミが言う資格はない。正しい選択をするためには、
できる限り多角的な情報が必要だが、マスコミは恣意的で偏った情報しか流さない。

・各局とも「ニュース番組」と位置づけながら"ワイドショー化"している番組が多すぎる。しかも、公平であるべき
キャスターが個人的な意見を押し通そうとする姿には疑問を感じる。「ニュース番組」として、公平・公正であるべきだ。
>>2以降に続く
ソース:http://www.bpo.gr.jp/?p=6095&meta_key=2012

【テレビ】BPO、11月分視聴者の意見発表…情報番組「今のような状況になったのは有権者のせい」それをマスコミが言う資格ないの続きを読む

1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2012/12/10(月) 13:08:02.78 ID:???0

急激な気温の低下で冷え込みが激しい12月。防寒対策は間に合っているだろうか。
特にスーツを着るビジネスパーソンにとって、上半身はコートを羽織れば暖かいが、
足元は女性のようにブーツを履くことはなかなかできず、冷えは解消できないとの声も多い。

そんな中、靴下やストッキングの大手メーカー、ナイガイから、意外なアイテムが発売になった。
それが「メンズパンスト」だ。価格は1575円(無地)。名前の通り、女性が愛用している
パンティーストッキングの男性版だ。バレエダンサーやスキーヤー向けのアンダーウエア
なのだろうかと思ったが、ビジネスパーソンに受けているという。人気の秘密は
男性ならではのこだわりだとか。そのこだわりについて探ってみた。

一見、女性用の厚手のタイツだが、パッケージには「メンズ」の文字と、前開きステッチ部分が
見えるようになっている。手触りは女性用のタイツと同じ。厚さは、男性の綿素材の靴下に比べれば
薄手の80デニール。前開きがついている部分以外は、まるで女性用のものと変わらない。

 メンズパンストは、数年前から自社のネット通販に寄せられる男性の声を反映して
開発されたものだと、ナイガイの紳士靴下担当マーチャンダイザーの小山雄大氏は話す。

 「自社のネット通販で女性用タイツの販売をしているが、じつは以前から男性にも
隠れた需要があった。ユーザーの反応は、薄手なのに暖かくて、スラックスの下に
履いてもかさばらないので重宝しているという。男性用も開発できないかという声が多かった」。
そこで、満を持して開発に着手したのだという。


イカソース
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121204/1046079/
no title

【トレンド】ビジネスパーソンに「メンズパンスト」が激売れ! 「自転車通勤、外回りに需要あり」 の続きを読む

CI0003


















1: そーきそばΦ ★ 2012/12/09(日) 22:22:36.00 ID:???0
【パキスタン・ペシャワル発】IGFパキスタン遠征最終戦で最大の山場となったペシャワル決戦(5日)は、
当地のカイユームスタジアムに2万5000人の大観衆を集め、
盛況で幕を閉じた。懸念された爆弾テロは起きず“燃える闘魂”アントニオ猪木(69)は「無事に終わってほっとした」と勝利宣言。
一方、猪木の平和への思いを受け取ったパキスタン側は、テロリストとの戦いに決意を新たにし「猪木記念日」の制定を緊急決定した。

 猪木の平和への思いが28年ぶりの訪問となったパキスタンを再び熱狂させた。

 アフガニスタンとの国境に近いペシャワルは、パキスタンで最もテロが発生するカイバル・パクトゥンクワ(KP)州の州都だ。
猪木一行が宿泊するパールコンチネンタルホテルも、2009年に爆弾を積んだ車が突っ込み、13人が死亡。
外務省は同市をレッドゾーンに指定して原則的に日本人の立ち入りを禁じている。治安を不安視する声はパキスタン人の間からも上がり、
猪木の50年を超える格闘キャリアの中でも最も命の危険にさらされた大会だった。

 猪木は厳重にガードされて会場入り。しかし、入り口に金属探知機は設けられず、セキュリティーに不安が残る中、イベントは始まった。
パラグライダーが上空を飛び、花びらが地面に降り注ぐ。トラックに乗ってアリーナを一周した猪木は「平和を愛する日本の国民の心を、
平和を愛するパキスタンの人々に届けにまいりました」とあいさつし、KP州の知事やスポーツ大臣と試合を観戦。メーンが終わると、
直前にスタンドからアリーナになだれ込んだ大観衆に向かって「シュークリアー(ありがとう)、
1、2、3、ダーッ!」と絶叫。大「アノキ」(猪木)コールに包まれた。

東スポWeb 12月9日(日)11時16分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121209-00000302-tospoweb-fight
(続)

【国際】「1、2、3、ダーッ!」 パキスタンが「猪木記念日」制定の続きを読む

このページのトップヘ