ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

img_1

1: ◆konjacjuhE @おまコンニャクρ ★ 2014/03/19(水) 09:44:29.49 ID:???0
 国際ボクシング連盟(IBF)が18日、日本ボクシングコミッション(JBC)から要請を受けた同団体世界Sフライ級王者の亀田大毅(25)=亀田=の王座剥奪(はくだつ)を拒否したことが分かった。
JBC関係者が明らかにした。異例ともいえる王座剥奪の要請を認められなかったJBCは、19日に会見。
IBFとの共同声明を出し、タイトルの扱いなどについて発表する予定だ。(サンケイスポーツ)

 昨年12月、WBAとの王座統一戦で判定負けした大毅の王座保持とした問題を受け、今月1日に同団体のダリル・ピープルズ会長(47)が来日。立合人が試合前の発言を覆したことなどをJBCに謝罪した。
これを受け、事態を重く見たJBCは大毅の王座剥奪を要請していた。

 関係者によると、IBFはランキング委員会などを開き、対応を協議。立合人にミスはあったものの、大毅の王座保持はIBFのルールに反しないなどとして、要請を拒否したという。

 大毅は19日、トレーニングキャンプのため成田空港から渡米予定。今回の決定に対する反応が注目される。


【「負けても防衛」亀田大毅】王座剥奪をIBFが拒否・19日にJBCと共同声明への続きを読む

14895-purchased-GETTY-477814657

1: チリ人φ ★ 2014/03/19(水) 07:50:09.79 ID:???
多能性の根拠となる画像が博士論文からのコピペとされ、取り下げ騒動にまで発展しているSTAP細胞論文。
他の画像の切り貼りに対し「やってはいけないという認識がなかった」などと述べ、博士論文にも大量のコピペが疑われる筆頭著者・小保方リーダーが、早大時代にどんな博士論文審査や教育を受けたかまで問題視される事態となっているが、早大の博士論文審査に新たな問題点が浮上した。

STAP論文の共著者で、博士論文の副査に名を連ねていたバカンティ・米ハーバード大教授が、Nature誌のインタビューに対し、「小保方氏の博士論文は受け取っていない。読むよう頼まれてもいない」などとコメントしていたのである。

今のところ、バカンティ教授のコメントを裏付ける証言や証拠はないが、副査のコメントは重い。早大側のコメント、審査が求められよう。
(文責:チリ人φ★)


【STAP小保方氏博士論文審査員】バカンティ教授「博士論文は受け取ってないし読むよう頼まれたこともない」早大博論審査に新疑惑+調査委員会設置の方針、小保方ラボは関係者出入り禁止の続きを読む

061

1: 禿の月φ ★ 2014/03/19(水) 07:23:29.37 ID:???0
 3月11日、都内住宅街の一角にある居酒屋。焼き鳥に焼き魚、ラーメン、焼きそば、カレーまで、一品500円前後のメニューが並ぶその店は小栗旬(31才)が常連の店だ。妻・山田優(29才)と暮らす自宅から歩いて3分ほどのところにある。

 その夜11時過ぎ、小栗は、俳優仲間の男性ふたりと、カラオケも楽しめる地下の個室にいた。
その個室は床暖房つきのお座敷のため靴を脱がなければならず、膝と膝をつき合わせて酒を飲み交わすのが、小栗ら常連客のお気に入りだという。

 この個室に午前0時前に合流した女性がいた。青いニット帽に赤いチェックのネルシャツ、ロングスカートをはいた彼女は黒木メイサ(25才)だった。

 閉店は午前2時。しかし、その個室の宴は終わる気配はなかった。居合わせた客がこう話す。
「私たち一般客は、店員さんに“そろそろ…”と会計を促されたんですけど、小栗さんやメイサさんたちの個室にはそんな声はかけていませんでした。常連さんに聞いたら、“芸能人は飲みに行く場所も時間も限られているから、この店では特別なんだ”って言ってましたよ」(>>2以降に続きます) 


【小栗旬と黒木メイサ】居酒屋の個室で朝の4~5時に二人きり・・・の続きを読む

oth14031903440007-m1

1: 禿の月φ ★ 2014/03/19(水) 07:05:02.58 ID:???0
 今月14日に慢性呼吸不全で死去した俳優の宇津井健さん(享年82)が、
名古屋市内の女性(80)と死去する当日に再婚していたことが18日、分かった。

19日発売の女性誌「女性セブン」が報じており、死の数時間前に
婚姻届を提出。女性は宇津井さんの体調が悪化した約1年ほど前から
献身的に支えており、宇津井さんが死の約2週間前にプロポーズしたという。

2006年に妻を亡くして以降、晩年は独り身を通したとみられていた宇津井さん。
しかし、愛妻亡き後の宇津井さんを支えた女性の存在と、再婚が明らかになった。

 女性セブンの報道やサンケイスポーツ取材によると、再婚相手は名古屋市内の
80歳の女性。名古屋で政財界の著名人や芸能人も通う高級クラブやスポーツクラブを
経営する実業家で、エッセー出版や映画出演の経験もある。宇津井さんが亡くなったのも
この女性の自宅で、17日に同市内で営まれた葬儀で喪主を務めたのもこの女性だった。
>>2以降に続きます) 

【なんと!】宇津井健さん、亡くなった日に再婚していた…『女性セブン』報じるの続きを読む

このページのトップヘ