ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

o259219441362265795439

1: 三毛猫φ ★ 2014/02/23(日) 21:07:57.51 ID:???0
 岐阜県警少年課は23日、東京都青少年健全育成条例違反容疑で、気象予報士の派遣社員武田恭明容疑者(32)を逮捕した。

 県警によると、武田容疑者は、日本テレビの朝の情報番組「スッキリ!!」などに出演している。

 逮捕容疑は昨年8月上旬、東京都荒川区西日暮里の当時住んでいたマンションで、神奈川県海老名市の女子中学生(14)が18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。
「言い訳することはありません」と容疑を認めている。

 県警によると、2人は昨年7月にインターネットの掲示板を通じて知り合った。県警がサイバーパトロールで捜査して分かった。(共同) 


【スッキリ!!www】日テレ「スッキリ!」出演の気象予報士の武田恭明(32)、中学生(14)との淫行で逮捕!!の続きを読む

K10054582811_1402231212_1402231239_01

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/23(日) 19:43:31.59 ID:???0
★ウクライナ 欧米とロシアに溝
2月23日 11時34分

ウクライナのヤヌコービッチ政権が崩壊の危機に直面している事態を受けて、欧米各国は新たな政権への移行を後押しする姿勢をとっているのに対し、ロシアは、政権の崩壊に否定的で、立場の違いが鮮明になっています。

ウクライナでは、22日までに、野党側が大統領府など首都キエフの中心部を掌握し、ヤヌコービッチ大統領も首都を離れて政権は崩壊の危機に直面しています。

こうした事態を受けて欧米各国は、22日、相次いで声明を発表し、イギリスのヘイグ外相は、ヤヌコービッチ政権の崩壊は避けられないという見方を示したうえで、「EU=ヨーロッパ連合の各国と連携しながらウクライナの新しい政権を支援していく」と述べました。

また、ドイツのシュタインマイヤー外相も「ウクライナには、できるだけ早く国に秩序をもたらすことができる政権が必要だ」と述べたほか、アメリカ・ホワイトハウスのカーニー報道官も、「アメリカは連立政府の樹立、早期の選挙実施などを主張してきた。今、そのゴールに近づいている」と評価するなど、欧米各国は新たな政権への移行を後押しする姿勢をとっています。

これに対して、ロシアは、ラブロフ外相がアメリカのケリー国務長官と電話会談を行い、混乱の責任は野党側にあると強調しました。

そのうえで、混乱がさらに拡大するとして政権の崩壊に否定的な姿勢を示し、野党側を支持する欧米と政権側を支持するロシアの間で、立場の違いが鮮明になっています。 


【ウクライナ】欧米各国「新しい政権を支援」 ロシア「政権の崩壊に否定的」 立場の違いが鮮明にの続きを読む

images (2)

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/23(日) 17:59:16.97 ID:???
中国の裕福な世帯の上位10%が、全国の総資産の63・9%を保有するとの
報告書を四川省成都の西南財経大の研究機関が23日までにまとめ、発表。
中国メディアが伝えた。

報告書の作成に携わった研究者は「財産の多くが少数の世帯に集中している」
と資産格差の深刻さを指摘。ただ、詳細を伝えるインターネット上の記事は
次々と削除されており、経済格差への不満が高まることを警戒した当局が
報告書を問題視したとみられる。

報告書によると、上位1%の富豪世帯の平均年収は115万2千元
(約1900万円)に上る。2012年の中国の労働者・職員の
年間平均賃金は約4万8千元。 


【社会構造】「上位10%の富裕層が全国の総資産の63.9%を保有」--中国の研究機関が報告書発表→当局がネット記事を次々削除の続きを読む

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/23(日) 15:33:24.45 ID:???
昨年12月、文部科学省所管の鈴渓学術財団(東京都中央区)と愛知県教育委員会所管の盛田国際教育振興財団(名古屋市中区)が人知れず解散した。財団はソニーの共同創業者、故盛田昭夫氏の肝いりで30年以上前に設立され、学術振興や海外留学奨励を目的に掲げていた。1999年の昭夫氏の死後、理事長職を引き継いだのは長男の英夫氏(62)だった。

財団が解散したのは新制度に適合する公益法人に移行できなかったためとみられる。
実は2008年ごろから財団の資産運用は不透明なものになっていた。基本財産のほとんどを、出資先で英夫氏が代表取締役を務める盛田アセットマネジメント(名古屋市中区)に貸し付けていたのだ。その額は両財団で計9億2100万円にも上った。

国の指針によれば、公益法人の資産運用先は安全確実なものでなければならない。
11年の検査時、文科省は非上場会社への過度な貸し付けを問題視したが、財団側は「年利4%で回せる先がほかにない」と説明していたという。しかし、盛田アセットからの利払いが滞っていたためか、未収金が積み上がっていた。

■F1ビジネスで大損

英夫氏が財団の基本財産に手を付けたのは、相次ぐ事業の失敗と関係している。

盛田一族の御曹司で将来の社長候補とも目された英夫氏は85年にソニーを退社すると、実業家に転じた。元手となったのは一族の資産管理会社レイケイが保有する大量のソニー株。英夫氏が最初に手掛けたのは新潟県内の大規模スキー場「新井リゾート」だった。しかし、海外の高級保養地を模したことで建設費がかさみ、開業時から経営危機に陥った。レイケイは94年、保有するソニー株の一部、約230億円相当を拠出せざるをえなくなった。

次に英夫氏がのめり込んだのは海外事業。ITバブル到来でソニー株が急騰していた99年、今度は米国コロラド州の大規模スキー場を100億円超かけて買収。ソニー株を担保に仏パリ国立銀行など外国銀行が気前よく大金を貸してくれた。勢いを駆った英夫氏は思いもよらぬビッグビジネスに参入する。自動車レースの最高峰F1である。00年末、ルクセンブルクで極秘裏に設立した持ち株会社が仏プジョーのF1エンジン部門を買収、“謎のサプライヤー”として電撃参戦を果たした。(※続く)

●盛田昭夫氏は写真撮影の際、「ソニーの制服」である
 襟なしの作業服を着ることを好んだ(1985年撮影)
no title



【ソニー創業】『盛田家』の凋落止まらず--盛田昭夫氏ゆかりの財団、ひっそりと解散の続きを読む

このページのトップヘ