ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

9bca1cf390627e3

 元欅坂46のメンバーで女優の今泉佑唯が、複数のメンバーから陰湿なイジメを受けていたため、18年にグループを卒業していたことを、ニュースサイト「文春オンライン」(文藝春秋)が報じている。

 今泉は2017年4月、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。同年8月復帰をしたものの、同月発売のシングル「アンビバレント」のカップリング曲「日が昇るまで」の歌唱を最後にグループからの卒業を発表。今月都内で上演中の舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」がソロとしての本格的女優デビューとなった。

 同サイトの記事によると、イジメの“主犯”となったのはメンバー5人。イジメが露骨になったのは、17年7月発売のアルバムで今泉がソロ曲を与えられてから。「死ね」などの暴言や、化粧品や靴下が片方だけ隠されたり、1人だけエレベーターに乗せてもらえなかったり、楽屋にカギをかけられて入れないなど、かなり陰湿なイジメを受けていたというのだ。

 運営幹部はメンバー全員から聞き取り調査。その結果、イジメがあったことを認め、「主犯格5人を辞めさせる」とまで約束。しかし、主犯格は辞めさせられずイジメはエスカレート。

 その結果、今泉はグループを辞め、運営側はイジメの事実隠蔽に躍起になり、関係者から元メンバーにまで箝口令を敷いたという。

 「今や、『坂道シリーズ』では乃木坂をしのぐ勢いの欅坂。しかし、とんでもない大スキャンダルが発覚してしまった。記事によると、その5人は“絶対センター”平手友梨奈を崇拝するメンバーだというだけに、平手にも何らかの“被害”が及び、さらには人気ダウンにもつながりそうだ」(芸能記者)

 坂道と同じ秋元康氏がプロデュースするNGT48は現在、メンバーの山口真帆への暴行事件の騒動で渦中。山口とほかのメンバーの確執が報じられているが、大所帯のアイドルグループは問題が山積みのようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1777781/
 リアルライブ

【欅坂46】元メンバーへのイジメ発覚か もはや人気ダウンは防げない? の続きを読む

きょう午後、新料金プランを発表したNTTドコモ。会見に登壇した吉澤社長によると、多くの利用者から指摘されてきた料金体系の複雑さの解消を目指して基本料金や通信料などを一つにまとめ、 月額5980円でネット使い放題の「ギガホ」と、最低月額1980円から利用できるデータ量に応じたプラン「ギガライト」の2つを設定。2年間の継続契約や3人以上の家族の加入という条件のもと、“最大4割の値下げ“を実現したとしている。

元NTTドコモ執行役員の夏野剛・ドワンゴ社長は「吉澤社長が自信なさそうにお話されていたように、全然わかりやすくない。シンプルなメニューになったと言うが、ギガライトの中には幾つかの段階もあるし、同じじゃんとも思う。
値下げした料金を作ってみました、というだけで、本当に値下げになっているわけではない。色々な条件を組み合わせれば最大4割安くなる、ということ。

頭のいい経営企画部が経営へのインパクトがないように、“理論的には安くなるよね“というところを目指してプランを作るから、本当にみんなが安くなるようなプランは作らない。
もちろん新しく契約すれば安くなるかもしれないが、ドコモショップ行くと待ち時間も長いし説明もくどくどかかるから、そのままでいいやというひともいっぱいいると思う。だから結局、みんなが安くなるわけではない」と指摘。

さらに「この間、僕のtwitterが大炎上した。うちの母親の明細を見たら、3000円分以上もオプションが付いていた。76歳なのに筋トレとか、子ども向けとか、アニメとか。クラウド50GBなんて、どうするんだ!って。
他にも女性の体調管理の有料コンテンツも付いていた。曖昧な言い方で、“3か月後に解約してくれればいいし、絶対お得です“とかって加入時に言うから。

このツイートがテレビに取り上げられちゃったから、もうドコモを辞めて10年なのに、“お前が言うなと言われた(笑)。母親も翌週ドコモショップに言ったら、異常に対応が冷たかったって。
石神井公園支店!(笑)」とヒートアップした。

その一方、「ただ、これはドコモだけが悪いのではなく、業界全体の問題。こういう状況になったのは、“変えるぞ“と言って乗り込んできたソフトバンクの孫さんが途中から競争をやめてしまったから。
孫さんが仕掛けなければ、auやドコモは自分からしかけなくてもいいやと思ってしまう。

それから携帯電話事業は自然独占といって、やはり電気やガスと同じで安定供給しないといけないし、公共の電波という有限な資産を使っているので、民間による完全な自由競争というわけではない。
だから他国を見ても、大体3、4社くらいでやって、他にMVNOがあるのが当たり前。もともと総務省(旧郵政省)が自分たちでやっていた事業を電電公社にして、そして民営化してきた歴史があるので、企業とどう距離感を保つかがわかっておらず、
こういう混乱が起きるのだと思う。電気やガスの料金が値下げされた場合、皆さんへの請求も自動的に変動するが、携帯電話の場合は自分でショップに行って契約を変えないと変わらない。

しかも2年縛りがある上に、契約更新のタイミングの1か月までの間なければダメ、みたいな。あるいは契約状況はオンラインで確認してくださいと言うが、パスワードやIDがわかりにくいし、忘れてしまう。
これは2年に1回でもいいから、ちゃんと文書で確認させることを義務付けるべき。それくらい携帯電話会社は儲かってるんだから。

総務省はそういうところを是正すべきなのに、わけのわからない“端末代と通信料の分離“とか言っている。高い通信量でもいいからiPhoneを安く買いたいという人だっているんだから、そこじゃないだろうと」と、総務省の対応にも苦言を呈した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00010023-abema-bus_all&p=1

20190415-00010023-abema-000-view

【NTTドコモの”最大4割値下げ”に…】<夏野剛氏>「全然わかりやすくない」  の続きを読む


thumb-12156-230524-entame

ドラマ『相棒』小料理屋の新女将に剛力彩芽の名前が浮上

テレビ朝日の人気ドラマ『相棒』の次なるキャストに注目が集まっている。といっても、今回は相棒役ではなく、小料理『花の里』の女将の話だ。

これまで女将をやっていたのは、月本幸子役の鈴木杏樹。花の里の二代目女将を引き継いだ。

「幸子は過去に犯歴があり、それに杉下右京(水谷豊)も関わっている。そこで出所後、幸子の人柄を買って、継ぎ手がいなかった『花の里』の女将にしたのです」(ドラマライター)

しかし幸子には「若者達のために資格を取って支える仕事に就きたい」という夢があった。右京と冠城亘(反町隆史)と相談の上、幸子の意思が尊重され、温かく送り出されることになった――。

「『花の里』は女将1人の店ですから、彼女の旅立ちで一時閉店となりました。気になるのは三代目の女将は誰になるのかということ。今のところ、まだ女将候補は伝わっていません」(同・ライター)

様々なキャストが噂されているが…
ファンの間でウワサされているのは、三代目相棒、成宮寛貴演じる甲斐亨の恋人だった笛吹悦子役の真飛聖だ。

「甲斐は犯罪者だったという結末でした。悦子はキャビンアテンダントをしていましたが、甲斐が捕まると同時に白血病になってしまい入院。しかし、治療は順調だというシーンもあったので、『花の里』で甲斐の出所を待つ想定も考えられる。甲斐の出所で〝成宮電撃復帰〟なんていう展開が実現したら、ファンも大歓喜でしょう」(同)

シーズン16の第9話に登場した、キッチンカーでお弁当を売る新崎芽依役の朝倉あきの名もウワサされている。彼女は『花の里』の調理場を借りたこともあり、勝手も知っているというのだ。ただ彼女には人の顔を覚えられない〝相貌失認〟という症状があるのが難点か。

「今、水面下で囁かれているのは、ドラマに関係ない意外なキャスト。画ヅラで有力視されているのが武井咲です。眼鏡のCMではクラブのママとして出演中。見事な〝お水っぷり〟が評判ですからね」(テレビ雑誌編集者)

さらに話題性としてナンバーワンなのが剛力彩芽だという。

「私生活はさておき、心に傷を負ったワケあり役という設定ならうってつけでしょう。例えば大金持ちのおっさんにカネ目当てで接近したものの、結局は捨てられ、一からガンバる女将なんてのはピッタリだと思いますね」(同・編集者)

〝相棒役〟の方も反町から変わるとのウワサがある。女将役ともども楽しみだ。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-230524/

【ドラマ『相棒』】小料理屋の『新女将』に剛力彩芽の名前が浮上! の続きを読む

hqdefault

俳優の柳沢慎吾(57)が13日、関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・27)に出演。「あばよ」「いい夢見ろよ」といった決めゼリフの誕生秘話を明かした。

「あばよ!」は、柳沢にとって切っても切り離せないキラーフレーズ。この言葉は誰かのモノマネをした訳ではなく、
とんねるずがMCをした集団お見合いバラエティ「ねるとん紅鯨団」(1987~1994)の“芸能人限定回”に出演した際、自らが口走ったものだという。

柳沢が女性に告白しフラれた際、「とんねるず」石橋貴明(57)が「慎吾ちゃん、なんかひと言いってやったほうがいいよ」というフリがあり、それに対し絞り出した言葉が「あばよ!」だった。
柳沢は「あの時にタカちゃんが『ひと言』って、あの時点で言ってなかったら(『あばよ』は)生まれてなかった」と語る。

一方、「いい夢見させてもらったよ」は、同番組2回目の出演時。こちらはテレビプロデューサー・テリー伊藤(69)の演出の中で生まれている。
テリーは柳沢に「慎吾ちゃん、もし(ごめんなさいって)言われたら、(後方に)まっすぐ行って、立ち止まって、振り返ってセリフ言ってくれる?
(カメラで)おさえておくから」と伝えていたそう。柳沢は言われたとおりに動き、「いい夢見させてもらったよ」と言い放ったところ、突如後方で大爆破。「ビックリしたよ!」と当時の様子を振り返っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16312597/ 
【柳沢慎吾】「あばよ!」誕生秘話明かす 石橋貴明がキッカケ の続きを読む

このページのトップヘ