ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

spo1806180003-p1

【カリフォルニア州ロサンゼルス20日(日本時間21日)発】エンゼルス・大谷翔平投手(23)の右肘内側側副靭帯損傷が判明してから約2週間。チームの失速もあって、お膝元のオレンジ・カウンティーは、故障者リスト入りし、まだ復帰のメドが立たない“大谷ロス”を嘆いているが、あくまでそれは限定的なもののようだ。

 ロサンゼルス・タイムズのコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者(37)は「悲しいことに米国内で野球はバスケットボール、アメフットなどの陰に隠れた脇役のスポーツ。今、ロサンゼルスのスポーツシーンの話題はNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ(33=キャバリアーズ)がレイカーズに来るのかどうかで持ちきり。正直、アナハイム以外で大谷は忘れられている」と厳しい現実を指摘する。

 全米第2の都市・ロサンゼルスには4大スポーツの全てが集結し、加えて今季からズラタン・イブラヒモビッチの加入したMLS(メジャーリーグサッカー)の人気球団、LAギャラクシーも本拠地を構えている。

 年間を通してスポーツの話題には事欠かず、今話題になっているものだけに人もメディアも飛びつく土地柄なのだ。

 同記者は「野球は古いスポーツで新しいことが起きにくい。だから大谷の(二刀流)ストーリーには価値があった」としながらこう続けた。「ただ、ある意味で大谷はアナハイムでよかった。もしこれが(人気球団の)ドジャースだったら今回の故障離脱はただでは済まなかったと思う。GMの責任問題を厳しく追及されていたと思う」(ヘルナンデス記者)

 その視点から見れば、大谷が大都市近郊のローカル球団、エンゼルスを選んだメリットは、雑音なくゆっくりとリハビリに専念できていることにこそありそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1045204/

【DL入り大谷に厳しい現実】 米紙コラムニストが「忘れられている」 米国内で野球は陰に隠れた脇役のスポーツ の続きを読む

145766

「まだ、入院していますが、私が看病しているわけではないので…。今どのような治療をしているのかわかりません。TOKIOのメンバーがお見舞いに来たのかもわかりませんし、精神面が落ち着いているのかもわからないんです…」

 そう力なく声を絞り出すのは山口達也(46才)の母親だ。現在、山口は事件発覚直後に入院した病院から転院し、実家近くの病院で治療を受けている。山口にはアルコール依存症を疑う声も上がったが、実は5年以上にわたって「躁鬱病」を患っていたことは本誌・女性セブンが報じた通りだ。現在はその治療がすすめられている。

「今の病院は、豊かな自然環境の中で専門性の高い治療を受けられると評判のところです。もちろん、アルコール摂取の抑制もメニューに入っています。今は山口さんのお兄さんが中心となって、入院生活をサポートしているようです」(山口の知人)

 そんな中、山口はある事情から、積極的に不動産関係者と接触しているという。建てたばかりだった豪邸を売却しようとしているのだ。

 東京・新宿からほど近い高級住宅街の一角、敷地100坪に建てられた地下1階、地上2階の大豪邸で、床面積は300平方メートルを超える6SLDKだ。

「奥さんの希望もあって料理教室ができるような広々としたキッチンもあります。小学生になって大きくなってきた2人の息子の部屋などこだわりの家で、3億円のローンを組んで建てたんです。2016年2月に竣工しました。でも、完成まもなく夫婦仲に亀裂が入り、半年後の8月に離婚。山口さんは豪邸を出てマンションで一人暮らしを始めました」(前出・知人)

 元妻Aさんと2人の息子は昨年、日本を離れハワイへ。豪邸に住んだのはわずかな期間だったようだ。

「今回は一般に売りに出しているのではなく関係者に声をかけているようです。資料には“ルーフバルコニーは一見の価値あり”とありました。不動産関係者も続々と内覧しているとか。
https://www.news-postseven.com/archives/20180621_703651.html?PAGE=1#container 
【元TOKIO】山口達也、豪邸を5億円で売り出す 未だ入院中で経済事情深刻 の続きを読む

19日のワールドカップ初戦で、コロンビア代表に歴史的な勝利を収めた日本代表。

コロンビアは前回大会ベスト8で今大会も躍進が期待されており、日本の勝利は世界中で驚きをもって伝えられた。

特に南米での衝撃は大きかったようで、日系人も多いペルーでは日本戦の話題で持ち切りだったのだとか。試合後には「ハセベはペルー系らしいぞ」との珍説もまことしやかに囁かれた。

ただ、単なるネタかと思いきや話は意外な方向に広がっているようだ。『Depor』は「日本代表の主将を務める長谷部誠の母親はペルー人である」と伝えた。

記事では、

・1984年生まれの34歳
・代表チームの主将
・コロンビア代表を悩ませた

として長谷部と同国の英雄パオロ・ゲレーロの類似点を指摘。

さらに長谷部が15歳の時に遠征で初めて首都リマを訪れたこと、元代表DFカルロス・サンブラーノとフランクフルトで同僚だったことなどを紹介し、「母親がペルー人で、父親が日本人である」と報じた。

他にも『ATV』『Libero』など、影響力のあるメディアもこのことを伝えている。

長谷部の母親が実際に何人であるかは個人的なことだが、今までそのような話を聞いたことがない…。確かに濃い目の顔ではあるが一体どこからそんな情報が…。

そんなペルーは、本日、グループステージの第2戦でフランス代表と対戦する。ペルーと長谷部から目が離せない。

https://qoly.jp/2018/06/21/makoto-hasebe-peru-hys-1
101f2a6d-9d74-3ca0-6f49-feba3c50bb67

【衝撃】<日本代表の長谷部はペルー系!>ペルーで謎の噂が広がる... の続きを読む

社会学者の古市憲寿氏が21日、フジテレビ系「とくダネ!」で、サッカー日本代表の西野朗監督を絶賛している世論に対し「こんなに手のひら返すものなんですね」と驚きの声を上げた。

 番組ではサッカーワールドカップを特集。元日本代表の武田修宏を解説に迎え、コロンビア戦の振り返りとともに、次戦の対戦相手であるセネガルの分析なども行った。

 武田はセネガル戦はコロンビア戦とは「全く違う」と断言し「西野監督、分析して、もしかしたら4バックから5バックにするかもしれないですし、相手に来させていくかもしれない。西野監督は戦術家で、分析担当も2人増やしている」と解説した。

 このコメントに小倉智昭は「古市君は4バックとか5バックとか分かります?Tバックと変わらないような…」と、以前からサッカーに興味がないことを公言し、ワールドカップも見ないとしていた古市氏をからかった。

 これには古市氏も苦笑しきりだが「西野監督、今でこそ賞賛されてますけど、監督交代があった頃、本当に大丈夫かと批判もあったじゃないですか。こんなにも手のひら返すものなんですね」と驚きの表情。

 これに武田は「プロは結果が全てですから」と言い切り「まずは予選突破が前回大会からクリアしないといけない(課題)。いかにグループリーグを突破するかというのが大きな目標。これからです」と話していた。

ディリースポーツ 6/21(木) 10:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00000037-dal-ent

写真
no title

【西野監督絶賛世論にあ然!】古市憲寿「こんなにも手のひらを返すものなのか」 の続きを読む

このページのトップヘ