ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

fc81e0ad23f4bf88c94f0acf219fec2a

嵐・相葉雅紀(34)が主演を務める月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)の第2話が4月24日に放送され、平均視聴率が8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。 
初回は平均視聴率11.8%をマークし、毎回のように低視聴率が話題になる「月9」枠で3期ぶりの二桁発進と期待は大きかかった。
しかし、その好スタートの一方で「相葉くんの棒演技が酷すぎる」「次から見ない」などと酷評が噴出。
早くも2話目で一桁に急落してしまったことで「月9の息の根を止める作品」といった声まで上がっている。

■初回の“棒演技”で嵐ファン以外は見限った?

同ドラマは人気作家・麻耶雄嵩氏(47)のミステリー小説を原作に、貴族を名乗る謎の貴族探偵(相葉)が召使いに推理をさせて自分は何もしないという異色の探偵モノとなっている。

準主役の女探偵役に武井咲(23)、貴族探偵の師匠役に井川遥(40)、メイド役の中山美穂(47)、執事役の松重豊(54)、運転手役の滝藤賢一(40)、刑事役の生瀬勝久(56)、さらにスマホの秘書アプリの音声を仲間由紀恵(37)が担当するなど月9史上屈指の豪華メンバーが脇を固めており、死角はないように思われた。

ところが、初回は肝心の主演を務める相葉の“棒演技”に酷評が噴出。
ネット上で「相葉くんの演技が酷すぎる」「ひとりだけ学芸会レベル」「まったく貴族に見えない」「ドラマ面白いのに相葉ちゃんの棒演技で台無し」などと散々に叩かれてしまった。
豪華な脇役陣の演技が完璧であるために、余計に相葉が悪目立ちしてしまった面もある。

「決してドラマのデキは悪くなく、原作ファンからは概ね好評でした。
さらにF2層(女性35?49歳)、F3層(女性50歳以上)の支持も高いというデータもある。
しかし初回の相葉さんの演技によって、いわゆる”嵐ファン以外”の視聴者が大量に離れてしまったようです。
正直、庶民派の相葉さんに貴族キャラを求める方がおかしいので気の毒でもありますが……。
また、事件を締める“おいしい役どころ”のはずの中山さんの演技も評判がよろしくない。
そういった原因が積み重なり、一桁に急落してしまったといえそうです」(テレビ局関係者)

役柄と合っていようがいまいがジャニーズタレントが主演、なぜ起用したのかよく分からない老け顔が目立つメイド役の中山美穂。
いずれも過去の黄金期が忘れられないフジテレビの時代錯誤が生み出したミスキャストといえそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1304454/
2017.04.25 19:00 デイリーニュースオンライン

【巨額予算でも大コケ?】嵐・相葉雅紀『貴族探偵』一桁落ちで関係者も騒然の続きを読む

52e09a3a8f1439

 大手レコード会社「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」の取締役、村松俊亮氏(53)が、アイドルグループ「乃木坂46」を今年2月に卒業したばかりの人気メンバー・橋本奈々未(24)と、卒業後も密会を繰り返していたことが「週刊文春」の取材でわかった。村松氏が橋本を送り、橋本の自宅マンションの建物内に入る姿も複数回確認している。

 乃木坂46はSMEグループのレーベルからCDをリリースしている。メンバー全員が事務所 「乃木坂46合同会社」に所属。この会社は、村松氏が今年3月まで社長を務めた「ソニー・ミュージックレーベルズ」とAKBグループを運営するAKSの関連会社「ノース・リバー」の2社によって構成されている。村松氏は合同会社の初代代表であり、昨年末までその職責にあった。

「週刊文春」記者は村松氏を直撃した。

――引退した橋本さんになぜ会っている?

「本人がその(芸能界引退の)あとに、希望で芸能関係の裏方の仕事をする予定だと」

――私物化との指摘もある。

「まったくありません」

 2人はどんな関係なのか。詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」5月4・11日
GW特大号で報じる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170425-00002282-bunshun-ent
http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/5/c/-/img_5cd03510bae9b4b1184c791066b09af5374782.jpg
【!!】元・乃木坂46 橋本奈々未を“私物化”するレコード会社取締役の続きを読む

98374_50_03275918_756da8ad

22日放送の「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!テレビの裏側 禁断のぶっちゃけSP」(TBS系)に

フリーアナウンサーの徳光和夫(76)や小倉智昭(69)、タレントのヒロミ(52)ら、
テレビ番組で司会を務める大物が集結。驚きのぶっちゃけ話を連発し、番組を盛り上げた。

小倉はみのもんた(72)との「共演NG説」についてぶっちゃけた。みのがかつて「27時間テレビ」(日本テレビ系)の司会を務めた際、あるコーナーで2人が共演。番組中に紹介された「嫌いなアナウンサーランキング」で、みのが1位、小倉が2位だった。

この結果を受け、小倉がみのに「いいですよね。嫌いなアナウンサー1位と2位がこうやって(一緒に)やるのも」と発言したところ、みのの妻が激怒。番組にクレームを入れてきたという話を耳にしたと明かした。

小倉は「みのさんは大先輩だし尊敬しているんだけど、それが原因で週刊誌がみのさんと(共演が)ダメだって書くようになった」と発言。
小倉自身は共演NGという気持ちは「ないです」ときっぱり否定した。

しかし徳光の「でも智ちゃん、尊敬はしてないだろ?」という鋭いツッコみに、小倉もタジタジ。さらに徳光が「みのは小倉ちゃんのことあまり好きじゃない(と思う)」という爆弾発言を繰り出すと、小倉も「好きじゃないと思うよ」と苦笑いを浮かべつつ、その冗談に乗っかった。

徳光は「やりづらい共演者」として、女優の中谷美紀(41)や深田恭子(34)の名前を挙げ、スタジオを騒然とさせた。
前回出演時には「やりづらい共演者」として元AKB48の島崎遥香(23)の名前を挙げた徳光だが、今回はさらに驚きのぶっちゃけ。

「皆さん知っているかな?中谷美紀さん」の発言にスタジオは大騒ぎとなり、あの和田アキ子(67)も「これマジで放送するの!?」と驚きを隠せない様子だった。

徳光は、以前中谷が「世界ウルルン滞在記」(TBS系)にゲスト出演した際、「全然しゃべってくださらなかった」と話し、「彼女は多分番組で行った取材地が気に入らなかったみたいで、司会者として何かを引き出そうとして質問するんだけど『あ、そうですね』『そうですか』という感じでほとんど会話にならなかった」と告白した。

さらに「深田恭子って人もそうだったんですよ」と驚きの発言を連発させる徳光。自身がMCの番組であまりにも答えがない深田に「悪いけど、あんた俺のこと嫌いなの?」と尋ねたところ、深田は「そんなことないです」と否定したという。徳光は「彼女は当時、女優さんとして出たばかりで無口なお嬢さんだったらしい。俺の設問も良くなかった」と弁明した。

中谷についても「どんな女優さんかと思って舞台や映画を観たら本当に素晴らしい女優さんだと思った」とフォロー。
「もしお目にかかったら弁解させていただきたい」と頭を下げた。また島崎とはすでに和解済みということも明かした。

またヒロミが都市伝説になっている堺正章(70)との「共演NG説」について真相を告白。ヒロミが堺に対し「マチャアキ」と呼んだことで芸能界を干され、10年間休んだという噂がネット上で出回っているが、「俺が違うって言っても、ネットで調べたら毎回それが出てくる」と呆れ顔で話した。

堺とは普段から交流があるというヒロミは「先生、(噂で)こうなっていますよ」と雑談。堺の方もその噂を知っており、「俺も(ヒロミを)干せるような気がしてきた。
これだけ言われるなら俺にもそのくらいの力がある」と冗談口調で話していることを明かし、「共演NG」の噂を一蹴した。

徳光も「正章さんはヒロミさんのこと大好きだよ。一緒に麻雀やると必ずヒロミさんの話が出てくる」とコメントした。

2017年4月24日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)
http://news.livedoor.com/article/detail/12978242/

【ぶっちゃけ告白】徳光和夫「やりづらい女優は中谷美紀と深田恭子」の続きを読む

2028215_201309010338716001378040781c

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(36)が24日、大阪・あべのキューズモールでFM802の公開収録に参加した。

冒頭から「僕は非常に嫌われている」と自虐トークを展開したが、「でも今はノンスタイル井上の方が嫌われてると思う」と活動自粛から明けた同期をイジって、ニヤリ。
毎晩のように飲みに行くメンバーについても、「村本(大輔)くん、品川(祐)さん、ホリエモン…嫌われてるヤツばっかり。
傷をなめ合うように、日本中の嫌われてるヤツが1カ所に集まってます。
火力強めの異常に燃える場所がある」と言って、笑わせた。

絵本作家としても活躍し、4作目「えんとつ町のプペル」は発行部数が30万部に迫る勢い。
西野はこの日、全20作で1つの物語が完成するという構想を明かした。

25歳のときにタモリ(71)の助言もあって絵本を描く事を決意したといい、「年を重ねてから物語を書くと説教臭くなりそう」という思いから
「下手でも荒削りでもいいから、25歳の感覚で一生分の話を書いちゃった」と告白。「1作仕上げるのに3年かかる計算で、人生で20本ぐらいしか作れない。
その20本分を全部、25歳の時に書いた」と説明し、「20本で長?い1つの話。それを小分けにして今、出版している。
60年かけて作る1つの話です」と壮大な計画の全貌を語っていた。

収録の模様は同局で5月3日午後3時放送。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/24/kiji/20170424s00041000277000c.html
2017年4月24日 20:41

【嫌われている?】キンコン西野「でも今はノンスタイル井上の方が嫌われてると思う」の続きを読む

このページのトップヘ