ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

ダウンロード (1)

過熱報道がひと段落したものの、いまだ事件の全容が見えてこない『NGT48』山口真帆の暴行被害事件。ファンのフラストレーションが日々たまっていく中、2月12日に放送された『AKBINGO!』(日本テレビ系)がファンの間で物議を醸している。

既に各メディアで報じられているように、昨年12月、山口が自宅前で待ち伏せしていたファン2人から暴行を受ける事件が発生。さらに、ファンの犯人2人をけしかけたのがメンバーであると山口自身が暴露したことで、ネット上では当該メンバーを特定、追及する動きが広まった。

そして同日の番組は、姉妹グループも含めた「AKB」系列の各メンバーによる企画を開催。もちろん渦中の「NGT」も含まれており、西潟茉莉奈、加藤美南、山田野絵といった面々がグループを代表して収録に参加していた。

事件への関与が濃厚なメンバーたち
しかし、この3人は前述の“特定作業”により、関係を持ったファンに山口を襲撃するよう依頼していたとされる“疑惑の人物”たち。にもかかわらず、大笑いしながらバラエティー収録に参加したことで、ファンからは、

《犯罪に加担したといわれてるメンバーを出演させていいのか?》
《渦中のメンバーを何事もなく放送するのってどうなの》
《出演シーンカットしろよ!》
《説明責任を果たして疑惑が晴れるまで自粛するのが筋では》
《白なら白と証明してからじゃないと》
《時間が解決すると思ってるのかな》
《これだけの大事件に関与してることが濃厚でも運営は見て見ぬふりですか》

などといったツイートが上がる“炎上状態”と化した。

「山口は事件後、一部メンバーのツイッターやインスタグラムのフォローを解除。これにより、ファンの間で『外されたメンバーは事件に関与している可能性が高い』との説が有力視されたのですが、西潟、加藤、山田の3人はここに含まれているんですよ。その他の証言を照らし合わせても“ほぼ黒”との見方が強く、公式発表がないことや今回のオンエアを見ると、運営は知らぬ存ぜぬでウヤムヤに処理するつもりなのでしょう」(アイドルライター)

仮にファンをけしかけた張本人ならば、犯人への教唆で罪に問われる可能性も出てくる同メンバーたち。「NGT」運営は調査委員会を立ち上げるなど火消しに躍起だが、真相が判明する日は訪れるのだろうか。

 まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/75597

【NGT48/山口真帆事件】「疑惑のメンバー」総出演で番組大炎上!大笑いしながらバラエティー収録に参加 の続きを読む

20190217-00000050-sph-000-4-view

 17日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で真剣交際中だったタレントのベッキー(34)とプロ野球・巨人の片岡治大(やすゆき)ファーム内野守備走塁コーチ(35)が結婚したことを特集した。

 2人は1月中に都内で婚姻届を提出した。この報道に対し、芸能リポーターの駒井千佳子氏(53)が「マスコミもみんなどこか罪悪感持っていたんで彼女に対して、ベッキーさんが幸せになってくれて」と16年の「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(30)との不倫騒動に触れると、コメンテーターで社会学者の古市憲寿氏(34)は「それを今さら言います?あの人。あんだけやっておいて、今さらホッとしているって。何なんですか、あの人。びっくりしちゃった、あの人がいきなりあんなこと言い始めて」と駒井氏を指さして糾弾した。

 この展開に「ダウンタウン」の松本人志(55)は「ゲスやわ。ゲス。ゲスの極みやわ」と笑わせた。糾弾された駒井氏は当時の報道で罪悪感が「ありましたよ、報じる事に」と明かし「彼女のお仕事がほとんどなくなった時期があったんで、本当に良かったな」と笑っていた。

 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000050-sph-ent

【古市憲寿】「ベッキーに罪悪感」と漏らした芸能リポーターの駒井千佳子氏に憤慨!「今さら言います?何なんですか、あの人」 の続きを読む

元AKB48で女優の島崎遥香が、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)に出演。
塩対応のイメージについて「そうしないと生きていけなかった」と打ち明けた。

オープニングトークで、MCのフットボールアワー・後藤輝基から「塩対応のイメージですけど、AKB卒業して肩の荷が下りたということはあるんですか?」と振られ、島崎は「そうですね、だいぶ」と笑顔で返答。
東野幸治が「ハキハキしてるの、ぱるるらしくないよ」と指摘すると、「何か爪痕残したいと思って」と話した。

積極的な島崎の姿に後藤らが「違う違う! 塩対応のイメージやで」と驚くと、「今日頑張って爪痕を残したい」と再び笑顔でアピール。
今後バラエティにどんどん出演したいか聞かれると「出たいです。バラエティ大好きです!」と意欲も見せ、「でもしゃべれないです」と打ち明けると、後藤が「致命傷やんか」とツッコんだ。

そして、後藤が「今までの塩対応は本心じゃなかったってこと?」と尋ねると、「そうしないと生きていけなかった」と告白。
この発言にスタジオから笑いが起こり、東野も「AKB層厚いから」と爆笑。
さらに、IKKOが「ぱるる面白い~」と言うと、島崎は「ホントに~」とIKKOのモノマネも披露した。

http://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1876330/

『行列のできる法律相談所』
no title

no title

no title


元AKB48 島崎遥香
no title

no title

【驚愕】島崎遥香、AKB時代の“塩対応”はキャラだったと告白「そうしないと生きていけなかった」 の続きを読む

13日、AbemaTVで元モーニング娘。でタレントの矢口真里と元お笑いコンビ巨匠の岡野陽一がMCを務める『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送され、アイドルグループ・ゑんらの滝口ひかりが「2000年に1度の美少女」と呼ばれていることに対しての心境を語る一幕があった。

今週ゲストで登場したアイドルは『ゑんら』の3人。
グループ名は煙の妖怪である「煙々羅(えんら)」に由来し、煙のように変幻自在で枠にとらわれないアイドルをコンセプトに活動している3人組だ。

メンバーの滝口ひかりは、かつて所属していたアイドルグループ時代に「2000年に1度の美少女」と呼ばれていたそう。
岡野がそのようなキャッチコピーをつけられていることに対して「言われてどうなの?」と切り込んでいくと、滝口ひかりは「橋本環奈ちゃんが『1000年』で、(私は)その倍じゃないですか。橋本環奈ちゃんの倍かわいくないといけなくて」と、同時期に活躍していた『1000年に1度のアイドル』こと橋本環奈の存在があったため、プレッシャーだったと吐露する。

「でも叩かれちゃったりするので……」と、心無い人物から中傷された過去も明かすと、矢口は「向こうが勝手に言ってきたのにね! そんなんで叩かれても意味わかんないよね」と同情した。

当時の誹謗中傷に対して「私が1番良くわかってるよ、それは!」と感じていたと、自虐的に語るとスタジオは爆笑。
「嫌じゃないけど、『重いな』って?」と岡野から聞かれると、滝口ひかりは「そうですね、複雑ですね。『私なんか……』って思っちゃいますね」と、心の内を明かしていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16031762/

『矢口真里の火曜The NIGHT』 滝口ひかり
no title


「2000年に1度の美少女」 滝口ひかり
no title

no title

no title


「ゑんら」
no title

「2000年に1度の美少女」滝口ひかり、キャッチコピーにプレッシャー「橋本環奈ちゃんの倍かわいくないといけなくて」 の続きを読む

このページのトップヘ