ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

ラブラブだった矢口真里&中村昌也 
no title
1: テキサスイズザレーズンφ ★ 2013/05/26(日) 11:44:02.26 ID:???0
モデルとの不倫が報じられているタレントの矢口真里について、26日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にてタレントのテリー伊藤、西川史子、ミッツ・マングローブらが厳しい声を寄せた。西川は「結構前にこの話を噂で聞いて“まさか”と思った。
もちろん認めてないので実際どうなのかわからないですけど、あまりにも常識がなさすぎるし、結婚に対する意識も低すぎる。
結婚する時は良いイメージだったのに全部崩れちゃったと思います。やったことは自業自得」とバッサリ。

不倫相手を自宅に連れ込んだとされることについても、「もともと破綻してたんじゃないですかね?(自宅に)連れ込んだとしたら形跡はわかる。
ということは“連れて来たっていいや”ぐらいの愛情の関係だったんじゃないですか」と辛辣に続けた。

さらに、矢口と番組で共演するミッツが「矢口さんは多分『ここが私の家だ、私が主だ』っていう男性的な意識があったのでは」とやんわりと見解を述べる一方で、テリーは「もっと実は悪いことやってますよ。それはわかってるけど、みんな阿吽の呼吸で言わないだけ」と爆弾発言。

「2月にあったことがここまでバレていなかったけど、この2~3ヶ月の間に実は色々あったわけじゃないですか。
それでもケロッとした顔してブログ上げてたわけで、マヌケな女といえばマヌケな女」と厳しい声を交えつつも、「矢口が今現在何を考えているか。芸能界に戻ってこれるのかとか、自分の保身を考えている場合じゃない。中村くんは場合によっては悲しい男・間抜けな男として見られてしまうけど、矢口が自分を悪いポジションにしてまで彼を守れるか、そこで人間としての彼女の評価になる」と冷静に分析した。

矢口は2011年5月に俳優の中村昌也と結婚。2周年を目前に控えていたが、21日発売の「週刊女性」にて、ファッション誌の専属モデルUとの不倫が報じられた。自宅の寝室で夫の中村昌也とUが鉢合わせしたといい、一部では離婚に向けて話し合いを始めた状況と報じられている。

以下ソース:モデルプレス
http://mdpr.jp/news/detail/1247281
【矢口真里の不倫相手は騎乗位の覇王!】「体調不良ナンデス」ツイッターでネガティブな書き込みの矢口真里の浮気相手【梅田賢三】
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28525148.html
【矢口真里に希望?】不倫疑惑もレギュラー影響なし!?…日本テレビの定例会見
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28519734.html
【身内には甘い、毒舌御意見番w】和田アキ子、親しい間柄の矢口真里騒動に「本当なのかなぁ」
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28501324.html
【???】ビッグダディ前妻の美奈子さん、矢口真里にエール「私も最初の結婚の時、同じようなことをされた」「よく話し合って」
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28500717.html
【すべてが嘘w】「どうよ、旦那のこの幸せそうな顔」不倫騒動の矢口真里、連載コーナーを持つ『週刊ファミ通』で白々しく「ラブラブアピール」
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28402683.html
【妊娠か?w】矢口真里、生放送を体調不良で欠席
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28389211.html
【絶望】矢口真里、ベッドで鉢合わせの不倫認める・・夫の中村昌也、絶望の状況へ
http://jacklog.doorblog.jp/archives/28325494.html 
【犯人捜しw】「矢口真里の不倫情報をバラしたのは小森純」説を追う(東スポ)
 http://jacklog.doorblog.jp/archives/28349528.html 

【不倫報道の矢口真里】芸能界から厳しい声「自業自得」「もっと悪いことやってる」の続きを読む

no title

1: ライオン(秋田県) 2013/05/26(日) 10:54:56.78 ID:0/B+U6CvP BE:253955423-PLT(12001) ポイント特典
日本へ旅行すると、ガイドの中には「日本円は世界で最もきれいなお金である」と観光客に教える人がいる。日本円は磁石の粉末で印刷されているため、汚れにくく、製作費用も高い。日本円が手のひらに置くと温まってだんだんくるくると丸くなる。これも磁石のためだ。多くの日本人が日本円を胸ポケットに入れているが、それは日本円が体によく、健康に役立つからだ。

資料によると、日本円が比較的きれいなのは、日本人がお金を1つの方向で財布に入れることと(金運を呼ぶ)、日本円の回収率が高く、2年流通すると回収されるからだ。

また、米国の科学家が世界の貨幣のコカインについて調査を行った。9割のドル紙幣にコカインが付着しており、中でも首都ワシントンのドル紙幣が最も汚かった。中国と日本のお金はきれいで、1割から2割にしかコカインがみつからなかった。この角度からも、日本円は世界で最もきれいなお金である。

今日本で流通している紙幣は、1000円、2000円、5000円、10000円の四種類でまた6種類の硬貨がある。1円、5円、10円、50円、100円、500円である。

http://japanese.china.org.cn/life/2013-05/26/content_28933939.htm

【健康にもいい???】世界で最もきれいな紙幣 日本円 健康に役立つの続きを読む



1: マヌルネコ(新疆ウイグル自治区) 2013/05/26(日) 00:06:41.93 ID:o65W5urtP BE:4267440386-PLT(12000) ポイント特典
メートル法への移行を求める請願に対する米国政府の回答「使いたければ使えばいい」

米国で標準的に使われているヤードポンド法からメートル法への移行を求める請願が昨年12月にWe the Peopleで作成され、49,914人分の署名を集めたが、これに対する米国政府の回答は「使いたければ使えばいい」というものだった
We the Peopleの記事 https://petitions.whitehouse.gov/response/supporting-american-choices-measurement
本家/.http://slashdot.jp/story/13/05/25/0719204/
政府の回答によると、米国は1875年のメートル条約に署名しており、1890年代以降は慣習的に使われているマイルやポンド、小さじといった単位はすべてメートル法で定義されているとのこと。1970年代からはすべての学校でメートル法を教えるようになり、1992年以降は消費者向けの製品にメートル法とヤードポンド法の両方が併記されるようになっている。また、メートル法を使用する政府機関もあるなど、メートル法とヤードポンド法は状況に応じて使い分けられているという。メートル法の使用を推奨するが、強制はしないというシステムなので、家庭でメートル法を使いたければ自由に使えばよいと述べている。

http://slashdot.jp/story/13/05/25/0719204/

【ヤードポンド法】アメリカ人「いい加減メートル法に移行しろ」 政府「使いたいなら使えよ」 アメリカ人「ハァ?」の続きを読む

8d48d717

1: スペインオオヤマネコ(WiMAX) 2013/05/25(土) 23:32:49.01 ID:yYXpsejl0● BE:158628858-PLT(12000) ポイント特典
今月20日、電車やバスなど公共交通機関でのベビーカー利用について、国土交通省が事業者ごとに異なるルールを統一させるべく、検討に乗り出すというニュースが報じられた。
これまでも各鉄道やバスの事業者は、交通機関内でのベビーカー利用について、事故を未然に防ぐための注意喚起や、マナーの啓発などに取り組んできた。
例えば、車輪をストッパーで固定してもらう、混雑状況によっては折り畳みを求めるなど。また、優先スペースには、ベビーカーと車いす両方のマークを表示しているケースもある。
ところが、こうした規定の内容や優先スペースの表示は各事業者に委ねられているのが現状。そのためネット上では、車内で利用するベビーカーのマナーをめぐって、若干の混乱や論争が生じている。中には、ベビーカーでの乗車自体に否定的な見方をもつ人も。
・最近のベビーカーってやけに大きい。大人一人分以上の場所を取られます
・超ラッシュなのに平然と乗ってくる人。かなり不愉快……
・出入り口に付けられると、結構邪魔なんだよね。抱っこじゃダメなのかな

など、混雑時にスペースを確保することの難しさや、通路や乗降口付近の通りづらさに苦言を呈するものが多い。特にラッシュアワー時は、空けてあげたくても現実的に不可能な場合も多く、「お互いのために時間を考えて控えてほしい」というコメントも寄せられた。

http://news.livedoor.com/article/detail/7706114/

【抱っこじゃダメなのかな?】 「電車内のベビーカー」にさまざまな声の続きを読む

このページのトップヘ