ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/17(月) 08:55:49.46 ID:???
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part II』に登場する未来アイテム
「自動でヒモが締まるナイキ製シューズ」を、ナイキが本当に発売することが
分かりました。発売は来年2015年。映画 Back to the Future Part II (BTTF II)で
描かれた、「現代(1985年)から30年後の未来」にあたります。

自動で締められる靴ひも (Power lace) の発売予定を明らかにしたのは、Air Jordan
シリーズの多くなどで知られるナイキのデザイナー Tinker Hatfield 氏。

リンク先の Sole Collector 誌によれば、米国ニューオリンズで2月14日に開催された
イベントの席上で、(映画に描かれた未来である) 2015年には Power lace が登場する
のか?との質問に対して、簡潔にイエスと答えたとされています。("Are we gonna
see power laces in 2015? To that, I say YES!" )

ナイキは映画に登場したマーティー・マクフライのシューズに似たモデルを何度か
販売しており、2010年には作中の忠実なレプリカにあたる NIKE MAG を1500足限
でチャリティオークションしていました。

(NIKE MAG の売上は総額600万ドル近くに達し、パーキンソン病の解明と治療に
取り組むマイケル・J・フォックス財団へ寄付されています。同財団は、映画で
主人公マーティーを演じた俳優 マイケル・J・フォックス氏が、パーキンソン病の
進行で俳優としての一線を退いた後に設立した団体)。

ただしこのレプリカ版 NIKE MAG は形状こそ作品中のシューズに似ているものの、
肝心の動力式靴ひも調節機能は搭載していません。来年登場するという Power Lace
システムがどのようなものか、形状として NIKE MAG の Power lace バージョンに
なるのかまた別になるのか etc は不明です。

映画のなかの未来で描かれた空飛ぶ自動車もホバーボードも残念ながら実現して
いませんが、バック・トゥ・ザ・フューチャーPART IIイヤーである来年になれば、
少なくとも Power Lace 内蔵シューズは現実になります。

no title

【新製品】Nike(ナイキ)、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の“自動靴ひも調節シューズ”を来年発売!!の続きを読む

amr14021708010001-p1

1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/17(月) 09:30:58.31 ID:???0
 米国立科学財団(NSF)が行った調査で、米国人の4分の1以上が、地球が太陽の周りを公転していることを知らないことが分かった。
16日までに、AFP通信が伝えた。(SANKEI EXPRESS)

 NSFが2200人以上の米国人に対し、科学の基礎知識に関する9つの質問をしたところ、「地球の公転」を知っていたのは回答者の74%で、人間が原始的な生物から進化したことを知っていたのは48%。
平均正解数は6.5だった。

【マジか!?】米国人の4分の1以上が「地球の公転」を知らず!!の続きを読む

frn1401211810006-p2

1: ビッグブーツ(愛知県) 2014/02/17(月) 08:02:23.95 ID:YPFucAd70 BE:7438011899-PLT(12001) ポイント特典
朴大統領「反日外交」のツケ 日本人観光客が激減

日本人観光客に敬遠され、頼みの中国人の先行きも不透明で、袋小路に陥る観光業界。惨状を招いた原因は何なのか。

韓流ライターの児玉愛子氏は「韓流ブームが落ち着いたことや、円安ウォン高の影響もあるが、日韓関係の悪化も原因の1つだろう。私自身、竹島問題が大きく報道されたときに、タクシーで乗車拒否に遭ったり、現地住民に『何で日本人が来るんだ』と悪口を言われたりした。私のように旅行中に不快な思いをした人は1人や2人ではないだろう。
いくら韓国に好意的な人でも、あまりの反日ぶりに引いてしまった人が多いのではないか」と指摘する。


【日本人観光客が激減 !】韓国、日本人旅行者に 「何で日本人が来るんだ」と罵倒、日本人という理由でタクシーも乗車拒否の続きを読む

1: 禿の月φ ★ 2014/02/17(月) 05:10:57.22 ID:???P
 ソチ冬季五輪ノルディックスキー・ジャンプの男子ラージヒルで銀メダルを獲得した“レジェンド”葛西紀明(41=土屋ホーム)が快挙から1日たった16日夜(日本時間17日未明)、五輪公園でのメダル授与式に出席し、念願のメダルを手にした。

 冬季五輪日本人最年長の41歳254日で銀メダルを獲得、日本ジャンプ陣にとっても98年長野五輪以来のメダルをもたらした葛西は、3人のメダリストの先頭で入場。
にこやかな表情で右手を振って会場の声援に応えた。

 銅メダルのペテル・プレブツ(スロベニア)に続き「ノリアキ~カサイ~」とコールされると、飛び乗るように表彰台に上がり、右手を突き上げて大きく派手なガッツポーズ。さらに両手を突き上げ、喜びを表現した。(>>2以降に続きます) 

画像:no title
【ソチ五輪】葛西紀明にメダル授与、レジェンドが表彰台で派手なガッツポーズの続きを読む

このページのトップヘ