ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

今回の映画は、テレビシリーズの映像を再利用しつつ、キャラクターの設定を微妙に変化させたパラレルワールドの物語。

テレビ映像の使いまわしばかりで、新規で書かれた映像は数分のみ。しかも世界観設定が変更されているため、テレビシリーズの一部の重要キャラクターがいなかったことになっている。以下はエウレカファンのコメントである。


長すぎるので全文はソースで
http://buzz-plus.com/article/2017/09/18/eurekaseven-high-evolution/
no title

【炎上?】映画「交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション」が酷すぎて激怒 / 手抜き映画に1800円の続きを読む

20170906s00041000346000p_view

本当に才能があるのか、ないのか。歌手でタレントの工藤静香(47)が第102回二科展で入選を果たし、21回連続入選を記録した。
しかし近年、芸能タレントの“参入”が相次ぎ、二科展の入選難易度が疑問視されている。工藤が二科展に出品し続ける意味は何なのか?

9月16日に全国ライブツアーをスタートした工藤。おニャン子クラブ時代を経て、1987年にソロデビューして30周年を迎えたベテランは、往年の代表曲を歌って約1200人の観客を沸かせた。
しかし、8月30日に発売したアルバム『凛』の初週売上枚数が2950枚とズタボロだ。

そんな工藤は1日、Instagramで二科展に応募した作品を公開。背後にヘビがうごめく中に佇む女性が、両手で口をおさえている。
6日に二科展の会場で公開された入選作『礼にあらざれば』の目を隠す女性、耳を塞ぐ女性の絵と合わせて「2枚で一枚の絵画が完成します」とつづっている。
工藤の夫である木村拓哉(44)がSMAP解散の憂き目に遭い、自身も同騒動への関与が取り沙汰されただけに、なんとも意味深な作品だ。

■二科展に意味深な作品で入選も……バレた入選の難易度

工藤はこれで、二科展に21回連続入選。2010年には、特選に選出されて話題にもなった。押切もえ(37)も、近年3年連続で入選している。
入選を続ける工藤たちは、さぞかし才能あふれる絵描きなのかと思いがちだが、そうとも言い切れないようだ。

詳細はソースにて
デイリーニュースオンライン
http://dailynewsonline.jp/article/1355997/
 
Instagram
https://www.instagram.com/p/BYfeK2on4IM/?hl=ja&taken-by=kudo_shizuka

【工藤静香がなぜ二科展に連続入賞?】見えてきた入選難易度と”芸能人枠”の続きを読む

w700c-ez_148482fff10a0a22e0374fba0f0a416de213b30b2c7e2930

お笑い芸人のブルゾンちえみが、17日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00~)にゲスト出演。今年の同局系大型特番『24時間テレビ』でチャリティーマラソンランナーとして90kmを完走したブルゾンは、身近で応援していた"with B"ことブリリアンへの不満を爆発させた。

今回のテーマは「ヤバい過去SP」。ブルゾンにとって『24時間テレビ』は"ヤバいことだらけ"だったそうで、まず「徹底した情報管理」を挙げ、ランナー発表前は段ボールをかぶって移動させられていたことを明かした。

もう一つ、「with Bに体力を奪われた」と告白。休憩ポイントに応援に駆け付けたwith Bが、トレーナーの坂本雄次さんを押しのけてマッサージをし、ブルゾンが「専門家のやつだから違う」とツッコんでいたが、その際に「めっちゃ嫌か、めっちゃ感動するかのどっちかに振り切らんと、めっちゃコメントしづらい」とガチ説教しているVTRが紹介された。

詳細はソースにて
https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1670970/

【告白ガチ説教?!】ブルゾンちえみがwith Bへの不満爆発!!24時間マラソン応援「イライラした」「with Bに体力を奪われた」の続きを読む

300x

新作「三度目の殺人」が公開中の是枝裕和監督(55)が日本映画界に危機感を抱いている。

このほど日刊スポーツの取材に応じた。カンヌを始め、新作発表のたびに各国の映画祭から注目される国際派は、映画祭に参加することで、新たな製作意欲が、かき立てられるという。ただ、国内に目を向けると、若手監督の育成や成長のためにも、映画業界の「改革」が必要と訴える。

是枝監督は今月上旬、「三度目の殺人」がベネチア映画祭コンペティション部門に選出され、現地での公式上映や会見などに出席した。受賞は逃したが、得るものはたくさんあった。
「日本のメディアは賞レースしか興味がなく、賞を取れたか取れなかったかだけを報じて終わるけど、実際に来てみて、あの場所に立つと、少し違う感慨があるんです」

これまでカンヌ映画祭に6回、ベネチア映画祭に2回参加してきた。世界の映画関係者や、映画ファンが集まる祭典を体感するたび大切な思いを再認識する。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00005681-nksports-ent 
【日本映画の危機?】是枝監督が若手監督育成へ改革提言「新たな作家、才能を発見する、育てるという意識を持ってもいい」の続きを読む

このページのトップヘ