ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

マギー、自分でも照れる“GAL”姿 きゃりーが称賛「かわいすぎ!」

モデルのマギーが1月16日、『マギー maggymoon Instagram』に公開した1枚が反響を呼んでいる。「#pienAge」とあり彼女がイメージモデルを務めるカラーコンタクトの仕事だったようで、自ら「GAL いつのまにかこんな甘い撮影に照れを感じるように」という。

その姿にフォロワーが「羨ましいこの顔」「これぞ! マギーじゃ」とざわつくなか、きゃりーぱみゅぱみゅから「かわいすぎ! さいこう!」とコメントがあった。それに気づいたマギーは、「まじかよ ありがとう(照れます」と嬉しそうである。

詳細はソースにて
no title


http://japan.techinsight.jp/2018/01/maki01161636.html

【画像】マギー、自分でも照れる“GAL”姿 きゃりーが称賛「かわいすぎ!」 の続きを読む

 2月7日、カズこと三浦知良の所属する横浜FC(J2)と岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治(JFL)が宮崎・日南総合運動公園で練習試合を行なう。過去に監督と選手として何度も対戦してきた岡田氏とカズだが、20年経った今も所属チームの練習試合が話題に上るほど、20年前の『カズ落選』は衝撃的な出来事だった。

 日本が初めてW杯に出場した1998年、岡田監督は開幕直前に長らく日本サッカー界をエースとして引っ張ってきたカズをメンバーから外した。結果は3戦全敗で予選リーグ敗退。その後、岡田氏はコンサドーレ札幌や横浜Fマリノスの監督を務め、2010年のW杯南アフリカ大会でも指揮を執り、日本をベスト16に導いた。

 カズはクロアチア・ザグレブ、京都サンガ、ヴィッセル神戸、横浜FCと渡り歩き、50歳を超えた今でも現役サッカー選手としてピッチに立っている。

 1997年、W杯予選初戦のウズベキスタン戦で4ゴールを奪ったカズは、3戦目の韓国戦で尾てい骨を痛めた後も強行出場したことで状態が悪化し、満足なパフォーマンスが見せられなくなっていた。日本が勝利から見放されたことで、サポーターのバッシングの矛先はカズに向かっていった。イランとの第3代表決定戦ではカズと途中交代した城彰二が同点ゴールを決め、チームがW杯初出場を決めたことでカズ不要論はさらに過熱していった。

 1998年になると、カズは代表に呼ばれはするものの出番は限られ、日本を出発する直前の5月のキリンカップでも2試合を通じて1度もピッチに立つことはなかった。

 そして、6月2日合宿先のニヨンで岡田監督はカズ落選を発表。会見で理由をこう話した。

「カズに関してはトップの中で今、城を柱として考えていて、交代でどういう選手を使っていこうかと。アルゼンチン、クロアチア、ジャマイカという試合を想定した場合に使うチャンスがないと判断しました」

 当時のカズはヴェルディ川崎でMFとして起用されていたこともあったが、W杯による中断までJリーグで4得点。4試合連続ハットトリックを記録するなど絶好調だった中山雅史(ジュビロ磐田)らと比べれば、物足りなさを感じさせる数字だった。仮に日本代表に選ばれていたとしても戦力として通用したかどうかは意見の分かれるところだ。スポーツライターが話す。

「岡田監督はピッチ上で働くかどうかだけを考えて決断を下したようですが、カズの役割はそれだけではなかった。マスコミの批判を一身に背負う役割を果たしていた。カズが外されたことで、本格的に『エース』と呼ばれるようになった城は、それまでにないプレッシャーを感じたと語っています。控えで出番がなくてもカズがメンバー入りしていれば、城はもっと伸び伸び働けたはず。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14165858/

写真
no title


【サッカー】<「外れるのはカズ」から20年・・・>カズと岡田氏 因縁対戦2・7実現!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515806240/

【1998年フランスW杯】三浦知良落選 !岡田武史監督の決断は正しかったか?の続きを読む

4523e_1509_23e800a1_f710b47a

ムーミンの舞台、入試センター「設問に支障なし」

 大学入試センター試験の「地理B」で出された、人気アニメの舞台をめぐる問題について、センターは16日、「知識・思考力を問う設問として支障はなかった」という見解を示した。

 ただ、アニメの舞台となった国を問題で明示した根拠は「現時点では回答できない」としている。

 問題となっているのは、アニメ「ムーミン」と「小さなバイキング ビッケ」の画像などを示し、舞台がフィンランドかノルウェーかを問う
設問。アニメを手がけた会社が「舞台は不明」としているほか、大阪大学大学院言語文化研究科スウェーデン語研究室もセンターに根拠の説明を求めている。

 センターは朝日新聞への回答で、キャラクター自体に関する知識は直接必要なく、ムーミンの画像から「低平で森林と湖沼が広がるフィンランド」、ビッケの画像や「バイキング」の表記から「海が結氷せ
ず、海上活動が盛んだったノルウェーやスウェーデンを含むスカンディナビア半島の沿岸や周辺海域」が類推されると記載。設問で既にスウェーデンを示していることから、
ノルウェーが導けるとしている。さらに、ノルウェー語とフィンランド語の語族の違いを踏まえれば、正答できるとしている。

 センターの回答では、アニメの舞台の根拠に触れていない。朝日新聞が改めてこの点を電話で取材したところ、センター側の担当者は「現時点では回答できない」と答えた。

 センターの大塚雄作試験・研究統括官は、出題の場面や条件を一部単純化したとして、「指摘を踏まえ、今後の問題作成に当たって一層留意する」とコメントした。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14167378/

【出題ミス】入試センター「現時点では根拠を回答できない」 根拠ゼロでムーミンの国籍を捏造していた の続きを読む

本当に相撲ファン激減?「にわかが興味無くなっただけ」と指摘の声

 幕内で歌手の大至(49)が16日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に出演。暴行問題などに揺れる大相撲の人気について言及した。

 番組では、初場所の前売り券が即日完売したことや、懸賞金が過去最多となったことを紹介。一方で、明治神宮での奉納土俵入りに駆けつけたファンが昨年の4200人から2800人に減ったことを指摘。さらに、番組の調べによると、昨年の5月場所で当日券を求める人は約600人だったのが350人になっていたという。国技館には当日券を求めて始発電車で駆けつけるファンがいるものの、街頭取材では「一連の騒動で興味が無くなった」「無観客でやれ」などの厳しい声が出ているなど、“温度差”がある現状を紹介した。

 昨年11月以降、大至も余波で相撲甚句の仕事などのキャンセルが入っているという。それでも「コアなファンはこういった騒動でも『応援に行くよ』という方々がいらっしゃる」と、国技館を埋めるファンに感謝。そして「『にわかファン』と言ったら失礼なんですが、そういった方々が興味が無くなったとか言われると思います」と感想を口にした。
詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000092-sph-spo
no title

【本当に相撲ファン激減?】「にわかが興味無くなっただけ」と指摘の声 の続きを読む

このページのトップヘ