ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

no title

3月12日、コカインを使用したとして、関東信越厚生局・麻薬取締部(麻取)に逮捕されたピエール瀧(51、本名=瀧正則)容疑者。
テクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーとしてシーンをリードしてきた彼は、演技派俳優にして、よき家庭人でもあった。

世田谷区内にある自宅周辺の住民は、驚きを隠せない様子でこう話す。

「瀧さんは、普通のおじさんでしたよ。家族思いの。違いといえば、高級外車が置いてあることぐらい。芸能人っぽいところは微塵も感じなかった」

一般女性と結婚して、約15年。12年前に購入した建売りの一戸建てに、妻と中学生の長女との3人暮らしだ。別の近隣住民はこう振り返る。

「家族揃って近所の家で食事をしたり、町内会の仕事もこなす。休日には家族で近所に買い物にも行かれますよ」

地元に馴染んでいた瀧容疑者だが、その自宅に「麻取」が乗り込んだ。

「瀧容疑者の自室にある引出しから、巻いてストロー状になった、『ウォン紙幣』1枚を押収した。
任意同行を求めると、『あぁ、はい。わかりました』と、観念した様子だった。
さすがに奥さんや子供さんの前では、コカインの話はできなかった」(麻取関係者、以下同)

3月15日、長身でショートヘアの妻は、マスク姿で外出先から自宅に戻った。
報道陣を見るなり、自宅に駆け込み、コメントすることはなかった。

本格的な取調べが始まった同日、瀧容疑者は「眠れてはいるが、食欲がない」と話しているという。犯した罪の重さに苛まれ、食事も喉を通らないのか。

「本人は、『大それたことをやってしまった』と思っているのだろう。調べには、淡々と応じている。接見禁止ではないから、奥さんと子供さんが面会することは可能だ」

幸せな家庭を築いていたはずの瀧容疑者の裏切りは、今に始まったことではなかった。本人はこう供述している。

「途中でやめていた時期もあるが、20代のころからコカインや大麻を購入し使っていた」

だが20年前、瀧容疑者が所属する「電気グルーヴ」の熱狂的ファンだった女性は、こう証言する。

「当時、電気グルーヴのメンバーらが中心になって、彼らが出演するクラブで、MDMA(合成麻薬)をばら撒いていました。
ピエールさんもやっていたし、私たちコアなファンも一緒にやっていた。『テクノにMDMAは欠かせないもの』というイメージがあったんです」

2018年秋から内偵捜査を続けていた「麻取」は、瀧容疑者がコカインの常習者であることを、把握していたとみられる。

「コカインを継続して摂取していたようだ。1回に買う量が少量だと、そのぶん、買う頻度は増えてくる。いつ踏み込んでも、体から検出されていただろう」(前出・麻取関係者)

瀧容疑者はどこからコカインを入手していたのか。現在もコカインを使用しているという都内在住の40代男性から、話を聞くことができた。

「コカインの隠語は『チャリ』。たとえば売人に3グラム頼むときは『ツーリングをしたいので、チャリを3台お願い』と連絡する。今は1グラム2万円前後が相場だ。でも芸能人は1グラム4、5万円になるという。

口は堅いし、売人にとって芸能人は大切なお客だ。じつは渋谷方面を担当している売人が、ピエール瀧が逮捕されて以降、連絡が取れなくなっている」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00010001-flash-ent 
【コカイン逮捕で賠償30億円…】ピエール瀧、クドカンの反応は … の続きを読む

元巨人投手・桑田真澄さん(50)の次男で音楽家のMatt(マット、24)が19日までに自身のインスタグラムを更新し、「すっぴん」ショットを公開した。

Mattはストーリー機能を更新し、黒マスクをかけた自撮りショットをアップ。
「整体行ってくる~(どすっぴん)」とコメントをつけた。

写真のMattはまゆ毛も薄く、カラコンやつけまつげなどのアイメークも施していないように見える。
フォロワーからは「すっぴんのmattさんかっこよくて頭クラクラします」「自然美の頂天」とのコメントが寄せられた。

Mattは14日までにストーリー機能に「ひとつ言わせてちょうだい」としてメッセージを投稿。
「僕は“白人になりたい”とは一切思っておりません」とし、「アジア人の僕が思い描く“Matt”というイメージや僕なりの美学をこの顔(パレット)に描いているだけです」「僕は何通りもの自分とメイクを通して出会うことができます」と思いを主張した。

そして「僕は自分の顔を愛しています。知り尽くしているからこそ最大の可能性を発揮できます」とづづり、「メイクを通して皆さんに伝えたいことは“表現の自由がある”ということ」と訴えていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/16182978/

Matt「すっぴん」ショットを公開
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/2/7/2797d_60_9bd3110c_09d6fa6a.jpg

Matt
no title

【桑田真澄さん次男・Matt】ついに「どすっぴん」ショットを公開「かっこよくて頭クラクラ」「自然美の頂点」の声 の続きを読む

20190319-00014750-jprime-000-2-view

 突如として飛び込んできた後藤真希の不倫報道には驚いた!

 『週刊文春』(3月21日号)が報じたのは後藤の夫・A氏が、元彼氏であるB氏に対し、不貞行為を行なったとして損害賠償を求め民事訴訟を起こしているというのもの。

 記事には『アパホテル』や『錦糸町のホテル』、カラオケ『ビッグエコー』の個室内での生々しい行為が記された陳述書も掲載されており、読者の興味がそそられる内容となっている。

 最近の不倫報道では、写真のみならず、メールやLINEなどの通信記録までが赤裸々に公開され、当事者が言い逃れできない状況に追い込まれることが多い。

 今回はドライブレコーダーの記録が決め手となったという。

顔の出てこない一般人

 それだけに、これまではあくまでも“不倫疑惑”だったものが、最近は“疑惑”が取れて「不倫発覚」になってしまう傾向にある。

 しかし、ワイドショーでも、連日取り上げられるようなことはなかった。

 それゆえか世間の反応は落ち着いている。さらに、この報道を冷やかな目で見ているようなネットの書き込みも少なくない。

 それは後藤真希というタレント自体の露出が少なくなっており、注目度が薄れているという点もある。

 しかし、もっと大きいのは彼女以外の登場人物が“素顔が出てこない一般人”だということだ。

 '13年に同じく元モーニング娘。の矢口真里が“クローゼット不倫”が発覚したときの衝撃は計り知れなかった。というのも、当時の夫が俳優の中村昌也であったし、
不倫相手がモデル(現在は一般人として矢口と再婚)だった。

 顔を知っているだけに、想像しやすいという点もあったのだろう。騒動に関わる男性がふたりとも一般人だと、どうしても記事のディティールが薄くなってしまうところがある。

 加えてもうひとつ、“不倫報道”があった場合、そのあとにゴタゴタが起き、裁判になって泥沼化したり、何かしら広がりが出てくる。しかし今回は記事が出た時点ですでに
裁判にまで発展している。

 さらに後藤がその事実をすべてを認めて、

《夫と度重なる話し合いの末、こんな私を許し受け入れてくれ、夫婦として時間も増えました》

 と、自身のブログで謝罪したため、これ以上の広がりが望めなくなっている。そのため、週刊誌などが後追いしようにも、新しい内容や切り口を見つけにくいのだ。

 『文春』の記事にあった〝夫のDV疑惑〟について、

《当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております》

 と触れたことで「夫に書かされているのでは?」と一部で疑問の声が出ているが、これに関しても本人たちが語らない以上、書きようがない。

 ある意味、“ストーリーが完結してしまっている”ということだ。

 この先、離婚とでもなれば話は別だが、これ以上触れられることもなく、騒動の収束は早いと思われる。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

文/佐々木博之(芸能ジャーナリスト)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190319-00014750-jprime-ent

【後藤真希】不倫報道が「生々しいのに盛り上がらなかった」2つの理由 の続きを読む

mlb19031819500018-p4

プロ野球の巨人と18日まで東京ドームでプレシーズンゲーム2試合を戦った米大リーグ、マリナーズのイチロー(45)。
米国内でのオープン戦から24打席無安打と打撃の調子が上がらないでいるが、日本人初の大リーガーの村上雅則氏(74)は「ボールが見えていないという印象」と指摘する。

その典型として、村上氏が挙げたのは、18日の試合の四回、巨人の左腕・戸根に三振を喫したシーンだ。
イチローは追い込まれた状態で、真ん中付近のスライダーを見逃した。
村上氏は「実戦から遠ざかっていた分、感覚が戻っていないのでは」と言い、こうアドバイスする。
「空振りになってもいいから、1球目から積極的に振ることが大事」

巨人との2試合では、よく見極めようとするあまりか、なかなかスイングしない打席が目立った。
「以前の調子が良い頃なら一発で仕留められるだろうが、今は無理。過去のイメージに引っ張られている」という。

だからこそ、「振っていけば、少しずつタイミングもつかめてくる」と村上氏。
「日本で何とか1本打ってほしい。ほんのちょっとのきっかけで変わってくれるのでは」と期待を込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000078-mai-base
3/19(火) 20:59配信

【村上雅則氏が指摘 】「イチロー、ボールが見えていない印象」 の続きを読む

このページのトップヘ