ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

1329061792


1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/05/09(木) 11:55:02.26 ID:???0
家電量販店最大手のヤマダ電機が全役員の降格を発表した。創業者の山田昇会長(70)が5年ぶりに社長に復帰し、一宮忠男社長(57)は副社長に降格。それ以下の14人の取締役は全員が1段階ずつ降格するという前代未聞の懲罰人事だ。
それもそのはず、ヤマダ電機は業績不振が著しい。2013年3月期の売上高は1兆7040億円の見込み。
10年3月期に売上高が2兆円を突破し、3兆円の目標を掲げた勢いはない。
家電エコポイントと地上デジタル放送移行に伴う需要の先食いの反動で家電全体が低迷気味だが、ヤマダ凋落の理由はそれだけではない。

第一に、ベスト電器の買収失敗がある。九州でのシェア拡大を狙って昨年子会社化したが、これが裏目に出た。
かつて業界トップだったベストの凋落は目を覆うばかり。
13年2月期の連結売上高は前期比27%減の1912億円と大きく落ち込み、当期損益は173億円の赤字。
「ベスト全店の3月の売り上げがたった70億円しかなく、ベスト各店の看板をヤマダ電機に差し替えることをやめてしまったほど」(業界関係者)

売り上げ増と東南アジア進出のノウハウを手に入れるためのベスト買収は、一転して、重荷になってしまった。
もうひとつの敗因は「中国」である。華々しく進出したが、結果は散々。
昨年3月にオープンしたばかりの南京の大型店は5月末に閉鎖。瀋陽店、天津店以外の新たな出店は凍結した。
「役員会で喋るのは山田会長ひとり。他の役員は何も言えない。中国進出でも第1号店から状況は悪かったのに、止めようと言えないまま、ずるずると出店を続け、深手を負った」(ヤマダの元幹部)

後継者問題も燻る。一度は取締役を解任した長男の傑氏(38)を昨年、取締役に復帰させ「山田会長は『やはり後継者は傑しかいない』と社内で公言しだした」(ヤマダ電機関係者)という。
来年の消費税増税で家電市場は一段と冷え込む。ガバナンスを喪失したヤマダの前途は多難だ。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2656

【盛者必衰】家電量販店の雄 ヤマダ電機はなぜ凋落したかの続きを読む


2013050819151630a

1: ジャガー(dion軍) 2013/05/09(木) 11:05:05.76 ID:ENkou4kZ0● BE:995004296-PLT(12145) ポイント特典
川口委員長の解任決議が可決
5月9日 10時59分

自民党の川口参議院環境委員長の中国訪問を巡って野党側が提出した解任決議案は、
9日の参議院本会議で採決が行われ、野党側の賛成多数で可決されて川口氏は委員長を
解任されました。委員長の解任決議が可決されたのは衆参両院を通じて初めてです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130509/j69446210000.html

【可決】川口委員長の解任決議 野党「中国配慮は国益を害する!」の続きを読む

mig

1: ジャパニーズボブテイル(栃木県) 2013/05/09(木) 08:31:30.25 ID:ejyZCGIq0 BE:85871636-PLT(12791) ポイント特典
食器洗浄機、カビに注意 7割で検出、感染症原因にも

 【編集委員・永井靖二】 急速に普及する食器洗浄機の内部にカビが繁殖していることが、大阪市立自然史博物館の浜田信夫・外来研究員の調査で分かった。サンプル調査の7割近くにのぼった。
抵抗力が弱まっている人に感染症を引き起こす種類が多数派といい、こまめな手入れが必要だ。

 浜田さんは昨秋、食器洗浄機がある大阪府内の134世帯の協力を受け、洗浄水や内部を拭き取った試料からカビの有無を調べた。

 その結果、68%に相当する91台からカビが見つかった。ドアからの水漏れを防ぐパッキング部分は58台(43%)から検出された。18台には洗浄水1ミリリットルあたり100個以上のカビが見つかり、同1千個以上のものも2台あった。

 使用年数が1年を超すと、年数とカビの数に明確な関連は見られなかったが、漂白剤入り洗剤を使った洗浄機では、漂白剤入りを使わない洗浄機よりカビの数が3分の1~10分の1と少なかった。

http://www.asahi.com/national/update/0508/OSK201305080146.html

【食器洗浄機】主婦 「食洗機って、手洗いよりキレイになるし楽だわ~」 ← 7割がカビ菌まみれであることが判明 の続きを読む

58c8af145408eb5c18b4df2fb699f9c6

1: ジャパニーズボブテイル(栃木県) 2013/05/09(木) 08:38:22.86 ID:ejyZCGIq0 BE:152659384-PLT(12791) ポイント特典
川口氏解任―不毛な対立にあきれる

 参議院環境委員会の川口順子委員長(自民)の解任決議案が、きょうの参院本会議で可決される見通しだ。閣僚への問責決議とは違い、可決されれば川口氏は解任される。
 決議案は、民主党はじめ野党7党が共同で提出した。民意を代表する国会の決議は重い。
とはいえ、解任するほどのことだったのか。首をかしげざるを得ない。
 川口氏は、参院の許可なく中国出張の日程を延長し、予定されていた委員会が開けなかったことの責任を問われた。
 参院自民党などの説明によると、経緯はこうだ。
 川口氏はアジア諸国の元外相らでつくる国際組織の一員として、中国外務省の外郭団体の招きで4月23日から訪中した。
 国会開会中は、常任委員長の海外出張は自粛するとの申し合わせがある。だが、今回は25日までの予定を1日短縮したうえで、平日にもかかわらず例外的に許可されたという。
 ところが、24日になって前外相の楊潔●(ヤンチエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員との会談が翌25日に設定された。参院の許可を得られぬまま、川口氏は帰国を延期。このため、環境相による法案の趣旨説明などが予定されていた25日の環境委員会は開けなかった。
 民主党の海江田代表は、委員会開会を決めていたのに「それを放擲(ほうてき)して中国に滞在したままというのは瑕疵(かし)がある」と指摘した。その通りであろう。
 一方で、中国との閣僚級以上の対話が途絶えるなかで、尖閣や靖国問題で日本側の立場を伝えるのは国益上必要だという川口氏の言い分にも、聞くべき点はある。
 国会開会中は、閣僚の海外出張も国会の了解が慣例となっている。このため、これを認めるかどうかが、しばしば与野党間の国会運営の駆け引きの道具として使われてきた。
 政権交代をへて、ほとんどの政党が政権を担う経験をしている。国会を舞台にした足の引っ張り合いがいかに国政運営の時間を空費し、時に国益を損なうことを、多くの議員が実感しているはずだ。
 野党が夏の参院選をにらみ、今回の決議によって安倍政権へのダメージを狙っているとしたら、不毛なことだ。
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_gnavi#Edit2

【どうした!?】朝日 「川口委員長の今回の一件は解任するほどのことか?参院選をにらんでの事だとしたら不毛すぎる」の続きを読む

このページのトップヘ