ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

no title
なんだ、ベッカムは来日しないのか(ロイター) 
1: 五十京φ ★ 2013/06/02(日) 17:19:27.10 ID:???0
Jリーグは5月31日、「東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチ」(6月16日・国立競技場)の出場選手を発表し、サポーター投票で44万1257票と最多得票を獲得したMF中村俊輔(34)=横浜=ら40選手が名を連ねた。
チャリティーマッチは元イタリア代表FWデルピエロ(38)が参加した昨夏に続き2度目。
今回の最大の目玉は、今季限りで引退を発表した元イングランド代表主将ベッカム(38)=パリ・サンジェルマン=の参加だったはず…。

ベッカムが参加を快諾したと一部で報道されたのは同25日。だが、この日のメンバー発表ではベッカムの「ベ」の字もなし。
複数のJリーグ幹部は「その件については何も言えません」の一点張り。
オファーしたかどうかも含め、「我々の口からも何もいえないのです」(Jリーグ広報)という。

【ベッカム来ないの?】 Jリーグ復興支援マッチにブーイング 払い戻しを希望するファンがいないともかぎらない(久保武司)【サッカー】の続きを読む

no title

画像:「ザ・サウンド・オブ・チェンジ・ライブ」の試写会に登場した藤本美貴さん 
1: 禿の月φ ★ 2013/06/02(日) 16:30:43.19 ID:???P
元「モーニング娘。(モー娘。)」でタレントの藤本美貴さんが2日、グッチ銀座(東京都中央区)で開催されたライブイベント「ザ・サウンド・オブ・チェンジ・ライブ」のノーカット版の試写会に登場した。

藤本さんは、モー娘。時代の先輩の矢口真里さんが俳優の中村昌也さんと離婚したことについて「びっくりした。私は報道されていることしか知らない。


【エールwww】藤本美貴が先輩・矢口にエール 「2人とも幸せになって」の続きを読む

125294439959216216149

1: 禿の月φ ★ 2013/06/02(日) 15:21:32.07 ID:???P
2013年5月30日に俳優・中村昌也さん(27)との離婚を発表した矢口真里さん(30)の不倫騒動について、芸能界のご意見番・和田アキ子さん(63)がモノ申した。

矢口さんを巡っては、まだ騒動について公の場で言及していないため、会見を開いて自分の言葉で話すべきだ、という意見が出つつある。
これに、「会見は微妙でしょ~、どう?」と熱っぽく反論した。

■「本当に連れ込んだの?」「本当なのこれ?」
6月2日放送の「アッコ におまかせ!」(TBS系)では、東京スポーツの種井記者が今回の騒動を巡って「イメージダウンは深刻、年収5000万クラスだったのが大幅に減り、慰謝料やCMクライアントから違約金を含めると損害は1億円にのぼる」と試算。
「(今回の騒動について)まだ公の場に出てきて説明していないので早くどっかに出てきてほしい」と話した。

【芸能人が一転「同情」と「擁護」】不倫騒動の矢口真里に和田アキ子、西川史子、テリー伊藤らの続きを読む

images

1: 猫又(神奈川県) 2013/06/02(日) 13:00:36.97 ID:hzV+JsnhP BE:2857764858-PLT(12001) ポイント特典
【6月2日 AFP】自国文化を強力に保護してきたフランスで論争を呼んでいる、大学で英語による授業を増やそうという法案の審議が始まった。

 下院で5月22日に審議が始まったこの法案は広範囲にわたる高等教育改革の一環。英語以外の外国語による講義も導入して、フランスの大学の留学生率を現在の12%から2020年には15%に増やすことを目指している。
 フランス語の保護にかけてきた長年の努力が水泡に帰すという批判がある一方で、フランスも不況に突入しつつあり、国外で働くことを考える人も多い今、フランスの若者も英語を使えたほうが良いという賛成派もいる。左派系日刊紙リベラシオン(Liberation)は5月21日の1面に英語で「Teaching in English --Let's do it(英語で教える──レッツ・ドゥ・イット)」との見出しを掲げ、「包囲されたガリア人の最後の村の代議員」のように振る舞うことは止めるべきだと論じた。

 外国各紙も多少の皮肉を織り交ぜながら、この議論に割って入っている。英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)の5月22日の論説は、フランス語と英語をいいかげんに混ぜた表現で「モシモ授業でアングレ(英語)が許可サレレバ、フランセ(フランス語)は『死語』にナッテシマウデショウ、お偉方のミナサン、サクレ・ブルー!」とからかった。

フランス人「英語の授業を許したら、フランス語は死語になるかもしれない」の続きを読む

このページのトップヘ