ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

1: FinalFinanceφ ★ 2013/05/03(金) 19:51:13.98 0
no title
民主党の細野豪志幹事長は3日、宇都宮市内で街頭演説し、社会保障制度改革をめぐる安倍晋三首相の対応を「全く前向きな姿勢が見えない。民主党は我慢を重ねたが、そろそろ堪忍袋の緒が切れそうだ」と批判した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130503/stt13050319160003-n1.htm

【モナ男】細野「民主党は我慢を重ねたが、そろそろ堪忍袋の緒が切れそうだ」の続きを読む

fbi20130502006thumb

1: そーきそばΦ ★ 2013/05/03(金) 19:29:19.12 ID:???0
 【アンカラ=松浦篤】「もしイスタンブールが五つの輪を射止めたら、私は誰よりも先に『イスタンブール万歳』と申し上げたい」

 安倍首相は3日午前(日本時間3日午後)、アンカラ市内で開かれた日本トルコ合同経済委員会であいさつし、2020年夏季五輪の招致を日本と争うトルコにエールを送った。

 あいさつの終盤で「イスタンブールと東京の話をさせていただきたい」と切り出した首相は、トルコへのエールに続き「もし東京が射止めたら、どうかトルコの皆さん、世界の誰より早く『万歳』と叫んでほしい」と呼びかけ、会場から盛んな拍手を浴びた。

 五輪招致を巡っては、猪瀬直樹東京都知事のイスラム諸国を批判する発言が波紋を広げており、首相としてはトルコへの配慮を示すことで、両国間のしこりを払拭する考えがあったとみられる。

読売新聞 5月3日(金)18時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130503-00000567-yom-pol

【五輪】安倍首相「もしトルコで五輪なら『イスタンブール万歳』と申し上げたい」 猪瀬発言をフォロー、トルコにエール送るの続きを読む

90e1aa93-s

1: カラカル(チベット自治区) 2013/05/03(金) 18:10:30.69 ID:fMVSpXnJP BE:1585862429-PLT(12010) ポイント特典
真珠湾攻撃、フィリピン虐殺など動画制作して広報
サイバー外交使節団VANK(バンク)は、日本をアジアの"いじめ対象"にする広報戦略を展開する。
代表の朴起台(パク・ギテ)バンク団長は「日本の歴史歪曲の巨大な津波は、アジアはもちろん世界を覆う前に私達が立ち上がって"アジア・太平洋の平和防波堤"を構築する事業を展開することにした。」として、「これは日本が"アジアから韓国と中国を孤立させるためのプロジェクト"に対抗して、"日本をアジアから締め出す対抗作戦"を展開するだろう。」と 3日明らかにした。

バンクは、日本の政府高官や議員など168人が靖国神社を参拝し、"戦争加害者"ではない"戦争被害者"と世界に宣伝し、独島と領土問題を扱う"領土主権対策企画調整室"を最近新設し、事業予算に8億1000万円(約93億ウォン)を確定した事などが帝国主義の復活と竹島(独島)領有権を主張するための措置であると認識している。
これに対してバンクは、日本帝国主義の被害を受けたアジア各国とアメリカ人の感情を引き出し、日本の思惑を中止させる方針だ。
バンクは、日本が第二次世界大戦当時に犯した"アメリカの真珠湾攻撃"と"フィリピンの捕虜虐殺"を入れた動画を制作し、英文でウェブサイトに掲載して米国とアジア各国に広報する予定だ。

真珠湾空襲は1941年12月7日、日本海軍の飛行機が米国ハワイ州オアフ島真珠湾にある米軍基地を爆撃した事件をいう。
この奇襲攻撃で12隻の米海軍艦艇が沈没したり、破壊され188機の飛行機が撃墜されたり損傷を受けた。兵士の死傷者は2千403人に達し、民間人68人も犠牲になった。
フィリピンの捕虜虐殺は"バターン死の行進"と呼ばれる。1942年4月9日、日本軍は7万人の米軍とフィリピン軍捕虜をバターン半島の南端マリベレスからサ​​ンフェルナンドまで88㎞を強制的に歩くようにした。この過程で7千~1万人の脱落者が銃剣で刺されて死亡した。
>>2以降に続く 2013-05-03
http://news.donga.com/Main/3/all/20130503/54879461/1

【これが本場のレイシスト】日本を世界の"いじめ対象"にする「プロパガンダ作戦」を公表-韓国VANKの続きを読む

eab679c07901359aa9a8c141fdd438b4_0

1: ターキッシュアンゴラ(東京都) 2013/05/03(金) 17:29:27.60 ID:lWbPaHfK0 BE:43919036-PLT(12001) ポイント特典
発売7日で発行数100万部という記録を作り、好調に売り上げを伸ばしている作家・村上春樹さん3年ぶりの長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。

ハルキスト(村上春樹ファン)を中心にお祭りムードが続く中、お笑いコンビ「爆笑問題」が「人気を支えているのは、ファッションとして読む人たち」と皮肉まじりに斬り込んだとして、ファンらの間で波紋を広げている。
「中身がゼロ」「100万部超えするものじゃない」

村上さんの新作について2人が語ったのは、2013年4月30日放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」。村上さんの作品に度々「モノ申している」太田光さんは「村上春樹の言ってることは、観念的でとても難しい。
だから、100万部超えするようなものじゃないと思うんですよ」と語り始めた。

太田さんは、『マボロシの鳥』などの小説を書いている。かつては自身も村上作品が好きだったと認めつつも、大ヒット作「ノルウェイの森」(1987年刊行)以降は「クソつまらなくなった」、「中身がゼロ」「(村上作品が候補に選ばれる)ノーベル文学賞なんてクソ」と言ってのけるなど、相変わらずの辛口批評を展開する。そして、ついには村上作品を愛する読者らもやり玉に挙げられてしまったのだ。

「手に取らせるだけでもすごいこと」の声も

2人は東京・代官山で行われた発売カウントダウンイベントに言及。会場では日付がかわる0時ちょうどに『色彩を―』の販売がスタートし、ファンがいち早く手にして喜ぶ様子は、多数のメディアにより伝えられた。
これについては、これまでフォローに徹していた田中裕二さんも「そこで待ちきれないって言って、すぐカフェに行って読んでるっていうトータルファッションの要素が大きい」と説明。
「たとえば『ハリーポッター』は『子供だ、バカに見られる』みたいな思いがあるんですって。村上春樹はオシャレとして一つ上みたいな感覚があると思う。カフェで読んでるやつらには、それを感じる」と熱弁をふるった。

つづく

【爆笑問題】太田光が「村上春樹」を批判 「中身がゼロ」「人気を支えているのは、ファッションとして読む人たち」の続きを読む

このページのトップヘ