ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

no title

1: シャム(家) 2012/12/19(水) 17:08:51.78 ID:cMNowxwH0● BE:1667753074-PLT(18000) ポイント特典
緊急のお知らせ
(週刊朝日からの特別広告企画の案内について)

前略
本日、週刊朝日が 2013 年 2 月発売予定の「手術数でわかるいい病院 2013 全国」に掲載する広告企画の案内を、
【取材協力:日本肝胆膵外科学会 理事長 宮崎勝】と表し、多くの病院施設に広告掲載を持ちかけ、広告料として 100 万円以
上のお金を要求していることが判明いたしました。

本学会および宮崎個人は、週刊朝日の同企画に対し、一切の関わりを持っておりません。
その旨ご承知いただき、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

なお、本学会として、このような広告掲載企画を無断で各施設に案内している
週刊朝日に対し、抗議文の送付ともに説明を求める予定です。
事情が明らかになり次第、本学会会員の皆様に報告申し上げます。

今後とも本学会へのご支援・ご協力をお願い申し上げます。
草々

http://www.jshbps.jp/
http://www.jshbps.jp/assets/files/files/asahi.pdf

関連スレ
【画像あり】週刊朝日の表紙がひどいと話題に
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1355840494/

【ついに詐欺まで・・・】 週刊朝日、社団法人を騙り全国の病院施設に多額の広告料を要求している事が判明の続きを読む

1: そーきそばΦ ★ 2012/12/19(水) 17:00:29.84 ID:???0
 【香港時事】19日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、アクションスターのジャッキー・チェンさんが中国誌とのインタビューで
「マフィアから身を守るため、銃や手投げ弾を所持したことがある」と述べたことから、香港警察がチェンさんに対する事情聴取を行おうとしていると伝えた。
 香港では、無許可で銃を所持すると、最高で禁錮14年の刑となる可能性がある。同紙によると、警察は現在、チェンさんとの連絡を試みている。 

時事通信 12月19日(水)16時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000097-jij-cn
画像 ジャッキーさん
no title

【国際】香港警察、ジャッキー・チェンさんを事情聴取か=「銃や手榴弾所持」発言での続きを読む

1: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 2012/12/19(水) 11:18:42.57 ID:???0
・iPS細胞を使った世界初の治療をしたと発表後、大半をうそと認めた森口尚史氏(48)が、
 芸能プロダクションと11月末に契約し、今後、タレントとして活動していくことが18日、分かった。
 関係者は「11月29日に契約を済ませました。本人に任せておくと、どうなってしまうか
 分からないので、(契約は)保護観察みたいなものです」と明かした。

 森口氏は騒動後、勤務先だった東大病院を解雇され、生活苦に陥っていたが、最近は
 「DJ iPS」としてDJデビュー。この日行われたトークショーでも支離滅裂な発言後、
 「自覚していないので、病院に連れて行ってください」「世間のゴキブリといったら私です」と
 自虐的にかわし、TM NETWORKの「GET WILD」を歌うなどした。

 関係者によると、年末以降、数本のテレビ出演が決まっているといい、本人は「生きていかなきゃ
 いけないのでiPS芸人と言われても何とも思わない」と意気込んでいるという。
 http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121219-1061421.html

※画像:no title


※元ニューススレ
・【iPS移植】 森口氏強気?…「帰国後、追加資料出す」
 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350266364/

【狂ってる!】 世界初のiPS移植(ウソ)で話題になった「DJ iPS」こと森口尚史氏、タレントになるの続きを読む

img_821449_28814846_0


1: 有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2012/12/19(水) 03:24:26.02 ID:???0 BE:873044238-PLT(12067)
★不法滞在者:チャーター機で一気に強制送還へ 法務省方針

不法滞在者の強制送還を効率化するため、法務省は、一度に多数を帰国させられる専用チャーター機の活用方針を固めた。
一般客も乗り合わせる航空機で対象者を1人ずつ送り出す現在の方法より、費用と安全の両面で利点があるとしている。
同省は来年度予算の概算要求で関連費用約3000万円を計上。
予算が通れば、年間150人程度にとどまっていた送還拒否者の帰国人数を350人程度に増やせるという。

不法滞在者には、同省が「退去強制令書」を出した上、原則として入管施設に収容し、飛行機などで母国へ帰国させている。
昨年1年間で退去強制令書が出された不法滞在者は9348人で、国別では中国3103人、フィリピン1681人、韓国1172人の順。
しかし、送還を拒んだり、難民認定手続きをして収容が長期化するなどし、仮に収容を解かれているケースはこの5年で約3倍に増え、
10月末現在で約2500人に上る。

送還費用(航空券代)は原則自己負担だが、送還拒否者は帰国する意思がないため、国費を充てざるを得ない。
また、機内で不測の事態が起きないよう付き添う2?5人の入国警備官の航空券代も必要となる。
現在の方法では送還拒否者が出発前の機内で大声を出すなどして航空会社から搭乗を拒否され送還が中止となることもあり、
多い年は10件程度もあったという。

◇費用3割に抑制

こうした事情から、同省はチャーター機で帰国先が同じ100人程度を一度に帰国させる方法を検討し、コストを試算。
送還対象者1人当たりの費用は、最大で現在の約3割に抑えられることが分かった。

同省幹部は「チャーター機の活用は欧米では一般的。コスト、安全の両面で一石二鳥の方法」と話している。【伊藤一郎】

毎日新聞 2012年12月19日 02時30分
http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040126000c.html

【不法滞在者】 "費用と安全の両面で利点がある" 不法滞在者をチャーター機で一気に強制送還へ…法務省方針の続きを読む

このページのトップヘ