ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

1: 荒波φ ★ 2012/12/03(月) 10:58:35.01 ID:???
韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)は、
高興(コフン)羅老宇宙センターで横になって精密診断を受けている。

しかし先月29日以降、まだ正確な故障の原因は確認できず、いつ起き上がるかは分からない。
10月の打ち上げ前にはロシア製の1段目のロケットに、今回は韓国製の2段目のロケットに問題が発生した。

「準備は完ぺきだった」「今度は必ず成功させる」という科学者の言葉を信じた国民の失望感は大きい。

ロケットは衛星を宇宙に打ち上げる運搬体だ。米国・ロシア・日本など世界9カ国だけが技術を持つ。
独自の発射体がない韓国は、1995年から今まで打ち上げた13基の衛星をすべて外国の地で、外国企業に任せた。

巨額を支払っても技術を一つものぞき込めない“宇宙弱小国”の限界も感じた。

このため自分たちの手で作ろうとして、10年前から8500億ウォン(約650億円、
羅老5205億ウォン+宇宙センター33114億ウォン)を投入して挑戦しているが、いつも苦杯をなめている。

打ち上げの失敗は宇宙先進国も繰り返し経験している。
日本はN1ロケットの技術を米国から丸ごと導入し、3回連続で失敗した。
独自開発したH2ロケットも98、99年にN1の前轍を踏んだ。

90年代から独自開発に着手したブラジルは03年、ロケット爆発で21人が死亡するなど
3回連続で失敗したが、挑戦を続けている。

韓国もあきらめてはならない。とはいえ、「羅老」の開発方式には根本的に問題があると考えられる。

独自開発でも技術導入でもなく、不明瞭な奇形方式だからだ。
草創期から発射過程で多くの問題が発生する余地があるという指摘があったが、結局その通りになっている。

ロシアと韓国が独自開発した1段目、2段目の各ロケットを打ち上げ1、2カ月前に連結するため、
“相性”を徹底的に点検するうえで根本的な限界がある。

しかも1段目ロケットはロシアが技術を徹底的に隠し、のぞき見ることもできない。

一方、ロケット技術を保有する9カ国はどうか。
独自開発や技術導入をし、開発・製作・試験など発射体全体を統合設計する方式を選択した。

「羅老」の奇形的な開発方式は韓ロ契約に基づくものだ。宇宙弱小国の韓国としてはやむを得ない条件だった。
それでも「羅老」の相次ぐ打ち上げ失敗と延期の免罪符にはならない。

科学界では開発過程の誤りに責任をあまり問わないのが慣行だ。しかし慣行に安住するのはよくない。
単純なミスで打ち上げ失敗や延期などが繰り返されていないか徹底的に調べ、問題があれば厳重に問責する必要がある。

しかも国産の2段目のロケットは製造から3、4年も経っている。
保管過程、作動可否、部品点検など総体的な問題も確認しなければならない。
避けられるものであるのなら、それによる国民の虚脱感はあまりにも大きい。


2012年12月03日10時34分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/213/164213.html?servcode=100&sectcode=120

【基礎からやれよ!】奇形的開発が自ら招いた韓国ロケット「羅老」の教訓の続きを読む

images









1: ベンガルヤマネコ(愛知県) 2012/12/03(月) 00:39:13.79 ID:X+CSWvHB0● BE:4295100997-PLT(12051) ポイント特典
「地元製造業のことを考えているのか」 嘉田新党「卒原発」で滋賀経済界との確執再燃 

 新党「日本未来の党」が掲げる主要政策「卒原発」をめぐり、代表の嘉田由紀子
滋賀県知事と地元財界の対立が顕在化しつつある。滋賀県には製造業の拠点が集中。
産業用の電力需要の比率が関西電力管内で最も高く、電気料金の値上げがあれば、
企業にとっては死活問題となるからだ。今春、関電大飯原発の再稼働をめぐってもバトルを
繰り広げた両者だが、新党結成で確執は再燃しそうだ。

 滋賀県は名神高速道路の沿線で交通の利便性が高い割りに土地価格が安いとして、
多くの企業が工場を立地。ダイハツ工業滋賀工場(竜王町)や、キヤノンの製造子会社である
長浜キヤノン(長浜市)など、大手メーカーが相次いで進出している。下請けの中小製造業者も多く、
県内総生産に占める製造業など第2次産業の割合は約41%と全国1位となっている。

 産業用としての電力消費も多く、昨年7~9月の電力消費量をみると、産業用需要は
関電管内全体では約38%だったのに対し、滋賀支店管内では約58%だ。

今回の新党結成について滋賀県内に工場を持つある企業幹部は「地元製造業のことを
考えているのか」と不快感を示した。疑問を投げかけるのは「卒原発」の政策。電気料金の
値上げにつながる可能性が高いとし「電気料金がこれ以上、値上げされるなら工場が県外や国外に流出することも避けられない」と指摘する。

 また、他の企業幹部からも「理屈を通すには、まず代替エネルギーの説明責任や
新党設立に向けて地元経済界に理解を求めるなどの姿勢が必要だ」という声があがっていた。

2012/12/2
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121202/stt12120223480008-n2.htm

【いじめ知事は地元企業も苛め抜く!】滋賀県企業激怒 「おい県知事、なんで勝手に電気代値上げとか卒原発とか言ってんだ?」の続きを読む

1: 特亜の呼び声φ ★ 2012/12/02(日) 21:59:00.29 ID:???
 ロシアの「ソユーズCT-A」型ロケットは、フランスの軍民両用衛星「スバル1B」を
軌道に投入することに成功した。

 ロシア連邦宇宙庁(ロスコスモス)が伝えたところによれば、ロケット発射はフランス領
ギアナのクル宇宙基地からモスクワ時間6時2分に行われた。当初、打上げは1日に
行われる予定だったが、スタート30分前になってシステムのひとつに異常が見つかった
ことから延期されていた。

 今回打ち上げられた偵察衛星は、1年前に同じくソユーズによって打ち上げられていた
姉妹衛星「スバル1A」と合流する。50センチまでの解像度を持った映像を提供することが
できる。

▲ロシアの声(2012/12/02 10:20)
http://japanese.ruvr.ru/2012_12_02/96588640/

■Комсомольская правда(2012/12/02 11:43)
Самарский «Союз» вывел на орбиту французский спутник
http://samara.kp.ru/online/news/1310079/
http://static6.kpcdn.net/f/12/image/27/94/4589427.jpgno title

【衛星ロケット】ロシア製「ソユーズCT-A」型ロケット、フランスの偵察衛星を軌道投入に成功!!の続きを読む

1: そーきそばΦ ★ 2012/12/02(日) 21:04:01.91 ID:???0
自動車、飛行機、戦車やロボット―。男性向けのニーズが強かったプラモデル。しかし最近では様相が変わり、
本物そっくりの模型ではなく、手のひらサイズのデコレーションケーキや丸い形にデフォルメされた航空機なども。
女性をターゲットに「かわいらしさ」を売り物にした商品が人気を呼んでいる。

 福井県内でも、粘土や塗料など専用の材料を買ってケーキやクッキーのミニチュア模型を手作りする「スイーツデコ」が人気。

 ジョーシン福井本店(福井市)のおもちゃ売り場では、
今年2月から模型メーカー「タミヤ」(静岡市)のスイーツデコ関連商品を販売。30~40代の女性が買い求める。

 売り場には数センチほどのケーキやドーナツ、アイスなどの完成品がショーケースに並んでいる。
同店で材料を買った永平寺町の竹内志津世さん(46)が自宅で完成させ「店に飾って」と持ち込んだ。
「タミヤはプラモデルメーカーだけあって、出来上がりがリアル。思わず食べたくなるほど」と竹内さん。

 クラフトループ福井西武店(福井市)のような手芸用品店や手作り雑貨店でも数年前からスイーツデコの材料を取り扱っている。
タミヤ製ではないが、「小学生から30代まで幅広い年齢の女性に売れている」と同店の売り場担当者。

 「ハセガワ」(静岡県焼津市)の丸みを帯びたプラモデル「たまごひこーき」シリーズも、県内の女性の心をつかみつつある。
竹内模型(同)では最近、メーンの客層の30~40代男性に交じり、30代女性が来店するように。
「子どもでなく自分のために」と購入していくという。

福井新聞ONLINE 11月30日(金)8時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000302-fukui-l18

59: 名無しさん@13周年 2012/12/02(日) 22:14:41.23 ID:DncF1c8D0
プラモデル、意外にも女性に人気 かわいらしさを「売り」に人気の続きを読む

このページのトップヘ