ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

ジャックログヘッダー

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2012/12/01(土) 11:49:39.13 ID:???0
「卒原発」を唱える日本未来の党の嘉田(かだ)由紀子代表は1日午前、原発について
「原子力規制委員会が安全性を担保し、政府が必要だという判断をした場合、再稼働を認める」と述べ、
条件が整えば再稼働を容認する考えを明らかにした。

未来が掲げる「10年後の卒原発」については「目標」との認識を示した。
嘉田氏は11月27日の結党会見で、原発再稼働の是非に言及していなかった。

1日午前、読売テレビの番組に出演し、考えを述べた。未来が唱える卒原発は原発依存から段階的に卒業するとの意味だが、
嘉田氏の発言は、未来の「脱原発イメージ」が後退した印象を与える可能性がある。

嘉田氏は、卒原発の時期を「10年後」とした根拠について「できるだけ早く(原発ゼロに)したいが、
電力システム改革などが必要だ。そこを考えて現実的に10年という目標を立てた」と説明。

10年後の卒原発を「目標」と位置づけ、原発に代わる新たなエネルギーのめどが立たない場合、
廃炉時期がずれ込む可能性を認めた。これに関連し大阪市内で記者団に「政治は意志を示すことが必要だが、
電気料金や供給の問題もある」とも語った。

未来の政策要綱は、原発ゼロを実現する道筋について「世界最高の安全基準、新増設の禁止など
『卒原発プログラム』を定める」と具体策の明示を見送っている。

嘉田氏は政府が今年6月に踏み切った関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐって、
当時、滋賀県知事として政府に慎重な判断を要求。政府判断は暫定的なものだと指摘し、再稼働を「夏限定」にするよう訴えていた。

◇嘉田氏の原発をめぐる最近の発言

「再稼働させないと突っ張って結果的に計画停電になったら責任は持ちきれないと判断した。
代わりのエネルギーを供給できるわけもなく、大変無力感を感じながらも、あの判断しかなかった」
http://mainichi.jp/select/news/20121201k0000e010199000c.html

【存在意義なくね?】 日本未来の党の嘉田代表、再稼働容認 「10年後の卒原発は目標。電気料金や供給の問題もある」の続きを読む

016_2










1: そーきそばΦ ★ 2012/12/01(土) 10:43:52.76 ID:???0
 日本の次期首相の座に就くことが有力視されている自民党の安倍晋三総裁が先月30日、日本記者クラブの主催で行われた党首討論会で
「日本軍による慰安婦の強制動員はでっち上げだ」と改めて主張した。

 安倍総裁は「詐話師が書いた(慰安婦の強制動員に関する)本について日本メディアが報道したことで、
強制動員が事実であるかのように広まってしまった。強制動員を証明する証拠がないということは(2006-07年の)安倍内閣の下で閣議により議決されたが、
これが国内外に十分に伝わらなかった」と主張した。その上で安倍総裁は「日本メディアは事実をそのまま報じるべきだ」と述べた。

 安倍総裁はまた、日本政府が1993年、従軍慰安婦の強制動員を認め謝罪した「河野談話」についても「閣議での決議を経ていない」という点を強調した。

 安倍総裁は首相在任中の2007年、従軍慰安婦の強制動員をめぐる国会議員の質問に対し「政府が発見した資料では、
軍や官憲が強制連行を直接指示する内容の記述は見付からなかった」と答弁した。
一方、安倍総裁はA級戦犯が合祀された靖国神社への参拝をめぐり「首相在任中に参拝しなかったことは本当に後悔している」と主張している。

ソース 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員 慰安婦:安倍・自民党総裁「強制動員はでっち上げ」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/01/2012120100470.html



【日本のマスコミは華麗にスルー】自民・安倍総裁「日本軍による慰安婦の強制動員はでっち上げだ」「詐欺師が書いた本を日本メディアが報道した」の続きを読む

1: 禿の月φ ★ 2012/12/01(土) 06:11:28.62 ID:???P
韓国女性5人組「KARA」がテレビアニメ化される。
タイトルは「KARA THE ANIMATION(仮)」で、
5人が主人公の物語。日韓で放送予定で、日本は来春放送(放送局は未定)。

1人1話ずつ主人公となり、1話完結型の全5話で構成。ストーリーはフィクションで、
KARAの、かわいらしさを生かした作品。リーダーのギュリ(24)は市民の生活を守る警察官、
スンヨン(24)は宇宙飛行士、ニコル(21)は客船船長、ハラ(21)はモナコ宮のSP、
ジヨン(18)はセクシーさを売りにした元気な消防士。5人の性格やイメージを役に反映させている。

声優にも初挑戦し、それぞれ自分の声を担当。セリフは韓国語で、日本では日本語字幕で対応。
昨年はテレビ東京のドラマ「URAKARA」で女優業に挑戦しており、関係者は「声だけでの表現は、
演技より難しい。今後のステージにつながれば」と期待する。主題歌も担当する。

アニメ化について、関係者は「日本に来られる機会が多くないので、ファンの方により
身近に感じてもらえる方法を考えた」と説明。KARAの公演には家族連れのファンが多く訪れており、
「アニメならば子供にもKARAの魅力を分かりやすく伝えられる」としている。

ギュリは「ONE PIECE」など日本の漫画も読む、アニメ好き。
「初めてのアニメなので、私たちも本当に楽しみ。皆さんに楽しんでもらえるように、
アフレコを頑張ります」と意気込む。母親は声優で、「初めて声優に挑戦することになって、
母は本当に喜んでくれました」とうれしそうに明かした。来年1月6日開催の初の東京ドーム公演で、
予告映像がお披露目される。

ソース:スポニチ Sponichi Annex
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/12/01/kiji/K20121201004676050.html
画像:アニメ化されることが決まった「KARA」。左からジヨン、ニコル、ギュリ、スンヨン、ハラ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/12/01/jpeg/G20121201004677280_view.jpgno title

【まだゴリ押し?】KARA、アニメになる!!異例のテレビ日韓放送「アニメならば子供にもKARAの魅力を分かりやすく伝えられる」の続きを読む

1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★ 2012/11/30(金) 23:08:28.77 ID:??? BE:1941489869-2BP(1056)
「IKAROS」世界記録に認定

「IKAROS」とその分離カメラ(子衛星)「DCAM」がこの度、ギネス世界記録TMに認定されました。
認定された記録は次の2件です。

最初の惑星間ソーラーセイル宇宙機 「IKAROS」
(First interplanetary solar sail spacecraft)
最小の惑星間子衛星 「DCAM1とDCAM2」
(Smallest interplanetary subsatellite)

森治 IKAROSデモンストレーションチーム長からのメッセージ

「ソーラーセイル」は、宇宙空間で帆を広げて太陽の光の圧力を受けることで、
燃料を使わずに航行する夢の宇宙帆船です。
このアイデア自体は約100年前からあり、世界中で研究開発が行われているにもかかわらず、
これまで実現されていませんでした。
「IKAROS」という名に困難な技術に挑戦する決意を込めて、
世界初のソーラーセイルの実証を目指してきた私たちにとって、このギネス世界記録TMの認定は誇りであり、
これまでご支援いただいた皆様と共に喜びを分かち合いたいと思います。
これを弾みにIKAROSの後継機となるソーラー電力セイル探査機の検討を進めていく所存ですので、
今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

澤田弘崇 開発員(DCAM開発とりまとめ担当)からのメッセージ

「IKAROS」に搭載された分離カメラ1号(DCAM1)と2号(DCAM2)の2機はソーラー電力セイルの展開を確認し、
軌道上での展張状態、形状を計測するために搭載し、その任務を成功させることができました。
画像をIKAROS本体に無線で送る機能以外は極力削除し、超小型宇宙機として頭を悩ませながら設計し、
開発した機器です。
この分離カメラが送ってきた画像を地上で確認できたときが、
私がIKAROSプロジェクトに携わってきた中で最も感動した瞬間で今でも脳裏に焼き付いています。
非常に苦労をして開発した機器ですので、ギネス世界記録TMに認定されたことは感慨深いものがあり、
開発にご協力頂いた関係者のみなさんに感謝致します。
今後も、深宇宙探査ミッションでこのようなユニークなミッションを実現できるよう、
挑戦を続けていきたいと思います。

JAXA>JSPEC
http://www.jspec.jaxa.jp/hottopics/20121130.html
http://www.jspec.jaxa.jp/hottopics/images/20121130/pic_01_l.jpgno title

左:森治 IKAROSデモンストレーションチーム長
右:澤田弘崇 開発員(DCAM開発とりまとめ担当)

※ギネス世界記録TMはギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。

【宇宙ヨット】はやぶさ以上の成果を出しつつある小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS」と「DCAM1ちゃん」、「DCAM2」くんギネス認定!の続きを読む

このページのトップヘ