o0400026611758986596

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/25(土) 20:14:21.43 ID:???0
★「わが闘争」、注釈付き容認=全面禁書から一転―ドイツ
時事通信 1月25日(土)8時57分配信

ナチス・ドイツ総統ヒトラーの著書「わが闘争」の著作権を持つドイツ南部のバ
イエルン州政府は24日までに、著作権が2015年末に切れた後、学術的な注釈を
付けた同書の発行を認める方針を示した。

州政府は12年4月、著作権切れ後にネオナチが同書を宣伝に利用する事態を懸念し、
正しい理解に導く注釈を付けて出版する計画を表明。しかし、昨年12月には著作権
切れ後は民衆扇動罪を適用して発行を全面禁止し、注釈付きの出版も取りやめると
発表していた。

ヒトラーが自らの生い立ちや反ユダヤ主義思想をつづった「わが闘争」は第2次
大戦後、ヒトラーが住所登録していたバイエルン州が著作権を保有。同州は国内での
出版を認めてこなかった。  



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000036-jij-eurp

3: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:16:58.51 ID:Cw7mAyrZ0
わが闘争があまりに名著だからな。
影響力が怖いのだろう

6: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:17:46.62 ID:1dcY11f80
外国で電子化しちゃえばいいだけなのに

7: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:18:03.93 ID:nHXpTG5+0
注釈つけたとこで共感しちゃう人はけっこう多いと思うな

8: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:18:19.44 ID:DaVXZSqS0
結構
筋が通ってるんだよな
ヒトラーの意見って

9: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:18:48.24 ID:OMd8jXwm0
ドイツも大戦の総括したいの?

10: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:18:51.70 ID:EQSNkCzo0
ドイツ人は共感しちゃうよ

15: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:19:52.04 ID:COM5parg0
>>10
そう思う
これからのドイツが楽しみだ

13: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:19:45.63 ID:0s8kmNyj0
 
さて、この方向転換の裏には何があったんでしょうか・・・?

14: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:19:48.70 ID:eJ99L78R0
常人だと読むだけで気が狂ってしまうような魔道書なんだろな。

42: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:26:17.74 ID:wkxRzPRo0
>>14
セラエノ断章、ネクロノミコン、我が闘争は三大魔道書だからな

150: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:44:12.16 ID:5F9EK43/i
>>42
写本した再版ならSAN値喪失率も低減されるか
注釈でごまかせるし

59: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:29:48.48 ID:SQv4GvBuP
>>14
刑務所で書いたやっつけ仕事だからそうでもない
ヒトラー自身も苦々しく思っていて、「若かった、あらゆることを決め付けすぎていた」と回顧している
日本人は模倣ばかりの二流民族と言う本音も出てくる

68: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:30:56.78 ID:OMd8jXwm0
>>59
ヒトラーの厨二ノートか

78: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:32:31.58 ID:wkxRzPRo0
>>59
若い頃の著作がもてはやされるとか、実際のところかなりの拷問だよな。

中学の時の設定集ノートが出版されるようなものか

84: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:07.22 ID:Uo77OrX/0
>>59
チベット仏教に理解を深める前のヒトラーとかTDN青二才だし

137: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:42:37.52 ID:SQv4GvBuP
>>>>68,78,84
細かい嘘が後でバレたりして結構恥ずかしいよ
父親がケチな税吏なのを高級官吏だと見栄を張ったり、知ったかぶりしてかえって無知を晒していたり
禁書で箔が付いた状態の方が、ヒトラーには都合が良いかもしれない

19: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:21:27.16 ID:LU+qviaL0
ドイツは反省してないんじゃないの?

47: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:27:42.48 ID:X59eHcoPO
>>19
武装親衛隊に所属した者への軍人年金なんかは国としては支給してないが、
その代わりに大手企業が出資した親衛隊出資者向けの互助組織
「カメラーデンベルグ」なんてのがあったしな。

表向きは反省してみせて裏では命脈を保ってると思う。

96: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:35:22.50 ID:GOabMsQa0
>>47
それ酷い話だなあ
親衛隊初期メンバーの大物とかならとも角、戦争末期に武装親衛隊の兵隊になったのって
ほとんど徴兵みたいなもんだろうに

190: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:49:10.45 ID:LU+qviaL0
>>47
その様子なら、戦死者慰霊施設は無さそうだな。

20: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:22:00.46 ID:GmvaeCT40
今後ドイツ人が道路族化するわけですね。

22: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:22:06.10 ID:rPiq14180
ヒトラーは不当に叩かれ過ぎだよな

132: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:41:45.42 ID:PvrZW8UP0
>>22
写真やビデオがある時代にホロコーストしちゃったからな
明確な証拠が少ないだけでどんな時代でも戦争の影にはああいう行為はあったと思う
あとあの戦争の説明として絶対的な悪役が必要だったのもある
民族浄化や虐殺は絶対に支持しないが

23: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:22:29.14 ID:w68Ui/sh0
スキンヘッドの差別主義者達は、伍長の著書を読んで意味が理解できるのだろうか。

28: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:23:55.88 ID:sKOShNam0
全面禁書にしたらやってる事は焚書で同じになるからなw

29: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:23:59.49 ID:heH1uKfm0
ナチスという国家社会主義をドイツ国民はキチンと議会制民主主義にのっとり法的手順を守って支持したので問題ない流れだな
ヨーロッパの支配でドイツ人がすべてを司り支配する世界が現れたんだからな

40: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:25:56.41 ID:ZY8ogeEN0
ヒットラーは正しい
・先天性障害者の駆逐
・ユダヤ(頭の良い朝鮮人)の殲滅
・性別分業の推進
・社会保障の充実
・優生学の提唱
どれを取っても間違ってる事は一つも無い

55: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:29:09.38 ID:4CmgT6Pm0
>>40
>・ユダヤ(頭の良い朝鮮人)の殲滅
これはナチス台頭以前からの大陸中の民意で
ナチスやヒトラーは人気取りで言ってただけで別に乗り気じゃなかったんでしょ

101: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:36:21.46 ID:Gzhylztn0
>>40
それを尖鋭化させると戦争になるんだが
戦国時代に突入したいのなら別として
少なくとも民主主義とは相反する

44: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:26:49.13 ID:93WpW5+n0
そうだよな
世界中のほとんどの人は内容も知らないで
「酷い内容の本だ! 読んではいけない!」
って言ってるだけだもんな

45: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:27:08.58 ID:gWPq7mHc0
これって日本の本屋に売ってるのか?

60: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:29:53.91 ID:3FKXttLK0
>>45
角川文庫で売ってたはず
上下で結構長いよ
(´・ω・`)

49: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:28:07.02 ID:FAtq7RW70
ヒトラーはオカルト大好きだからその筋では大人気だよな

52: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:28:24.72 ID:L7hozxqR0
当然だろう、自由に読めて自由に発言できる社会こそ本物でナチスを克服している。
ナチスをタブー視することこそ偽物の社会。
読んだからと言ってまたナチスのような社会になるほどドイツはヤワではないと思う。

56: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:29:29.55 ID:Y1sQSw81P
全面禁止にしておくほうが
かえって価値を高めちゃうからな

57: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:29:33.61 ID:wkxRzPRo0
我が闘争は、実際のところ、
学問のすすめ程度のことしか書いてないよ。
いろんな意味で。

69: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:31:04.64 ID:FAtq7RW70
>>57
学問のススメって自助論みたいな話やろ?名著なんか

62: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:30:14.60 ID:NB9wrgwf0
多くの図書館に所蔵されるだろうから
その売り上げをユダヤへの賠償金に当てればいいじゃない
著作権は消失しているだろうし

63: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:30:18.70 ID:tFid3aPjO
過去に起きた事を知るのは同じような事を繰り返さない為にも必要だと思う
何でも封印すればいいとは思わない
何も知らないと、似たような状況になった時にどう回避すべきかって事も分からないじゃん
戦争回避の研究の為には必要だよ

67: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:30:48.83 ID:heH1uKfm0
ヒトラーほど歴史上キャラ立ちしている人物はないな、元は画家で身を立てようとしていた絵の上手な青年でしかなかったが なぜかこうなった

70: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:31:06.89 ID:xZnt7ju5Q
ヒトラーを完全封印したらまた同じような事が起きる可能性もあるしなー

71: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:31:28.67 ID:ztasZn2hO
先進国が未曽有の経済不況になってる所に
アメリカではマリファナ解禁、ドイツでは我が闘争出版解禁
世の中、おかしな方向に進んでるよな?(´・ω・`)

73: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:31:49.06 ID:wHDNH8uUO
極右ファシストと極左共産主義者は根っこが同じだ
どちらも全体主義者で魔界人

74: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:31:58.00 ID:eswiylyz0
当たり前だろ
ヒトラーを批判するなら思想を研究するためにその著作物も資料だろうに
今のドイツはヒトラー以上にキ○ガイじみているとしか思えないわ

83: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:33:58.88 ID:MC3mfcob0
>>74
 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 今のドイツは日本で言うと社民党とキ○ガイ社会運動家が国を回してる状態だからな
      ドイツはナチスとヒトラーに全責任を擦り付けて自分は知らんふりする卑怯者集団だろ

77: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:32:23.98 ID:dN8JpiPL0
どんな内容なの?

87: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:14.67 ID:eswiylyz0
>>77
アウトバーンを整備しよう
優秀な人間を育てよう
ユダヤ人に気をつけよう

118: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:07.11 ID:wkxRzPRo0
>>87
フォルクスワーゲンつくったのも総統だしな。
あの会社はその歴史の扱いにいろいろ気を払ってるが

80: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:33:07.88 ID:jecKPg900
もうヒトラーネタでドイツ叩く事ないと思う

81: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:33:50.56 ID:m8JUuIJ+0
表現の自由から考えて出版禁止なんかありえん。ドイツはやっとまともな自由主義国になった。

89: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:25.62 ID:c6v30lDh0
>>81
ドイツの民主主義とか自由はちょっと日本のそれとは違うからね

100: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:36:03.39 ID:6fq3+Z9U0
>>81
まだまだだよドイツ
あそこ相当遅れてるから
日本人が考えるドイツと違って本当のドイツは本当にバカ

82: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:33:57.95 ID:nQ6gkv5o0
読んだことあるけど別にそんな大したものでもないのにな
ユダヤ人差別や有色人種差別だって当時のヨーロッパ人なら誰でも持ってただろうな程度のもんだし

110: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:37:52.12 ID:1emBkA+p0
>>82
ユダヤは差別はまぁおいておいて、人種差別は表面上は繕ってるけど今でも根強いと思うぞ

戦争ってさ、宗教戦争、民族戦争が主な戦争だけど、特に民族戦争はDNAレベルでやるんだと思うわ
それができないから民族差別が人種差別になって現れてるだけで
この問題が解決されることはないだろうなぁ

88: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:17.29 ID:iLLpOORx0
ナチのベースって労働者党だからな

90: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:37.21 ID:d4cjReyx0
こういうのは下手に隠すより大っぴらにしたほうがいいんだよ

91: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:50.77 ID:+Lsd3KgE0
認める部分は認めてやればいいじゃん。
ドイツの為に立ち上がったこと自体は事実なんだし、民衆も応援したわけだろ?
でも暴走して悲惨なことになったよねって結論は据え置きでいいけどさ。

92: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:34:58.97 ID:heH1uKfm0
ドイツ総統になってからも絵筆は捨てずに、暇があると部下の顔のスケッチとか風景画とかちょいちょい描いてる奴なんですぜこの総統閣下

112: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:38:14.73 ID:FAtq7RW70
>>92
実際、人間味あるよな総統

93: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:35:06.32 ID:ufXlZRZb0
あんな本ぐらいでファシズムが復活するならドイツ国民はその程度だということさ

103: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:36:29.11 ID:eswiylyz0
>>93
気質的にファシズムに偏りやすいんだよ
それは否めない

94: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:35:14.21 ID:uoa7q3+x0
別にこの本はそんなに極端じゃない。

ただ、これに賠償金負担がのしかかった精神状態なら別問題。
ヒトラーが生まれた原因の主因は貧乏だ。

97: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:35:44.25 ID:0s8kmNyj0
ヨーロッパでの嫌われ者
・ジプシー
・ユダヤ人
・ドイツ人

114: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:38:57.48 ID:hm+0XfYj0
>>97
ムスリム移民を抜くとか分かってないな

99: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:35:56.40 ID:hm+0XfYj0
かつての過ちを過ちと認識しつつ学ぶことに何の異論があるんだ?
日本人はかつての軍国主義は間違いだったと認識しても焚書にしたり目を背けることはしないぞ

ベルリンの壁を壊した時代の生き証人が今のドイツ国民である
そのことをドイツはもっと誇るべきだろう

131: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:41:43.73 ID:pgSIuMcU0
>>99
ベルリンの壁なんて作ったケネディもしょうがないな。まったくケネディは
日本にも災いをもたらさなきゃ良いが。

108: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:37:38.99 ID:nHXpTG5+0
出版する事がおかしな方向というより
いままで発禁にしてたのが異常
読んだ上で判断させないのはマスコミがやってる報道しない自由とかわらん

111: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:37:59.88 ID:QvC5lzkE0
GHQが焚書した書籍も復活させてくれ

113: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:38:22.00 ID:xYOzabU30
ドイツに見習えって言ってたバカ中国はなんて言うの?
これも見習えっていうのかな(笑)

141: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:43:03.45 ID:wkxRzPRo0
>>113
日本は戦前の国家に至った著作もきっかけもないからなぁ。
ハルノートでいいんじゃね?

115: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:39:11.59 ID:JlRk3tdz0
きっと、ドイツの置かれた立場が分かれば
ナチの行為も全てが悪じゃなかったことが分かると思うよ。

117: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:39:45.38 ID:WButGhhp0
no title

no title

no title

no title


毛沢東やスターリンにはこの真似は無理だろう。

120: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:28.05 ID:oPk0hRFt0
>>117
うーん、わが闘争

121: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:40.51 ID:FAtq7RW70
まぁ自分らで選んでおいて、全ての責任はナチスとヒトラーにあるってのはな
日本もA級戦犯ガーとかいう馬鹿思想がはびこってるから人の事言えんが

146: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:43:51.45 ID:c6v30lDh0
>>121
選んでたけどシステム無効化された責任はないからな

122: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:44.76 ID:ohf5SukO0
ヒトラーは政治家としては相当優秀な部類に入る
しかし最後は酷かったらしいから偉人と言えるレベルではない

124: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:52.15 ID:nHXpTG5+0
ナチス台頭の前のドイツは周りからとことんイビられて追いつめられてたからな
あれだけ嫌がらせしたら爆発しないほうがおかしい

142: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:43:11.71 ID:7nK/i1JC0
>>124
第一次世界大戦に参戦した国の借金をドイツがすべて負ったんだよね。
国民が借金返済のための高い税金に苦しんでいた時、ユダヤ人は税金を払わず贅沢三昧…。

126: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:40:59.22 ID:pJxBs6zD0
この本、日本では図書館で普通に借りられるから昔読んだ
どんな凄いことが書いてあるんだろうかと思ったら別に大した事は書いてなかった

130: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:41:39.57 ID:Dp9kg/r10
この本の表面だけあげつらって危険視したり、
既読者を変人扱いするヤツはガチで一回読んだ方が良い
たいしたこと書いてないから

むしろ、当時の世相や時代を一人の偏見じみた個人の目線でライブ感覚で感じることが出来る
そっちの側面の方が重要

今までのドイツの扱いがおかしいんだよ
ネクロノミコンとか死海文書とか扱いだぜw

148: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:43:54.66 ID:XY+dI+UKP
>>130
ヒトラーがマジ書きしたってことが問題なわけで

内容は普通

135: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:42:23.39 ID:heH1uKfm0
超危険な思想書だから読んではいけないではなくて、読んだ上で内容を各人に判断させるのが筋だっつえばそのとうりだが

136: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:42:27.44 ID:Q6X3VM6EP
あれはあれで国民思いのよい指導者であったことは事実だからな。
ただの狂人と片付けるには無理がある。

138: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:42:39.29 ID:LberUzIt0
まあきちんと学問にしてしまった方がいいよ
日本には学問にしたくない連中のお陰で酷い目にあってるもの

159: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:45:11.58 ID:wkxRzPRo0
>>138
日本の場合は戦史、外交史的に貴重なので、急激に近代化を迎えた国の興亡記として、
歴史家が無視できない題材だからなぁ

ドイツは当事者問題が強すぎだ。

144: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:43:22.48 ID:oPk0hRFt0
ナチスのすごいのはあの規模
あれだけの制服や装備を大量生産し
革新的技術を持つ軍兵器を次々開発し
ドイツ全体を、規則と訓練によって統一的に戒厳統制下に置く
ギルド社会が浸透したドイツじゃないとできなかったろう

192: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:49:25.50 ID:1vwz+jZD0
>>144
当時の国家規模でアレだけ暴れたとなると後世の人間は信じられないだろうね。
他であらわしたら韓国が中国へ侵攻して日本へミサイル攻撃しながら防衛ラインを
潜水艦で突破して太平洋に出てオーストラリアを攻撃してる風なイメージだしな。

149: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:44:03.73 ID:E+Pjla1G0
読んだって言ってる奴も日本人蔑視の部分は読んでないんだろどうせ

161: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:45:27.71 ID:7nK/i1JC0
>>149
読んだよ。当時の白人としては普通。
大島大使をはじめとする在独日本人の真面目な態度を知ってから考えを変えたらしい。
親日家のヒムラーの影響も強かったようだけど。

177: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:47:57.67 ID:nQ6gkv5o0
>>161
日本人蔑視とはいえ、当時のヨーロッパの感覚じゃ2流人種ってのはまだ高い評価のように思うが

156: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:44:49.67 ID:qNZMP8fa0
あの本は、ヤバイ部分がヤバイとわかって読めば、第一級の「組織論」だよ
なんとかコンサルとかが書いたくだらんビジネス書よりよっぽどためになる

196: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:49:39.31 ID:gnHiKcnt0
>>156
わかりやすい敵を作ることで団結と忠誠を強いるという手法はそっくりスティーブ・ジョブスと同じ

157: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:44:55.10 ID:zUEftdFCP
ドイツはユダヤ人大虐殺の過去の反省を反故にする気かねwww
まあ油断ならん人種ではある。
いくら大虐殺の人殺しの本だとはいえ
知恵おくれのバカが勘違いする可能性は十分ありうるからね

173: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:47:27.54 ID:nHXpTG5+0
>>157
ユダヤのプロパガンダがいまだにこれ程効果があるとは
ある意味凄いね

167: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:46:29.32 ID:Dp9kg/r10
ユダヤ人差別なんて中世からあったっつーの
ゲットーってナチの発明じゃないし

先天障害者の駆逐なんて、つい最近までスウェーデンで断種措置やってたしな
アメリカ黒人の参政権が認められたのは第二次世界大戦後

いやね、ナチス庇う訳じゃ無いけど、ナチスだけを特別悪視してるやつって、
絶対に世界史で赤点取りまくってたと思うのよね

188: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:48:43.86 ID:Dv72Z9J20
>>167
昔の方が正常な世界に見えるのは俺だけだろうか?

168: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:46:36.09 ID:q7Uj1o1KO
アメ公は失望しないの?

169: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:46:37.99 ID:hm+0XfYj0
現在進行形で移民問題に頭をかかえてるEU各国が
ヒトラーによるユダヤ人虐殺を失敗例として学び、排除の方向で動いているのは皮肉だよね

このままだと100年以内にまたレコンキスタ起きるからね
十字軍はエルサレムで絶賛進行中

189: 名無しさん@13周年 2014/01/25(土) 20:48:59.06 ID:FAtq7RW70
しかしヒトラーも晩年がメタくそで前半の業績が丸々無視されて最悪に描かれるのは
今川義元みたいだな

元スレhttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1390648461/