1: 名無しさん 2014/04/08(火)21:24:58 ID:pfyOBI5Ru
no title


ベトナムの人里離れた山岳地帯で、ピンクと黄色の体表一面がするどい突起で覆われた新種のカエルが発見された。

 東南アジアに生息する両生類の研究が専門のジョディ・ローリー(Jodi Rowley)氏と彼女の同僚達は、こんなトゲだらけのカエルは見たことがないと口を揃えて言う。

 なぜなら、体表がトゲで覆われたこの新種のアマガエル(学名:Gracixalus lumarius)、生息地がベトナム中部のゴクリン山とその周辺の標高1800メートル以上の山に限られるためだ。

「木を注意して見ると、必ずと言っていいほどこのカエルがいた。どうやら、この辺りの山頂にだけ生息しているようだ。ベトナム中部の山岳地帯は、ほかでは見られない両生類が多く生息することで知られている」と、シドニーにあるオーストラリア博物館の生物学者、ローリー氏は話す。


2: 名無しさん 2014/04/08(火)21:31:46 ID:ngSv1zvnq
トゲには見えないな。

3: グナッシー 2014/04/08(火)21:42:12 ID:5PbewdiuS
どこにトゲがあるんだ?

4: 名無しさん 2014/04/08(火)22:01:57 ID:PBC69X4fE
トゲというかイボ?

5: 名無しさん 2014/04/08(火)22:06:15 ID:9slYYyTOV
つぶつぶじゃぁぁぁん

6: 名無しさん 2014/04/08(火)22:08:33 ID:Y4HLOfJQW
期待していたのとなんか違う…

7: 名無しさん 2014/04/09(水)00:39:22 ID:fgtiZWGxU
いちごのつぶつぶだな

8: 名無しさん 2014/04/09(水)00:56:32 ID:WoJ5POIv7
ウロコの原形と言うか名残と言うか