1:◆sRJYpneS5Y:2015/05/27(水)17:54:31 ???
imgout
 
2015年5月22日、中国の掲示板サイトに、
「なぜ欧米への文化輸出で中国武侠は日本の武士に及ばないのか?」
と題するスレッドが立った。

スレ主は、ミュータントタートルズやキル・ビルなどを挙げ、
「武侠も忍者も同じくらい神秘的で超自然的なものなのに、
映画などの文化面では中国武侠は忍者ほど扱われない。
武器でも日本刀は武士の象徴として出るのに、武侠の伝統的な刀は出てこない」と指摘。
その理由について尋ねている。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本の武士のイメージが西洋の騎士と似ていて、名誉や身分の象徴だからだ。それに武士を題材にしたアニメやゲームの影響も大きい」
「やはり日本はアニメとゲームでよく出るからだと思う。中国武侠は映画に出てくるだけで、外国人には理解できない」

続き Yahoo!/Record China 5月27日(水)1時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000004-rcdc-cn

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 19◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431562748/870
4:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)17:59:59 Jm9
その代り、功夫が市民権を得てるじゃないか
ハリウッドでアジア美人と言えばCH系だし
隣の芝生ばかり気にしてると、お宅の子飼いみたいになっちまうぞ
5:ワルキューレ◆iYi...i.lI:2015/05/27(水)18:02:52 76p
西部のガンマンみたいなものだし、香港映画とか一定の人気はいまでもあるんじゃない?
西洋コンプがなくなれば一気に流行る可能性だってあるかも
まあ、ブランドやコンテンツを作るのが苦手なパクさんにはちょっとハードル高いけど
6:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:07:02 tHi
現代の日本の刀匠は華美な芸術刀ばかり打っているため切れる実用刀を作れなくなってしまった
日本の刀鍛冶が作る日本刀よりアメリカのゴールドスチール社のKATAMAの方が切る能力は遥かに優れている
23:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:31:45 2VP
>>6
カタマで一瞬固まったw
118:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)06:12:07 6cj
>>6
おまえ
相当な粗悪品しか知らないだろう
刀匠がどれだけスゴいのかも理解出来てない
7:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:08:24 5Il
ぶっちゃけ外人はカンフーも忍者も中身はよく知らないよ
ニンジャスレイヤーみたいな世界があるだけ
3:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)17:59:32 QeK
武侠ネタはほとんどが無法者だからじゃないかな
欧米が好きな武士道的な美学がないし
日本の仁侠ものだって武士とか忍者ものほどは人気ないと思う
8:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:09:30 3wR
言っちゃえば愚連隊だもんな。

欧米のイメージで言うと、マッドマックス2以降の、荒れた世界を生き抜く人間たちに近いんじゃないかと。
14:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:20:32 sPn
>>3>>8
武侠は、通常は愚連隊や無法者ってわけじゃないぞ。
主人公は、名門の武術家や名家の出だったりすることが多いし。

基本的には、
腐敗した政府(敵側)vs市民の味方の構図(主人公側)

異民族(敵側)vs中華(主人公側)
だったりする。
20:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:28:41 3wR
>>14
愚連隊ってのは広い意味があるんだよ。
大きな括りとしては、某かの理由や事情で、現状は身の置き所のない人間たち。

そういう人間たちが同じ境遇の「民衆」の側で痛快劇を演ずることも多い。

武士は基本、権力の側の人間だし、権威を奉じ身を捨てる。
厳格にして細目に及ぶ契約に依って結ばれる西欧の騎士とはここが違うが。
9:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:10:08 sPn
俺は武侠ドラマ好きだぞ。
だけど、武侠ドラマは武術や中国史とか基礎知識として知ってるのが前提として作られてるから、
わかりにくいところが多すぎなんだよね。
ドラマの作り方を工夫した方がいい。
11:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:16:23 MHf
日本は中国より礼儀作法とか武士道と言った物が残っていて、
当時の武士をイメージできるからちょっと気になるんだろうな。
12:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:16:55 xgo
ハラキリとか手裏剣とかオプションが付いてくるからでしょ
16:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:20:53 3wR
>>12
忍術とかは本家は支那、更にその源流を辿るとインドとかあの辺りになる。

主君と家臣の関係が、向こうの領主や騎士と微妙に被り、或いは違ってるというところが
受けてるんだろ。
100:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:05:58 aE0
>>16
本家とか源流とか何言ってるの?

あれは自然発生的なものでしょ?
13:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:19:49 5qj
おたくらにはクンフーがあるだろ
ジャッキーチェンとか
15:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:20:35 iMJ
馬賊とかのイメージかな、ひゃっはーしたいみたいな人には人気やったんちゃうん?
秩序とか警察なんかくそくらえ、戦国時代だいすきとか、そういう人もおるにはおるやん
17:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:23:08 cXV
武侠モノの定義がよくわからんが、ワイヤーアクションでくるくる回りながら刀振り回してるだけってイメージがあるのだが
認識ちがってるだろうか?
そんなイメージからすると、アレンジとか発展の余地が少ないように思うのだが
19:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:28:10 1h6
カンフーは流行った、任侠映画は飽きられるw
21:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:29:19 SJV
三国志演義なら騎士道や武士道に通ずる物もありますがな

オリジナル見ると劉備も人喰いやってたり
ろくなもんじゃねぇが
22:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:31:00 xei
事実がどうあれゴロツキのイメージが強いからじゃね?
24:ワルキューレ◆iYi...i.lI:2015/05/27(水)18:32:33 76p
そういえば日本と違って海賊ものが流行りにくい土壌ですしね
28:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)18:54:14 Cjj
wizにクラスが無いからに決まってんだろ
35:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:11:41 TUD
>>28
MURASAMA-bladeですね分かります。
39:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:22:55 RHg
>>35
Murasama Blade!
びっくりマークが抜けてますよ。
117:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)06:03:38 7NG
マジレスするとカンフー映画で間に合ってるからだろ

>>35
Shurikinも忘れるな
31:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:02:45 Lxw
支那の武将ならともかく武侠ってハッキリ言って地方の匪賊やヤクザだろ
34:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:09:06 Bnv
現代中国人は武侠の教えを守っていないじゃないか
教えを守らない人間が「素晴らしいものだ!」といっても説得力ないだろ
37:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:18:13 FSL
日本的な武士と違って仲間内だけの義、同族集団対他集団 的要素が強いためじゃないか。
日本もワンピースなんかはそんな面もある。
ギャング的で清潔感にも欠ける。
38:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:22:33 GlM
単純に知名度不足でしょ

あとかっこよい扱い受けるにはストイックさみたいのとかも併せ持ってるとかも大事なんだけど
中国の政治を始め中国そのものの意地汚さのイメージが多大に足を引っ張る
41:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:28:14 GdL
日本人には三国志とか大人気なのになー
42:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:29:50 4Iu
芯になる精神性が無いからじゃないの
武士道、騎士道はあっても武侠道ってのは聞いたこと無い
43:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:33:22 YhD
三国志終わってみたら晋だった
水滸伝終わってみたら死んでいた
77:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:59:03 tRq
>>43
あの国の統治制度はそんなんばっかだからな

だから滅亡しやすい朱子学なんて嫌いどす
44:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:35:46 RUM
武俠小説のお約束感、大好きだけどなぁ
45:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:41:06 E4e
カンフーがあるじゃん
46:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:41:31 qtI
現代の中国人には武侠のような正義のために行動しようという精神が欠けている
まずは中国人が学ぶべきじゃないのか?
50:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:03:14 RUM
>>46
しょうがねぇよ
娯楽小説なんてモノは
持ってない物に対する憧れから成り立ってるんだから
48:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)19:45:24 b03
ものすごく簡単で的確な答えを言おう
共産党のせい
56:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:33:48 vIP
>>48
ほんそれ
59:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:41:09 aeE
>>48
文革の事?
49:和菓子◆lsMtWziNiqZd:2015/05/27(水)19:53:04 TXI
中国の武人の話だと、三国志は好きですね、あと梁山泊の無法者たちもけっこう好き。
52:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:29:09 mPi
ブキョー?初めて聞いた
64:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:51:36 RUM
>>52
日本の任侠物の、反権力を強くして、秘密結社テイストを混ぜた感じ
65:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:55:00 mnH
>>64
『反権力』w
作品世界の架空の権力者に対してだろうけど
党としては微妙やね
57:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:37:37 MA7
武侠に則り正義の為に共産党を倒せば武侠が人気になるよ
58:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:39:13 vU5
忍者は日本
中国は三國志とか人気じゃん
一緒にするからおかしくなる中国の朝鮮化がヤバいわ
61:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:44:11 EO9
よく分からんが、三国志の武将とは違うもんなのか?
欧米では三国志ってあんま有名じゃないんかね
62:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:48:16 4Iu
ならず者を美化したフィクションて面でヤクザ映画とかと同系列なのかな
63:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)20:50:05 mnH
武侠なんて知らんかった
今Wikipediaで見てみたよ武侠小説
なんかエンターテインメント小説?
中国本土の作家がメインじゃないみたいだし
香港、台湾、シンガポール
中国本土の文化的欠落ってホントにあるんだな
66:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:10:29 RUM
PSのゲームになった
「 射鵰英雄伝 」あたりが、武俠小説の要素が全部入ってる


…ゲームは、そびえ立つクソだからやらんでいい
67:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:21:07 BRb
金庸の作品は面白かったけど他の作家のはつまんなくて途中でなげたわ

山で老師に会って弟子入りして強くなるっていう武侠ものの黄金パターンは面白いんだけど
その老師のバックボーンになる道教とか少林寺みたいな武術の伝統を中国自身が文革で一度否定してるからなあ
自分達が尊重しないものを外国人が尊重するとは思えない
68:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:29:36 0eL
武侠ネタって神秘的とかそういう系統か?
69:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:42:23 BRb
>>68
自分が読んだ範囲では、素手や剣での戦闘が基本だけど根底に気功の考え方があって
伝統の気功術とか魔教の秘術とかがないと強くなれないみたいな感じだった
74:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:54:43 0eL
>>69
剣で戦いながら空飛ぶみたいなのを見たことあるけど
あれが武侠モノってことか

自分の場合、仁義に厚い侠客みたいなイメージしかなかった
約束したら、それがどんなに困難でも請け負うみたいな感じ
81:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:07:00 BRb
>>74
戦闘描写では大ジャンプしながら戦ったりするのが結構あったな

一度交わした約束は守らないといけない、約束を破ったら破門だ、みたいなのもあった
ストーリー面ではそういうのがメインになることが多かったと思う
70:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:48:35 Xnr
ぶっちゃけ、ゴロツキをそのまま描くとアレだからとドギツクファンタジックにした物を
あっさり受け入れられるのって中国人だけだよな
80:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:02:48 mnH
>>70
やっぱりゴロツキ主人公なのか
三国志、水滸伝のイメージだと登場人物が国の行く末を語るも
酒飲みで気が短くて、激高してつい殺人とか
85:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:19:09 0eL
>>80
水滸伝の好漢の無茶っぷりは結構好きだけどな
魯達とか武松好きだったけど、仲間入り以降は空気になってしまってるのが残念
86:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:22:35 mnH
>>85
そうあれ、物語バランス変なんだよね
89:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:32:11 0eL
>>86
バラバラの講談を寄せ集めて造ったみたい
だから仲間入り前のエピソードは面白いんだけど
その後、イマイチになっていく
72:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:50:23 w5p
仙人とか老師みたいのは西洋で人気出そうだけどな
75:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:56:22 RUM
>>72
武俠の老師は結構ご都合主義で理不尽なので
合理的に考える西洋人には受け入れられんかもしれない
73:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:53:02 mnH
>>72
StarWarsエピ4のときのオビワンみたいな感じか
76:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:56:28 0eL
>>73
スターウォーズは日本の武士とかの影響受けてたんだろ?
なんでアレが?って思うけど
78:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)21:59:57 mnH
>>76
ひと目見て、ルークの服装デザインが柔道着w
79:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:01:56 tRq
>>76
やっぱ三船敏郎出るべきだったな
84:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:17:10 6pT
日本は侍、忍者
中国は拳法家ってイメージが出来ちゃってるからな
なにもないグックランドよりはマシじゃないか
87:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:22:48 cuy
中国には少林寺があるじゃないかw
88:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:27:36 mnH
少林寺とか今はどういう扱い受けてるの
京劇とか雑伎団とかレトロな中国って今でも輸出できる気がするんだけど
否定され消滅したのかな
91:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:33:54 0eL
>>88
中国は京劇とかああいうのは大事にしないといかんね
102:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:25:29 4PF
>>88
少林寺は僧侶が観光客あいてに阿漕な金のせびり方をしてて
中国国内ですら批判されてた
93:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:37:38 mnH
>>88
Wikipediaの少林拳にある「少林寺カンフーアカデミー」のリンク
http://www.shaolinacademy.net
行ってみたけど白紙になってる
終わった?
94:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:39:18 mnH
>>93
重いだけで、再接続したら見れた
これはアメリカ人を中国国内へ呼ぶ施設だからなぁ
90:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:32:57 Ush
刀と切腹とちょんまげは人気あるけど、
武士自体は人気あるか?
92:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:34:46 0eL
>>90
サムラーイ、ブシドー
みたいにかぶれてる白人は今でも居そう
96:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:43:31 mnH
>>92
一部かぶれてる人がいるくらいでないと
ハリウッドでラストサムライとか撮れないでしょう
97:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)22:43:40 0eL
カンフー路線は何かもう廃れてしまったな
ジャッキーもハリウッド進出以降はイマイチだし
101:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:11:56 mnH
>>97
『Matrix』シリーズではカンフー愛があふれてたじゃないか
って、あれももう古くなってしもたん?
98:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:01:36 6uq
昔の香港映画好きだったなぁ
白人には受けなかったんかな
108:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:38:59 guu
>>98
香港映画は、以前は世界最高峰のアクションを誇ったけど、中国に併合されてからさっぱりになった
前は一年に一本は日本にヒット作が届いていた感じがするけど、今は数年に一本みたいな感じがする
109:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:43:32 mnH
>>108
今の中国映画ってピンとこない
中国映画マニアな人には観るべきものがあるのかもしれないけど

抗日ものばかりで日本公開できないとかだったりして
115:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)02:32:47 bdt
>>108
ほんこれ(香港だけに
垢抜けないとこはあったが、ジャッキーの映画を筆頭に香港のアクション映画は
エンターテイメント性を貫いていた。 だから面白かったんだがなあ
最後に流行ったのは少林サッカーくらい?
104:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:27:52 HJt
金庸の小説読んでみたら、割と最近の人なのに
善玉がついカッとなって人を殺しちゃうシーンが出てきて驚いたなぁ
水滸伝とか三国志とかでアレなのは時代のせいだと思ってたが、
実は中国人がそういう性質なのではないかと考えを改めた
110:名無しさん@おーぷん:2015/05/27(水)23:46:32 4PF
>>104
日本に来る留学生とか研修生の起こす事件を見てるとなぁ
罪を犯してもお咎めなしとしてしまうあちらのメンタリティーはかなりやばい
112:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)00:16:23 ocm
三国志は三国鼎立までが面白い
水滸伝の猛将は梁山泊入りするまでが盛り上がる

三国志は諸葛亮が死んでからつまらなくなる
水滸伝は宋江が死んでからつまらなくなる
122:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)07:42:17 iSk
>>112
宋江死ぬのは、もう終わりの頃だろw
119:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)06:14:21 Ttx
中国人は不器用だから仕方ない
120:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)06:41:29 uHx
武侠って体系化された思想や武道があるのか?
121:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)07:03:14 ACT
>>120
無い無い
日本の任侠小説で、何となくお約束があるでしょ?
膝に手をついて仁義切ったり
腹にさらし巻いて出入りに行ったり

武俠小説も、中国の民間に伝わっていた講談エピソードを寄せ集めたモンだから
そういう「民衆がカッコいいと思えるイメージ」の塊で出来てる
123:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)07:48:15 7Qv
上手いこと素材を活かせば面白くなりそうだけどな。
粗悪な反日映画しか作らないからダメなんだ。
126:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)08:21:48 i94
なんつーか、この辺は中国が比較的マトモなとこなんだよなぁ
これが韓国なら、武士や忍者は韓国起源だ!
とか火病起こすとこなんだけどな

まぁ比べるのは流石に失礼かも知らんけどw
128:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)08:47:08 iSk
>「米国人は日本と中国の区別があまりついていない人が多いと思うのは俺だけ?」
これだけは、ちょっとどうかと思ったけど
129:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)08:55:00 7NG
>>128
世代で結構違うよ、その辺の認識
133:名無しさん@おーぷん:2015/05/28(木)09:17:02 BU9
騎士や武士は職業や身分だが、武侠はまた違う物だろ
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1432716871