0613

日本中を震撼させた神戸連続児童殺傷事件(1997年)の犯人「少年A」の手記『絶歌』(太田出版)が6月11日に刊行された。翌日、被害者遺族は「重大な二次被害を受ける」と出版社に抗議し、本の回収を申し入れ、一部の書店では販売を自粛する動きも出た。

2012年冬、Aは大手出版社・幻冬舎の見城徹・社長に宛てて自筆の手紙を出した。関係者が話す。

「手紙には社長へのラブコールとともに“自分の本を出したい”との強い思いが綴られていたそうです。
社長は、過去に殺人犯の手記を編集した経験のある編集者ら数人のチームを立ち上げた。
2013年にはAが会社を訪れ、社長らと直接打ち合わせもしています。そのなかで、Aから“1冊目はノンフィクションがいいが、次は小説を書くことも考えている”という提案があったようです」

当の見城氏は『週刊文春』のインタビューでこう語っている。

〈(Aは)「とにかく書きたい。書かずにはいられない」という感じだった。それで、彼にはまず 「匿名で小説を書かないか」と伝えた(中略)彼も一時期は乗り気になって、小説のペンネームを考えてきた〉

ところが、手記の出版には社内外から異論が出るようになったという。

「編集に携わった社員も“あまりに自己愛が強くて、文章は自己陶酔が激しい。 悔悟の気持ちがどれほどあるのかわからない”という印象を抱くようになったといいます。 また、手記の発表は幻冬舎と付き合いのある小説家らからの反発も予想されました」(同前)

見城氏が語ったところによると、最終的に幻冬舎は出版を断念し、見城氏は旧知の太田出版の社長をAに引き合わせ、今回の出版に至ったとされる。
4:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:43:17.98 ID:OcITYyLT0.net
幻冬舎には断られたのかw
5:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:43:51.49 ID:MvOn6CXg0.net
だめだこいつ
9:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:46:05.54 ID:ZHJAw/Bs0.net
最初から小説書いとけばいいのに
10:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:46:15.17 ID:ayo8vY3V0.net
ほらみろ 当然中身はゴミクズだ
11:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:47:05.56 ID:RYCS57TV0.net
文才もあるのか

多芸だな
17:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:49:24.08 ID:3tRDuhlE0.net
>>11
文才って?こいつは所詮基地外
こういう奴には更生を期待しないで
終生施設の中に押し込めておくべきだったな
26:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:21.62 ID:P/9SY+e+0.net
>>11
文才が無いから問題になってるわけだが
28:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:45.65 ID:LRfupqPV0.net
>>11
ちょっとまて多芸ってなんだよ
人殺しは芸じゃないだろ
12:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:47:46.22 ID:0oNYcEAB0.net
すっかり作家先生気分か
でも小説は読んでみたいな。どんな妄想してるのか
13:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:47:49.46 ID:ZErRGoaV0.net
太田出版さん見てるぅ~?
14:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:48:41.58 ID:cPxkHE4p0.net
全部読んだが、こいつ、カッとなったときの衝動をいまだにまるで抑制できてないな
自己中の印象が強かった
他者が日頃自分をどう見てるかの視点が欠落してる
52:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:57:29.68 ID:JPLA8PmrO.net
>>14
他者が日頃自分をどう見てるかって客観性はどうやったら培われますか?

前頭葉とか幼いときの虐待とかは関係ありますかね?
122:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:11:55.96 ID:cPxkHE4p0.net
>>52
「他我」の認識の問題は、育ちや遺伝も関係してるから何とも言えないところもある。
が、自分に愛するものがいて、それを外部から壊されたらどう感じるかの「想像力」が大事だと思う。
嫌なことは誰でも嫌なもの。
18:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:49:40.80 ID:U8SL+0iC0.net
人間そう変わらねえよ

俺もおまえらもダメ人間だし、殺人鬼は死ぬまで殺人鬼
20:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:50:29.14 ID:GvEnux310.net
小説としてはあまりにつまらん
21:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:50:37.06 ID:d6k1TpNj0.net
調子のり過ぎ
22:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:50:44.70 ID:j4aZaHve0.net
大田出版は潰れるまで不買対象だな
まー今までも買ったことねーけど
24:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:02.69 ID:n//ys0AW0.net
施設で本だけは読んだだろうからなぁ
しかし、読む気はない。
25:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:21.57 ID:Ie7QEhCu0.net
太田は不買仕様にもそもそも買う本がない
27:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:45.55 ID:4SIzGA0n0.net
手記を出版したバカ出版社は喜んで出版しそうだよな。
「元殺人犯が書く、連続殺人小説!」

モラルのある出版社なら出さないし、読みたくもないし、遺族が可哀想だ。
30:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:51:47.84 ID:BtB4bMHj0.net
>重大な二次被害
これは再犯にはならんのか?
38:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:53:48.44 ID:Xx9nbN8o0.net
持ち込んだ3年前からノリノリだったんだな
ほんとダメだコイツ
39:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:53:59.21 ID:2I8+s2Zp0.net
さあ印税生活の始まりです
41:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:54:22.32 ID:NV3VrH4V0.net
被害者遺族は訴えればいいのに。精神的苦痛かなんかで。
42:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:54:33.40 ID:D0AwXicc0.net
世の中舐めてるな
成人の今何かやらかし実刑喰らえよ
45:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:55:17.86 ID:Y88H7Ls20.net
これに食いつく出版社は不買するべきだ
48:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:55:40.56 ID:tgvswC8y0.net
連続猟奇殺人を反省した人の作文です。
--------------------------

大人になった今の僕が、もし十代の少年に「どうして人を殺してはいけないのですか?」と問われたら、ただこうとしか言えない。

「どうしていけないのかは、わかりません。でも絶対に、絶対にしないでください。もしやったら、あなたが想像しているよりもずっと、あなた自身が苦しむことになるから」
(中略)
どんな理由であろうと、ひとたび他人の命を奪えば、その記憶は自分の心と身体のいちばん奥深くに焼印のように刻み込まれ、決して消えることはない。
表面的にいくら普通の生活を送っても、一生引き摺り続ける。何よりつらいのは、他人の優しさ、温かさに触れても、それを他の人たちと同じように、あるがままに
「喜び」や「幸せ」として感受できないことだ。
他人の真心が、時に鋭い刃となって全身を切り苛む。そうなって初めて気が付く。自分がかつて、己の全存在を賭して唾棄したこの世界は、残酷なくらいに、美しかったのだと。



64:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:59:39.28 ID:3tRDuhlE0.net
>>48
十代の少年にしては想像力が無さすぎ
所詮こういう奴が想像だにできない犯罪を繰り返すのだろう
生来、人としての何かが欠落していたとしか言いようがない
78:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:03:21.15 ID:nzY7SkXU0.net
>>48
>自分がかつて、己の全存在を賭して唾棄したこの世界は、残酷なくらいに、美しかったのだと

ラノベすぎるwwwwww
85:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:04:30.20 ID:DgPtJ3cn0.net
>>48
あっ!そこは校正してない山田悠介っぽい!
206:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:29:20.37 ID:Q8h3m2mJ0.net
>>48
中学生の卒業文集レベル以下
さすが永遠の中2だけある。国語の成績が2で知能指数70ってのはガチなんだと痛感
91:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:05:45.91 ID:Vd3aLDuh0.net
つうか>>48の文章って意味分かる?
191:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:25:44.33 ID:DrS+/VKb0.net
>>91
俺可哀想でしょ
216:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:30:44.72 ID:+iYfvhsFO.net
>>48
本当に32歳の中年男の書いた文章?
中学生が夜中に書いたような文章…
253:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:37:44.31 ID:0BRRqZ0D0.net
>>216
そうそう、そして朝になって読み返して
死ぬほど恥ずかしくなって顔真っ赤にして破り捨てる代物
51:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:56:42.57 ID:ppd5VTEp0.net
サカキバラは村上春樹と三島由紀夫を耽読していたらしい。
内容が全く理解できておらず、こういうの読んでた俺カッケーっていう自分飾り。
サカキバラがかっこよさげに思った部分を書き写してツギハギしただけなので、文脈無視して虚飾の羅列なため意味不明。
このくだり、いるの?っていう、ビジュアル系バンドや村上春樹や三島由紀夫を書き写して、しつっこく飾り立てた文章。





雨上がりのタンク山の美しさは壮絶だった。
雨を啜(すす)って湿り気を帯びたセピア色の腐葉土が、雲間から降り注ぐ陽の光のシャワーをそこかしこに弾き散らし、
辺り一面、小粒のダイヤを鏤(ちりば)めたように輝いて、僕の網膜を愛撫した。
(29ページ)

葉状に拡がったカーテンの裂け目に両手をかけ、僕は外界の処女膜を破り、夜にダイブした。
(96ページ)

薄い夜霧のドレスを裂いて伸びてくる月の光の切っ先は鑿(のみ)となって、
闇の塊から、この世あらざる絶望的に美しい光景を彫(え)り出していた。
(99ページ)

月や星のジュエリーで煌(きら)びやかにめかしこんだ夜空をバックに、
蝉のオーケストラの演奏はいよいよ佳境に入り、夜の底を震わせていた。
(109ページ)

僕が人生で最も過酷で鮮烈な季節を生きた〝九十年代〟とは、一言で言ってしまえば〝身体性欠如〟の時代だ。
僕は典型的な九十年代の子供(ナインティーンズ・キッド)だった。
(100ページ)
93:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:06:14.75 ID:Nk9D5EZ60.net
>>51
こマ?
いい年して酷すぎだろこれw
106:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:08:42.83 ID:UMb08pBSO.net
>>51
やっぱり脳がおかしいよな
53:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:57:41.15 ID:UfDzRU640.net
もう1500万くらいは稼いだんだっけ? ひでー世の中だな
63:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:59:21.70 ID:M7Mk6gbo0.net
>>53

増版分も計算に入れると2000万以上。
55:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:57:46.60 ID:M7Mk6gbo0.net
出版社から生活費400万も借りてる時点で
印税生活する気まんまんだからな。クズだわ
57:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 19:58:30.55 ID:EKNWGSZz0.net
一見、幻冬舎・見城社長の見識があるかのような印象操作をされているが
もともと儲かると踏んでAと接触を持ち、社内チームも立ち上げた
ただ、リスクが高いと見て、太田出版を紹介してそちらから出すようにしたと

太田出版はもともとゲスだからイメージが落ちるリスクはない
まあ、俺から言わせれば幻冬舎だってもともと金儲けだけのために角川から独立した版元というイメージだから
同じくらいゲスなんだが、今の人には「大手出版社」のイメージらしいし、見城もそれを守りたかったんだろう

もっとも、太田を紹介したのは見城だし、そこには当然キックバックの密約もあったはず
裏の大ワルの幻冬舎、その下っ端で表に出たのは太田、というのが今回の出版の構図
65:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:00:03.40 ID:ppd5VTEp0.net
14歳の中二にもなって、schoolをSHOOLLと大文字で書いてしまう学力の低さと覚えの悪さ。
中二にもなって読み書きすら満足に覚えない地頭が悪すぎる。

1997/7/10に少年Aは検事の前で以下の様に、再現して紙に書いた
だが・・“大怨”であるのに、大恐と書いてしまう
声明文も漫画やアニメのセリフのツギハギ。バラモンの家族とか、金田一とかコナンだろ、これ。

さあ ゲームの始まりです
愚鈍な警察諸君
僕を止めてみたまえ
ボクは殺しが愉快でたまらない
人の死が見たくてしょうがない
汚い野菜共には死の制裁を
積年の大恐に流血の裁きを⇔<大怨>

SHOOLL KILL
学校殺死の酒鬼薔薇

サカキバラ供述記録
この文章の中で、『愚鈍な』という文字は、僕が別の本で読んで覚えていた文字であり
『積年の大恐に流血の裁きを』というところは、先程話したように、
『瑪羅門の家族』というマンガの本の第3巻の目次のところをそのまま書き写したのです。
『恐』という文字を書きましたが、僕自身、この時はそのマンガを見ながら書いたのであり、
僕が覚えていた字ではなかったので、間違っているかもしれません

(バラモンの家族はサカキバラがパクったため発禁になってしまいました)
http://s.ameblo.jp/masamijojo/image-11877954049-13017705666.html
84:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:04:14.26 ID:5OgLo7EJ0.net
こいつ全然反省してないってことだけはよーーーーくわかったから。
114:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:10:22.91 ID:bLYkpTWo0.net
>>84
こんな更生プログラムやっても無駄という前例あるしね。

よく比較で出てくる「サレジオ高校首切り事件」の加害者少年も
同じように更生プログラム受けてたけど
「自分が悪くないことを証明するために弁護士になった」って言ったくらい。

いくら税金かけようが生まれながらの失敗作に何しても無駄。
98:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:07:30.18 ID:ti7OyO6k0.net
自己愛が強くて自己陶酔が激しい自己顕示欲の塊
まんまネットにいる荒らしみたいなもんだなw
116:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:10:23.68 ID:hamP8Gk30.net
作家になるつもりで売り込んでるのか
124:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:12:22.21 ID:Cpt+OJDCO.net
日記やメモを元に、ゴーストライターが書いてるんだよね?
149:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:17:24.91 ID:4pDcAlRo0.net
>>124
ゴーストライターになるような人はこんなヒドい文章は書けないと思うぞ
独りよがりで小賢しい単語をベタベタ貼り付けただけの散文だもん
127:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:12:36.16 ID:ppd5VTEp0.net
アマゾンレビュー 2015/6/20

>犯罪心理学を学ぶ者として、資料として購入。
>この本を読んで率直に感じたのは、元少年Aは小説家になりたいのではないかということ。
>犯罪心理学関係の発言でないことは申し訳ないが、私はそう率直に感じた。
>元少年Aは自分が今までどれだけの本を読んできたのかアピールしている。
>読書好きの人間なら、もしかしたら考えたことがあるんじゃないか。「自分でも、小説を書いてみたい。」と。
>彼には、才能がなかったのだろう。美しいと思われる言葉をただしつこく並べ立てているだけの文章だ。
>彼は自分のネームバリューを利用した。
>元少年A。お前に小説家は無理だ。
>こんなにしつこい文章を読んだのは初めてだ。
>資料としての価値も、ない。捨てようと思う。
142:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:15:30.93 ID:pZDcP8820.net
>>127
まあでも書いたらそれなりに売れるだろうな。
今回の本でも軽く10万部超えてんだろ。
170:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:21:45.18 ID:9HmrI6Yt0.net
>>127
なるほど納得
確かにゴテゴテしてる
スルッとリズム良く流れるように読める感じじゃない
154:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:18:47.67 ID:J0iDpM9c0.net
本を買うやつはこいつの支援者みたいなもんだから
そんなのが多数いる間は商売として有りなんじゃねえの
162:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:20:01.31 ID:CFCWSfY90.net
なんでこんな殺人鬼の本を買うやつがいるのかがわからん
もし、贖罪で書いたのであれば当然内容
もそうあるべきだし、何をしても償えない罪を感じるはずだ。

それがない以上単なる金儲け、書くやつが馬鹿だが出版社も読者もあほだ
196:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:26:30.91 ID:T290gLMi0.net
>>162
世にも稀な残虐事件を起こした奴は何か崇高な思想とか高度な知的判断の元に実行したのではないか、
という犯罪者への誤った偏見に基づいた期待を持っている人間が一定数いるんだよ
203:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:28:51.08 ID:vxEmMsFjO.net
医療少年院に入ってそれなりの期間務め上げたから、自分にも自己表現する権利はあると感じてるんだろうな

少年法で守られたのは、サカキバラにとっても不幸だった。きちんと罪に向き合う機会を与えられなかった結果がこれなんだろう。本を出すにせよ、安全圏からの出版は子供の駄々でしかない
210:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:29:56.14 ID:Wo4NeMpF0.net
生きていくために小説を書いて稼ぐのは好きにすれば良いが、
てめえの犯した事件をテーマにして金を得るな。
212:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:30:09.70 ID:X+mMKpZq0.net
遺族の承諾得てないなら、重大な反社会的行為だと思う
224:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:32:25.20 ID:GvEnux310.net
売れれば売れるほど晒される可能性が高くなるって
ゲームをやってんじゃないかな?
性懲りも無く
233:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:34:32.30 ID:IEWq5hzYO.net
表現の自由だからとか言ってるやつがいたが、こんな身勝手な事しでかした方がよっぽど表現の自由を危機に晒すわ。
238:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:34:50.19 ID:T290gLMi0.net
サカキバラ君はネット繋げる環境にいるのかな、
もしこの本の感想を目にしたら発狂して再度凶悪犯罪起こしかねんから、
周囲の人間はちゃんと監視しててくれないと
244:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:35:55.28 ID:Bia4GEJU0.net
>>238
ネットしてるとおもうよ
幻冬舎見城に目星つけるなんてそれなりに調べてる
241:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:35:21.05 ID:Bl2JgLHaO.net
ひっそり生きてくのかと思ったけど
まさか自分からアクション起こしてくるとは意外だったな
257:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:38:10.59 ID:+iYfvhsFO.net
>>241
自己顕示欲ハンパないもんw
本を出せば遺族は苦しむだろうけど、ボクの自己顕示欲がもう限界なので悪いけど本出させてもらいます
ほんますんません反省してまーす

って前置きしてるくらいだし
247:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:36:59.94 ID:oyj2ayeb0.net
被害者の遺体の口に犯行声明文が挟んであって

その次に新聞社にも声明文を送り付けたんだったな

自己顕示欲が変わってないとしたら、その他の異常な部分は更生されてるのか?
254:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:37:45.66 ID:gxoY+FVl0.net
やっぱりコイツおかしいよ
272:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:41:17.83 ID:GvEnux310.net
自己顕示欲で動いているのなら
またなんかやらかす可能性はあるな
今回で火が付いているはず
274:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:41:48.89 ID:RfSCBOqR0.net
この本見る限り治ってるとは到底思えないんだけど

好みの子見かけたりストレスたまった時とか
あのときみたいに首切って挿入したら気持ちいいだろうなぁっとか想像してしこってるんだろうなあ
276:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:42:30.34 ID:DnMPqtq7O.net
コイツのクソっぷりは生まれ持った気質によるものだろよ
基地外に真の更正、贖罪なんて期待するだけ無駄
282:名無しさん@1周年:2015/06/22(月) 20:43:17.49 ID:WUr0CyukO.net
全く反省してないんだろうな
元スレ:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434969716