1:◆qQDmM1OH5Q46:2016/06/19(日)16:53:18 ???
img_f1a7ab9c3a42c733fcf80ba54b7bf883423553

「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている「薬漬け社会」のタブーを斬る

「うつ病の人は'99年を境に急増しました。同年に抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)のルボックス(デプロメール)が認可されたのがきっかけです。

製薬業界はSSRIを売るために、うつ病啓発キャンペーンを大々的に展開しました。
『うつ病は心の風邪』という言葉が流行して、本来は病気とは言えないような人もうつ病と認定されることになり、薬を処方されるようになったのです」

こう語るのは名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦氏。

実際、下のグラフを見ればわかるように、'96年には43万人程度だった日本のうつ病患者は、わずか12年のうちに100万人を超えるようになった。

また同時期に、地方公務員や公立学校職員などの公務員の「メンタル休職率」も急増している。
地方公務員のメンタル休職率は'98年に0・3%程度だったのが、'06年には1%近く、つまり3倍にも増えているのだ。

続き 現代ビジネス 全3ページ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48911


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 48◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466243351/24
2:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)16:59:47 Imr
鬱病に必要なのは
鬱病になった環境からの避難と心のリハビリです。

薬品漬けにして心をぼんやりさせるのは
回復の見込みがない行動的なキ○ガイだけにしてください。
3:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:07:45 Z3f
いや、薬の効果はあるよ
確かに売りたいのは本当だろう
不景気などもあって鬱病は増えている
需要と供給の問題だ
でも貴重な保険料を投じるかとなると別問題だ自費にするべき
4:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:08:34 iZT
知ってた。というか、常識。
アメリカでプロザックが大流行したとき、すでに言われてた。
投薬事情は日本の方がマシで、自己啓発的に使われてないのが
救いっちゃあ救い。アメリカはひどすぎる。
5:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:09:19 T4F
鬱病で生ポの知人が居たが

薬で改善することもなく引きこもってブクブク巨大化の一途を辿った
7:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:11:58 vFG
>>5
負のスパイラルだな
麻薬浸けと変わらんな
6:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:10:19 0xc
知ってた子供にまで売りつける悪徳商売
8:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:14:25 9GE
鬱病なんてさ、宝くじで一億円とか当たれば一発で吹っ飛んじゃうよ
薬が全然効かないとは言わないけど、一番必要なのは環境や家族関係の調整よ
9:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:16:31 J0M
でも”逃げるためのモノ”は必要だと思うよ

心の支えとまでは言わないけれど、弱った時に頼れるモノがあっていいと思う
10:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:20:07 vFG
>>9
それが何故か体に悪いものばかりってのがなぁ
カルトとかも
16:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:59:30 LmG
>>10
ああ、密接に関係あるらしいね・・・
11:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:24:04 g8Q
どこかの記事で薬が効く人は4割くらいしか居ないって書いてた
12:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)17:30:57 Uof


53:名無しさん@おーぷん:2016/06/20(月)06:14:20 D54
>>12
こんなところでゆうメンタルクリニックの宣伝を見る事になるとは
13:警備員◆OQUvCf9K4s:2016/06/19(日)17:43:56 7dd
俺の同僚にうつ病の奴がいたけどどうしょうも無かった…
19:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)19:26:31 aUR
何かと言うと「鬱になってぇ~」、と約束破りなど自分のだらしなさの免罪符にしている人がいる
仕事も要領が悪く捗らない
20:ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2016/06/19(日)19:36:37 SFk
>>19
仕事内容を小分けにして、人数増やせばなんとかなるケースは多々ありますが
最低賃金のハードル上げすぎたり、雇用条件が厳しすぎて
コストが見合うだけの仕事のために、「一人」が処理しなければならない内容が大きくなってたりするのですよね

「出来ない子ちゃん」の行き場がなくなってはいる
27:警備員◆OQUvCf9K4s:2016/06/19(日)20:28:08 7dd
>>20
うつに限らないが相方がポンコツだとこっちが病気になりそう…
28:ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2016/06/19(日)20:34:10 SFk
>>27
仕事には、向き不向きもありますので
選択肢が多い方が、結果的にはうまくいくと思うのですけどね

あと、最初のレベル(給与)を上げすぎると
頑張った人の昇給のための余力もなくなりますので
勤労意欲や向上心も育てられなくなります

功罪両面ありますが、権利屋の甘言にそそのかされて
能力不問でハードル上げすぎた弊害が、色濃く出てる気はします
23:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)20:10:00 NMq
認知症の何割かも投薬止めたら改善するって話もあったな
24:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)20:22:51 mwC
うーん?自分は薬効いたのだが、症状は目が覚めると頭の中とは別に体が自殺しようとする、やべーおかしいと、薬飲んだら3か月で治まった、薬はまだ飲んでるが、仕事は普通に出来てると思っている。
25:警備員◆OQUvCf9K4s:2016/06/19(日)20:25:58 7dd
>>24
他の病気でもそうだが「直そう」と言う前向きの気持ちが関わっているんじゃない?
35:名無しさん@おーぷん:2016/06/19(日)21:46:05 9GE
これだけ医学が進んでも未だに統合失調症や鬱病の原因やメカニズムは解明されていない
医者怠慢だぞ
49:名無しさん@おーぷん:2016/06/20(月)04:39:52 q3Q
向精神薬は脳へ作用する薬だというのは事実なんで
心療の分野では心は脳の作用と考える人は多そうだ
50:名無しさん@おーぷん:2016/06/20(月)05:12:09 9PZ
そう、心といった曖昧な言葉でなくはっきりと「脳」と言うと、物事が深刻に見える
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466322798