ゆづの靴、果たしていくらになるのか? 「ヤフオク!」に出品された、フィギュアの羽生結弦選手(23)のサイン入りスケート靴に、一時、1億3000万円の値がついた。3月11日が近づくと、様々な被災地支援のチャリティオークションが開催されるが、こちらもその一環。

現在、チャリティオークションには様々な有名人が、どしどし出品中だ。

.高騰を続ける羽生選手のスケート靴に、主催の一般社団法人ウェブベルマーク協会は、以下のようなお詫びを掲載している。

《事務局にご連絡がない高額な入札がまだ相次いでおり、再び出分を停止、再出品させていただきました。ご連絡をいただいた方には大変申し訳ございません》

 そして50万円以上の入札に際し、必ず名前、住所、電話番号、メールアドレスなどを連絡した上で、入札してくれとお願いしている。

 しかし、1度目は3500万円を突破したものの、匿名入札が多く中止に。さらに2度目は1億3000万円を突破したが、また中止。3月10日現在、3度目の入札が行われている。

 フィギュアスケート男子シングルで66年ぶりに五輪連覇を成し遂げた羽生選手の靴……ファンには堪らないし、価値の高さもわかる。昨年2016年のオークションにもスケート靴は出品されているが、この時は340万円台だった。五輪連覇で前回よりも価値が高まるのは理解できるが、さすがに1億円はイタズラだろう。

 ちなみに彼が出品したオークションは、東日本大震災の復興支援企画の一環としてウェブベルマーク協会が東北の被災地支援に特化したベルマーク運動として運営されている。その売り上げはベルマーク教育助成財団に助成金として送られ、財団が行う東日本大震災の被災校支援に活用されている。
.
■森高千里のギター、大谷翔平のTシャツ

 ちなみにウェブベルマーク協会がこれまでオークションでどれくらい集めたかといえば、

 14年は212万円。

 15年は958万円。

 16年は727万円。

(※中略)

■5年前に出した自著でチャリティ

 様々な被災地チャリティがある中で、なかなか値段の上がらないものも――。

 TOKYO FMをはじめとするJFN(全国FM放送協議会)加盟38社のFMラジオ局の「JFNアースコンシャス基金」を通じて「鎮守の森のプロジェクト」を支援するチャリティには、全国放送されている同局の「SCHOOL OF LOCK!」のパーソナリティ、“とーやま校長”ことお笑いタレントの遠山大輔(グランジ)と、“あしざわ教頭”こと同じくお笑いタレントの芦沢ムネト(パップコーン)から、南三陸のお土産(石けんとサイン入りクリアファイル)が出品されるも、これが2200円。

詳細はソースにて
デイリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00539169-shincho-ent&p=1

5: ジャック@\(^o^)/ 2018/03/11(日) 10:34:49.76
今度はガチ入札なの?

10: ジャック@\(^o^)/ 2018/03/11(日) 10:37:56.12
ひるおびでネタにして欲しい

13: ジャック@\(^o^)/ 2018/03/11(日) 10:38:42.58
やりたくなければ出品しなきゃいいのに。

引用元:>http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1520731965/