2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け、執行猶予中の身である元プロ野球選手の清原和博氏(51)が6日、
厚労省が主催する依存症に関する啓発イベントにサプライズゲストとして登場。約180人の出席者から拍手で迎えられた。

黒地に薄い白のストライプが入ったスーツ姿で壇上にのぼった清原氏は「薬物を使うためにウソをつき、自分を追いつめてしまった」と振り返ると、
「薬物は一時的にはやめられても、やめ続けるのは難しい。勇気を出して、専門の病院に行ってほしい」と呼びかけた。

清原氏が公のイベントに出席するのは事件後初めて。
浅黒い肌に丸刈り頭、もみあげからつながる短く整えた白いアゴヒゲという風貌に往時の迫力を感じさせたが、体形は逮捕前後からさらに太った印象だ。
球界関係者の話では、現在、薬物依存からの回復プログラムを受けている清原氏は、その一方で、持病の糖尿病治療を兼ねて減量に取り組んでいるはずだった。

実際、昨夏の甲子園決勝を生観戦するにあたって、支援者には「こんなみっともない体で甲子園に行くわけにはいかない。
130キロある今の体重を落とす」と宣言していたそうだが、清原氏の現在の自宅がある都内某所では、
近隣住民が「去年まではトレーニングウエアに身を包んでウオーキングする清原さんの姿をよく見ましたが、そういえば最近は見かけない。
体調が悪いのでしょうか」と心配していた。

薬物、持病との闘いはまだまだ続く。

http://news.livedoor.com/article/detail/16122605/
日刊ゲンダイDIGITAL

no title
no title