ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180623_asagei_tsutsugo

 去る6月19日行われたロシアW杯の初戦・コロンビア戦で大金星を挙げたサッカー日本代表。試合では、開始早々に「日本の10番」である香川真司がPKで先取点をもぎ取った。その一方で、「日本の4番」のとある発言が話題になっているのをご存じか。と言っても、日本代表で背番号4を背負う本田圭佑の“ビッグマウス発言”ではない。サムライブルーならぬ“侍ジャパン”の主砲、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のことである。

「問題の発言は6月18日のこと。今季、DeNAの公式戦はAbemaTVで全試合生中継されているのですが、その中でDeNA選手によるW杯の優勝国予想アンケートが実施されました。ドイツやスペインといった有力国を挙げる選手が並ぶ中、筒香だけが出場していない『ドミニカ』と答えたのです(笑)」(スポーツライター)

 ドミニカの国技は野球であり、サッカー人気が高い中南米において、例外的に飛び抜けて野球熱が高い“サッカー後進国”だ。ちなみに、ドミニカを選んだ理由について筒香は、

「サッカーはわからん!」

 と答えている。

「筒香は国内の野球の普及や若年層の育成にも力を入れる、まさに“野球バカ”。2015年にウインターリーグ参加のためにドミニカ留学した経験があり、つい知っている国の名前を挙げてしまったのでしょう(笑)」(前出・スポーツライター)

 いくらサッカーに興味がなくとも、アルゼンチンの英雄メッシや、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドら有名選手の名前は誰でも知っているこのご時世、ネット上の野球ファンからは、〈ツッツかわいい〉〈潔いwww〉と好意的なツッコミが入っている。
https://www.asagei.com/excerpt/107012

【【ロシアW杯】「日本の4番」がロシアW杯優勝国予想に『ドミニカ』と答える 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
spo1806180003-p1

【カリフォルニア州ロサンゼルス20日(日本時間21日)発】エンゼルス・大谷翔平投手(23)の右肘内側側副靭帯損傷が判明してから約2週間。チームの失速もあって、お膝元のオレンジ・カウンティーは、故障者リスト入りし、まだ復帰のメドが立たない“大谷ロス”を嘆いているが、あくまでそれは限定的なもののようだ。

 ロサンゼルス・タイムズのコラムニスト、ディラン・ヘルナンデス記者(37)は「悲しいことに米国内で野球はバスケットボール、アメフットなどの陰に隠れた脇役のスポーツ。今、ロサンゼルスのスポーツシーンの話題はNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズ(33=キャバリアーズ)がレイカーズに来るのかどうかで持ちきり。正直、アナハイム以外で大谷は忘れられている」と厳しい現実を指摘する。

 全米第2の都市・ロサンゼルスには4大スポーツの全てが集結し、加えて今季からズラタン・イブラヒモビッチの加入したMLS(メジャーリーグサッカー)の人気球団、LAギャラクシーも本拠地を構えている。

 年間を通してスポーツの話題には事欠かず、今話題になっているものだけに人もメディアも飛びつく土地柄なのだ。

 同記者は「野球は古いスポーツで新しいことが起きにくい。だから大谷の(二刀流)ストーリーには価値があった」としながらこう続けた。「ただ、ある意味で大谷はアナハイムでよかった。もしこれが(人気球団の)ドジャースだったら今回の故障離脱はただでは済まなかったと思う。GMの責任問題を厳しく追及されていたと思う」(ヘルナンデス記者)

 その視点から見れば、大谷が大都市近郊のローカル球団、エンゼルスを選んだメリットは、雑音なくゆっくりとリハビリに専念できていることにこそありそうだ。

https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1045204/

【【DL入り大谷に厳しい現実】 米紙コラムニストが「忘れられている」 米国内で野球は陰に隠れた脇役のスポーツ 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
spo1806180003-p1

右肘靱帯損傷で故障者リスト(DL)入りしているエンゼルスの大谷翔平投手(23)が、復帰まで1年以上を要するトミー・ジョン手術 (靱帯再建手術)に踏み切るかどうかは、約2週間後の再検査の結果を見て決めるが、右足首の故障をきっかけに崩れた投球フォ ームを修正しない限り、再発や新たな故障発生のリスクが残ることになる。

「彼の右足って、まだ良くなってないの?」 実は、2月に大谷のキャンプを取材するため日本から米アリゾナ州を訪れた評論家諸氏が、こう口をそろえていた。大谷は投球のリリースの際、蹴り足(右足)が地面を離れるのが不自然なほど早かったからだ。

2016年秋の日本シリーズと日本代表強化試合で右足首を捻挫。かかとの上の骨が棘状に変形し痛みを引き起こす『足関節後方インピンジメント』も患いながら、打者としては出場を続けていた昨年春、右足首をかばう不自然な動作が一因となって左太ももの肉離れまで発症した。

それでも大谷は昨季、投手としても故障を抱えたまま5試合に登板。右足首を故障した16年の日本シリーズ以降、1年以上も本来の投球ができないままメジャー移籍を迎えたのだった。

メジャー移籍前の1年間を大きく狂わせた右足首は、昨秋のシーズン終了後に手術を行いリハビリを経て完全に回復したはずだが、前出評論家諸氏のひとりは「今もまだ右足首をかばうような投げ方だ。去年の投げ方でクセが付いてしまったのかも」と首をひねった。

ZAKZAK
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180618/spo1806180003-n1.html

【【2月から予兆あった?】大谷の右肘靱帯損傷、元凶は右足首、仮に手術を回避→復帰もさらなる災禍か 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
spo1806170019-p1

毎度同じパターンの繰り返しだ。北海道日本ハムファイターズ、斎藤佑樹投手のことである。

 6月12日の阪神タイガース戦で今季2度目の先発マウンドに立ったものの、4回8安打5四死球7失点と大炎上。3イニングで先頭打者を四球で出塁させ、2本塁打を被弾するなど終始めちゃくちゃな内容で試合をぶち壊した。

 どうひいき目に見ても褒めるところがない。栗山英樹監督は二軍降格を言い渡したが、それでも「苦しめば苦しむほど生まれるものもある」などと、あえて突き放すようなことはせず逆にエールを送るかのような温かい言葉を口にした。

 6月6日に30歳を迎えた。今年で、もうプロ8年目だ。ルーキーイヤーに6勝を飾ったのが自己最多で以降、泣かず飛ばずの成績が続きここまで通算15勝止まり。今季は「ラストチャンス」と力強く言い切っているシーズンとはいえ、案の定結果は出ていない。

 斎藤には大変申し訳ないが、これは誰もが予想できた流れだ。今後は打者をかわしながら“ごまかしの投球”が奇跡的にうまくハマれば、年間に1、2試合ぐらいなら勝ち星を拾えるかもしれない。しかし先発ローテーションを守り抜くことは、まずできないだろう。

今の斎藤は下半身をうまく使えず、上体だけで投げている。いわゆる「手投げ」だ。2013年に右肩を壊してから、この弱々しい投球フォームが定番となってしまっている。棒球のような直球は球威がなく、変化球もキレがない。その上、制球力もないからカウントを悪くした末に置きにいった球をいとも簡単に痛打される。弱点が多くありすぎて対戦打者としてはオイシイ相手だろう。これでは勝てるわけがない。

 二軍では、そこそこ通用することはあっても一軍のマウンドとなれば同じようにはいかない。だからファームでそこそこの結果を残せても、いざ一軍に上げてみたら大炎上という毎度同じパターンの繰り返しとなってしまう。

 ■無神経というか、KYというか

 散々な状況となっている当の斎藤本人は本当に危機感を覚えているのだろうか。おそらく、そこまで窮地に立たされているとは思っていないだろう。仮にそう自覚しているのであれば、もう彼はとっくに自分から身を引いている。

 悪く言えば「厚顔無恥」。逆にいい意味で表現するとしたら、斎藤は自分を着飾るだけの「プロデュース力」がズバ抜けている。そして世間からの猛バッシングをモノともしないタフな精神力、いわば「鈍感力」も彼の持ち味と言えるかもしれない。斎藤に近い日本ハムの関係者は次のように打ち明ける。

「一軍で投げては打たれるたびに多くの有識者から『引退するべきだ』などと酷評され続け、ネットユーザーからはもっと辛らつなトーンの批判が毎度のごとく書き込まれている。にもかかわらず、斎藤は『これは僕に対する叱咤激励です』とポジティブにとらえている。時に笑い飛ばすこともあるほどだ。

 高校球児のときに『ハンカチ王子』として注目され、どうしても気になる存在だからこそ批判される。もし批判もされなくなれば、もう自分に関心がなくなるわけだから、そのタイミングこそ終わりのときなのだ。つまり批判されているうちが華なのである。斎藤は、そうやってポジティブに考えている。だから、いくらブッ叩かれてもまったく気にならない。無神経というか、KYというか……」 

 マウンドでいくら滅多打ちを食らって大炎上しても、試合後の斎藤は「能力がない」「自分が情けない」といった類の言葉はほとんど発したことがない。自暴自棄になったり、自分を責めたりすることはせず基本的には“逃げ道”や“言い訳”を用意して再起しやすいシチュエーションをつくっておくことが彼の常套手段だ。

 KOされれば当然のように試合後の取材でメディアから詰問を受けることになり、精神的にも追い込まれているから、とても受け答えの仕方を考える余裕などないはずだが、それを斎藤は普通にこなせてしまうのである。そういう意味でもやはり図太い神経の持ち主と言えるのかもしれない。

※以下見出しのみ 全文はソース先をお読み下さい
産経ニュース
http://www.sankei.com/sports/news/180617/spo1806170019-n1.html

【【ボコボコに打たれても…】日ハム・斎藤佑樹の不思議な“ポジティブ思考” 世間からの猛バッシングに「これは僕に対する叱咤激励」】の続きを読む

このページのトップヘ