ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

no title


 悪夢の13連敗を喫した巨人が改革に動き出した。

 6月13日、堤辰佳GMは解任され、鹿取義隆GM特別補佐が昇格する人事が発表されたのだ。

「新たなチーム作りとして『育成』を掲げる鹿取GMは、コーチの入れ替え、来季の補強、若手の底上げに力を入れ、大胆に動いていくでしょう」(スポーツ紙デスク)

 一方で、慶大野球部の先輩だった堤GMという後ろ盾を失った高橋由伸監督は元気がないようだ。

「普段から試合後は他人事のようなコメントを出していましたが、13連敗してさらに吹っ切れたような物言いになったんです。ついには『もう、やってくしかないです』と投げやりに言い放った姿は“他人事ここに極まれり”だった。シーズン中はともかく、このままBクラスに終われば、3年契約の途中でも辞任は避けられず、監督がその思いを強くした瞬間に見えました」(球団関係者)

 仮に由伸監督が成績不振を理由に辞意を表明した場合、原辰徳前監督の再登板も想定されるが‥‥。



詳細はソースにて
http://www.asagei.com/excerpt/83325

【【江川卓か中畑清か…?】13連敗で巨人「後任監督」人事が風雲急!】の続きを読む

20170620-00000079-mai-000-4-view

 高校野球界注目の強打者、清宮幸太郎を擁する早稲田実(東京)が約1カ月間で4県の招待試合に臨んだ。5月13、14日の熊本を皮切りに沖縄、愛知と続き、6月17、18日の香川で締めくくった。異例ともいえる強行軍には、清宮の人気と実力に期待する地方の高校野球連盟の思惑がうかがえる。

 2010年から毎年、招待試合を開催する香川県高野連は、一昨年夏の甲子園で清宮が活躍した直後に打診した。県高野連の小野裕作理事長は「2年後には3年生。旬の時期だと思った」と説明する。読み通り、清宮は高校通算100本塁打を超える実績を持って登場。例年は2日間で3000人ほどの観衆は、約6500人に倍増し、徹夜組まで現れた。

 早稲田実と対戦したのは今春の香川大会4強の4校。沖縄や愛知、熊本でも招待試合参加は春や秋などの県の大会上位校の「特典」になっている。全国的な強豪と勝負し、強化につなげるのが最大の目的だ。その一方で、野球人気の向上という狙いもある。愛知では、多くの人に見てもらうために無料とし、2日間で2万2000人を集めた。小学生以下を無料にした香川では子どもの姿が目立った。小野理事長は「憧れる選手に来てもらうことで、普及につながれば」と期待する。

 清宮の集客力の高さは、高野連の財政にも貢献している。招待校の旅費や開催費用は県高野連が負担するため、香川では県から補助される強化費と大人からの500円の入場料収入を充てる。「入場料がたくさん入れば、それだけ強化費を別に回せる」と小野理事長は話す。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000079-mai-base

【【高野連財政にも貢献】清宮人気 ・・・ 野球人気の向上という狙いもある】の続きを読む

thumb-12168-06170106-sports

<アスレチックス5-2ヤンキース>◇17日(日本時間18日)◇オークランドコロシアム

 4回5失点で7敗目(5勝)を喫したヤンキース田中将大投手(28)について、地元メディアも手厳しい。

 「土曜日の午後、アスレチックスが田中を相手にホームラン競争をした。ここのところ、各チームに(本塁打競争の)順番が回ってくる」(ニューヨーク・デーリーニューズ)

 「ヤンキースは田中に連敗ストッパーになることを切望していた。そうはならなかった。彼が投げるのをやめさせることさえできていれば…」(同)

詳細はソースにて
https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/1842474_m.html?mode=all 
【【メディアも炎上】田中将大「悪夢のようなシーズン」】の続きを読む

isao-harimoto-old-people01

 野球評論家の張本勲氏(76)が18日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。本塁突入による危険な衝突を回避するため、昨季から導入されたコリジョンルールを批判した。

 「リトル・リーグでもあんなことをやらない。多少ぶつかったり、けがとか危険性があるんですよ、プロには。一般の人からすれば、『おれたちにはできないな』というようなプレーを見せないと入場料は取れない」

 張本氏がやり玉に挙げたのが、11日の西武-DeNA最終戦(メットライフ)の四回一死三塁で、西武・秋山の二野選の間に金子侑が生還したプレーだった。

 打者・秋山の場面で金子侑に出たサインは「ゴロゴー」。秋山のゴロをさばいたDeNAの二塁手・エリアンの送球に対し、金子侑は「足からいくとタイミングが微妙。手の方が(捕手も)タッチしにくいと思った」と冷静な判断で頭から本塁に飛び込んだ。間一髪で戸柱のタッチをかいくぐり左手でホームイン。リプレー検証が行われたが、生還が認められた。辻監督も「高校野球みたいだったけど、あれはヘッドスライディングじゃないとセーフにならない。あの足は武器だね」と“神走塁”をたたえていた。

2017.6.18 09:30
http://www.sanspo.com/baseball/news/20170618/npb17061809300003-n1.html

【【野球・コリジョンルールを批判】張本氏「リトル・リーグでもあんなことをやらない」 】の続きを読む

このページのトップヘ