ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 19:29:58.82 ID:???*.net
1195ca3d86d6db5a0eb443c0cb0a865c_146

アイドルグループ、乃木坂46が29日、東京都内で舞台「じょしらく」(6月18~28日、アイア2・5シアタートーキョー)のグループ内公開オーディションを行った。

女性落語家5人の物語。合格した松村沙友理(22)は、この日、センバツ高校野球で準決勝進出を決めた大阪桐蔭高の卒業生。
母校は裏金問題に揺れるが、「いろいろ大変みたいですけど、後輩に夢を与えられるように(舞台で)一人前の噺家になる。 春夏連覇してほしいです!」とエールを送った。

【【枕に裏金www】乃木坂・松村沙友理、母校・大阪桐蔭高にエール「春夏連覇してほしいです!」】の続きを読む

1: Tangled ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 19:42:53.41 ID:???*.net
shimoyama1

 巨人は29日、長野久義外野手(30)が婚姻届を提出したと発表した。相手はテレビ朝日アナウンサーの下平さやか(42)。挙式、披露宴は未定。長野のコメントは以下の通り。

 「開幕直後のあわただしい中、私事で恐縮しております。さやかさんには昨年、手術してからここまで苦しい時期に大きな支えとなってもらいました。お互いに話し合いをし、このたび結婚させていただくことになりました。
自覚を持って一層努力して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。そして、応援してくださるファンの皆さまにも今後とも変わらぬ温かいご声援をいただけると幸いです」。 
【【マジかよ!】 巨人・長野久義外野手(30が下平さやか(42)アナと結婚「大きな支え」】の続きを読む

【野球】大阪桐蔭ナイン「正直、そんなこと知るか!という気持ち」
1: 駲 ★@\(^o^)/ 2015/03/27(金) 16:42:53.79 ID:???0.net
sim

第87回選抜高校野球大会第6日(26日)第2試合で、大阪桐蔭(大阪)が八戸学院光星(青森)に4―1で勝利し、ベスト8進出を決めた。昨夏の全国制覇に貢献したエース左腕・田中(3年)が3安打1失点と好投。
2012年の春夏決勝と同じカードとしても注目を集めた中、いずれも勝利して春夏連覇を成し遂げた先輩たちに続く白星だ。

 グラウンド外での“戦い”もあった。大阪桐蔭中学・高校が保護者から集めた教材費の余剰金などを学校法人の会計とは別の口座にプールし、5億円以上を不正流用していた裏金問題で、前日25日に同校を運営する学校法人・大阪産業大が会見を行い、謝罪。波紋が広がっていたことだ。

 試合前の西谷監督は「世の中で話題になっているということは選手たちに伝えたが、子供たちは全く関係ないし、野球に集中させてあげたい」と話す一方で「球場の雰囲気がどうなるかは分からないし、心配している部分はある」と率直な心境を吐露。有友部長も「父兄から問い合わせは多く来ている」とし、野球部の保護者会の代表者に現状説明を行ったことも明かした。

 そんな中、ナインは一様に「僕たちにはどういう問題なのかよく分からない。正直、そんなこと知るか!という気持ち」。
それこそ“大人の問題”に巻き込まれてたまるか、とばかりに気合を入れ直し、ライバルとの因縁対決を制したのだ。

 アルプス席の同校の保護者からも「不正があったのならウミを出し切って、しっかり処分すべき。お金を返して、とは言わない。
野球部が輝いている中で本当に残念」との声が上がっていた中、精神力の強さも見せつけた大阪桐蔭ナイン。
「打たせて取ることができた。完封した1回戦よりも自分の投球ができた」とは田中。
目標の夏春連覇に向けて、その勢いはさらに加速しそうだ。

【【野球】大阪桐蔭ナイン「正直、そんなこと知るか!という気持ち」】の続きを読む

【野球】ファウルボールが当たって眼球破裂・失明…日ハムなど敗訴、4190万円賠償命令 
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/03/26(木) 16:21:06.35 ID:???*.net
2114b_648_3c49a1e0

札幌ドーム(札幌市)の内野席でプロ野球観戦中にファウルボールが当たって右目を失明した市内の30代女性が北海道日本ハムファイターズなどに計約4650万円の損害賠償を求めた訴訟で、札幌地裁(長谷川恭弘裁判長)は26日、球団などに約4190万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 女性側は「投手は打者の思い通りに打撃させないことを目指して投球するため、プロ野球選手でも打球の方向や角度は予想困難だ。
老若男女を問わず安心して観戦できる防球ネットなどを備えておくべきだった」と主張。
球団側は「観客は打球に注意しさえすればファウルボールの直撃を回避できる。
事故当時、十分な対策を講じていた」と反論していた。

 訴状によると、女性は平成22年8月21日、夫や子ども3人と日本ハム対西武戦を観戦していた際、ライナー性のファウルボールの直撃を顔に受け、右顔面骨骨折や右眼球破裂の重傷を負った。

【【野球】ファウルボールが当たって眼球破裂・失明…日ハムなど敗訴、4190万円賠償命令 】の続きを読む

このページのトップヘ