ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180816-00000092-dal-000-6-view

 前大阪市長で弁護士の橋下徹氏が16日、カンテレ「報道ランナー」に出演。甲子園で開催中の全国高校野球選手権で、済美(山口)のエース、山口直哉投手(3年)が12日の星稜戦で延長十三回、184球を一人で投げきったというニュースに触れ、「アメリカなら絶対ありえない」と批判した。

 山口投手は16日の高知商戦でも9回121球を投げ、済美は3-1で勝利。3試合連続完投で、414球を一人で投げ抜いた。

 橋下氏は日本のスポーツ界の非科学的、不合理性を指摘。「180球投げた投手のことどう思う?あんなん、アメリカだったら絶対ありえない」と声を裏返すほど熱弁。

アナウンサーが「彼は今、これ(甲子園)が人生の全て、だと思ってる」とフォローすると、「洗脳」とバッサリ。

「高校をスポーツのゴールにする必要なくって。キャリア全体、人生全体でスポーツキャリア考えてあげないと。これは大人の役割」と訴えた。

 開幕前には炎天下での甲子園開催に反対する意見も飛び交ったが、「甲子園って単なるグラウンドじゃん」と、選手の体調管理よりも、“聖地”にこだわることに疑問。

「炎天下でずっとやる必要ないし。(主催の)朝日系列なんか、甲子園(の映像)流しながら、熱中症注意、とかずっと(L字画面で)出てるけど、それやったら、まず甲子園やめたら。夜(ナイターで)やるとか考えないと」とコメントした。

 また、「(東京)オリンピックに向けて、いい機会だから、スポーツ界全体がもっと科学的に、合理的に指導法、考えましょう。そういうことを学んだ人が指導する体制にしなきゃ」と提言した。

 橋下氏は13日のツイッターで「投球数制限は直ちに導入すべき。こんな不合理・非科学的なことをやり続ける国は、前近代的野蛮国家だ。さらに練習日数・練習時間制限を導入して、決められた練習時間でいかに結果を出すかを切磋琢磨させるべき。」と訴えている。

8/16(木) 17:14配信ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000092-dal-ent

1 Egg ★ 2018/08/18(土) 16:14:05.70
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534594098/

【【高校野球】<橋下徹>済美の184球“熱投”に「アメリカなら絶対ありえない」「やり続ける国は、前近代的野蛮国家」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
6f2cc_1386_85011c47c99bf6c9df2ce85b915ff608

第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)第13日は17日、総入場者数が84万1千人となった。80万人の大台到達は2008年の第90回記念大会から過去最長の11年連続。1990年の第72回大会で記録した最多92万9千人を上回るペースだ。

 今大会は皇太子ご夫妻が出席し、星稜(石川)OBで元大リーガーの松井秀喜さん(44)が始球式を務めた5日に6万4千人を集めて開幕。近畿勢が4試合中3試合に登場した第7日の11日に、一日としては今大会最多の8万人を記録した。好天に恵まれた17日は6万5千人が詰めかけた。

 18日の準々決勝にも近畿勢3校が進出。第1試合は大阪桐蔭(北大阪)と浦和学院(南埼玉)の実力校同士が顔を合わせる。第2試合は地元の報徳学園(東兵庫)が済美(愛媛)とぶつかる。第3試合は日大三(西東京)と下関国際(山口)が、第4試合は好右腕・吉田を擁する金足農(秋田)が近江(滋賀)と戦う。

 大会は19日の休養日を挟み20日に準決勝があり、21日午後2時開始予定の決勝で、平成最後の夏の王者が決まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00000097-asahi-spo

【【高校野球】夏の甲子園、11年連続80万人超え 最多上回るペース 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180816-00000001-ykf-000-3-view

スタンドの応援はプレーヤーを勇気づけるが、一方で選手たちを傷つけることになりかねない“もろ刃の剣”だ。

日大三(西東京)は15日の2回戦で奈良大付に8-4と快勝したが、小倉全由監督は「あれはイヤですね…」と苦り切った表情を浮かべた。

5点を追う奈良大付の9回の攻撃。1死から代打・木平(きのひら)が左前打で出塁すると、奈良大付応援団が今夏から導入した新応援歌『青のプライド』が響いた。

日大三の主将・日置航内野手(3年)は「奈良大付の初戦で見た。あの曲で球場の雰囲気が一変する。
浮足立たないように準備していました」というが、盛り上がりは予想を超えた。

三塁側アルプス席だけでなく、球場全体が呼応し手にしたうちわを応援歌のリズムに合わせてたたき鳴らした。
1死一塁から代打・吉田の内野安打で一、三塁。
次打者のゴロを2番手の河村唯人投手(3年)が二塁へ悪送球して奈良大付が1点を返すと、お祭り騒ぎは最高潮に達した。

マウンドにいた河村は「光星と東邦の試合がずっと頭をよぎっていました」と明かす。
一昨年夏の甲子園2回戦で、東邦(愛知)が八戸学院光星(青森)を相手に5-9の9回に5点を挙げて逆転サヨナラ勝ちした試合のことだ。
このときは観客がタオルを振り回して逆転劇への期待をあらわにした。
自宅でテレビ観戦していたという左腕は「投手が完全に追い込まれた表情になっていた。マウンドで『自分もいま、ああなりかけている』と思いました」

ショートを守る日置主将も完全アウェーの状況に追い込まれていた。
「正直『俺たちこんなに嫌われてるんだ』って気持ちが萎えかけました。河村がストライクを取っても、拍手してくれるのは一塁側のアルプスだけ。
うちわをたたく音ってグラウンドまでめちゃくちゃ響くんです」

後続を右飛、空振り三振に打ち取り、辛くも逆転劇は許さなかったが、校歌斉唱の際、勝った日大三ナインの何人かが涙を流していたことが重圧の大きさを物語った。

劣勢のチームに終盤だけ肩入れして応援する風潮は近年の甲子園でブームのようだ。
タオルを回しての応援こそ、大会本部からの自粛要請で今大会は見られなくなったが、今度はうちわ。

タイブレークで逆転サヨナラ満塁弾を浴びた星稜(石川)、花咲徳栄(北埼玉)に追い詰められた横浜(南神奈川)からも「球場全部が敵に見えた」と失意の声が聞こえた。

甲子園のファンは判官びいきといわれるが、ドラマチックな展開を期待するあまり、選手たちに過度で不要な重圧を掛けすぎているのが現状ではないだろうか。(片岡将)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000001-ykf-spo 
【【高校野球】球児を追い込む“判官”びいき 日大三・日置主将「俺たちこんなに嫌われてるんだ」 甲子園 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
6f2cc_1386_85011c47c99bf6c9df2ce85b915ff608

夏の甲子園が佳境を迎えている。

今年で100回目を数える夏の風物詩は、酷暑の中で連日好ゲームを見せてくれている。
プロ注目の選手たちをはじめとした高校球児の一生懸命な姿は、見ているこちらの気持ちも熱くさせてくれる。

その一方で、毎年この時期、高校野球で報じられる“ある数字”を見て心を痛めている人たちもいる。

それが全国の陸上競技関係者の面々だ。


ciStock.com

ほぼありえない眉唾ものの記録
「50m5秒7の俊足」

「俊足巧打の1番打者で、50mは5秒8――」

甲子園の結果を報じる新聞やテレビのニュースでは、今年もこんな言葉が躍っている。

野球における選手の走力の高さを示すのに、読者が身近にイメージしやすい50mの記録というのはわかりやすい指標なのだろう。
誰もが学生時代に体力テストで測定経験があるし、記録のインパクトも伝わりやすい。

だが、実はこれらのタイム、ちょっと眉唾ものの記録なのだ。

50m走の日本記録は、100mでも日本歴代4位となる10秒02の記録がある朝原宣治が持つ5秒75。
世界記録保持者のウサイン・ボルトでさえ5秒47だ。つまり、毎年甲子園には日本記録を上回る選手が何人も出場しているということになる。

「野球選手がみんな申告通りのタイムを競技場で出せたら、100mで日本人が9秒台を出すのにこんなに時間がかかっていませんよ(笑)。
俊足のひとつの基準なんだろうけど、陸上選手と比べるなら測定の方法や気象条件くらいはしっかり書いてほしいよねぇ」

そんなぼやきをこぼす陸上関係者が多いように、結論から言えばこれらの記録は陸上競技で採用される正式な測定方法では、ほぼありえないと言っていい。

http://news.livedoor.com/article/detail/15165921/ 
【【甲子園球児】「50m走」タイムが日本記録超え続出という問題】の続きを読む

このページのトップヘ