ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20190211-00296748-fullcount-000-3-view

松坂がファンとの接触で右肩に違和感、野球選手は体に細心の注意を払って生活も…

ファンサービスには定評のある中日・松坂大輔投手が数日前にファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を覚えているという悲しい事態が起きた。
中日は11日、松坂が当面はノースロー調整になると発表した。

各球団ともファンサービス部などの事業セクションを設け、1人でも多くのファンに楽しんでもらおうと様々な趣向を凝らして、
イベントや触れ合えるポイントを用意しているが、中にはファンのモラルを疑うような行為が見受けられる。

シーズンオフに行われるファン感謝デーなど、選手たちに近づけることはまたとないチャンス。
握手会やハイタッチ会などの時間を楽しみにしているファンは多いと思うが、実は選手によっては“要警戒”のイベントでもある。

ある選手は「優しくタッチしてくれるファンの方ならばいいのですが、力自慢じゃないですけど、思い切り、力を入れて、“バーン”とタッチというか叩いてくる人もいます。
こちらは予期していないわけですから、腕が後ろに持ってかれてしまって……」と肩を痛めた経験がある。
それ以降、ファンとのハイタッチが「怖い」という。百人単位のファンとハイタッチをするため、強弱次第では肩やひじに負担がかかる。
利き腕ではない方で、タッチすることを心掛けている。

プロ野球選手の体のケアは繊細である。眠るときは自分の利き腕が下にならないようにベットに入ったり、指先の感覚を大事にする投手の中では毎日の風呂の湯船に指先をつけない選手もいる。
子供がいても、腕や腰、足に影響が出ることを恐れ、抱きかかえることも泣く泣く控える選手も多い。

それくらい体の細部まで気を使って、日々の生活をしている野球選手の努力をファンのその時だけの欲望で、踏みにじってほしくない。
きちんとモラルを持ち、接しているファンも多い。ごく一部のファンの行動で選手のファンサービスの幅を狭めてしまわぬよう、改善されることを願いたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00296748-fullcount-base 
【【ハイタッチも要注意!?】 選手が「怖い」と恐れるファンの行為とは… 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20190210-00000060-sph-000-5-view

野球評論家の張本勲氏(78)が10日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。日本ハム・斎藤佑樹投手(30)をバッサリと斬る一幕があった。

番組では、プロ野球各チームのキャンプ情報を特集。日本ハムの米アリゾナキャンプでの斎藤のブルペンで練習する姿も放送した。

司会の関口宏(75)から今季の斎藤について聞かれた張本氏は「大きく期待する方が酷だから」とバッサリ。
その上で「中継ぎとか、何かで役割をしっかり指示してやった方が。先発完投のタイプじゃないんですよ」と指摘していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000060-sph-base

【【野球】張本勲氏、日本ハム・斎藤佑の今季に「大きく期待する方が酷だから」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20190126-00000024-nkgendai-000-2-view

「聖域」にも斬り込んだ。

 25日、DeNAの筒香嘉智(27)が日本外国特派員協会で会見を開いた。以前から言及してきた、勝利至上主義によるアマチュア野球指導者の選手酷使や暴言・暴力について改めて問題提起。この日も「大人が守らないと子供の将来は潰れる」と警鐘を鳴らし、少年野球や高校野球でのリーグ戦導入や球数制限ルールの適用について訴えた。

「プロ野球選手の(ように)体ができた大人ですらリーグ戦でやっているのに、体のできていない小さい子供たちがトーナメントをしている。将来がある子供たちを守るには一発勝負のトーナメント制をやめ、リーグ制を導入したり、ルールで球数制限や練習時間を決める必要があると思う」

■高校野球の「悪」を伝え切れていない

 昨夏、金足農の吉田輝星(18=現日本ハム)は、秋田県大会から甲子園の準決勝まで10試合連続完投勝利。11試合目となる決勝で12失点を喫し、計881球で途中降板した。過去にも、早実の斎藤佑樹(30=現日本ハム)は甲子園だけで948球、1998年、横浜の松坂大輔(38=現中日)も782球を投じている。

 高校野球はエースがマウンドに立ち続けることが美学とされ、抑えれば「怪物」、打たれれば「悲運」。メディアはこぞって感動的な物語に仕立て上げ、高校野球人気を煽っている。筒香はそういったマスコミにも矛先を向けた。

「高校生が甲子園に出てやっていることは、あれは部活動です。高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場と言いながらドラマのようなことをつくることもある。新聞社が高校野球を主催していますので、子供にとって良くないと思っている方はたくさんいると思いますが、(メディアは)高校野球の『悪』というか、子供たちのためになっていないという思いをなかなか伝え切れていないのが現状かなと思います」

 会場で聞いていた甲子園大会を主催する「新聞社」は耳が痛かったに違いない。主催の新聞社にとって高校野球はドル箱事業。朝日新聞は中高生の部活動に対する熱中症の記事を掲載しながら、昨夏の大会で熱中症患者が続出したことへの問題提起は皆無だった。

 この会見後、春のセンバツ出場校が発表され、筒香の母校である横浜高は5年ぶり16回目の出場が決定。使命感に燃える野球の伝道師は、球界とメディアの間にはびこる悪しき文化も変えるか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000024-nkgendai-base 
【【「聖域」にも斬り込んだ。 】DeNAの筒香嘉智「新聞社が高校野球を主催しているのは良くない。教育の場といいながら、部活にお金が動きドラマを作らされる」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 
20190114-00446599-nksports-000-8-view

未来の子どもたちを思うからこそ、温かくも、厳しい言葉だった。DeNA筒香嘉智外野手(27)が14日、自身もかつて所属し、17年からは小学生の部のスーパーバイザーを務める堺ビッグボーイズの体験会に出席した。野球チームに所属していない子どもたちとの触れ合いで満面の笑みを見せるも、報道陣を前にしては一変。キリッとした表情で、胸の思いを訴えた。

筒香 昨年はスポーツ界全体で、よくない問題点が浮き彫りになりました。アメフトの悪質タックル、体操、ボクシング…。時代は明らかに違う。スポーツ界全体が変わらないといけない。子どもたちのため。変わっていく必要がある。

27歳とは思えない、堂々とした語りぶり。加えて、子どもへの真摯(しんし)な思いがあふれていた。昨年には、自らある少年野球チームの様子を見学。自分の目で子どもたちを取り巻く環境を目で確認した。「そこでは指導者の方が、指導というよりは暴言、罵声、事細かい指示が行われていました。子供たちはできないのが当たり前。なぜそれに腹を立てて怒っているのか」と語気を強めた。

野球を通じて、大きな人間に育ってほしい-。そんな純粋な思いが、終始に込められていた気がした。

筒香 小さいころから、細かいことを詰め込み過ぎると、大きいスーパースターは生まれにくいと思います。

筒香は自身のプレーで野球の魅力を届ける。子どもたちは筒香の大きな背中を見て、大好きな野球に打ち込む。その結果が、スポーツ界全体の改善につながると信じている。「また野球やりたいな」と多くの子供たちが、満面の笑みで球場を後にしていた。【栗田尚樹】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446599-nksports-base

【【なぜ暴言、罵声…】DeNA筒香嘉智外野手(27)がスポーツ界を変える決意! 】の続きを読む

このページのトップヘ