ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

b199c69f

プロ野球選手の松坂大輔が福岡ソフトバンクホークスを退団した。3年契約の切れる今オフに球団側は当初、契約を延長する方針だった。
いったん支配下登録を外れ、コーチ契約を交わして復帰を目指すというもので、2011年から3年間、リハビリ担当コーチの肩書で頑張っていた斎藤和巳の例に倣った慰留交渉である。

しかし、あくまでも現役にこだわる松坂はこれを拒否し、退団する道を選んだ。
あえて退団を選んだのは“メンツ”と“居心地の悪さ”があったからだという。

「ホークスの王貞治会長が一部メディアの取材に対して『松坂は若手の手本』と発言していたため、松坂残留の話はかなり前から広まっていました。
3年間で公式戦に登板したのは1試合のみで、これも調整目的での1イニングです。
3年間で総額12億円という破格待遇の契約でした。
その松坂がチームに残留するのなら、リーグ優勝と日本一を達成したので、契約更改は“青天井”になると言われていました」(地元メディア記者)

松坂は今季、二軍でも実戦登板していない。
普通ならは契約延長の余地すらないだろう。コーチ契約を提示したのは、ソフトバンクが松坂のこれまでの実績に配慮するのと同時に、
今季活躍した選手たちが強気に“大幅昇給”を要求してくることを恐れたからだという話もあった。

そして、松坂が退団を希望した背景も伝わってきている。

「松坂はホークスにいた3年間、ほとんどリハビリに時間を費やしていました。
それも球団が指定する病院ではなく、独自に探してきた医師のところに通い、練習メニューもほかの選手とは異なっていたため、いつもチームとは別行動でした。
松坂と親しくなったホークスの選手はいないのではないでしょうか」(同・記者)

詳細はソースにて
http://dailynewsonline.jp/article/1374860/ 
【【松坂大輔】「コーチ契約から復帰」を拒否した理由とは・・・】の続きを読む

isao-harimoto-old-people01

 張本勲氏が12日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。
ポスティングシステムを使って米大リーグ挑戦が決まった日本ハム大谷翔平投手(23)についてコメントした。

 「大谷はもったいないですね。やっぱり、ちょっと球団が引き留めてやらないとね。
ファンはよく黙っていますよ。私なら投書しますけどね」とポスティングを認めた日本ハムに疑問を投げかけた。

 さらに「球団が引き留めるという姿勢を見せないと。(メジャーに)行け、行けって言ってるんですから。プロ野球界は崩壊しますよ」と警鐘を鳴らした。

詳細はソースにて
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00051079-nksports-base

【【大谷メジャー挑戦】張本勲「プロ野球界は崩壊する」 】の続きを読む

「キャプテン翼」高橋陽一氏、大谷にエール「世界中を驚かせて」

 人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者高橋陽一氏(57)が、メジャー挑戦を表明した日本ハムの大谷翔平投手(23)に「二刀流で世界中を驚かせて」とエールを送った。

◆二刀流を実現「漫画以上に漫画的な選手」◆

 本紙の取材に「大谷くんの凄さは、なんと言ってもバッティングとピッチングの“二刀流”という実現不可能に思える両立をトップレベルで実現していること。野球ファンのみならず、スポーツファンに夢を与えている」と熱弁。スポーツを描き続ける漫画家として「大谷くんは、漫画の登場人物以上に漫画的な選手だ」と絶賛した。

◆野球も大好き 自作イラストが球団グッズに◆

 サッカー好きの印象が強い高橋氏だが、大の野球好きでもある。高校時代は野球部に所属。1989~91年には週刊少年ジャンプ(集英社)で、小学生野球をテーマにした漫画「エース!」を連載した。東京の下町育ちで「子供の頃から、日本ハムファン」。広島と戦った昨年の日本シリーズでは、試合前の札幌ドームで大谷と初対面している。

 今年4月には、高橋氏が大谷のイラストを描いたTシャツやマフラーなどの球団グッズ11種14アイテムが発売された。1メートル93の長身で、手足が長く小顔の大谷は「キャプテン翼」に登場するスタイル抜群のキャラクターと比べても遜色ないため、ファンからは“ビジュアル的にも漫画のような選手”などと話題になった。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000084-spnannex-ent
no title

【【大谷にエール!?】「キャプテン翼」高橋陽一氏「世界中を驚かせて」高橋氏が大谷のイラストを描いた球団グッズが発売 】の続きを読む

b199c69f

かつて「怪物」と呼ばれた男が人生の岐路に立たされている。松坂大輔投手が福岡ソフトバンクホークスを退団した。
球団側からはコーチ契約を打診され、そこから現役復帰を目指すプランも提示されたが、あくまでも現役にこだわる本人がこれを拒否。松坂は球団を通じて次のようなコメントを発表した。

松坂は3年12億円(推定)を手にした

「この3年間期待に応えられず申し訳ありませんでした。いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは一軍のマウンドだと思っています。
またいつかグラウンドでファンの皆さま、チームメートに再会できることを信じて前を向き続けていきたいと思います」

ネット上を見る限り、松坂に同情する声は皆無に近い。大バッシングで“総口撃”を食らっている。当たり前だ。
ソフトバンクでの3年間は右肩などの故障によってコンディションを大きく崩し、一軍での登板はわずか1試合。
ロクに働きもしないまま推定3年12億円もの破格契約で悠々自適な生活を送っていたのだから、批判されて然るべきであろう。

ソフトバンクは松坂に対し、かなりの「温情」と言えるような待遇を用意していた。
コーチ契約のため一端は選手登録から外す形にするものの一軍で戦力になるメドが立ち次第、支配下登録選手として再契約を結ぶ方針を固めていた。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000055-zdn_mkt-bus_all 
【【野球】松坂大輔に忍び寄る「無職」という肩書き】の続きを読む

このページのトップヘ