ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード

ア・リーグでは東地区と中地区に大きな変化

 MLBでは観客動員数の減少が話題になっている。特定の球団では激減し、MLB関係者は危機感を募らせている。

 野球はアメリカのナショナルパスタイム(国民的娯楽)として長い歴史を有するが、近年は「北米4大スポーツ」の他の競技の進出によってシェアを奪われつつある。そんな中で、MLBは2017年には約7316万人(1試合あたり3万0132人)を動員。競争が厳しい中、何とか横ばいの数字を維持してきた。

 しかし、今年は同時期の比較で▲6.5%と、明確に観客動員を減らしている。これは全球団が一様に下がったのではなく、一部の球団の観客動員が激減したためだ。

 全30球団の6月10日終了時点の平均観客動員を、前年の同じ試合数消化時点と比較すると次のようになる。

【アメリカン・リーグ】
○東地区
ヤンキース 31試合 3万8838人→4万1315人(6.4%)
レッドソックス 34試合 3万5669人→3万4524人(▲3.2%)
ブルージェイズ 35試合 3万8687人→2万7269人(▲29.5%)
オリオールズ  28試合 2万8000人→1万9880人(▲29.0%)
レイズ 28試合 1万4907人→1万3681人(▲8.2%)

○中地区
タイガース 37試合 2万8460人→2万1067人(▲26.0%)
ツインズ 34試合 2万2179人→2万2188人(0.0%)
ロイヤルズ 31試合 2万6036人→2万0057人(▲23.0%)
インディアンス 31試合 2万1988人→1万9079人(▲13.2%)
ホワイトソックス 29試合 2万1051人→1万6906人(▲19.7%)

○西地区
エンゼルス 35試合 3万6202人→3万7074人(2.4%)
アストロズ 33試合 2万9055人→3万5333人(21.6%)
レンジャーズ 36試合 3万2349人→2万7863人(▲13.9%)
マリナーズ 32試合 2万4669人→2万4377人(▲1.2%)
アスレチックス 34試合 1万7980人→1万5510人(▲13.7%)

アメリカン・リーグ 488試合 2万8012人→2万5328人(▲9.6%)

 東地区、中地区の落ち込みが激しい。オリオールズは東地区最下位で勝率2割台に喘いでおり、成績不振が響いたと思われる。中地区最下位のロイヤルズも同様だが、東地区3位のブルージェイズ、中地区2位のタイガースの観客動員も激減している。

 ブルージェイズはカナダのトロントが本拠地。モントリオール・エクスポズが業績不振でワシントンDCに移転してナショナルズになったため、今やカナダ唯一のMLB球団だが、観客動員が減少すれば、経営危機に陥る可能性もあろう。

 ア・リーグではっきり数字が上向いているのは、昨年のワールド・チャンピオンのアストロズだけ。“小さな巨人”アルトゥーベを擁し、データ野球を駆使して世界一に上り詰め、人気が沸騰している。

 大谷翔平が入団したエンゼルスは微増。「オオタニ効果」がなければ減少に転じていた可能性が高い。大谷のDL入りで、観客動員はどう動くだろうか。

【【アメリカでも「野球離れ」!?】 昨年から見るMLB観客動員数の変化 ア・リーグはトータルで1割近い観客減 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180613-00000067-dal-000-18-view

デイリースポーツ

 巨人は13日、篠原慎平投手、河野元貴捕手が不適切行為を行ったことを明らかにした。

 球団によると、10日深夜から11日未明にかけて都内飲食店の個室で、篠原が裸になり、同席の河野がスマホで撮影してSNSに公開したという。知人約10人が同席していた。球団は事実確認を進めるとし、応急措置として今日13日付で謹慎とした。

 ふたりは「軽率なことをしてしまった」と深く反省しているという。球団は「当球団の選手が酒席で悪ふざけをし、また、知人限定で短時間とはいえ、不適切な動画を公開したことは球団規則に反するもので誠に遺憾です」などとコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000067-dal-base

【【アー】巨人 篠原と河野を不適切行為で謹慎「軽率なことをしてしまった」裸の動画公開 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
板東英二
no title


タレントで野球評論家の板東英二(78)が12日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に出演し、日本ハム・斎藤佑樹(30)を辛口評価した。

番組では、一部週刊誌で報道された“日ハム・斎藤佑樹 誕生日会で20代新恋人お披露目”の話題に触れた。この日、斎藤は阪神との交流戦に先発し4回7失点。
これに板東は「ピッチャーとして獲ったのか、(斎藤の球威は)疑問のボールです。レベル的には」と打ち明け、
「日本ハムなぜお客さんがいっぱいになったか、大半が女性ファンなんです。試合には出ないけど、夜の宴会には必ず顔を出すんです。女性ファンが10人集まったら…役目はそういうことです。
今日投げても、打たれますよ。そういう球じゃないですもん。レベルが違います」と、その実力を疑問視した。

さらに「北海道行った時にビックリしました。女性ファンが多いなって思ったら、彼がちゃんと席まで来るの。(人気の理由は)1人ですから。これで恋人でも見つかったって言うんだったら今年いっぱいでしょうね」と、持論を展開した。

板東英二、日本ハム・斎藤をバッサリ「投げても打たれますよ。レベルが違います」 
 スポーツ報知 
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180612-OHT1T50168.html 


【【板東英二(78)】日本ハム・斎藤佑樹(30)をバッサリ「ピッチャーとして獲ったのか疑問のボール。投げても打たれますよ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
5c6e0_368_f9cb508ba679e4309f47e78f780f5ca0

プロ野球を対象としたスポーツ振興くじの導入が暗礁に乗り上げた。

日本野球機構(NPB)と超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟は2019年を目標に「野球くじ」の導入を議論していたが、条件面での隔たりが大きく話し合いは物別れに終わった。

球界関係者によるとNPB側はくじの売上額にかかわらず、最初から一定額を受け取ることを希望。「具体的な内容は言えないが、年間15億円から20億円までの幅で要求していた」と関係者は話した。
しかし、文部科学省やスポーツ庁はNPBの要求に応じれば01年から本格発売されているサッカーくじ(toto)に悪影響が出ることを危惧し、最後まで首を縦に振らなかった。

サッカーくじは売上金の50%を当せん払戻金に、経費などを差し引いた収益のうち国庫納付金に4分の1、
スポーツ振興の助成に4分の3が配分されている。NPBの要求に応じてしまうとサッカー界への配分比率の見直しを迫られるわけだ。

「まさに両者は水と油のような状況に陥った。19年導入は絶望的で、話し合いを再開するメドもない」とは球界関係者の言葉だ。
それでもNPB側はあくまで交渉継続を求めている。野球振興策の積立金があと数年で底をつくという台所事情が背景にあるからだ。

一方で野球くじ導入が暗礁に乗り上げた後、NPBの内部では新たなプランも検討された。それは野球の底辺拡大のための基金をプロ野球12球団から徴収するという考えだ。
観客動員やグッズ販売、放映権料などで得た球団の収入から一定の金額をNPBが野球振興のために受け取る、というプラン。

「収入の多い球団と少ない球団があるので、傾斜徴収という案も出ている」と球界関係者は話したが、
これも収益の多い球団はそれだけ企業努力でファンを開拓し選手の年俸総額も高い。傾斜徴収には猛反対するだろうから前に進むとも思えない。

そもそも野球くじをどうして導入したかったのか。原点は少子化や子供の野球離れで日本の野球人口が縮小している現状を食い止めるためだ。
全国のグラウンド施設の拡充や子供への野球用具の調達などの原資に野球くじの売上金を使う、という考えだった。

あるプロ野球の大物OBは一見、奇想天外な野球振興策を話した。

「野球振興をくじに頼ることがそもそも間違いだ。いくら結果を予想できない形にしても、野球賭博の心配は必ず出てくる。
それより、野球をより振興させるならプロ野球の球団数を今の12球団から16球団ぐらいに増やしたらいい。

4球団増えればプロ野球選手は単純計算で280人増える。高校や大学、社会人から高い年俸を受け取れるプロになれる人が増えて、自然と底辺も拡大する」

つまりプロ野球の門戸を拡大することが逆に底辺も拡大する、という発想。現在のプロ12球団のうち、年間10億円以上の赤字を出している球団はないといわれる。
プロ野球の球団を持つことでの広告メリットは相当なもので、新規参入を希望する企業は案外多いのかもしれない。
セ・パ2リーグ制がスタートした1950年は15球団だった過去もあり、耳を傾ける策かもしれない。

いずれにせよ、野球くじ導入の交渉決裂は、野球振興の方法論を再考するいいタイミングになるだろう。   (特別記者 植村徹也)

産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/14852834/

【【プロ野球の大物OB】4球団増やせ-野球くじ「暗礁」で飛び出した「逆転の発想」野球振興策 】の続きを読む

このページのトップヘ