ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で起訴され、17日に保釈された元プロ野球選手の清原和博被告(48)。
注目された身元引受人は、父・洋文さん(78)になったとみられる。
今後は持病の糖尿病の専門医がいる千葉県松戸市の病院に入院し、治療に専念する。

高齢の洋文さんは現在、体調を崩している。
それでも、ほかにふさわしい身元引受人が見つからないことから、清原被告の弁護人は、最終的に自ら引き受けることを念頭に置きつつ、洋文さんに連絡を入れた。
その後、引受人が決まった経緯から、これまで静かに見守ってきた洋文さんが息子を救うために引き受けたとみられる。

清原被告は離婚し、母親は認知症の施設にいて、弟とは絶縁。
洋文さんも体調面に心配があり、当初、引受人になる人が見当たらず、保釈できない可能性が浮上していた。

このため、学校法人「日本航空学園」理事長の梅沢重雄氏や、薬物常習者のリハビリ施設「館山ダルク」(千葉県館山市)代表の十枝晃太郎氏らが支援に名乗り出たが、ともに「引受人ではない」としていた。

洋文さんは、大阪府岸和田市で電器店を営み、清原被告ら3人の子供を育てた。
清原被告はプロ入り時、親孝行しようと「もう働かなくていいよ」と言ったことがあったが、洋文さんは「俺はおまえとは違う」と仕事を続けてきた。

息子思いだった父親。PL学園の野球部で1学年先輩の清水哲氏(49)は「お父さんは試合をしょっちゅう見に来ていた」と明かす。
清水さんは大学時代の試合中に頚椎(けいつい)を骨折する大ケガを負い、車椅子生活を送っている。
清原被告は支援を続けており、清水氏が入院していた時には「必ずというほどお父さんが運転する車で、見舞いに来てくれた」という。

巨人移籍の決断をする際にも、背中を押したのは父の言葉。
阪神か巨人か二者択一の状況にあった息子に「決めてるんなら、連絡は早い方がいい。相手にも失礼。時間を置くな」とアドバイスしていた。支えてくれるのは、今回も父親だったようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000011-spnannex-base
スポニチアネックス 3月18日(金)6時19分配信




オリックス時代の清原被告を応援する家族ら(左から)父・洋文さん、母・弘子さん、長渕剛の悦子夫人(元女優・志穂美悦子)、亜希夫人(当時)
【【薬物番長】清原和博被告身元引受人は父…根は心優しき息子 自分が救わねば…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20040111kyuudannki3

開き直ったかのように暴露を続ける笠原氏

 巨人ナインがかつての仲間に決別宣言だ。盟主の不祥事は収まる気配を見せず、野球賭博以外の金銭のやりとりにまで拡大。15日は阪神、西武でも「声出し」などの行為が行われていたことが明らかになるなど、問題は球界全体に飛び火し始めた。そんななか、今回の騒動の中心人物で、現在も各所で内情暴露を続ける「賭博常習者B氏」と笠原将生元投手には、多くの選手が不満爆発。元チームメートへ向け、主力の一人が本紙を通じて怒りのメッセージを発した。

 9日の高木京の涙の謝罪会見以降、笠原元投手とB氏の動きは活発化している。翌10日には、福岡市内で笠原元投手が経営に関わる飲食店が開業。14日には2人が一部メディアに並んで登場し、試合前の「声出し」で金銭のやりとりが行われていたことなどを暴露した。

 巨人では「誤解を招く恐れがある」(森田本部長)として、金銭のやりとりを含む習慣は現在は一切禁止となっているというが、球団を解雇された笠原元投手の口から過去の“内部情報”が次々と語られている現状を選手たちはどう感じているのか。11日付本紙で複雑な心境を吐露したナインとは別の主力選手が今回、元チームメートに対する怒りと、置かれた立場に対する本音をぶちまけた。

「そもそも野球賭博はアイツらがやっていたことでしょ? 関係のない人間にとっては本当に迷惑だし、正直もう勘弁してほしいですよ。クビになって、球団の調査にも応じないで、週刊誌とかだけに話すというのは筋が違うと思いますし。あえてチョコチョコと(ネタを)小出しにしているようにも感じるし『言いたいことがあるなら、会見を開いて全部言えよ!』と思いますよ」

 笠原元投手は自身のツイッターに「これからはもっと真実を言って行きます」(原文ママ)などと投稿し、今後も何らかの情報発信を予告している。これにも「なんでツイッターなのか。公の場に顔を出してしゃべれないのかなと思う」と憤りを隠せない。チームが福岡遠征中だった10日に笠原元投手が同市内に飲食店をオープンさせたことにも「偶然なのかもしれないけど、ふざけているとしか思えない」と神経を逆なでされたようだ。

 一方、チーム内では巨人に対して一方的に批判の矛先が向けられている現状への不満もくすぶっている模様だ。前出の主力は「なぜウチだけ?というのは正直ある。『声出し』がアウトなら、12球団アウトだと思いますよ」と吐露。その上で、金銭のやりとりが敗退行為への布石になるとの見方については「自分たちの年俸に影響してくるわけですから、それはないです」とキッパリ否定した。

 実際、この主力選手が告白した通り、15日には阪神と西武も「声出し」などで金銭のやりとりが行われていたことを発表した。騒動は巨人以外の球団にも広がりを見せ始めている。

 ただ、今回取材に応じた主力選手のように、ナインが笠原元投手らへの不満をいくら爆発させたところで、世間の巨人への批判の声がやむことはないだろう。今や野球賭博に関与した4選手だけではなく、「声出し」を含む金銭のやりとりが常態的に行われていた異様な環境そのものへの不信感が渦巻いているからだ。いずれにせよ、賭博問題には多くのナインが動揺を隠せず、現状はとても野球に集中できるようなムードではない。巨人は本当に存亡の危機にある。

東スポWeb 3月17日(木)6時0分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160317-00000003-tospoweb-base
【【野球賭博】巨人主力が激怒「何故ウチだけ?12球団どこもアウトですよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
2_p

東北楽天ゴールデンイーグルスファンの皆さまへ.

日頃より、東北楽天ゴールデンイーグルスへのご声援ありがとうございます。.

楽天野球団では、試合前の円陣発声時に関連した選手間の金銭のやり取りがなかったかについて社内調査を行っており、本日、その結果を報告させていただきます。.

調査において、選手の間で、勝利した場合(2014年の約2週間)に1人当たり1,000円を、 また練習中にミスをした場合は1回500円を、それぞれ集めていたことが分かりました。
集められたお金は、選手会のイベントの会費として使われていました。なお、現在はいずれも行われておりません。.

調査の詳細は以下のとおりです。.

1)円陣発声時に関連した選手間の金銭のやり取りについて.

選手へのヒアリングの結果、2014年の交流戦時期の約2週間、1軍に登録された野手から1人当たり1,000円を集め、試合に勝った場合、円陣で声出しした選手が一旦受け取っていましたが、そのお金は選手会の会費にまわされ、年末の選手会・投手会・野手会のイベントで使用されたとのことでした。選手個人での使用は確認できず、負けた試合については金銭のやり取りはありませんでした。.

2)練習中のミスを対象とした罰金について.

選手へのヒアリングの結果、投手・野手ともに、練習中のノックで、選手がミスをした場合にジュースや
現金500円を納めていたことが確認されました。
集まったお金は、選手会の会費にまわり、オフシーズンの選手会・投手会・野手会のイベントで使用されたとのことでした。
選手個人での使用は確認できませんでした。.

球団では、これまでも選手をはじめ球団関係者のコンプライアンスの徹底に努めておりますが、
今後さらなる徹底を図ってまいります。.

ファンの皆さま方におかれましては、ご心配をおかけし球団一同大変心苦しく思っております。
皆さまのご期待に沿える結果を出せるよう、球団一丸となって頑張ってまいりますので、引き続きのご声援のほど、よろしくお願い申し上げます。.

http://rakuteneagles.jp/news/detail/6226.html
【【野球賭博】楽天も選手間で金銭授受 6球団目】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
cubs

シカゴ市がスポーツ施設での噛みタバコ禁止を決めたことに伴い、カブスの本拠地リグレー・フィールドでも今季からこの市の条例に従うことになった。

 噛みタバコの使用に関しては、マイナーリーグでは1993年から完全に禁止。メジャーでも2011年に結ばれた労使協定により、インタビュー中は口にすることができず、
ファンが球場にいるときは、ユニホームのポケットなどに入れて携帯することすらできないことになっている。

 サンフランシスコ、ロサンゼルス、そしてボストンの3都市はすでにスポーツ施設での噛みタバコ使用を禁止しており、こうした決定がなされるのは、シカゴが全米で4都市目。
噛みタバコ不可とする流れは概ね歓迎されている一方で、カブスからは異なる声も上がっている。

 「俺たちはもう大人なんだぜ」とルールで締め付けられることに不満なのは新加入のジョン・ラッキー投手(37)。
「スタンドのファンはビールを飲んだりして好き放題なのに、俺たちには自由がない。ひどい話だよ」と肩をすくめていた。

 ジョン・マドン監督(62)もラッキーに同意。
「個人の自由。どうして完全に禁止してしまうのか理解できない。何でもかんでも規則で縛ることはよくないよ」と頭を振っていたが、「中毒だからきついよ」としながらも
「これが噛みタバコを止めるきっかけとなればいいな」と、条例をうまく利用しようと考えているミゲル・モンテロ捕手(32)のような少数派もいた。
[ 2016年3月17日 15:24 ]
スポニチ Sponichi Annex 野球
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/03/17/kiji/K20160317012230280.html
【【MLB】カブス本拠地、噛みタバコ禁止に チームから不満の声「スタンドのファンはビール飲んでるのに俺たちには自由が無い」】の続きを読む

このページのトップヘ