ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20160204-00000033-mai-000-6-view

 元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、大阪・PL学園高時代にともに活躍した野球解説者の桑田真澄氏が4日、宮崎市内で報道陣の取材に応じ、「スポーツマンは暴力とドラッグから一番遠い存在であるべきだ。非常に残念な思い」と語った。

 桑田氏は、清原容疑者に関して薬物使用疑惑などのうわさを聞く度に電話をかけて注意していたという。
しかし、数年前に清原容疑者から「一切関係を持たないでほしい」と言われて連絡を絶っていたことを明かし、「もう少し僕が言い続けていたらよかったのかなという思いはある」と悔やんだ。【平本泰章】

毎日新聞 2月4日(木)11時54分配信 <清原容疑者送検>桑田氏に「俺と関わるな」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000033-mai-soci 
 
【【野球】清原容疑者、数年前に桑田氏に対して「俺と関わるな」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title

「これだけ普通に表に出てくるということは、さすがにもうクスリとは手を切ったとみんな思っていました。
清原に近い関係者も『今は絶対にやっていない』と自信満々に言っていました」とテレビ局関係者。

昨年8月に放送された「ダウンタウンなうSP」(フジテレビ系)で、清原容疑者は薬物疑惑について「ないです、ないです」と完全否定。その上で「恨みつらみを買ってるんです。そいつらが言うんです」とまで言い切った。

だが、これが実は清原容疑者にとって“命取り”となってしまった。

「この番組を見た捜査当局は激怒しました。まるで警察が濡れぎぬを着せているかのような物言いですから。 捜査陣が目の色を変えて、その後の執念の捜査を生んだのです」と事情通。

もちろん当局はそれまでも捜査をしていた。

「昨年夏の時点でも組織犯罪対策5課は、清原が売人から覚醒剤を買っている動かぬ証拠を入手していた。 だが、清原は超有名人とあって捜査は慎重に慎重を重ねて、さらなる証拠集めを続けた。
8月末に暴力団の山口組分裂が起き、当局としてもそちらに注力しなければならない状態となったが、現場の捜査員は行動確認を続けていた。

たとえば、ホテルなど清原が立ち寄ったところには、間髪を入れずに使用していた部屋に入り、ゴミなどを綿密に調べ上げていた。
その後、清原が売人に薬物を注文した動かぬ証拠をつかみ、確実に所持している場面を押さえるべく、慎重に内偵を続けていた。
積み重ねの結果が、所持での現行犯逮捕に結びついた」(捜査関係者)「文春」の薬物疑惑報道から、逮捕されるまで約2年。
清原容疑者は何度もクスリと手を切る機会があったはずだが、世間、そして警察を甘く見ていたのか、完全に断つことはできなかった。

「この2年間で何度か『清原がクスリをやめた』という情報が回ったことがあったが、やはりダメだった。
最近も元薬物中毒者とつるむことが多かったようだ」とは芸能プロ関係者。
球界の大スターだった清原容疑者だが、一度はまった暗黒の世界から抜け出すことはできなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000005-tospoweb-base
【【薬物逮捕】清原さんとハマタの会話に捜査関係者が激怒!めでたく逮捕へ・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1f057a366aa6a9aa2e852e9f04845d6e

自宅マンションで覚せい剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された
元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=。警視庁組織犯罪対策5課は数年前から内偵捜査を進めていたというが、昨年8月、「ダウンタウンDX」に出演した際、薬物疑惑を問われたときには完全否定。その後、有力な新情報が報道されないことから、「更正したのでは?」という噂も流れていた。しかし……。

「ちょうど2週間前、六本木のサパークラブで清原さんにナンパされたんです。正直、奇行ばかりが目立って、『あ、この人、更正してないんだな』と感じました」そう語るのは、西麻布の飲食店で働くM美さん(27)。

「一言でいえば、中二病。ヤンチャ自慢とか黒い交際の話ばっかりで……。そのときの服装はジローラモみたいな格好で、菱の紋様がある弘道会の携帯ストラップや扇子、怖い人たちの名刺をこれみよがしに見せてきました。
『シャブをやるとどうなるか』とかクスリの話も多くて、こっちが『えー、怖~い』って合わせるたびに、悦に入ってるって感じでしたね」

 同店に備えつけられているカラオケに目をつけた清原容疑者は、マイクを手にとり、さらなる奇行に走った。

「何の曲歌うんだろう、やっぱり長渕かなって楽しみにしてたんです。そしたら、デンモクを取らずに携帯電話をいじり出して、YouTubeを大音量で再生し始めました。『六代目の歌や』とか言い出して……。曲名は覚えてませんが、聞いたこともない演歌を最後まで、気持ちをこめた感じで歌い上げてましたよ」(同)

Yahoo!ネタりか|2016/2/3 18:21 日刊SPA!
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160203-21910785-aspa
【【逮捕直前のヤンチャ奇行の数々】清原和博容疑者、山口組六代目・司忍組長のテーマ曲をカラオケで熱唱する姿も・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
img_0

元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法違反(所持)で2日夜に警視庁に逮捕されたことを受け、お笑いタレントのカンニング竹山(44)が3日、出演したテレビ番組や、自身のツイッターで覚せい剤の恐怖を強く訴えた。

 この日は、水曜レギュラーを務めるフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」に出演。
数カ月にわたり、薬物依存症のリハビリ施設「ダルク」の取材経験がある竹山は、「ダルクの取材をずっとしてたんですけど、そこで教えてもらったのが、“覚せい剤やってしまうと、人間誰しも薬物依存症になってしまう”(ということ)。薬物依存は治らないんですよ、死ぬまで。
結局、薬物依存との闘いが死ぬまで続いちゃうんです」と訴えた。

 自身のツイッターでも、「覚醒剤なんかに1回でも手を出したらなぁ、一生薬物依存症との戦いが続くんだぞ!この病気は一生治らないぞ!一生苦しむぞ!それが覚醒剤やドラッグの恐ろしさだ!だからダメなんだよ!そんな苦しい人生になってもいいのか?いいわけねぇだろが! だからダメなんだよ!絶対にやるなよ」とツイート。薬物依存の恐ろしさを強く訴えた。

~続き・詳細 は以下ソースをご覧ください~

デイリースポーツ 2016年2月3日
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/03/0008776394.shtml
【【カンニング竹山】「この病気は一生治らないぞ!一生苦しむぞ!それが覚醒剤やドラッグの恐ろしさだ!」… 再び薬物依存の恐怖を強く訴える】の続きを読む

このページのトップヘ