ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2014/10/14(火) 17:36:49.47 ID:???0.net
p_hiromoto_okubo

読売新聞 10月14日(火)16時11分配信

プロ野球・楽天は14日、来季監督に大久保博元・二軍監督(47)が昇格すると発表した。

 記者会見に臨んだ大久保新監督は、「常勝軍団を作るため、命と体を賭けたい」と抱負を語った。

 また、球団は同日、佐藤義則・一軍投手コーチ(60)、鈴木康友・一軍内野守備走塁コーチ(55)、三輪隆・一軍バッテリーコーチ(44)と、来季の契約を結ばないことを発表した。

【【野球】楽天、来季監督に大久保博元氏の就任を発表 「常勝軍団を作るため、命と体を賭けたい」と抱負】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/10/08(水) 00:12:46.41 ID:???0.net
rakuten画像1

楽天の立花陽三球団社長は7日、今季最終戦後に次期監督について「本当に白紙です」と話した。
「スピードは重要だけど、そればかりではない。しっかりと議論を重ねているところ」と発表のめども未定とした。

星野仙一監督が辞任を表明した9月18日に立花社長は「シーズン終了後にすぐに発表しないと」と話していた。だが、決定が遅れている現状を「他球団とはバックグラウンドが違う。歴史が浅いのでOBからとはいかない。そういう事情が、時間がかかっている原因なのかな」と説明した。

【【野球】楽天の立花陽三球団社長、次期監督について「本当に白紙です」 発表のめども未定】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2014/10/07(火) 14:55:17.60 ID:???0.net
index

スポーツ報知 10月7日(火)14時41分配信

 日本野球機構(NPB)は7日、日本、韓国、台湾など各国・地域のプロ野球リーグ優勝チームなどが参加してアジア王者を決める「アジアシリーズ2014」の開催中止を正式に発表した。今年はNPBと台湾のプロ野球組織・中華職業棒球大連盟(CPBL)の共催で11月に台湾で行う予定だった。

 9月19日に韓国・仁川で行われた運営委員会で正式に決定した。CPBLのコミッショナー退任や運営委員の交代、NPBの侍ジャパンとMLBオールスターチームが対戦する日米野球開催に伴う日程調整、韓国野球委員会(KBO)が仁川アジア大会へ選手を派遣するために公式戦を中断し公式戦日程が延びたことなど、多くの要因が重なり、開催が困難になった。

 アジアシリーズは05年から計7度、開催された。15年以降の開催については、15年初頭に開催される次回の運営委員会で話し合う予定だ。

【【野球】「アジアシリーズ2014」開催中止を発表】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 13:33:54.66 ID:???0.net
20140909_tanaka-560x373

Full-Count 10月2日(木)13時23分配信

2か月半の離脱を経て復帰も「様子を見守らなければいけない」

 ヤンキース共同オーナーのハル・スタインブレナー氏が右肘靭帯部分断裂により7月途中から約2か月半離脱した田中将大投手の故障の原因について、日本での投球過多にあるという分析をしている。

 ESPNニューヨークのラジオ番組「マイケル・ケイ・ショー」に出演したスタインブレナー氏は、メジャー挑戦1年目に13勝(5敗)を挙げる活躍でチームの勝ち頭になった田中の肘の問題について質問された。

「これは周知の事実だが、彼は日本で多くの球数を投げてきた。私は医者ではないが、多くの球数とイニングをこなしている投手には他の球数の少ない人間以上に問題が発生する傾向があることは私も理解している」と分析。駒大苫小牧高や楽天で積み重ねてきたイニングが靭帯部分断裂に至った一因とオーナーは見ている。

「それに関しては我々も心配しているが、彼はすべてのリハビリをこなした。メジャーで2試合投げて、痛みはゼロ。これは良い兆候だが、様子を見守らなければいけない」とも語っている。
【【MLB】ヤンキースオーナーが田中将大の負傷について日本での投球過多が一因との見解】の続きを読む

このページのトップヘ