ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 11:13:16.17 ID:???0.net
56oXvvqQfMid3xi_22685_89

 第96回全国高校野球選手権決勝で三重に4―3で逆転勝ちし、優勝を飾った大阪桐蔭出身で、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で女子中学生らとトラブルになった山本景大阪府議(34)も母校の栄冠に感激の声を上げた。

 スポニチ本紙取材に「卒業生として誇らしいです。おめでとうと言いたい」とコメントした。24日に大阪市内で開開いた 「真相激白トークライブ」では、自身が丸刈りにした理由を「僕が通っていた当時の大阪桐蔭では、 悪いことをしたら丸刈りだった。その名残もあって、おわびの意思を示したかった」などと語っていた。
一夜明けて母校が優勝。「桐蔭の厳格な教育への姿勢が今回の優勝を生んだのでは」と称賛し、 騒動の渦中でつかの間の笑顔を取り戻していた。

【【www】LINE府議山本景氏「卒業生として誇らしい」 大阪桐蔭Vに感激】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 15:39:19.46 ID:???0.net
679bbab82363682a8610c2b64733c2de

第96回全国高校野球選手権大会決勝 大阪桐蔭4―3三重 (8月25日 甲子園)

第96回全国高校野球選手権大会決勝は25日、甲子園球場で行われ、大阪桐蔭が初の決勝進出を果たした三重に4―3で逆転勝ち、2年ぶり4度目の全国制覇を達成した。

勝敗の行方がどうなるのか全く予測がつかない接戦で、大阪桐蔭が地力を発揮して逆転勝利。三重県勢として59年ぶりの優勝はならなかった。

2回に2点を先制された大阪桐蔭はその裏、1死二塁で8番福田が右前適時打を放ち、1点差に。3回には1死三塁で3番香月の中犠飛で同点に。再び1点リードされた7回、2死満塁で中村の中前2点適時打で逆転に成功した。

三重は2回、1死一、二塁で8番中林が左越え2点二塁打を放ち先制。5回に宇都宮の中前適時打でリードを奪ったが、7回1死三塁でスクイズが外されると流れが変わり、大阪桐蔭の前に屈した。

【【甲子園】高校野球決勝戦 大阪桐蔭4-3三重 主将・中村が七回に意地の逆転打!大阪桐蔭が三重の悲願を打ち砕き、2年ぶり4度目の全国制覇!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 11:47:35.69 ID:???0.net
img_0

名門・PL学園高校野球部が甲子園から消えて5年が過ぎた。
昨年2月に暴力事件が発覚し、高野連から6か月の対外試合禁止処分が下されると、監督の河野有道が辞任。
野球未経験の校長・正井一真(66)が臨時措置として監督に就任した。
1年半が経過した現在も正井が監督のまま、実質指揮官不在の異常事態が続いている。

これまで日本の野球界に多くの人材を輩出してきたPL学園の監督がなぜ決まらないのか。
関係者がだんまりを決め込む中、重い口を開いたのが当事者である「校長監督」の正井だった。

「現在、野球部にふさわしい監督を探している状況です。 新監督が決まる前に、(秋季大阪大会の)締め切りが来てしまったというのが本当のところですね」

甲子園に春夏合わせて37回の出場を誇る野球部は、2009年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。
名門復活を期す上で、長期に及ぶ監督不在はさらなる低迷を招きかねないだろう。

【【高校野球】名門・PL学園が甲子園から消えて5年・・・校長「(新監督は)信仰心が求められる。教団が納得するような方でなければ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 08:25:54.46 ID:???0.net
2009-03-27T13-04-07-e9afa

 夏の全国高校野球大会が開かれている甲子園球場(西宮市)で、スマートフォン向け無料通話アプリ「LINE」を駆使して情報交換する女子高生や好きなチームを追いかけるOLらが目立つ。こうした女性ファンを狙って特別プランを打ち出した飲食店もある。
「甲子園女子」の熱気は「カープ女子」などプロ野球ファンにも負けない。

 西宮市の高校3年、藤川未来さん(18)は19日、中学時代の同級生2人と外野席に座り、スマートフォンを取り出してネットでチームデータや過去の試合の動画をチェック。春と夏の大会の度に訪れており、「球児は球場の土産物屋などで会えるし、気軽に握手してもらえるのも魅力」という。

 特定のチームを追い続ける女性もいる。さいたま市西区の会社員、神山朋美さん(33)は、2006年から関西高校(岡山)が出場した全試合を観戦。岡山大会や練習試合にも出かける熱の入れようで選手らとも顔見知りだ。17日の初戦も観戦したが、関西は敗退。「3年生たちが努力する姿をずっと見てきたので、どうしても勝ってほしかった」と悔しそうだった。

 球場近くの飲食店は、女性ファンの増加を商機ととらえる。阪神鳴尾駅近くの居酒屋「る主水甲子園店」は「甲子園女子会プラン」を始めた。
ナガイモのから揚げなど野菜中心のヘルシーな料理7種類で2000円。大畠雅人料理長は「この2、3年、観戦後に来店する女性が増えている。この機会を逃さないよう、企画を考えていきたい」と意気込む。

 高橋豪仁ひでさと・奈良教育大教授(スポーツ社会学)の話「高校野球には球児のひたむきさや物語性など、プロスポーツとは違う魅力が詰まっている。普段の生活では味わえない感動に多くの女性が引きつけられているのだろう」

【【野球】高校球児にドキドキ!「甲子園女子」急増】の続きを読む

このページのトップヘ