ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

20170916-00000009-pseven-000-1-view

 長らくプロ野球中継を牽引してきたTBSラジオが、“今季限りで撤退する”という内部情報を入手した。TBSラジオは東京放送ホールディングスの連結子会社で、個人聴取率調査では2001年から現在まで16年連続首位を維持する日本を代表するラジオ局だ。

 同局のプロ野球の初中継は1952年3月の巨人VS毎日のオープン戦まで遡る。現在は毎週火~金曜のナイターを中継しており、巨人戦が約8割を占めている。衣笠祥雄氏や佐々木主浩氏など解説陣も豪華だ。

 なぜTBSラジオはプロ野球中継から撤退しようとしているのか。TBS社員が声をひそめる。

「近年の野球中継の聴取率低下で広告収入が激減したことが大きな理由です。各球場のラジオ用ブースの使用契約料もバカにはならず、採算が厳しくなっています」
詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170916-00000009-pseven-spo

【【TBSラジオが野球中継撤退へ…】 野球中継の聴取率低下で広告収入が激減… 採算が厳しい状況に…】の続きを読む

25a6b_60_630fc6e256bb915217ad65383e8396a9

2014年に亡くなった元プロ野球選手・香川伸行さん(享年52)の妻・弘美さん(55)が15日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)にVTR出演。
香川さんの最期が携帯電話を握りしめて絶命する孤独死だったことを明かした。

腎不全のため、人工透析を受けていた香川さんの突然の死。
貯金はゼロ、生命保険もゼロだったため、残された弘美さんと5人の子供は困窮。
長男は大学を中退し、二女、三女は不登校に。
弘美さんも生活のため、中学教師を辞め、より収入の高い肉体労働生活になったという。

さらに香川さんの寂しすぎる最期も明らかに。晩年の香川さんは現役時代110キロだった体重が138キロに。
心配する家族に「なるようにしかならん」と言い放ち、07年には糖尿病の悪化から腎不全に。
医師からは「余命1か月」を診断され、身体障害者1級となり一生、人工透析が必要な体になってしまった。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/article/detail/13618695/ 
【【ドカベン・香川伸行さん】携帯電話握りしめての孤独死だった!「仕事ありませんか?」が最後の通話】の続きを読む

085ce_1277_e93b42ce_0de06d62

日本学生野球協会は15日、都内で審査室会議を行い、高校20件の処分を決めた。2000年夏の甲子園準優勝の東海大浦安(千葉)は、部員7人の無銭飲食が発覚し、13日から1か月の対外試合禁止が決定。あす開幕の秋季千葉大会に出場できないため、来春センバツの出場は絶望となった。処分は以下の通り(肩書は当時)。

 【対外試合禁止】▽生野工(大阪、軟式)7月14日~1年=部員の喫煙、飲酒、無免許運転、ネット上のトラブル▽樹徳(群馬)8月26日~1か月=部員の部内暴力▽横須賀(静岡)9月1日~6か月=部員の喫煙▽鵡川(北海道)9月9日~1か月=部員の喫煙▽羽島(岐阜)9月7日~1か月=部員の喫煙

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000144-sph-base

【【来春センバツ出場は絶望に】夏の甲子園準優勝校、東海大浦安、部員の無銭飲食で1か月の対外試合禁止】の続きを読む

20170915-00000005-ykf-000-9-view

日本ハムの大谷翔平投手(23)の大リーグ挑戦について、米メディアは「数億ドル(数百億円)を捨てて来年米国に来ることを決めたとは」と驚きを持って報じている。

大リーグでは昨年12月に成立した新労使協定により、25歳未満でドラフト対象外の外国人選手は575万ドル(約6億3000万円)が契約上限で、23歳の大谷は大型契約できない。

25歳を待って移籍すれば、契約金と年俸を合わせて総額2億ドル(約220億円)の超大型契約も可能と予想されているのに、かねてから「そこ(金銭的条件)は問題じゃない」と明言。
カネにこだわらない大谷の姿勢を米メディアは「大金を諦めることを気にしていないようだ」と驚きと好感を持って受け止めている。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000005-ykf-spo 
【【MLB】「220億捨てた」日本ハム・大谷のメジャー挑戦に全米が驚きの声】の続きを読む

このページのトップヘ