ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
news_20180815190023-thumb-645xauto-142653

夏の甲子園(第100回全国高校野球選手権記念大会)の2回戦・横浜(南神奈川)-花咲徳栄(北埼玉)戦(8-6)で、花咲徳栄が最終回に放った内野安打が「アウトだったのではないか?」と誤審の疑問がくすぶっている。

この試合に限らない。勝敗を左右する終盤、首を傾げてしまうような判定が複数あり、インターネット上では「審判が勝敗を決めるなんて有り得ない」といった言葉も漏れている。「判定が間違っていたとなれば、審判側はその場で覆すべきです」と指摘するスポーツジャーナリストもいる。

■1点返した9回ウラの「内野安打」

夏連覇をめざした花咲徳栄は2018年8月14日の2回戦で横浜と激突した。4-8と4点ビハインドの9回ウラ、一死満塁の好機で、打席にはエースで4番の野村佑希投手。インコース高めをバットに当て、ボールは横浜の三塁手の前に転がった。全力疾走の野村はヘッドスライディングすると、一塁送球に対してセーフの判定となった。この内野安打の間に三塁走者が生還し、花咲徳栄が1点を返した。

だがスロー映像を確認する限り、一塁送球の方が早い。一塁手が捕球した時、打者走者は塁に手が届いていなかった。アウトに見えるのだ。

複数のユーザーがこのシーンのキャプチャー画像をツイッターなどにアップ。誤審ではないかと指摘したほか、負けている花咲徳栄に有利な判定となったため、

「今のサードゴロ完璧にアウト その場の雰囲気に流されてセーフにしたとしか思えない」
「もう会場の雰囲気ですよね。審判が試合を作りますよね」
「審判が勝敗を決めるなんて有り得ないからな?」
「今のセーフか? 花咲徳栄応援してるほうにしたらありがたいけど、審判はゲームを面白くしたいんか?」
といった不満も続出することになった。

(中略)

■「チーム側も、アウトかセーフかの確認要求は許されていい」

こうした誤審や疑惑の判定について、スポーツジャーナリストの菅谷齊氏はJ-CASTニュースの取材に、

「審判は球審と各塁審で4人います。判定に疑義があれば、審判側はその場で集まって確認作業はすべきでしょう。特にアウトかセーフかは大きな問題です。間違っていたという結論になれば、素直にその場で覆すべきです」
と、審判団による確認作業の必要性を指摘した。また、

「チーム側にも、アウトかセーフかの確認を要求するのは許されていいと思います。選手は一生懸命試合をしているわけですから」
と、対戦する両チームの権限についても考えを示した。

一方で、ファンや観戦客に対しては、「そういうこともあるのかと、見る側は『寛容さ』を持つことも必要です」と指摘。加えて、

「数々のドラマが生まれ、これだけの人気を博してきた高校野球の歴史には、ジャッジも大きく関わっていると言えます。審判のクセを見抜き、逆に利用するのが戦い方として必要になることもあります。明らかな誤審はもちろんダメですが、審判も人です」
と話す。

プロ野球では「リクエスト」、米大リーグでは「チャレンジ」というビデオ判定制度が導入されており、高校野球にも必要ではないかという声は根強い。だが菅谷氏は、「最終的には全て『機械化』しろという話になってくるかと思いますが、高校生がアマチュアでやっている競技です。そんなにお金をかけられるスポーツではないでしょう」との見解を述べていた。

(全文はソースでご確認下さい)


.https://www.j-cast.com/2018/08/15336287.html

【夏の甲子園で「誤審」指摘が相次ぐ 「雰囲気に流されて...」と不満も 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180815-00000048-mai-000-2-view

○下関国際(山口)5-4創志学園(岡山)●(15日・阪神甲子園球場、2回戦)

九回に2点リードを守れなかった創志学園の2年生右腕・西は「もう勝てると思ってしまった。
相手の応援の雰囲気にのまれた」と悔やんだ。
序盤に球審から派手なガッツポーズを控えるように注意されて「リズムが狂った」という。
被安打3ながら9与四死球と制球に苦しみ、九回も連続四死球から逆転された。

179球の力投は実らなかったが、1回戦で16奪三振完封をマークして能力の高さは示した。
「隙(すき)をなくして、経験を積んで戻って来る」と決意を口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000048-mai-base 
【【高校野球】創志学園の右腕・西「もう勝てると思い…」ガッツポーズを控えるように注意されて「リズムが狂った」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
糸井に決勝ソロを浴びた巨人・沢村拓一投手(30)。
ラジオ中継の解説者として“惨劇”を見届けた夕刊フジ評論家、須藤豊氏(元巨人ヘッドコーチ)は「何様なんだ!」と大噴火した。

痛打されたのは、2球連続ボールの後にストライクを取りにいったど真ん中の直球。
「あの状況とカウントで、打者が一発を狙ってくるのは素人でも分かる。
沢村は球種が少ないから、真っすぐを選んだこと自体は仕方ないとしても、あんなコースにほうるなんて。しかも相手は4番打者。失礼にもほどがある」

巨人は勝ちパターン継投からカミネロ、上原、マシソンが戦線離脱し、唯一の生き残りの沢村に頼らざるを得ないのが実情だが、
それでも須藤氏が「いまの沢村なら外した方がいい。コマがないならつくるしかない」と提言するほどの状態だ。

https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180810/spo1808100014-n1.html

no title

no title
【【巨人・沢村のありえない直球…】夕刊フジ評論家・須藤豊氏が大激怒「何様だ!」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00025914-president-soci
20180812-00025914-president-000-3-view

■「今日が人生最後の試合になってもいいと思いました」
 「高校野球は児童虐待だ」
 メジャーリーグのスカウトが甲子園をとりまく環境をこういったと、氏原英明氏が『甲子園という病』(新潮新書)で書いている。
 氏原はブラジルのサンパウロ生まれのジャーナリスト。奈良新聞記者を経て独立し、プロからアマチュア野球まで取材している。
 彼は、高校3年の夏、背中を痛めながらもマウンドに立った花巻東の菊池雄星(現西武)の言葉にゾッとしたという。
 「腕が壊れても最後までマウンドにいたかった。今日が人生最後の試合になってもいいと思いました」
 灼熱の中、痛みを抱えながら投げている高校生を、メディアは「これぞ高校野球。感動した」と報じる環境は、メジャーのスカウトがいうように「虐待そのもの」だというのである。
 感動ストーリーを作り出すメディアも取り巻く大人たちも、高校球児たちのこれからの人生に責任を持つことはない。
 メディアは感動の安売りをし、日本人の心を揺さぶってきたはずの甲子園だったが、今の実態は「正気を失っている」としか思えない、そのことに日本人は早く気付くべきだと氏原はいう。

(略)

■朝日新聞のダブルスタンダードが「朝日ぎらい」を増やしている
 本来、そうした不祥事が起きないようチェックすべきメディアがその役割を果たしていない。特に朝日新聞は、夏の甲子園開催問題を始め、投手の投球制限、トーナメント制による弊害などについて、自社の考えを紙面で述べるべきであろう。
 こうした朝日新聞のダブルスタンダードが「朝日ぎらい」を増やしていることは間違いない。『言ってはいけない』(新潮新書)を書いた橘玲氏が、朝日新聞出版から出した『朝日ぎらい』が話題になっている。
 この本は朝日新聞批判というよりもリベラル批判である。私のようなオールドリベラリストはいまや「守旧派」で、安倍政権の政策のほうがよりリベラルだというのである。
 目からうろこなのが、いまの若者たちは、共産党が保守で、自民党がリベラルで改革派だと認識しているから、若い世代で自民党の支持率が高いと分析していることだ。
 以下は橘氏から聞いたリベラル批判である。

(略)

■保守化した「リベラル高齢者」の既得権を破壊せよ
 朝日新聞に代表されるリベラルが、なぜ攻撃されるのか。たとえば、安倍政権が「2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度にする」という目標を掲げたが、朝日新聞は、うちは役員や管理職の男女比率は半々になっているから、30%ではなく50%を目指すべきだと社説に書けばいい。
 同じように安倍政権が「同一労働同一賃金を実現し、非正規という言葉をこの国から一掃する」と宣言したら、朝日は、うちはとうの昔に同一労働同一賃金を実現していて、正社員と非正規社員という差別も撤廃している。裁量労働制は過労死を増やすからこれからは時間給にするといえないのか。
 現実はそうなってはいないからである。
 橘氏は私に、「かつては朝日新聞は憧れだったが、今では毛嫌いされる対象になった」という。
 その大きな理由は、「重層的な日本的雇用を容認しながら、口先だけでリベラルを唱えるダブルスタンダードでは誰も信用しなくなるからだ」。そこから私には耳の痛い指摘になる。
 「日本のリベラルにいま必要なのは、保守化した『リベラル高齢者』の既得権を破壊する勇気。年金も健康保険も年功序列も何一つ変えないまま、若者に夢を与える未来を描くことなどできるはずはない」
 以下の指摘は朝日新聞だけに限らない。あれだけ批判されている記者クラブ制度も残したままである。新聞記者というのはどこの国でも専門分野を決めて、それを追求することで新聞社を移っていく。日本のように政治部から外報部などという、専門分野の違う部署への社内異動など、外国ではあり得ない。
 高校野球改革も喫緊の課題だが、メディアの構造改革もやらなければ、読者の信用を取り戻し権力と対峙することはできない。まずは「隗より始めよ」ということである。(文中一部敬称略)

【【野球】甲子園の熱中症を無視する朝日の"二枚舌" 朝日新聞のダブルスタンダードが「朝日ぎらい」を増やしている 】の続きを読む

このページのトップヘ