ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

1998年、マーク・マグワイア氏(当時カージナルス)と本塁打王争いを繰り広げた大打者、サミー・ソーサ氏(同カブス)のことを覚えているだろうか。
敗れはしたものの、年間66本という大記録を残した。
当時は日本でも、ドミニカ出身の黒い肌、精悍な表情が、連日のようにニュースをにぎわせた。

そのソーサ氏が、「まったく別人」としか思えない変貌を遂げた――海外メディアで、そんな話題が持ち上がっている。

「綺麗なジャイアンみたいになっとる」
「最初の方がかっこええやん...」
「別人やろ」
「綺麗なジャイアンみたいになっとる」
日本の2ちゃんねらーたちもこう驚くのは、2017年11月初旬からツイッターなどで拡散されている一枚の写真だ。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/article/detail/13872936/

no title
【【えっ】これがあのサミー・ソーサ!? 黒かった肌が...まるで「白人」に 】の続きを読む

spo17092214500055-p2

 日本ハムからドラフト1位指名された早実高・清宮幸太郎内野手は8日、同3位の柳ケ浦高・田中瑛斗投手、同7位の東大・宮台康平投手と千葉・鎌ケ谷市の2軍施設を見学した。

 米大リーグ挑戦を表明した大谷翔平投手(23)とは寮内のトレーニング室で初対面。あいさつを交わし、「大きくて顔が小さかった。少しでも一緒にやれたらな、という思いはありましたし、そこで学ぶこともあったと思う。その点はすごく残念ですね。まだまだ手の届かない存在。自分も追いつけるようになりたい」と先輩の背中を追いかけるつもりだ。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000007-ykf-spo

【【大谷翔平と初対面】清宮幸太郎「まだまだ手の届かない存在」 】の続きを読む

 話題の中心となっているのは、ダルビッシュの下着だ。最近、韓国のネット掲示板に、旭日旗デザインのパンツを着用している写真が掲載されたのである。

 写真はレンジャーズ在籍時に撮影されたものだが、これについて韓国メディアは、「ダルビッシュ、旭日旗ファッション騒動“これでいいのか”」
「ダルビッシュ、旭日旗ロゴが印刷された下着姿が見つかる? 歴史観騒動」「ダルビッシュ、旭日旗ファッションが波紋“眉をひそめてしまう”」などと報じている。
中には「旭日旗は戦犯旗のひとつで、過去に日本軍が全世界を軍国主義のもと占領しようとした当時、使用していた軍旗だ」としながら、
「ドジャースで柳賢振(リュ・ヒョンジン)と先発の座を争う彼の歴史観に、多くの野球ファンが不安げな視線を送っている」と伝えるメディアもあった。

 そもそもダルビッシュは、韓国でも知名度が高い。

 韓国メディアは「メジャーリーグ最高のスライダーを持つ選手」「現役最強最高のアジア人先発投手」と絶賛してきたし、
“韓国高校球界最高の剛速球投手”の看板を引っ提げて昨シーズン斗山ベアーズに入団した李映河(イ・ヨンハ)などは、「ロールモデルはダルビッシュ」と語っていたほどだ。

 しかも、投手としての評価ばかりか、人間性にも好感を持たれていた。
例えば2012年5月には、Twitter上で韓国料理を食べたことを伝えたダルビッシュに、
プロフィール欄に「35歳」と記していたフォロワーが、「汚い韓国料理なんか食べているから成績が上がらないのだろう、反省しろ」と絡んできたことがあった。
これに対しダルビッシュは、「35歳にもなるんだから、いい加減大人になりましー」(原文ママ)と返したのだが、一連のやりとりは韓国でも報道され、「痛快な対応だった」などと称賛が送られていた。

 
ダルビッシュの“旭日旗パンツ”が韓国で炎上「大嫌いになった」「韓国なんて眼中にないんだろう」
http://www.cyzo.com/2017/11/post_142025_entry.html
no title

【【韓国で炎上】ダルビッシュの旭日旗パンツ「大嫌いになった」「韓国なんて眼中にないんだろう」】の続きを読む

20171105-00000082-spnannex-000-4-view

松坂、米球界復帰を模索か 国内は困難、3年間で1球3077万円

 ソフトバンクは5日、松坂大輔投手(37)が今季限りで退団すると発表した。
松坂は球団から支配下選手登録を外れた上で、コーチを務めながら現役復帰を目指すことを打診されたが、あくまで現役にこだわり辞退。
新たな所属先を探すことになった。

 2014年オフ、3年12億円の大型契約でメジャーから復帰。
しかし右肩痛などに苦しみ、3年間で1軍登板は1試合1イニングのみ。
昨年10月2日の楽天戦に救援で登板し1回39球3安打2奪三振4四死球5失点(自責2)と炎上していた。

 「いくら言葉にしても足りないくらいの感謝の想いを伝えるのは1軍のマウンドだと思っています」などとコメント。

 3年間で1軍戦1球あたり約3077万円となる計算だが、来季へ向け国内他球団移籍は至難だ。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000016-ykf-spo

【【米復帰を模索か】“1球3077万円の男” 松坂大輔投手(37)国内は困難?】の続きを読む

このページのトップヘ