ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
NHK、大谷手術で「あさイチ」中断 臨時ニュースに「大げさ」指摘

 NHKが朝の人気情報番組「あさイチ」の放送を中断し、米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(24)の手術決定を臨時ニュースで伝えたことに、視聴者から疑問の声がネット上に相次ぐ騒ぎがあった。

 「わざわざ中断するような話なの?」「さすがに速報はいらんだろ」――。大谷選手の手術に関する速報がNHKで取り上げられるやいなや、ツイッターやネット掲示板に、こうした反応が次々と寄せられたのだ。

■速報テロップも

 エンゼルスは2018年9月26日早朝(日本時間)、大谷選手が今シーズン終了後に、右ひじの靭帯を再建する「トミー・ジョン手術」を受けると発表。投手としての復帰までには、1年以上かかる見通しとも伝えている。

 この一報について、NHKは「あさイチ」放送中の8時19分、ニュース速報のテロップを流した。「大谷翔平選手、シーズン後右ひじ手術へ 投手としては復帰まで1年以上の見通し」という内容だ。

 速報テロップから10分後。スタジオの近江友里恵アナは「ここでニュースが入ってきましたので、いったん、ニュースセンターからニュースをお伝えします」と話し、ここで「あさイチ」の放送が中断したのだ。

 NHKではここから約2分30秒にわたって、大谷選手の手術決定を臨時ニュースとして報道。男性アナが「今シーズンの残りは打者として出場を続ける見通し」との情報を伝えたほか、投手としての活躍をまとめたハイライト映像まで流れた。

 こうした報道を受け、視聴者からはツイッターやネット掲示板に、

  「えええええわざわざ中断するような話なの?」
  「大谷翔平、肘の手術でニュース速報って大げさなような」
  「大谷選手の肘手術はシーズン後のことなのにニュース速報で報道する内容なのだろうか?9時のニュースもあるのに」
  「そんなに日本中へ今すぐ知らせなきゃならない事なのか?」

といった反応が続々と寄せられた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000016-jct-soci
no title

【【NHK】大谷手術で「あさイチ」中断 臨時ニュースに「大げさ」指摘 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
2d92b_759_1d9faf85_e64f6a76

清原和博氏「使ってない!」 歌舞伎町でパトカー連行目撃証言

 酷暑から一転、秋の到来を感じる肌寒さが東京を包んだ9月11日。
 新宿・歌舞伎町では長袖の通行人が目立つなか、半袖Tシャツ姿の坊主頭の大男が警察官と押し問答を繰り広げていた。
 元プロ野球選手の清原和博氏(51)だ。

「現場は緊迫した空気が流れていました。職務質問を受けていたようで、清原は必死に“使ってない!”とまくしたてていましたが、パトカーに乗せられ、連れていかれました」(目撃者)

 2016年2月に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、同年5月に懲役2年6か月、執行猶予4年の有罪判決が下された。
 あれから2年、清原氏は7月に自叙伝『告白』を出版し、8月にはテレビ番組で盟友・佐々木主浩氏(50)とのキャッチボール姿を公開。
 夏の甲子園の決勝戦にも足を運んだ。

 しかし、日常生活ではいまだ“後遺症”に悩まされているという。
 清原氏に近い関係者が語る。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

NEWSポストセブン 2018年9月20日 18時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/15334192/

【【清原和博氏】歌舞伎町でパトカー連行目撃証言、尿検査も薬物検出されずとの報道  】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180919-00000519-sanspo-000-4-view

【球界ここだけの話】

セ・リーグの3位争いが、しゃれにならない状況になってきた。
18日現在で借金「7」を背負った巨人が3位につけ、4位以下の中日、DeNA、阪神がいずれも借金「10」を抱えている。
残り試合を考えても、勝率5割未満のチームが3位になって、クライマックスシリーズ(CS)に進む可能性が高まっているのだ。
さらに、2位・ヤクルトも残り15試合で貯金は「2」。決して安心できる状況ではない。

CSが2007年に導入されて以降、過去にも借金球団が3位となって進出した例は意外にある。
2009年のヤクルト(借金1)、13年の広島(同3)、15年の阪神(同1)、16年のDeNA(同2)で、いずれもCSで敗れている。
ちなみに、パ・リーグは11年の西武の貯金1が最低だ。

だが、もしも大番狂わせが起こり、借金を抱えた球団がCSを制してしまったとしたらどうだろう。
プロ野球最高峰の戦いである日本シリーズの権威は失墜し、143試合の長丁場であるペナントレースの意味は事実上なさなくなる。
現に昨年のセ・リーグのCSでは、貯金8で2位だったDeNAが、同37で優勝した広島を破って日本シリーズに進出した。
短期決戦だけに、ありえない話ではないのだ。

これまで幾度となく取り沙汰されてきたが、やはり何らかの見直しは必要だろう。
サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏も常々、勝率5割未満の球団はCS出場を辞退すべき、と提言している。

CSはホームチームの収入源であり、消化試合をつくらないという観点点からも、廃止は現実的ではない。
だが、上位球団により大きなアドバンテージを与えるなど、ペナントレースの成績を今以上に反映させたルール見直しは進めるべきだと思う

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000519-sanspo-base


【【しゃれにならない?!】セ・リーグ3位争い、CSはルール見直すべき】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180916-00000056-sph-000-5-view

野球評論家・張本勲氏(78)が16日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。
ヤンキースの田中将大投手(29)が14日(日本時間15日)のブルージェイズ戦で6回を投げ4安打無失点で12勝目を挙げて、マリナーズ退団が決まった楽天時代の先輩・岩隈久志投手(37)を抜き日本人単独3位のメジャー通算64勝となったことに「あっぱれ」と絶賛した。

張本氏は田中に「5年間、続けて二ケタでしょ。打高投低の時期に、今年は田中は好不調が非常に激しかった。
だけど、二ケタ勝つということは、よほど自己管理をしっかりし、練習をしているから、これは評価できます」と評価した。

一方で「問題は大谷ですよ」とエンゼルスの大谷翔平投手(24)の状況に表情を曇らせた。
大谷に関して医師から勧告されている右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建術(トミー・ジョン手術)を受けるか否かについてマイク・ソーシア監督(59)が「来年は投げないだろう」と発言した。

こうした状況に来季は「バッター中心でしょ。やっぱり全試合出したいから球団は。
人気があるから。その代わりピッチャーがダメになったらね、う~ん」と張本氏は心配していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000056-sph-base 
【【張本勲】大谷翔平の来季に「バッター中心でしょ その代わりピッチャーがダメになったら…」 】の続きを読む

このページのトップヘ