ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

f88960b9144e8aef4ce83398cfb06ef820180110105546107

日ハム清宮に焦りか 自主トレ初日から9時間練習の異例

「いつもこれくらい打っていますから」

 9日に二軍施設(鎌ケ谷)でスタートした日本ハムの新人合同自主トレ。ドラフト1位の清宮幸太郎(18=早実)は、
いきなり初日から昼食を挟んで9時間、精力的に汗を流し、最後にサラリとこう言った。

 全体練習は前日の降雨もあり、室内で行われた。栗山監督ら一、二軍の首脳陣が見守る中、
ランニングやキャッチボール、ティー打撃、ゴロ捕。昼食後にはトレーニングについての座学を受けたが、清宮の一日はまだ終わらなかった。

 その後、同じ高卒出身のドラフト4位・難波侑平(18=創志学園)をSNSのラインで自主練に誘い、全体練習では使えなかったグラウンドへ移動。
高校時代から好んで練習していたロングティーでは89スイング中6本の柵越えを放つと、今度は室内練習場に移動。
夕食開始時間の18時前まで、みっちりバットを振り込んだ。新人選手の初日としては異例の長時間練習である。

■「バットを振る力はもっとある」

 この日は、一、二軍の監督、コーチによるスタッフ会議が行われた。キャンプの一、二軍の振り分けについても話し合われたが、
栗山監督は清宮に関して「一軍に行ける可能性はある」と話しただけで明言を避けた。

 栗山監督とすれば、一軍入りを明言したくても、できなかったのではないか。「能力があるのはわかっている」といいつつも、「バットを振る力はもっとあるはず」と筋力不足を指摘したほどだからだ。

 全体練習での清宮は必ずしも、他の新人と比べて動きが良かったわけではない。肝心の打撃練習では打ち損じもあった。
ゴロ捕は使い慣れた一塁ミットではなく、オーソドックスな大きさの野手用グラブを使用するハンディがあったにせよ、「初日であることを差し引いても、守備レベルは低いといわざるを得ない」(あるコーチ)との声も聞かれた。

「清宮は正月も練習してたらしいけど、年末年始に身内の不幸があった。これがコンディションに影響している可能性はある。
さらに日本ハムの新人選手は、大谷がそうだったようにキャンプは二軍スタートが慣例になっている。
栗山監督は『今年は優勝に向けて勝負の年』とチーム全体にゲキを飛ばしてもいる。
せめて清宮のウリである打撃だけでも一定のレベルに達していない状態では、特別扱いをするわけにもいかないのでしょう」(日本ハムOB)
詳細はソースにて
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/220911
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/220911/2
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/220911/3 
【【清宮幸太郎に焦り?】自主トレ初日から異例の9時間練習 ティー打撃では監督が筋力不足を指摘、ゴロ捕ではコーチが「守備レベルは低い」と発言 】の続きを読む

20180110-00000196-sph-000-2-view

 今月下旬に中日の入団テストを受ける松坂大輔投手(37)=前ソフトバンク=が、10日に放送されたテレビ東京系「アスリート運命の一日」(後9時)に出演し、現在の心境を語った。

 テレ東では、米ロサンゼルス郊外で自主トレとリハビリを行っている松坂を直撃。入団テストを前に、右肩の状態は近年にない良い状態だという。

 松坂は「毎日それ(投げること)しか考えていない。とにかく投げたい。気持ち良く腕を振りたい」と意気込みを語った。しかし一方で「不安はありますよね。
また(右肩痛に)なったらどうしようと。もしその状態になってしまったら、終わりだと思うので」との不安も口にした。

 松坂がルーキーイヤーの1999年に西武の2軍投手コーチだった中日・森繁和監督(63)はスポーツ報知の新春インタビューで「そういう(どん底からはい上がろうとする)ヤツが男として好きなんだ。前にもいただろ(07年に育成選手として獲得した中村紀洋のこと)。投げられるんであればだが、ウチだったらチャンスはある。ずっと出ろって言ってる訳じゃない。10日に1回投げて(登録と抹消を繰り返して)1勝でも2勝でもしてくれればいい。お客さんを100人でも200人でも呼んでくれるかも分からない」と語っている。

 詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000196-sph-base

【【右肩の状態は近年にない良い状態?】松坂大輔「とにかく投げたい。気持ち良く腕を振りたい」】の続きを読む

20180110-00000135-dal-000-3-view

 前巨人の村田修一内野手が10日、テレビ東京系「アスリート運命の一日」に出演。いまだ移籍先が決まらない現状の心境について「このまま終わったらどうしようと思うし、でもまだ(野球が)したい。でも自分で選べない。待つしかない」と打ち明けた。

 プロ通算360本塁打。今季も巨人のレギュラーとして118試合に出場し、打率・262、14本塁打を放った。だが、シーズン後、チームの若返りを図るという理由でまさかの戦力外。この時の状況について「嫁は心配していた」という。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000135-dal-base

【【去就いまだ決まらず不安吐露】村田修一「このまま終わったらどうしよう」 】の続きを読む

1: ジャック@\(^o^)/ 2018/01/10(水) 23:51:58.53 _USER9
 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)が10日、千葉・鎌ケ谷市にある鎌ケ谷スタジアムで“即席大サイン会”を実施した。

 急きょ実施されたイベントに、球場に集まったファンが殺到。約200人が50メートルにも及ぶ列を作った。清宮は練習直後だったが、
疲れも見せず、最後のファンまでしっかりとサインをこなす“神対応”を見せた。

 前日(9日)には、練習後の清宮にサインを求め、20人近くのファンが大声で騒ぎ、午後8時まで球団敷地内に居座る前代未聞の事態となった。

 一夜明けて、選手の安全を考慮して警備態勢を強化するかに思われたが、むしろファンサービスを強化したのだから、こちらも“神対応”。
ファン対応に定評のある日本ハムが、さらに株を上げる形となった。

 清宮は「声がけしてくれるファンあってのプロ野球だと思います。その方たちに敬意を払わないといけないですし(ファンサービスは)
やれる範囲でやっていきたいです」と語った。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000043-tospoweb-base
no title

【【野球】清宮“神対応”過激ファン騒動から一夜明けて即席サイン会「ファンあってのプロ野球」 】の続きを読む

このページのトップヘ