ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

コラム【プロ野球人物研究 対岸のヤジ】

早実高3年の清宮幸太郎が話題だ。1年時から怪物スラッガーとして注目されていた彼は、
5月7日現在で高校通算92本塁打を記録。大阪桐蔭高時代の中田翔が記録した87本を抜き、歴代4位に食い込んでいる。

テレビのニュースなどは清宮の高校通算本塁打を大きく取り上げ、同1位の107本(2012年に神港学園の山本大貴が記録)を塗り替えるのではないかと騒ぎ立てている。
高校通算本塁打とは確かに大衆受けしそうなフレーズだが、私はヤボを承知であえて注文をつけたい。これには“練習試合”で放った本塁打も含まれているからだ。

清宮の場合、通算92本のうち実に71本が練習試合であり、公式戦では21本にすぎない。また、高校野球の最高峰である甲子園では1年の夏に放った2本だけだ。

もちろん、清宮の将来性は素晴らしいのだろうが、だからといって記録に厳密さを欠いていいわけではない。
本来、野球の記録とは「東京六大学通算」だとか「東都1部通算」だとか、同一組織内の公式戦だけでカウントされるものであり、練習試合も含むなんて聞いたことがない。
プロ野球の通算記録にオープン戦を含むようなものだ。

しかも、よりによって高校同士の練習試合である。当然、時には格下と試合をすることもあるだろうし、相手投手が練習のつもりで投げてくることもあるだろう。
ましてや、近年は野球人口の激減により、一部の強豪校が数少ない有望選手を奪い合っているような時代だ。一方で、他の高校は実力不足どころか選手不足にも陥っており、かくして高校間の野球格差はみるみる広がっている。

そういう格差時代の練習試合では、余計に強豪校の主砲は快打を連発できるだろう。実際、高校通算本塁打で清宮より上位にいる3人は、いずれも10年以降に高校を卒業した選手である。すなわち、同記録は近年やけに更新されているのだ。

しかも、先述した同1位の山本と3位の伊藤諒介(94本/10年)はどちらも兵庫県の神港学園である。同校は新鋭の強豪で、練習試合を多く組むことで知られているため、そりゃあ通算本塁打も増えるだろう。
ちなみに、2人ともプロ入りはしていない。2位の初芝橋本・黒瀬健太(97本/15年)はソフトバンクに入団したが、ドラフト5位である。要するに、近年の高校野球格差時代においては、練習試合でいくら打っても、プロからは評価されないのだ。

もちろん、大メディアもこれくらいのことはわかっているはずだ。わかっていながら、世間の関心欲しさに清宮の高校通算本塁打数を大きく報じて、17歳の少年を過剰に持ち上げているのだ。なんとまあ、あこぎというか、せこいというか。

▽山田隆道(作家)1976年、大阪生まれ。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。
MBSラジオ「亀山つとむのかめ友Sports Man day」など野球情報番組のコメンテーターとしても活躍中。

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年5月10日 9時26分
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_390050/

写真
no title

【【早実・清宮92本で大騒ぎ】高校野球通算本塁打“練習試合”含むに疑問符 大メディアもこれくらいのことはわかっているはずだ】の続きを読む

img_9bfeba5fc224265b22d5930f4d30130f289521

【5月4日 AFP】米ミズーリ(Missouri)州セントルイス(St. Louis)で行われた米大リーグ(MLB)の試合を観戦していた女性(34)が、球場内で流れ弾に当たって軽傷を負った。地元警察が3日、発表した。

 警察によると、事件が起きたのはブッシュ・スタジアム(Busch Stadium)で2日に開催されたセントルイス・カージナルス(St. Louis Cardinals)対ミルウォーキー・ブルワーズ(Milwaukee Brewers)戦で、腕に痛みを感じた女性の席付近に銃弾が着弾していたという。

 事件を受けたカージナルスは3日、「球場外から発射されたと思われる流れ弾がファン1人に当たった昨夜の事件を確認しました。腕に擦り傷とあざを負ったファンは救急処置を受け、球場を後にしています。警察は原因を調べており、女性も事情を聴かれていました」と声明を出した。

「ファンの安全以上に重要なものはありません。重傷者が出なかったことに安堵(あんど)しています」

 地元紙セントルイス・ポスト・ディスパッチ(St Louis Post-Dispatch)は、女性に流れ弾が当たる直前、スタジアムから1マイル(約1.6キロメートル)の場所で発砲があったとの通報を警察が受けたと報道。警察は何者かが上空に発砲し、観客に当たったのではと同紙に話している。(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3127211?act=all 
 2017/05/04 08:37(シカゴ/米国)

【【MLB】試合中に銃の「流れ弾」、球場内の観客に当たる 女性軽傷】の続きを読む

20150527matsuzaka

「福岡ソフトバンクホークスの超VIP、松坂大輔投手が個人事務所名義でこんな景気のいい買い物をしました。
広さは約160平米、室内にトレーニングルームも設置したそうです。

「ワンルームのアパートから出直すぐらいの気持ちもないとは見下げた男」「お前はいったい何連休や?」「歴史的不良債権」 「大臣だけ辞任して議員を辞めないナメた政治家と同じ。なんで、まだ選手やってるの?」と、ファンの声はもはやクレームに近い。

家族はボストンで悠々自適、本人はファンにもまったく期待もされず3億6000万円の一人暮らし。松坂大輔、地に堕ちたものだ。

http://www.asagei.com/excerpt/80287

【【プロリハビラー】松坂大輔の最新ニックネームは「歴史的不良債権」】の続きを読む

ogp

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が24日、都内で行われ、3月に開催された第4回WBCについて意見交換した。
侍ジャパンに選出された選手の負担は大きく、選手会では26日から代表メンバーへのヒアリングを実施。森忠仁事務局長は「どういう対策をしたらいいか。
各球団を回って選手からいろいろと話を聞きたい」とした。

侍ジャパンの4番・筒香(DeNA)はここまで、開幕20試合85打席ノーアーチ。
武田(ソフトバンク)、石川(ロッテ)ら2軍調整中のメンバーもいる。
NPB側も「(代表選手は)特別なことをするわけだし、負担があるのは事実」(谷本修選手関係委員長=阪神常務取締役連盟担当)との認識でおり、
実際に出場した選手の意見も参考にして両者で今後の対応策などを探っていく。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/25/kiji/20170425s00001004063000c.html
2017年4月25日 05:30

【【WBCの負担】侍に意見聞く「どういう対策をしたらいいか」】の続きを読む

このページのトップヘ