ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

 日本ハム・大谷翔平投手が7日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で、今オフにポスティングシステムを利用して米大リーグ移籍を目指す意向を正式表明した。

 大物代理人のネズ・バレロ氏と契約したことを認め、「(代理人は)自分で決めたことなので。 話し合いは代理人に任せます」と話した。

詳細はソースにて
 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000095-dal-base
no title

【【日本ハム・大谷翔平】 メジャー挑戦の意志を正式表明 】の続きを読む

matsuzaka-daisuke1

ソフトバンクは5日、松坂大輔投手(37)の今季限りでの退団を正式に発表した。
国内他球団が獲得に動く可能性は少ないため、今後は米球界など国外を中心に再起の道を探していくことになるが、そんな松坂に大物プロ選手の招聘で実績のある、国内独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の高知ファイティングドッグスが、手を差し伸べる用意があることが分かった。
実現すれば来年7月にも松坂のNPB復帰が可能となるが…。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000003-tospoweb-base&pos=2 
【【ソフトバンク退団・松坂大輔】高知がラブコール「マニー・ラミレスと再合体」あるか 】の続きを読む

images

「日本ハムとヤクルトの間に大型トレードが成立」との情報がネット上で拡散し、波紋を広げている。
出所不明でフェイクニュースの可能性が高いものの、事情を知る関係者がリークした可能性もゼロではないため、念のため日本ハムの斎藤佑樹投手(29)に聞いてみた。

 ――あくまで噂ですが、斎藤選手がトレードに出されるのではないか、という話をお聞きしました。 事実でしょうか

 斎藤:トレードとかの話は自分に聞くより(球団の)上の人に聞いたほうがよく分かるとは思うよ(笑い)。

 ――あくまで、現時点で斎藤選手がその話を伝えられたり認識しているかだけ教えてください

 斎藤:特にそんな話は聞いてないね。ただ、正直な話、自分がトレードされるんじゃないかって噂は 毎年この時期聞いたりしてる。選手の間でも誰々がトレードに出されるんじゃないか、とか、あそこの球団が あいつを欲しがっている、とか噂になったりします。

 ――トレードの話があった場合は選手でも直前に知らされるのでしょうか

 斎藤:自分も分からないけど恐らくそうなんじゃないかな。

 ――斎藤選手の場合、例えばヤクルトが欲しがっているのでは、という噂などがある

 斎藤:うん、そうだね、そう。そんな噂だね。
(他)球団が日本ハム側に自分を欲しいと言ってくれてるんだけど、吉村さん(GM)たちが
断ってくれてる…ってあくまで噂だけど聞いたことがある(今年7月に両球団間で杉浦と屋宜の トレードが成立した際、当初、ヤクルト側が斎藤を希望したと噂された)。

詳細はソースにて
東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000034-tospoweb-base 
【【日本ハムとヤクルトの間に大型トレードの噂…】日本ハム・斎藤佑樹を直撃「トレードの噂、事実ですか?」 】の続きを読む

60f85_1141_6f8fcb00_f5fde103

描くビジョンが壮大なだけに不安は尽きない。

「清宮の自宅は都内の一等地にあり、バッティング練習ができる地下練習場も備えています。
過保護とも言える環境から一転、初めて親離れをすることになる。
この点だけは、高校時代から寮生活を経験している大谷のようにはいかないでしょう。
また、早実は練習試合をやたら多くこなすわりに、練習量が少ないことで知られている。
通算本塁打記録を伸ばすにはプラスだったでしょうが、ぬるい練習に慣れた清宮の体がプロのスパルタ指導についていけるか心配です」(スポーツライター)

自力で乗り越えてこそ一流に近づいていくのだろうが、エリート育ちの清宮は、はたして克服できるのか。

一方、清宮が日本ハムに入団した経済効果は「62億円」と経済専門家は試算しているが、

「中田に加え、大谷という2枚看板を失う見込みの日本ハムですが、清宮が入団すれば、その損失を補って余りあることになりそう。
来年1月に清宮が入寮することになる2軍施設のある鎌ケ谷市長は『鎌ケ谷がまた盛り上がる』と、清宮入団に歓喜しています」(スポーツ紙デスク)

その鎌ケ谷では早実の先輩・斎藤佑樹も待ちわびている。
先の球団関係者が不安の胸のうちを明かす。

「斎藤はシーズンの3分の2を鎌ケ谷で過ごす“鎌ケ谷の主”だけに、『鎌ケ谷に来た時は案内は任せろ』とイキまいています。
もっとも、プロ入りから7年で15勝しかあげていない投手に清宮が頼ることはないでしょうが、斎藤にはバックがついている。
デビュー当時、ハンカチ王子を応援するため鎌ケ谷球場に集うご婦人方、有閑マダムならぬ“佑ちゃんマダム”が話題となりましたが、実は今でも健在なんですよ」

なんでも彼女たちは、斎藤に関する悪意のある記事が出れば、鎌ケ谷を訪れた記者に事実確認をし、納得がいかなければクレームを入れるほど、変わらぬ愛情を注いでいるというのだ。

「斎藤の母親と交流があるほどの親衛隊です。ファイターズの主役を清宮に奪われたと勘違いして、標的を清宮にすれば、世間ずれしてない清宮は大ダメージを受けかねません」(球団関係者)

新たなスターに嫉妬する佑ちゃんマダムが大挙押し寄せ、汚れを知らぬルーキーが苦しむ姿は見たくないが‥‥。

そうした懸念材料など取り越し苦労に終わればいいが、いずれにせよ、最終的にはバットで結果を出していかなければならない。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/article/detail/13847401/ 
【清宮幸太郎を待ち受ける「未知なるプロの洗礼」 斎藤佑樹「鎌ケ谷の案内は任せろ」 】の続きを読む

このページのトップヘ