ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

c8d13d79780442fc760fa249fe5cd85a

14日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題・太田光が、ワールド・ベースボーール・クラシック(WBC)の試合中継(テレビ朝日系)が延長されたことを嘆いた。

12日のWBC日本対オランダ戦が当初予定していた2時間を超過し、約4時間半に及んだ。試合が大幅に延長したため、爆笑問題が出演していた同局の番組「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」は深夜0時過ぎからの放送となった。

番組では、この大幅延長に対して、WBCに関心のない太田は「どうしてくれるんだ」「なんなんだ、アレは」と嘆き、さらに太田は「(延長しないで)打ち切りゃいいじゃねぇか」と声を上げたのだ。しかし、WBCを熱心にチェックしている相方の田中裕二は「打ち切ることはないと思います。WBCですからね、やっぱり」と返したのだった。

2017年3月15日 12時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12800383/

【【WBCに関心のない爆笑問題の太田】WBC大幅延長に嘆き「なんなんだ、アレは」「打ち切りゃいいじゃねぇか」】の続きを読む

20160817-00000573-sanspo-000-3-view

横浜DeNA 000 000 201 - 3
日本ハム... 010 102 01x - 5

本塁打
[ 日本ハム ] 大谷1号(6回裏2ラン)

DeNAバッテリー
濱口、須田、砂田、三上 - 嶺井

日本ハムバッテリー
高梨、谷元、公文、マーティン、鍵谷 - 市川、清水

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017031401/top

日本ハム 1軍復帰の大谷が特大1号2ラン、開幕へ「状態を上げていきたい」

 「オープン戦、日本ハム-DeNA」(14日、札幌ドーム)

 1軍復帰の大谷翔平投手が「3番・DH」で先発し、六回の第3打席で右中間へ特大のオープン戦1号2ランを放った。

 DeNAの2番手・須田のフルカウントからの6球目を完璧にとらえると、ボールは高々と舞い上がり、スタンド上段に飛び込んだ。

 大谷は四回の第2打席で左越え二塁打を放つと、積極走塁でホームへスライディング生還。右足首痛で出遅れていた、大黒柱の元気な姿にスタンドのファンからは大歓声が湧き、次の打席での一発でボルテージは一気に増した。

 大谷は「しっかり自分のスイングをしようと思ってました。あの状況は反応というより、真っ直ぐ系をケアしていました。打撃の状態はまあまあですね。塁に出て走塁も確認できて良かったです。まだ怖さがありますけど(四回の)スライディングは行けるタイミングだったので、人工芝で試合に出たのは今季初めてですけど、これからちょっとずつ、ちょとずつ(開幕へ向けて)状態を上げていきたいです」とコメントした。

https://www.daily.co.jp/baseball/2017/03/14/0009999019.shtml

【【野球】大谷翔平、1軍復帰戦で特大のオープン戦1号2ラン!】の続きを読む

160325_bbl_wbc_mexico

失点率の解釈が混乱呼び急転敗退、ド軍主軸のA.ゴンザレスは怒りを抑えきれず

 第4回WBCの1次ラウンド(R)D組のプレーオフ進出を巡り、大混乱が生じた。12日(日本時間13日)に行われた同組最終戦でメキシコがベネズエラに11-9で勝利。これにより、3連勝のプエルトリコに次いで、メキシコ、イタリア、ベネズエラが1勝2敗で並んだ。WBC公式ツイッターなどは試合直後、大会規定による当該チーム間の失点率により、メキシコとイタリアのプレーオフ進出を伝えたが、その後、急転。ベネズエラとイタリアが進出することが発表された。まさかの1次R敗退となったメキシコの4番、A.ゴンザレスは「なんてダメな大会なんだ!」と怒りをぶちまけた。

まさかの“逆転”でベネズエラのプレーオフ進出が決まった。

 メキシコがこの日のベネズエラ戦に11-9で勝ち、1勝2敗でメキシコ、イタリア、ベネズエラの3チームが並んだ。

 大会規定では、当該チーム間の対戦で1イニングにおける失点率が高いチームを最下位で決めるが、試合終了時点では「イタリアとメキシコのプレーオフ」と大会公式サイトも伝えていた。

 しかし、試合終了から30分以上たって事態は急転した。

 メキシコは9日(同10日)のイタリア戦で9-5と4点リードの9回に5失点し、9-10で逆転サヨナラ負けしていた。しかも、1死も取れなかった。当初は、総イニング数に含めて計算されていたこのイニングを除外。総イニング数が減った結果、失点率が悪化し、ベネズエラと入れ替わって最下位となった。

メキシコ主砲は憤慨「2点差で勝てば明日、試合することになると我々は伝えられていた」

 複雑なルールに翻弄されたメキシコの4番、A.ゴンザレスは憤慨。ドジャースの主軸を務めるスラッガーは1安打1打点で勝利に貢献した試合後、自身のツイッターで「なんてダメな大会なんだ!」と怒りをぶちまけた。

 さらに「試合前、2点差で勝てば明日、(プレーオフで)試合することになると我々は伝えられていた」とつづり、誤った情報でプレーオフ進出条件を正確に認識できていなかったことを明かした。

 3戦目にして日本ハム・レアードの3ランらNPB助っ人陣の大活躍もあって勝利をもぎ取ったメキシコ。難解なルールに振り回され、大会から姿を消すことになった。

【D組同率3チーム、当該対戦の失点率】

○イタリア 20失点/19回 失点率1.053
○メキシコ 19失点/17回 失点率1.118
○ベネズエラ 21失点/19回 失点率1.105

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010022-fullcount-base 
【【WBC】 メキシコ主砲「なんてダメな大会なんだ!」 急転敗退に大憤慨】の続きを読む

20170312-00000041-dal-000-4-view

デイリースポーツ 3/12(日) 9:35配信

張本氏、前言撤回?侍ジャパン「こんなに強かったかね」

張本勲氏

 野球解説者の張本勲氏が12日、レギュラーコメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」の人気コーナー「週刊・御意見番」に出演。WBC1次リーグを3連勝で2次リーグに進んだ侍ジャパンについて「こんなに強かったかね」と驚き顔。5日の放送では「勝ってもらいたいが、8割5分難しい」との前言を撤回した。

 1次リーグが始まるまでは「心配より困ってますよ」と語っていた張本氏。だがこの日は「文句ばっかりいっていたけどね。心配性だから」と、これまでの言葉を翻し絶賛した。「ポイントは菊池と筒香ですよ」と目を細めた。「菊池の守備なんて天下一品!筒香の長打も」と殊勲賞に挙げた。さらに「投手は千賀。こんなピッチャー日本にいたのかって」と手放しでほめた。

 だが“アッパレ”には「まだまだ」とかぶりを振った張本氏。あくまで世界一奪還を目標に掲げた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170312-00000041-dal-base

【【前言撤回?】張本勲氏、侍ジャパン「こんなに強かったかね」】の続きを読む

このページのトップヘ