ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)で3位だった高校日本代表が12日、羽田空港に帰国。

主将の清宮幸太郎(早稲田実)は「投手陣が頑張り、日本の力を見せられた」と振り返る一方、「バットの対応が大きかった」と金属から木製に
短期間で順応する難しさも明かした。小枝守監督も「各学校でできる限り木製で練習してほしい」と話し、日本高校野球連盟の技術・振興委員会で意見を伝えるとした。

no title

https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00m/050/078000c

【【野球のU-18W杯】主将の清宮幸太郎「日本の力を見せられた」】の続きを読む

prm1505160011-p2

18歳以下の野球ワールドカップ(U18W杯)1次ラウンドの南アフリカ戦で、待望の木製バット第1号を放ち、スーパーラウンドのカナダ戦で放った第2号で高校通算本塁打数を111本に更新した、早稲田実業学校高等部の清宮幸太郎。
決勝進出こそ逃したが、U18W杯では32打数7安打2本塁打と木製バットへの対応もこなした。



「今の彼には、克服しなければならない課題が多い。
打撃と守備・走塁のギャップが大きすぎるし、肝心の打撃もアウトコースの対応がうまくない。
プロ入りすれば、プロの変化球に慣れるまでに時間がかかるだろうね。

また、現状の守備力ではプロで使えるポジションがない。ファーストしかできないから、どの球団も使い方で悩むと思う。
いくら打っても、守りのミスで失点してしまえば帳消しになってしまう。

詳細はソースにて

http://dailynewsonline.jp/article/1354292/ 
【【プロでは「使えない」可能性…】清宮幸太郎、指摘されない「重大な欠点」】の続きを読む


巨人・澤村拓一投手(29)の“施術ミス問題”が波紋を広げている。右肩コンディション不良の原因を巡り、球団首脳が所属選手に謝罪するという異例の事態は、現場にも驚きをもって受け止められた。
ただ首脳陣、チームメートから同情の声は聞かれず、むしろ渦巻いているのは右腕に対する怒りや不信感だ。
“被害者”であるはずの背番号15にチームメートが背を向ける理由は――。

クライマックスシリーズ(CS)進出を目指す由伸巨人は11日、2位阪神との直接対決を翌日に控えて甲子園で全体練習を行った。
ただCSの行方を占う決戦を前に現場の話題を独占したのは、そこにはいない右腕だった。

球団は前日10日、澤村が右肩を痛めたのは「外的要因によるもので、(球団トレーナーによる)はり治療によって前鋸筋機能障害を引き起こした可能性が考えられる」
との医師の所見を得たとして、石井社長と鹿取GMがトレーナーを伴い、本人に謝罪したことを明らかにした。

球団首脳が所属選手に謝罪するという異例の事態にファンは敏感に反応。「澤村が気の毒だ」「トレーナーの責任を追及しろ」など、瞬く間に右腕への同情や球団に向けた怒りの声が広がった。
だが、一夜明けたチーム内の反応は正反対。
先輩、後輩問わず「澤村は何を考えているのか」「顔も見たくない」という厳しいものばかりだった。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000029-tospoweb-base 
【【巨人・澤村拓一投手】“施術ミス騒動”の澤村にGナイン総スカン】の続きを読む

7c06125a6560857eec471fa7063d0ed9

10日、メットライフドームでは、プロ野球公式戦・埼玉西武ライオンズ対北海道日本ハムファイターズの一戦が行われた。
試合は、CSに向け3位の東北楽天と順位争いをする2位・西武が一度は追いつかれながらも、源田壮亮のタイムリーなどにより8-7で勝利した。

すると、TBS「S1」では、野球解説者・野村克也氏による恒例企画“ボヤき解説”を放送。
番組のカメラを通じて、かつての教え子・辻発彦監督から「(野村氏から学んだ選手の操縦術が)今に非常に役立っている」と言われ、嬉しそうな表情を浮かべた野村氏だったが、この日は“ボヤき節”に加え、突然人生の後悔を口にする場面もみられた。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/article/detail/13597132/
【【沙知代夫人との結婚に後悔?】野村克也「人生やり直したい」】の続きを読む

このページのトップヘ