ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 野球

野球

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
BC栃木・村田 今季のNPB復帰なし トレード&新規契約が31日に終了
 Sponichi Annex 野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/07/31/kiji/20180731s00001000175000c.html

BC栃木の村田
no title


プロ野球の今季中のトレードと新規契約が可能な期間が7月31日、終了。
巨人を昨季限りで自由契約となり、独立リーグのルートインBCリーグ栃木で12球団への復帰を目指してプレーしている村田修一内野手(37)と契約する球団はなかった。

村田は今月25日、本拠で行われた武蔵戦で3試合連発となる9号2ラン。5回1死一塁から貴重な同点弾を右中間へ運んだ。6回にも中堅右フェンス直撃の2点適時打を放つなど、3安打4打点。
6月には月間MVPに輝くなど状態を上げており「反対方向に強い打球が打てて良かった」と話した。

NPB支配下登録期限前最後となる29日に敵地で行われた武蔵戦でも4打数2安打1四球。好調をアピールした。
公式戦42試合に出場し、いずれもチームトップの打率・352、9本塁打、44打点をマークしている。

村田はプロ15年で360本塁打を放ち、ゴールデングラブ賞も3度受賞。2014年には年俸も3億円に達し、トッププレイヤーとして球界を引っ張ってきた。

昨季は2000本安打を間近に控えながら、118試合に出場し、打率・262、14本塁打。
巨人の戦力構想から外れ、自由契約となった。移籍先が決まらないまま練習を続けていたが、独立リーグから12球団への復帰を目指すことに。
3月5日には「どこでやろうと自分の野球は変わらない。ユニホームを着るからにはチームに貢献すること、勝つためにプレーしたい」と意気込みを話した。

6月16日放送のTBS「バース・デイ」(土曜後5・00)は村田に密着。中日に移籍し、復活を遂げた同世代の松坂大輔(37)への思いも激白。
「同じ世代の人間として本当に大輔に引っ張られて、ずっとここまできた。そこ(NPB)に帰らないことには、僕は対戦することはないので」と刺激を受けているといい、松坂との対戦を「1つの目標」と掲げた。

【【元巨人・村田修一】NPB復帰できず 獲得する球団なし トレード&新規契約が31日に終了 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
第100回全国高校野球選手権記念大会(5日開幕・甲子園球場)の出場校による甲子園見学が31日、スタートし、春夏通じて初出場の白山(三重)の女性部長・川本牧子氏(30)が打席に立ってスイングし、大会関係者に制止される場面があった。

【写真】日本航空石川・大見謝マネジャーCA風の制服でベンチ入り

 例年の甲子園練習が、今大会は56校と出場校が多く、甲子園見学に切り替えられた。選手たちはグラウンドを見学し、ボールを使わずにボール回しのふりやシャドーピッチをする中、それまで選手たちを見守っていた川本部長は、ナインや東拓司監督(31)から招かれるようにグラウンドへ。白いポロシャツに紺のスカート、野球帽姿で右打席に入り1回スイングをしてみせた。チーム全員は大喜びだったが、すぐに大会関係者に制止、注意を受けた。

 川本部長は「監督がぜひぜひ、という感じだったので…。でも、打席に立ってはいけないと注意されました」と肩をすくめた。そして「試合のための見学会なので、私が立ってはいけないところですよね」と反省し「かなり怒られましたよ」と肩を落とした。

 日本高野連の竹中雅彦事務局長は「今回の見学会は、背番号をつけていない選手やそのほかの人はグラウンド内には入れない、という規則だったので。女性だからダメ、というわけではない」と説明していた。

 なお、川本部長は小学生時代に少年野球チームに所属。中学、高校でソフトボール部だった。普段は部員にノックを打つことなどは「自主練の時など、年に2日くらいです」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00000094-dal-base

写真
no title

【【高校野球】<甲子園初出場の白山女性部長>球場見学で打席に立ち大会関係者から制止され注意! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


■前澤友作氏のプロ野球参入宣言

ファッション通販サイトZOZOTOWNの創業者・前澤友作氏が、7月17日にツイッターを通してこう発信をした。

「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります。皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」

球団買収による参入を考えているのか、それとも「エクスパンション(球団増)」を前提とした提案なのか、具体的な方向性は明示されていない。ファン、関係者の意見を聞いて、シーズンオフに向けてプランを練っていくということなのだろう。

期待できる新興勢力による価値向上

「買収」はかなりのリアリティがある。前澤氏は千葉県出身で、ZOZOTOWNの運営企業の本社は千葉市内。地域貢献として千葉マリンスタジアムの命名権も既に取得している。17日の発信が出た時点で、「千葉ロッテマリーンズの買収」を想像した人は多かったはずだ。

ロッテの山室晋也球団社長はすぐさま球団の売却を強く否定するコメントを出している。ただし球団の所有、売却を決めるのはそもそも大株主で、具体的にはロッテホールディングスだ。ロッテは2014年から経営権を巡る紛争が起きており、また創業一族で元代表取締役の重光昭夫氏が韓国内で収監されている。実質的な意思決定がどう行われているのかは外部から見え難く、彼らの「内心」を察することは難しい。

とはいえ一般論として「既にブランドが確立している企業」「拡大中の新興企業」を比較するなら、球団所有による宣伝効果は後者の方が大きい。楽天、ソフトバンク、DeNAが球団経営で成功しているのを見ても、新しい発想を持つ企業の方が「球団の価値を上げられる」という期待感は強い。ZOZOTOWN(運営企業のスタートトゥデイ)によるマリーンズ買収は地域やファン、球界の利益を考えても「アリ」だ。

■プロ野球を変えた2004年の球界再編

一方でロッテグループが球団を保有し続けることも当然「アリ」だし、そもそも12球団の枠にこだわる必要はない。北米のメジャーリーグベースボール(MLB)は1961年に16球団から18球団に拡大し、現在の30球団まで成長を続けてきた。ロブ・マンフレッド現コミッショナーはメキシコ進出、32球団への拡大を示唆しており、球団増のトレンドは今も続いている。

日本のプロ野球(日本野球機構/NPB)は1957年に高橋ユニオンズが大映スターズに吸収合併されて以降、60年以上にわたって12球団体制が続いている。1970年代にはパ・リーグで東京オリオンズ、日拓ホームズ、西鉄ライオンズなど経営母体の変更が相次ぎ、2000年代までは「1リーグ化」「球団数削減」が現実味を持って語られていた。

2004年6月には近鉄が球団経営からの撤退を表明し、オリックス球団と合併。また同時期にはダイエー本社の経営危機が浮上し、ホークスへの影響が危惧されていた。ここに縮小や1リーグ化を前提とした「再編」の流れは極限まで強まった。しかしファンや選手の反発は大きく、同年9月にはNPB史上初となるストライキも行われる。

そこからの動きは急激だった。先陣を切って参入を表明したライブドアと、楽天の2社が審査を受け、11月2日の実行委員会とオーナー会議で楽天が選定される。11月末にはソフトバンクがホークスの新オーナーとして決まり、12球団が維持された。

■危機が成長の起点に

その後のNPBの成長は率直に言って嬉しいサプライズだ。競技人口の減少、地上波中継の縮小といったネガティブなトレンドも無視できないが、球場で試合を楽しむファンははっきり増えている。楽天やソフトバンクのみならず、新しい経営主体、人材の参入が球界の体質を劇的に変えた。プロ野球は親会社を宣伝のための「コスト」という後ろ向けの位置づけから、より自立したエンターテイメントビジネスになった。

詳細はソースにて
https://news.yahoo.co.jp/byline/oshimakazuto/20180727-00090877/

【【ZOZO 前澤友作氏がプロ野球参入宣言】 12球団からの拡大は可能か? 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
c3ba0493b7a7b2c904cacbecd419ac16

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000141-jij-spo
 日本高野連は25日、大阪市内で今夏の第100回全国高校野球選手権大会(8月5日開幕、甲子園球場)の運営委員会を開き、大会中の熱中症対策について決めた。開会式では参加者全員に飲料を携帯させて式典の途中で給水する時間を設けるほか、大会本部などの判断で試合中にも給水と休憩の時間を取ることができるようにした。 

【【高校野球】試合中に給水・休憩が可能になります 高野連が甲子園の熱中症対策 】の続きを読む

このページのトップヘ