ジャックログ

ジャックログは ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

C4Tq92qWEAEDqOo

柴崎、練習復帰の目処立たず。不安障害の可能性に専門家が対処。ホテルの部屋にこもる日々【現地レポート】
フットボールチャンネル2月17日(金)11時7分

容易ではなかった新天地への適応

 今冬の移籍市場で鹿島アントラーズからスペイン・リーガエスパニョーラ2部のテネリフェに移籍した柴崎岳。クラブW杯決勝、レアル戦での2ゴールを名刺代わりにスペイン入りしたMFだったが、新天地への適応は困難なものとなっている。(取材・文:ラモス・エルナンデス【テネリフェ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

 柴崎岳の最初の日々は、決して易しいものとはなっていない。日本・スペイン両国のメディアによる喧騒を伴いつつテネリフェ島に降り立った日本人MFだが、新天地への適応が容易ではないことはすぐに明らかになった。

 とはいえ、クラブW杯決勝でレアル・マドリーから2ゴールを奪ったという最高の名刺を携えた彼がカナリア諸島に到着する前から、彼が内気な性格の選手であることをテネリフェのクラブ関係者は把握していた。

 この島に存在する2つの空港の一方であるテネリフェ・ノルテ空港に集まったメディアの出迎えを受けた柴崎は、確かに遠慮がちで物静かな様子を見せていた。彼の移籍が引き起こした反響に驚き、戸惑っていたのかもしれない。

 島での彼の最初の1日は慌ただしいものだった。スタジアムを訪問し、クラブのSNSのために動画や写真が撮影された。柴崎の加入にスペインと日本のファンが関心を抱いた直接の結果として、クラブのツイッターはわずか1週間で7000人もフォロワーを増やすことになった。

 翌日には、メディアの大きな注目の中で入団会見。テネリフェのスポーツディレクターと柴崎が出席した会見にはラジオやテレビ、新聞の記者数十名が集まり、日本の記者たちも会見場を埋めていた。止むことのない質問を浴びせられると、彼は控えめで言葉少なに答えていた。それから一休みして、翌日には新たなチームメートたちや監督との初練習だ。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/0217/fot_170217_3603214125.html 
【【サッカー】柴崎岳、食事以外は1日中ホテルの部屋にこもる日々】の続きを読む

 昨年のデビュー作に続き、2月13日に第2作となるAVをリリースする坂口杏里(25)。その理由が“ホストクラブ通い”で作った借金であることは「週刊新潮」報道の通りだが、出演料を得た今も金欠状態にあるという。

 そんな坂口が頼ったのが、狩野英孝の2股騒動で名前を売った加藤紗里(26)だった。昨年末の番組共演で知り合って以降、坂口は加藤に数十万円単位の借金を何度も申し込んだ。

 加藤は取材に対し、

「(坂口から借金の)相談は受けたことはありますが……」

 とこれを認めるコメント。2月8日発売の「週刊新潮」では、なおも続く坂口のホストクラブ通いの模様と併せ、これを報じる。

週刊新潮2017年2月16日梅見月増大号 掲載

(続きは以下のソースでお願いします)
デイリー新潮WEB
no title
http://www.dailyshincho.jp/article/2017/02071658/?all=1



【ホスト狂いの坂口杏里、加藤紗里に借金申し込み】の続きを読む

サッカー専門暴露サイトがベッカムのEメール内容を暴露、各国メディアも一斉報道

元イングランド代表キャプテンのデイビッド・ベッカムはユニセフなどの慈善活動に従事しているが、全ては騎士号欲しさによるものだったことが赤裸々となり、一大スキャンダルとなっている。
ベッカムのEメールの内容がサッカー専門の暴露サイト「フットボール・リークス」で流出した。

サッカー界の移籍金や契約書などの秘密を赤裸々に暴露している爆弾メディアはフットボール界のカリスマの暗部を照らし出している。

英地元紙「サン」が「騎士号じゃなければ、ふざけるな。デイビッド・ベッカムはユニセフのチャリティ活動を騎士号獲得のために使っている。
衝撃のEメールが公開」と特集を組んだ。もっとも英メディアのみならず、仏紙「レキップ」やスペイン紙「エルムンド」など、各国メディアも一斉に報じており、その余波は広がり続けている。

今回流出したメールでは、ユニセフや騎士号叙勲に対する凄まじい内容が暴露されている。
当初はユニセフへの寄付を拒否したこと、個人スポンサーが支払っているビジネスクラスの飛行機代6685ポンド(約93万円)を請求したエピソードなど、様々な内容が表面化している。

「あいつらはクズの集まり」とぶちギレ

2013年に叙勲を逃したベッカムは選出委員会について「あいつらはクズの集まりだ。誰が叙勲を決定しているんだ?」とメールでぶちギレていた。

さらに「正直恥ずかしいよ。もしも、自分がアメリカ人なら、これ(叙勲)は10年前に手にできていた」と、怒りとともに綴っていたことも暴露されている。

「これで今年ユニセフ、軍隊、チャリティ活動に従事しなければいけない理由を与えてくれた」という内容のメールも流出してしまった。

好青年を地で行くハンサムなカリスマだが、イメージダウンを避けられない情勢となっているようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170205-00010009-soccermzw-socc
Football ZONE web 2/5(日) 14:19配信

no title

no title
【【衝撃の赤裸々Eメールが流出!】ベッカム、慈善活動は騎士号のため…一大スキャンダルに】の続きを読む

20170120-00000007-jct-000-4-view

「オフサイドが無くなったら、サッカーはどうなるのか」――。
国際サッカー連盟(FIFA)の技術部門責任者がドイツ紙に語った「オフサイド廃止案」に、世界中から激しいブーイングが飛んでいる。

「ゴミ同然の提案だ」。フランスのスタッド・レンヌFCを率いるクリスティアン・グルキュフ監督(61)は、今回のオフサイド廃止案をこう評したという。
現場の指揮官がここまで酷評する改革案が仮に実現した場合、いったい何が起こるのだろうか。

■オフサイド廃止を含む「10の新ルール案」

サッカー界を激震させたオフサイド廃止案は、元オランダ代表フォワード(FW)でFIFA技術部門トップのマルコ・ファンバステン氏が、
ドイツのタブロイド紙「ビルト」のインタビューで語ったものだ。

2017年1月18日(現地時間)公開のビルト電子版記事では、ファンバステン氏が提唱したオフサイド廃止を含む「10の新ルール案」が紹介された。
延長戦・PK戦の廃止など革新的な試案が出た中で、激しい議論を呼ぶことになったのが「オフサイド廃止案」だった。

ビルト記事によれば、インタビューの中でファンバステン氏は、「オフサイドが無くなったら、サッカーはどうなるのか。非常に興味がある。
反対する人は多いだろうが、今のサッカーはもう、9人や10人のディフェンダーがゴール前で守っていて、まるでハンドボールのようだ」などと提案。「フィールドホッケーではすでにオフサイドが廃止されているし、問題ないだろう」とも話したという。

FIFA随一の改革派とも呼ばれるファンバステン氏の提案は、世界中のサッカー関係者・ファンの猛烈な反発を呼ぶことになった。
ツイッターには、各国から「バカじゃないの?」「絶対に無くさないで」といった不満の声が相次いでいる。

さらに、フランスのスポーツ紙「レキップ」が現地19日に公開した電子版記事によれば、35年の指導者歴を誇るクリスティアン・グルキュフ氏も、今回の提案について、「これまで読んだこともないゴミ同然の提案だ。計り知れないほど最悪だよ。村同士で対決し、選手が死に至るまでプレーしていた時代に逆戻りしてしまう」とコメント。「オフサイドが無くなれば、チームプレーという概念が消え去ってしまう」とも言及したという。

また、複数の海外メディアの報道によれば、名門クラブ・アーセナルFCのアーセン・ベンゲル監督は、今回の改革案を評価しつつも、オフサイド廃止については「興味深いものではない」と一蹴したという。

■「サッカーが別の競技になる」
 
もし、ファンバステン氏が提唱した「オフサイド廃止案」が仮に実現した場合、私たちの知るサッカーはどうなってしまうのだろうか。
サッカージャーナリストで審判とコーチのライセンスを持つ石井紘人氏は、1月20日のJ-CASTニュースの取材に、

「仮にオフサイドが無くなったとすれば、サッカーの質がこれまでとは全て変わってしまう。別の競技になるといっても、過言ではないでしょう」と話す。

オフサイドが廃止されると、オフェンスの選手がプレーできるエリアにルール上の制限がなくなる。そのため、石井氏は、「プレーする選手の人数を増やさないと、ゲームが成立しなくなるという可能性も十分考えられます。つまりは、サッカーが12対12のスポーツになる可能性もあるということです」と分析する。

そのほか、このルール変更がチームの戦術にどのように影響するかについては、「相手のゴール前に選手を置き、自陣からキーパーが直接ボールをそこに蹴り込み、ゴールを狙う。おそらく、こうした戦術を採用するチームばかりになるのではないでしょうか」 とも指摘した。実際、オフサイドのルールが無い「7人制サッカー」では、こうした戦術が一般的なのだという。

また、オフサイドが無くなることで「ゴール前の攻防が増え、とくにFWやGKにとっては活躍の機会が増える」として、「本当に、FW出身のファンバステン氏ならではの考え方ですよね...(笑)」とも漏らしていた。

J-CASTニュース 1/20(金) 18:21配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000007-jct-ent&p=1

【【世界中から激しいブーイング!】「オフサイド廃止」の衝撃「バカじゃないの?」「ゴミ同然の提案だ」】の続きを読む

このページのトップヘ