ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1e88a6d9c

タレントのマツコ・デラックスさんが、11月12日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演し、「人付き合いなんて無い方がいい!」と持論を訴えた。

番組では、夕刊フジの連載を紹介。人付き合いが苦手な75歳無職の男性が、 かかりつけ医に「人と交わらないとボケる」「次回までに最低5人の初対面の人と会話してきてください」と言われ、ストレスだと相談していた。(文:okei)

「そのストレスで他の体調不良が出てくる」と医師を批判

一人暮らしで不自由はないという男性に人との交流を強いる医師に対して、マツコさんは、「これ、ひどい医者よ」と猛反発。
「75歳のあまり出歩かない無職の人はもちろん大変だけど、あたしらだって初対面の5人としゃべってくるなんて、なかなか(大変)じゃない?」と、男性に理解を示した。医師の助言には呆れ顔で、

「それはだからさ、テキトーな医療やってるなと。ホントにそう思うよ。75歳のおじいちゃんに次回来るまでに5人としゃべって来いなんて言う医者って!」

と批判した。会話で得られる効果を差し引いても、「そのストレスで何か影響出てくると思うわ」ときっぱり。
5人と話さなければ認知症になるという恐怖を与えることで、他の体調がおかしくなると指摘した。相談者の年齢を考えると、

「これまで頑張って生きてこられたわけじゃん。他の病気も含めて、あまんり気になさらないで自分のやりたいように生きた方が、幸せじゃない?」

と薦めていた。

「人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。ろくなことはない」と繰り返し強調
その後マツコさんは、

「この相談者の方がある意味正しいなと思うのは、人間関係なんてないほうがいいんだよ。ないほうが絶対いい。人間関係なんてろくなことはない」

と何度も繰り返した。さらに

「そこに他者というものがあるから、苦労するわけじゃない人間って。考えなくてもいいことを考えるわけじゃない?」

と切実に訴える。

確かに、考えてみれば様々な転職理由の調査では、たいてい「職場の人間関係」が上位に入る。
ただ仕事をしているだけなら何の問題もないのに、パワハラ上司や困った部下、面倒くさい同僚に悩まされて仕事を辞めたがっている人のなんと多いことか。
マツコさんの言うように、人付き合いは面倒だし「人間関係なんてないほうがいい」と思う人は少なくないだろう。

それでも、全く人間関係を断ち切って生きていける人がどれだけいるか。マツコさんは、「とにかく無理をして他人としゃべるって……どうすりゃいいんだろ。
ボランティアとかに参加すればいいのか?地域のゴミ清掃とかさ。そういうほうがラク」などと逡巡し、最後は相談男性に「頑張ってください」とエールを送っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15592213/ 
【【マツコ・デラックス】「人付き合いはないほうがいい。他者がいるから人は苦労する」医師の「最低5人の初対面相手と会話しろ」に猛反発 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
横浜FCのMF三浦知良がイタリアサッカー界のレジェンド、ロベルト・バッジョ氏と日本で再会した。
三浦の妻・りさ子さんが7日、自身のブログ(https://ameblo.jp/miura-risako/)で明かしている。

ブログによると、カズとバッジョ氏の再会のきっかけは長男の良太氏。
「良太のフットサル仲間からの繋がりで、ロベルトバッジオ氏が日本に来るらしいけどお父さんに会いたがってるらしいよ!との会話から、
主人も、俺も会いたいな!でプライベートで会う事が実現に」と日本での再会が実現したという。

りさ子さん自身もバッジョ氏のファンだったようで、カズがセリエAに挑戦していた当時のことについて、
「ユベントス対ジェノバの試合の時にカズはいるか?とロッカールームに訪ねて来てくれた!と喜んでいた主人を思い出します」と2人の出会いを明かしている。

また、「25年も経ってるのにイタリア語が出てくる主人!凄い!私なんて、翻訳機でやっと思い出すくらいなのに…」といまだにイタリア語が話せるというカズの新たなエピソードも。
2人が肩を組んでいる写真やりさ子さんも含めた写真などを掲載し、仲睦まじい様子を伝えている。

カズとバッジョはともに1967年2月生まれの51歳。現役を続けるカズに対し、バッジョは熱いメッセージを残している。

「現役を続ける事は大変で苦しい時もあるだろうが、そんな時は俺の事を思い出してくれ、俺は続けたくても膝がダメで続けられなかった、
今でもプレーしたいよ!だから後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」

11/7(水) 14:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-04596036-gekisaka-socc

写真
no title

【【サッカー】カズとバッジョ氏が日本で再会「絶対にやめるな、プレーし続けろ、後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
mig

38歳のロナウジーニョ氏が借金地獄に陥っているようだ。5日にスペイン紙『マルカ』が報じている

 現役時代はパリ・サンジェルマンやバルセロナ、ミランなどで活躍したロナウジーニョ氏。2003年から2008年まで在籍したバルセロナではリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、華麗なプレースタイルから“魔術師”と呼ばれた。2002年の日韓ワールドカップではブラジル代表を優勝に導いている。

 華やかな現役時代とは裏腹に、引退後は苦しい生活を強いられているようだ。同紙によると、借金返済が滞っていることを理由にブラジル裁判所から、ロナウジーニョとその兄弟に対して海外逃亡を防ぐためパスポート没収の判決を下したという。その際、ブラジル検察庁にロナウジーニョの口座が差し押さえられたが、残金は24.63レアル(約750円)しかなかったとのこと。

 そもそもの発端は、自然保護地区での違法建築にある。罰金200万ユーロ(約2億6000万円)以上の支払いを命じられたが、その支払いが滞っていた。

とはいえ、広告契約を結ぶために最近は中国や日本に行っていたとの情報も。そうなると口座の残金は今の生活様式に見合わないとの話だが、果たして…。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00295965-footballc-socc

【【驚愕】あのロナウジーニョ氏が借金地獄。口座残金750円…パスポート没収の判決も 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
サッカーで実戦デビューを果たしたボルト氏(AP)
 陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)が、プロサッカー選手になるという夢を、引き続き追い求める意向を示した。

 8月から練習参加していたオーストラリアAリーグのセントラルコーストではプロ契約に至らなかったことが2日に発表されていた。一夜明けた3日、オーストラリア紙ヘラルドサンのインタビューで「うまく行かなかったのは悲しいが、大きな経験を積めた。願わくば、違うチームで違うチャンスを得たいね。私の代理人に連絡が届いていると思う。まだ学んでいる途中だが、すごく成長できたしうまうなっていると感じている」と前向きに語った。

 2017年8月に陸陸上から引退したボルト氏は「長年の夢」というプロサッカー選手を目指し、プロチームの練習に参加。MF香川が所属するドイツ1部ドルトムントのほか、南アフリカ、ノルウェー、そして今回のオーストラリアと、すべてプロ契約には至らなかった。

 セントラルコーストからはオファーは受けたが、地元メディアによるとクラブから提示された年俸は15万豪州ドル(約1200万円)。ボルト氏側の要求する300万豪州ドル(約2億4000万円)とは大きな開きがあった。クラブはスポンサーを募ってオファー増額を試みたものの合意には至らなかった。

11/3(土) 22:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000216-spnannex-socc

写真
no title

【【ウサイン・ボルト】プロサッカー選手の夢あきらめず「違うチームで違うチャンスを得たい」 】の続きを読む

このページのトップヘ