ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: 第四期次席φ ★@\(^o^)/ 2014/06/13(金) 18:02:42.33 ID:???0.net
@FIFI_Egypt: 今朝のW杯初戦の審判判定を受けて「クロアチアの皆さん、日本を嫌いにならないで」
ってツイートしてた人がいたけど、スポーツを愛する人は、貴方と違って国籍で括らず、個人として見てるから、 その発言は逆に失礼だし、その表現に「日本人がこんなんですいません」みたいな含みがあって気分良くない。
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/477321067019517952


日刊スポーツ 6月13日(金)17時47分配信
 タレントのフィフィ(38)が13日、歌手宇多田ヒカル(31)がサッカーW杯開幕戦での主審判定が
物議をかもしていることを受けて「クロアチアの皆さん、日本を嫌いにならないで」などとツイートしたことに対し、「その発言は逆に失礼だ」と苦言を呈した。

 日本の西村雄一さんが主審を務めたブラジル対クロアチア戦の試合後半で、クロアチアの反則を取ってブラジルにPKが与えられたが、この判定を不服としたクロアチア側から西村主審への非難が浴びせられた。

 この判定をめぐる騒動を受けた宇多田の発言に対し、フィフィはTwitterで「今朝のW杯初戦の審判判定を受けて『クロアチアの皆さん、日本を嫌いにならないで』ってツイートしてた人がいたけど、スポーツを愛する人は、貴方と違って国籍で括らず、個人として見てるから、その発言は逆に失礼だ」と苦言。さらに「その表現に『日本人がこんなんですいません』みたいな含みがあって気分良くない」と批判した。

 なお、宇多田は先のツイート後に再びTwitterを更新し、「周りのサッカーファンがみんな誤審だって 騒いでたから鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった西村さんごめんなさいorz」と謝罪している。
78_01interiews

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140613-00000049-nksports-ent

【【サッカーW杯】フィフィ、宇多田のツイートに「国籍で括らず個人として見てるからその発言は逆に失礼」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2014/06/13(金) 13:00:03.18 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)
宇多田ヒカル ツイッターでW杯判定に言及“日本人嫌いにならないで”

no title

Photo By スポニチ

 シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(31)が13日、自身のツイッターでサッカーW杯ブラジル大会の開幕戦、ブラジル―クロアチアに言及した。

 「I hope Croatian people don’t hate Japanese people after their unfortunate match against Brazil today…」と英語でツイート。

 試合では、1―1の後半24分にペナルティーエリア内でクロアチアのDFロブレンがブラジルのFWフレッジを後ろから倒したとして、日本の西村主審はブラジルにPKを与えた。
この判定にはコバッチ監督が「あれがペナルティーなら我々はサッカーなんてしない方がいい。
バスケットボールをすべきだ」と憤慨し、ロブレンも「がっかり」とコメント。世界中を巻き込んで議論が続いている。

 宇多田は“不運な試合の後でも、クロアチアの人々が日本人を嫌いにならないで…”と願い、発言からわずか30分で600以上もリツイートされている。 

【【サッカーW杯】宇多田ヒカルがクロアチアの人々へメッセージ「日本人を嫌いにならないで…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: ◆Grampus/xc @しばみみ ★@\(^o^)/ 2014/06/13(金) 10:12:20.25 ID:???0.net BE:123479591-PLT(13001)
001


W杯初戦のPK判定に世界が沸騰 西村主審、ウィキペディアで「ブラジル人」と書き換えられた
theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日(金)8時50分配信

ワールドカップ(W杯)の注目度の高さは、やはりとんでもない。今大会の初戦では、一人の日本人に一気に焦点が当たった。

ブラジルW杯開幕戦となる開催国ブラジルとクロアチアの一戦で、ある日本人に大変な栄誉が与えられた。
西村雄一氏が、主審を任されたのだ。

まさに世界中が注目する試合でのレフェリングは、想像を絶する緊張を伴うものだろう。世界中がそのすべての動きを見つめ、そして感情を爆発させる。この日は、危うい方向へとベクトルが向いた。

世界の反応が沸騰したのは、69分の場面だ。クロアチアのペナルティエリア内でパスを受けたブラジル代表FWフレッジが倒されたとして、西村主審はPKを指示。このPKをネイマールが決め、ブラジルが逆転した。

【【サッカーW杯】初戦のPK判定に世界が沸騰!?西村主審、ウィキペディアで「ブラジル人」と書き換えられる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2014/06/12(木) 08:04:36.39 ID:???0.net
c684816f-s

サッカーワールドカップの開幕直前のブラジルで、日本人の旅行者や駐在員が相次いで犯罪の被害に遭い、現地の日本総領事館では、旅行者などに警戒するよう呼びかけています。

ブラジル最大の都市サンパウロにある日本総領事館によりますと、日本からワールドカップ観戦のために訪れていた男性が10日、サンパウロ市内の繁華街で、通りがかりの人に声をかけられて服が汚れていることに気付き、リュックサックを地面に置いて服の汚れを取っていたところ、リュックサックがなくなったということです。

中にはワールドカップの試合のチケット10枚のほか、パスポートやクレジットカード、それに現金1000ドルなどが入っていたということです。
男性にけがはありませんでした。

また、同じ10日、サンパウロ郊外の都市で、日本人の駐在員が乗用車に乗ろうとした際に、拳銃を持った3人組に一緒に車内に押し入られて脅され、その後、銀行に連れて行かれ、ATM=現金自動預け払い機で日本円にして4万6000円を引き出させられたあと、その現金や車などを奪われたということです。

この男性や一緒に乗っていた子どもにけがはありませんでした。

ブラジルでは、ふだんから犯罪が多発しているため、現地の日本総領事館では、ワールドカップの観戦に訪れる日本人の旅行者などに警戒するよう呼びかけています。

【【ブラジル】 W杯観戦 邦人の犯罪被害相次ぐ】の続きを読む

このページのトップヘ