ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
moreno

イタリア紙コリエレ・デロ・スポルトによると、02年ワールドカップ(W杯)の「韓国寄り」審判の2試合をめぐる不正疑惑について、両試合とも主審が買収されていたことが明らかになった。1日付で新華網が伝えた。

問題視されていたのは、1回戦の韓国対イタリア戦と準々決勝の対スペイン戦。イタリア戦ではエクアドル人のモレノ主審が、韓国の1点リードで迎えたアディショナルタイムで、イタリア選手に反則で退場を言い渡し、イタリアは10人で戦う羽目に。
その後もモレノ主審はイタリア選手の反則をとり、イタリア側が決めた得点もオフサイドで無効とした。試合は韓国が勝利して準々決勝に駒を進めた。

準々決勝の対スペイン戦ではエジプト人のガンドゥール主審が、アディショナルタイムでスペイン側が決めた得点をやはり無効とした。
韓国はPK戦でスペインを破り、4強入りを果たした。コリエレ・デロ・スポルト紙は「両試合とも主審に問題があったことを表す証拠がある。 いずれも韓国が受益者だった」と報じた。

スペイン戦のガンドゥール主審は、先ごろ米司法当局に起訴された国際サッカー連盟(FIFA)元副会長のジャック・ワーナー氏が送り込んだ人物。
イタリア戦のモレノ主審はこの試合直後に引退し、11年9月に麻薬売買で懲役2年6月が言い渡されている
FOCUS-ASIA.COM 6月1日(月)18時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150601-00000039-xinhua-cn
【【キタ━(゚∀゚)━!!!!】2002年サッカーW杯の韓国戦、「主審の買収」が確定!?イタリア紙が報道】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
ダウンロード (1)

国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件が世間を震撼させるなか、
イタリアメディアが、02年ワールドカップ(W杯)のイタリア対韓国戦で審判の判定に不正があった可能性を指摘している。
29日付で捜狐体育が伝えた。

日韓共催となった02年W杯で、韓国はベスト4入りを果たし、アジアサッカーの歴史を塗り替えた。
だが、今大会では「韓国寄りの審判」に各方面から不満が噴出していた。

イタリア紙コリエーレ・デロ・スポルトが問題視しているのは、韓国対イタリアの1回戦。
韓国の1点リードで迎えたアディショナルタイムで、主審がイタリア選手に反則で退場を言い渡し、イタリアは10人で戦う羽目に。
その後も主審はイタリア選手の反則をとり、イタリア側が決めた得点もオフサイドで無効となった。
試合は韓国が勝利して準々決勝に駒を進めた。

準々決勝でスペインと対戦した際も、誤審があったと指摘されている。
この試合でもアディショナルタイムでスペイン側が決めた得点を主審が無効とした。
韓国はPK戦でスペインを破り、4強入りを果たした。

両試合とも、主審の判定は韓国に有利なものばかりだとして、世界中から関心が寄せられ、複数のメディアがFIFAの裏工作を疑った。
当時は証拠がないため、うやむやに終わったが、今回の事件により真相の解明に期待が寄せられている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000044-xinhua-cn
【【FIFA汚職事件】02年W杯の韓国戦で不正があった可能性…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20150529-OYT1I50001-N

【ニューヨーク=水野哲也、チューリヒ(スイス)=石黒穣】サッカー・ワールドカップ(W杯)の地区予選を含む9大会の放送権を独占受注させるなどの見返りに、国際サッカー連盟(FIFA)の副会長らが企業から多額の賄賂を受け取っていた問題で、米司法当局は、汚職が20年以上も続いてきたことを明らかにした。

 スイスの司法当局も2018、22年大会の招致を巡る不正でFIFA本部の捜索を実施。
関係者の事情聴取も行う方針で、事件は今後、拡大する可能性も出てきた。

 賄賂の受け取りやマネーロンダリング(資金洗浄)などの罪で起訴されたのは、ジェフリー・ウェブ(英領ケイマン諸島)、エウヘニオ・フィゲレド(ウルグアイ)両副会長、ジャック・ワーナー元副会長(トリニダード・トバゴ)らFIFA関係者9人を含む計14人。
〈1〉W杯地区予選、南米選手権、南米クラブ選手権など9大会を巡る放送権などの受注
〈2〉2010年W杯南アフリカ大会の招致活動を巡る資金工作
〈3〉11年FIFA会長選を巡る資金工作――などが起訴対象となった。

 不正資金は米ニューヨークの金融機関などを経由して受取人が発覚しないようカリブ地域の租税回避地に開設した匿名口座、ダミー会社などに送金されていたという。
こうした資金操作は、米国の法令で禁じられている組織的不正行為に該当することから、米司法当局は2年前から内偵捜査を進めてきた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00050005-yom-socc
【【サッカーFIFA】9大会にかけて放送権受注で汚職…事件は今後、拡大する可能性も!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
youtube_0522














Youtubeより




イランリーグのテヘランに所属する22歳のGKアリレザ・ベイランヴァンドの
強肩が話題になっている。

ペナルティーエリア内でボールを受けたベイランヴァンドは味方選手めがけて
スローイング。このボールがハーフラインを越えて、相手ペナルティーエリア
近くまで届く。結果的に得点にはつながらなかったが、相手選手の脅威になっていることには違いない。

http://soccernow.jp/world-soccer/2015/0522/155751/
【【サッカー】イラン代表GKの強肩が凄い!!】の続きを読む

このページのトップヘ