ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
27824_ext_04_0

 サッカー好きの歌手・小柳ルミ子(65)が15日深夜に放送されたフジテレビ系の「サッカー・ロシアW杯ペルー―デンマーク戦」中継(深夜0時10分)に出演した。

 試合前のプレビュー枠内では、直前に行われたアルゼンチン―アイスランドが1―1の引き分けに終わったことを紹介。
小柳が熱狂的ファンのアルゼンチン代表FWメッシがPKを外すなど不発に終わった。

 試合ダイジェストでMCのジョン・カビラ(59)がメッシのPK失敗を強調すると小柳は「カビラさんうるさい!」
「カビラさんうるさい!」と連呼。カビラは「真実を述べているだけです」と返した。

 さらに小柳は「帰っていいですか」「私のW杯終わった」と落胆している様子。
PK失敗についても「読まれていた。ボールも弱かった」と意気消沈していた。

スポーツ報知 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000020-sph-ent 

【【サッカーW杯】小柳ルミ子「カビラさんうるさい!」「帰っていいですか」「私のW杯終わった」 メッシ不発に落胆 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
現地時間6月16日、ロシア・ワールドカップは3日目を迎え、首都モスクワで行なわれたアルゼンチン対アイスランドの一戦は、1‐1のドローに終わった。
 
 8割近いポゼッション率をマークし、総数27本のシュートを浴びせるなど、攻めに攻めたアルゼンチンと、ゴール前に10人の分厚い壁を作って最後まで守りに徹したアイスランドの攻防戦は、スタンドで戦況を見守った観客たちの興奮を誘った。
 
 アルゼンチンの言わずと知れたレジェンドであるディエゴ・マラドーナも、そのうちの一人だった。真っ赤なサングランスに、両手に時計というド派手な格好でVIP席に居座り、試合前からスタンドに大挙したアルゼンチン・サポーターを煽るなど、存在感の高さを伺わせると、ついにはタブーも犯す。

 試合会場となったスパルタク・スタジアムは禁煙で巨大ビジョンには「禁煙マーク」が掲示されていたにも関わらず、マラドーナは堂々と葉巻を燻らせて、ご満悦な表情を浮かべていたのだ。
 
 もちろん禁煙となっている場での喫煙はあるまじき行為である。だが、多少のワガママが押し通り、特別扱いを受けられるあたりにサッカー界の“神”たる所以を感じられ、そこまでは許容範囲であった。しかし、試合中にはまずい振る舞いもあった。

 スタンドで取材を行なっていたという英国営放送『BBC』のジャック・オアトリーさんによれば、マラドーナはスタンドに居合わせた韓国人のファンが「ディエゴ!」と声援をおくったのに対して、アジア人軽視と取られる吊り目のジェスチャーをやったというのだ。

 その瞬間を目撃したオアトリーさんは、「彼は目を横に吊り上げる明らかな人種差別行為をやったのよ。それを見た人たちは私を含めて愕然としたわ」と自身のツイッターを通じて報告している。

 アイスランドの堅固な守備に手を焼き、決定打に欠けた後輩たちのパフォーマンスにフラストレーションを溜めていたとはいえ、この行為が事実だとするならば、“神”といえども許されることではない。

サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180617-00042274-sdigestw-socc

写真
no title

【【マラドーナ】明らかな人種差別!アジア人軽視の吊り目ジェスチャーで問題に... 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
イケメン過ぎるモロッコ監督にネットがざわつく「ハリウッド俳優かよ」
 「イケメンすぎる」「めっちゃイケメン」「ハリウッド俳優かよ」

 日本時間15日深夜0時。午前3時からのポルトガル―スペイン戦に備えて仮眠していた人も多かったと思われるモロッコ―イラン戦で、ネット住民をざわつかせた噂のイケメン。モロッコ代表のエルヴェ・ルナール監督(49)その人である。

 トレードマークは清潔感あふれる白シャツ。日焼けした肌がひときわ映えるのは、レフ板効果もあるかも。しかもこの日はアンクル丈のパンツで、素足(またはごく浅い靴下)にシューズ。スタイリッシュすぎる…。

 1968年、フランスのエクスレバン生まれ。98年W杯フランス大会で、日本代表がベースキャンプを張ったリゾート地なので、ピンとくる人もいるだろう。

 現役時代のポジションはDF。カンヌなどで30歳までプレー。SCドラギニャンという下位クラブで指導者としてのキャリアをスタートさせ、ベトナムのクラブなどを渡り歩いた、見かけによらぬ苦労人である。

 08年にザンビア代表監督に就任。以後、アンゴラ、ザンビアなどアフリカの代表チームで実績を積み、14年W杯ブラジル大会で日本を破った(2○1)コートジボワール代表監督に、同大会後に就任。ハリルホジッチ前日本代表監督が率いていたリールの監督だったこともある。

 試合はあまりに悲劇的な結末を迎えた。試合を通じて攻め込みながらゴールを奪えず、後半ロスタイムにオウンゴールで敗れた。残る2戦の相手はポルトガルとスペイン。あまりに厳しいが、今大会でルナール監督の笑顔が見られることを祈りたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000069-sph-socc
no title

【【サッカー】イケメン過ぎるモロッコ監督にネットがざわつく「ハリウッド俳優かよ」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

20180616-00000068-spnannex-000-4-view

西野ジャパンに新たな不安要素が現れた。

 埼玉スタジアムなど一般的なピッチは20ミリだが、カザンの練習場ピッチの芝は24ミリと長い。
前日の開幕戦の映像を確認した指揮官は「ピッチがどこも悪い。ここも非常にやりにくい。
どうしてもボールがブレる。(初戦の)サランスクはさらに長いと聞いている」と嘆いた。

練習後には武藤や原口、乾がドリブルについて意見交換。
武藤は「芝も長いので、ドリブルがしにくい。(技の)バリエーションや可能性を想定した」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000068-spnannex-socc

【【サッカー日本代表に新たな不安要素】 西野監督「ピッチがどこも悪い」 武藤選手「芝が長く、ドリブルしにくい」 】の続きを読む

このページのトップヘ