ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2006年ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第6回
W杯で輝けなかった「エース」の本音~中村俊輔(1)


「俺は輝けなかったからね……」

 中村俊輔は、2006年ドイツW杯を振り返って、そう言った。

 ジーコ監督が率いた日本代表は当時、「史上最強チーム」と謳(うた)われた。2002年日韓共催W杯でベスト16に進出し、そのときの中心メンバーが軒並み残っており、そのときよりも各メンバーが経験を積み、選手としてさらに成長していたからだ。

 年齢的にも多くの選手が20代半ばから後半を迎え、円熟期にあった。世代別代表でも”世界”で結果を出してきたタレントぞろいのチームはポテンシャルが高く、大会直前の親善試合では、ドイツ相手に互角の勝負を演じた。メンバー構成だけでなく、そうした経緯からも、日本中のファン、そしてメディアはもちろん、選手自身も期待していたチームだった。

 中村はそのチームにあって、中田英寿とともにジーコ監督が信頼を置く絶対的な存在だった。

 しかし、W杯本番では”悪夢”のような試合が続いた。

 初戦のオーストラリア戦は、中村のゴールで先制。幸先のいいスタートを切ったかと思われたが、終盤、途中出場のティム・ケーヒルに同点ゴールを決められると失点を重ねて、1-3と逆転負けを喫した。

 続くクロアチア戦は決定的なチャンスがあったものの、それを生かせずにスコアレスドロー。最終戦のブラジル戦では、力の差を見せつけられて1-4で敗れた。前回大会以上の成績が期待された日本だったが、1分2敗でグループリーグ敗退に終わった。

 中村は3試合にフル出場し、1得点に終わった。

「もっとできたような、でも限界だったような大会だった」

 当時を思い出して、表情に苦いものが走る。

 なぜ、中村は輝けるはずの舞台で輝けなかったのだろうか。

 初戦のオーストラリア戦は、衝撃的な逆転負けだった。

 FKから中村が先制ゴールを決めたものの、勝利を目前にした試合終盤の後半39分に追いつかれた。うだるような暑さの中、オーストラリアに執拗にロングボールを蹴られて、守備に追われた日本はかなり疲弊していた。その結果、リードしている間は維持できていた気力や集中力も、同点にされた瞬間に完全に切れてしまった。わずか数分の間にトータル3ゴールも決められた。

 試合後、中村はピッチでしばらく呆然としていた。

 グループリーグの対戦相手からして、決勝トーナメントに駒を進めるためには、オーストラリアには絶対に勝たなければいけなかった。そういう相手に、しかも逆転で敗れたショックの大きさは、中村や他の選手の朦朧(もうろう)とした表情から読み取れた。

 続くクロアチア戦でも、中村は”らしい”プレーは見せられなかった。結果が出ないなか、中田と中村の両エースに批判が集中した。

 確かにドイツW杯での中村はその2年前、2004年アジアカップ優勝でMVPに輝いたときのような、”違い”を見せるプレーが少なかった。調子が上がらない中村は、日本が勝てない原因のひとつに挙げられた。

 そうした評価とは裏腹に、中村は自らの感覚的には「悪くない」と思っていた。

「俺自身は『なんでそこまで言われるのかなぁ』『わりとやれているじゃん』って思っていた。ただ、結果が出なかったからね。

 やっぱりチームが勝てなかったのは、自分の責任。それは、周囲から言われたからではなく、”10番”ってそういうものだし、その責任は重く受け止めていた。チームを勝たせる責任が”10番”の選手にはあるし、俺を信用してくれたジーコに『もっといい思いをさせてあげたかったなぁ』って思った」

 中村は、大会前と大会中、2度風邪を引いて発熱もあった。クロアチア戦の前は点滴を打って大事には至らなかったが、練習を途中で切り上げているので、かなり厳しい状況にあったのだろう。思うようなパフォーマンスができなかったのは、左足の親指の爪を割るなどの影響もあったが、発熱のダメージのほうが大きいように見えた。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010003-sportiva-socc
no title

【【サッカー】2006年ドイツW杯、中村俊輔が明かす「俺が輝けなかった」理由 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title
インテル在籍時、チャンピオンズリーグで「ロシアには1、2回来たことがある」という長友佑都(ガラタサライ)は、 「サッカーをする気候としては最高に良い環境」と絶賛した。同日にはついに本大会が開幕。
現在の心境面については「これ(金髪)を見たら分かるかなと(笑)」と笑顔を見せたが、
「自分の気持ちもフィットしてきた。熱い気持ち、強い気持ちでいたいですし、 髪型から僕の思いを感じ取ってもらえたら」と熱い気持ちを語った。

長友にとってワールドカップは今大会で3度目。南アフリカ大会の頃から、 日本代表をけん引してきた本田圭佑(パチューカ)や岡崎慎司(レスター)らとともに臨む 今大会について「みんなで刺激を与え合いながら乗り越え、這い上がってきた。とにかく成功したいですし、 このメンバーで最高の結果を出したいという強い思いは誰よりも持っていると思います」と改めて決意を口にした。

第1戦のコロンビア戦まであと5日となった。
コロンビアとは4年前のグループステージで対戦し1-4と大敗。
あの時の悔しさを晴らすには絶好の機会だ。
「前回大会の時はいわゆるビッグクラブと呼ばれるチームにいましたけど、戦うのはチーム名ではないので。 それ以上に僕らは今、たくさんのことを経験してきているので、もっとパワーアップしていると信じています。
その経験をピッチに上で、まずはコロンビア戦ですべて生かされるようにしっかりと準備していきます」と意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00776538-soccerk-socc 

【【サッカー日本代表】 長友選手 「髪型から僕の思いを感じ取ってもらえたら。僕らは経験しパワーアップしている」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180614-00776593-soccerk-000-1-view

メッシのそっくりさん登場にモスクワが大騒ぎ…出動した警官隊もサイン求める

 2018 FIFAワールドカップ ロシア開幕を前に、モスクワの赤の広場で大騒ぎが起きたようだ。6月13日にドイツメディア『スカイスポーツ』が伝えている。


 原因は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの“そっくりさん”が登場したためだ。以前からメッシ似で話題となっていたイラン人のレザ・パラステシュさんが、バルセロナのユニフォームを着て赤の広場を訪れたところ、自撮りやサインを求める人々が殺到。大きな人だかりができ、現場は大騒ぎとなった。

 あまりの混乱ぶりに、モスクワの警官隊も出動する事態となり、パラステシュさんは警官たちに連れられ、人だかりから救出された。ただ、パラステシュさんがInstagramに載せた動画では、警官たちもこの機会に便乗し、サインと写真を求めていた。

 フランス通信社『AFP』によると、パラステシュさんは「人々が僕を見て喜んでくれる姿を目にすることができて嬉しいよ」と今回の混乱を楽しんでいたようだ。

 なお、メッシ本人はアルゼンチン代表の一員として、6月16日にモスクワのスパルタク・スタジアムで行われる大会初戦のアイスランド戦に臨む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00776593-soccerk-socc
no title

【【ロシアW杯】メッシのそっくりさん登場にモスクワが大騒ぎ…出動した警官隊もサイン求める 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180613-00775734-soccerk-000-2-view

 日本代表は13日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのベースキャンプ地となるカザンへの出発前に、事前合宿地のゼーフェルト(オーストリア)で取材対応を行った。

 前日には国際親善試合でパラグアイ代表に4-2と逆転勝利を収め、西野朗監督体制での初白星を挙げた。この試合で出番のなかったDF長友佑都は、「チームとしてどうすれば自信を持って戦えるかという戦い方も見えた部分はある」と手応えを感じつつ、ワールドカップ経験者として気を引き締めるべきだと主張する。

「もちろん(W杯の)相手は昨日のパラグアイより断然強い。W杯は次元が違うので。それはもう2大会経験してきて、親善試合とはまったく雰囲気、レベルが違うなと思うので、もう一回引き締めないといけないです」

 今回の事前合宿では、なかなかポジティブな要素が見つからないチームに「明るい話題を」と髪を金色に染め上げたかと思えば、MF本田圭佑に厳しい言葉をぶつけるなど、ピッチ外でも周囲に気を配り、改善のための努力を続けてきた。そんな長友にとって、パラグアイ戦で盟友・香川真司が挙げたゴールは自分のことのように嬉しいものだった。

「彼はドルトムントで試合に出ていない中で代表に合流して、彼自身はポジティブに考えているんだけどやっぱり顔が冴えていなかった。そういうところを僕は10年間一緒にプレーしてきて感じていたからこそ、彼に普通の笑顔が出てきたなという感じがするので、W杯もこのままいってほしいなと思います」

 今大会にここまで強い想いを持っているのは、4年前のブラジル大会での悔しさはもちろん、8年前に見た先輩の存在が大きく関係している。当時23歳ながら全4試合にフル出場した長友は、隣でプレーした田中マルクス闘莉王や、スタメンを外されてもチームの為に尽くした中村俊輔の姿が「今になってすごく身に沁みている」という。

 だからこそ、「自分にやれることをサッカーで見せることはもちろん大事だけど、サッカー以外にもある」と強く感じている。「今になって俊さんの行動、闘莉王さんの言動が、痛いほど沁みていますよ。あのとき、どういう想いで僕たちに接してくれたのかっていうのがね」。31歳で自身3度目のW杯を迎える長友は、様々な想いを背負ってロシアのピッチに立つ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00775734-soccerk-socc

【【自身3度目のW杯へ…】長友佑都が「今になって身に沁みる」先輩の想いとは 】の続きを読む

このページのトップヘ