ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー

大物助っ人が行方不明? 神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)が、天皇杯準決勝のC大阪戦(23日・ヤンマー)と同決勝(来年1月1日・埼玉)を欠場することが19日、決定的となった。
けがの診断と治療のため、2日のリーグ清水戦(神戸ユ)後にドイツへ一時帰国したが、この日までに再来日せず、連絡も取れていないことが分かった。

 C大阪との“関西ダービー”を4日後に控えても、神戸市内の練習場にポドルスキの姿はなかった。けがの具合や再来日する時期などの連絡がなく、
吉田孝行監督代行(40)は「けがが長引くみたい」と困惑を隠せなかった。天皇杯の残り2試合は元ドイツ代表抜きで戦う覚悟を示した。

 ポドルスキは清水戦で股関節付近を痛めたもようで、後半17分に途中交代した。3~6日までのオフ中に都内で検査を受け、チームの許可を得て、ドイツに帰国した。
清水戦から2週間以上たっても音沙汰はなく、帰国したことを知らなかった選手もいたという。初タイトル獲得に向けて、チームが一丸とならなければならない状況でスーパースターが水を差した。

 2014年ブラジルW杯優勝メンバーは、14年にC大阪入りした元ウルグアイ代表FWフォルランと並ぶ、Jリーグ史上最高の推定年俸6億円、約3億1200万円の移籍金で7月に加入した。
大宮とのデビュー戦で2得点を挙げたが、公式戦18試合で5ゴールに終わった。大金に見合う結果は残せていない。

 吉田監督代行は退団の可能性について「それはない」と笑って否定した。一方で、別の関係者は「サッカー観の違いが出てきている。このまま戻って来ないかもしれない」と、大物助っ人にありがちな最悪のケースを恐れた。
契約を2年残しているポドルスキは来季、神戸のユニホームを着ているのだろうか。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000312-sph-socc

写真
no title

【【悲報】ポドルスキ(ヴィッセル神戸)行方不明!ドイツへ帰国2週間連絡なし? 天皇杯準決勝&決勝欠場へ 】の続きを読む

滋賀県にないJリーグクラブの設立を目指す「Jクラブ設立特命委員会」が立ち上がり、17日、大津市で第1回の会合が開かれた。県サッカー協会や県、県体育協会、草津市、東近江市、JFLのMIOびわこ滋賀などから代表が集まり、「オール滋賀」で取り組みを進めることを決めた。

 滋賀はJクラブやJ加盟の前提となる「百年構想クラブ」がない空白県のひとつ。県サッカー協会は、J3に最も近いMIOを軸にJ参入を進める方針を決め、さらに幅広い支援を得ようと、関係団体に特命委の設立を呼びかけた。

 会合は非公開で行い、県体協の河本英典会長を委員長に、滋賀経済団体連合会の大道良夫会長が副委員長に、自民党のスポーツビジネス小委員長を務める二之湯武史参院議員を座長にそれぞれ選び、課題などを話しあったという。委員の任期は2020年3月31日まで。

 県協会によると、「百年構想クラブ」になったりJ3に昇格するには、MIOで現在年間1億円程度の収入を1億5千~2億円程度に増やすことや、5千人収容などJ3の要件を満たすスタジアムの改修かサッカー専用スタジアムの建設が必要になる。草津市と東近江市を中心とした地域から県全域の支援体制の構築、1試合700人程度にとどまっている観客の動員アップなども求められる。

詳細はソースにて
http://s.kyoto-np.jp/sports/article/20171217000109

写真
no title

【【「オール滋賀」で取り組み?】滋賀県にないJリーグクラブの設立を目指す!「Jクラブ設立特命委員会」初会合!】の続きを読む

「サッカー・東アジアE-1選手権、日本1-4韓国」(16日、味の素スタジアム)

日本は韓国に1-4と完敗し、2勝1敗の勝ち点6で2位に終わった。
韓国は2勝1分けの同7とし、大会初の2連覇で4度目の優勝。大会最優秀選手には韓国のMF李在城が選ばれた。

大敗に怒り心頭だった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は「ひと言、情けない。がむしゃらになって取り返しにいく、代表としての誇りを持っているのか」と矛先を選手に向けた。

「久々にこんな試合を見た。3点差での敗戦は記憶にない」。
6月のW杯アジア最終予選・イラク戦で引き分けた際にも怒りを口にしたが「次元の違う情けなさ」とバッサリだ。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00000027-dal-socc

写真
no title

【【怒り心頭!】日本サッカー協会の田嶋幸三会長「がむしゃらになって取り返しにいく、代表としての誇りを持っているのか」 】の続きを読む

20171216-00000018-nkgendai-000-1-view

巨額のカネが動く。

 15日、来年行われるサッカーW杯ロシア大会・1次リーグを中継する放送局が決まった。NHKと民放各局によるくじ引きの末、初戦(6月19日)のコロンビア戦はNHK、2戦目(25日)のセネガル戦が日テレとNHKのBS1、そして3戦目のポーランド戦(28日)はフジテレビとなった。

 NHKは全64試合のうち、32試合を地上波で中継、BS1では全試合を録画放送し、民放各局も32試合を放送するが、気になるのはその放映権料。前回のブラジル大会で日本は400億円ともいわれる放映権料をFIFAに支払った。民放関係者が言う。

「回を追うごとに放映権料は跳ね上がり、今大会も少なくとも、前回と同等のカネが必要といわれている。ブラジル大会では400億円のうち、NHKが7割、民放各局が3割をそれぞれ負担したといわれています」

 仮に今大会の放映権料を前回同様の400億円とすると、たとえばNHKはW杯のためだけに280億円程度の莫大なカネが必要になる。


詳細はソースにて
日刊ゲンダイDIGITAL 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000018-nkgendai-socc 

【【NHKが280億円負担か?】サッカーW杯ロシア大会、巨額放映権料の“ツケ”は誰が払う?】の続きを読む

このページのトップヘ