ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > サッカー

サッカー


本田パチューカ退団へ “集大成”W杯逆転選出へ欧州復帰目指す
 ◇クラブW杯 パチューカ1―0グレミオ(2017年12月12日 アルアイン)

 MF本田圭佑(31)が今冬、パチューカを退団する意向であることが13日、分かった。複数の関係者によればクラブW杯後に退団の意思を正式に伝えるという。今後は欧州復帰を目指し、開幕まであと半年に迫った来年6月のW杯ロシア大会出場に備える。12日はクラブW杯準決勝の南米王者グレミオ(ブラジル)戦にフル出場。0―1で敗れたが、攻守に奮闘し、健在ぶりを示した。

 本田が在籍わずか6カ月でパチューカを去ることになりそうだ。現在、契約延長オファーを受けているが、返事は保留している。関係者によれば、今大会後にクラブ側に退団の意思を正式に伝えるという。既に欧州や米国の複数クラブが水面下で獲得の動きを見せており、来年6月のW杯ロシア大会を見据える本田が、新たな所属先を探すことになる。

 クラブW杯準決勝後、本田の口からは意味深な言葉が続いた。グレミオ戦は延長を含む120分間の死闘の末、0―1で敗退。試合後は「悔いはない。悔しいと言うより、パチューカに感謝している。会長含め関係者に。こういう機会をもらえたことはありがたい気持ちでいっぱい」と退団を示唆するような発言だった。



 来年6月のW杯ロシア大会は、サッカー人生の集大成と位置づけている。9月のW杯アジア最終予選を最後に日本代表から漏れているが、今冬、欧州に復帰し、結果を残すことでW杯への逆転選出をもくろむ。パチューカの一員としてクラブW杯に足跡を残した本田は、新天地からロシアを目指す。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000011-spnannex-socc
no title

【【本田圭佑パチューカ退団へ】“集大成”W杯逆転選出へ欧州復帰目指す!?】の続きを読む

木曜日、クリスティアーノ・ロナウドは5度目のバロンドールを獲得した。
バルサびいきの人間がリオネル・メッシのほうが相応しいと思うのは当然だが、そもそも今回はクリスティアーノではなかったという意見も多く存在している。

クリスティアーノ・ロナウド「私は歴史上でナンバーワンの選手だ」
そんな意見を持つひとりが、かつてFCバルセロナなどで活躍した元スペイン代表のフリオ・サリナスだ(1997-98には当時の横浜マリノスでもプレー)。

サリナスが特に不満に感じているのは、このポルトガル人選手が発言した「私は歴史上でナンバーワンの選手だ」というコメントである。
このコメントに対して、サリナスは次のようにツイートした。「もし君が本当に優れた選手なら、自分のことをナンバーワンなんて言わないと思う。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00010007-mdjp-socc

写真
no title


「サッカー」<C・ロナウド>「僕以上に完成された選手はいない」“歴代最高の選手”と自負
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512817908/

【【C・ロナウドにメッセージ】フリオ・サリナス「本当に5度のバロンドールに値するほどの選手なのか?」 】の続きを読む

日本と北朝鮮、中国、韓国の4カ国が出場するサッカー東アジアE-1選手権で、東アジアサッカー連盟が北朝鮮代表に大会賞金を支払わない方針を表明したことに対し、北朝鮮女子のキム・グァンミン監督は8日の中国戦後の会見で、「金のために(試合を)やっているわけではないが、共和国を制裁するのは良くないと考えている」と批判した。

 東アジア・サッカー連盟会長を務める日本サッカー協会の田嶋幸三会長が7日、「国際情勢、国連決議を踏まえて(賞金を)支払うことはできないと決めている」と話していた。

詳細はソースにて
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14002894/

写真
no title

【【サッカーE-1賞金なしを批判!】北朝鮮代表監督「金のためにやっているわけではないが、共和国を制裁するのは良くない」 】の続きを読む

no title

 DAZNと10年間の放映権で2100億円という大型契約を結んだJリーグ。各クラブへの固定配分金の他に“理念強化配分金”としてJ1の上位(1位~4位)までに配分金が支給されることになった。1位(優勝)には15億5000万円が3年間に分けて支給され、2位は7億円、3位が3億5000万円、4位には1億8000万円となっている。

 つまり悲願のJ1初優勝を果たした川崎が3億円の優勝賞金、3億5000万円の固定配分金に加えて理念強化配分金の15億5000万円を支給される権利を得るので、合計で22億円となる。ちなみにリーグ2位の鹿島は賞金1億2000万円に固定配分金3億5000万円と理念強化配分金の7億円が加算されて11億7000万円。優勝と2位で、約2倍の差がつくわけだ。

 3位のセレッソ大阪が賞金6000万円、固定配分金3億5000万円、理念強化配分金3億5000万円、ルヴァン杯の優勝賞金1億5000万円で合わせて9億1000万円、4位の柏レイソルは理念強化配分金1億8000万円と固定配分金で5億3000万円となる。優勝と4位では4倍の差となる。無論5位以下との差は例示する必要も無いだろう。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171207-00000058-sasahi-socc

【【サッカー】優勝チームに15億円超 巨額マネーでJリーグに“格差社会”が到来 】の続きを読む

このページのトップヘ