ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 南米

南米

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
20160707-00000030-jij_afp-000-3-view

ブラジル当局は6日、五輪開幕が1か月後に迫ったリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)で、市内の治安維持のため新たに投入された警察部隊が早速、銃撃を受け応戦する事態が発生したことを明らかにした。それでも、ミシェル・テメル(Michel Temer)暫定大統領は大会期間中の「万全の平和」を約束している。

8月5日に開幕し21日まで開催されるリオデジャネイロ五輪には、選手1万500人の参加と観光客50万人の訪問が見込まれている。ブラジル政府は、訪れる人々の安全を確保するため治安部隊を増強し、約8万5000人の警官と兵士をリオ市内やサッカー競技が開催される各都市に展開している。これは、2012年のロンドン五輪の倍の規模だ。

しかし、治安の悪いリオ北部では5日、警察のエリート部隊が銃撃される事件が起きた。司法省報道官によると、偵察任務から戻る途中の警察車両に向けて発砲があり、警察側が銃で応戦。数秒間にわたる撃ち合いになったという。
サイドミラーに銃弾が当たったが、負傷者はいないという。

リオ市内では警察と麻薬組織との銃撃戦がほぼ日常的に発生しているが、五輪警備のため大規模な治安部隊が投入されてからは初めて。

しかし、テメル氏をはじめ暫定政府の閣僚らは6日、五輪観戦客が恐れることは何もないとのコメントを相次いで発表した。
ラウル・ジュングマン(Raul Jungmann)国防相は記者会見で、五輪について「平和を保証できる」「幸福かつ平穏な大会となると期待している」などと述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000030-jij_afp-spo
【【リオ五輪】五輪の治安対策「万全」のリオデジャネイロ、増強した警察部隊が銃撃戦!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
五輪開幕を目前に控えたリオで衛生面での懸念が浮上




ブラジルの研究者が5日、抗生剤に強い耐性をもつ「スーパー耐性菌」がリオデジャネイロの海岸で検出されていたことを明らかにした。
オリンピックの開幕を1カ月後に控え、選手なども不安を募らせている。

研究チームを率いるレナータ・ピカオ氏によると、2013~14年の1年間に5カ所のビーチで採取した海水から、耐性菌の「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)」が検出された。
「濃度はまちまちだが、汚染と強く関連している」という。耐性菌は周辺の病院の下水から湾に流れ込み、市内の河川などに流入したと思われる。

未処理の下水が河川などに流れ込む状況は現在も続いているため、耐性菌の値に変化はないとピカオ氏は推定。
次の段階として、こうした海で泳いだりした場合に耐性菌が及ぼす影響を調べる予定だという。
スーパー耐性菌は、セーリング競技の舞台となるグアナバラ湾に面したフラメンゴとボタフォゴのビーチでも検出された。

リオデジャネイロを訪れたドイツのパラリンピックのセーリング選手は、「セーリングにはいい場所だけれど、顔に水がかかるたびに未知の敵が顔に入り込むような気がする」と話し、「鼻と口をずっとふさいでいる」と打ち明ける。
チームメートの1人が練習中に重度の皮膚感染症を起こしたのは、耐性菌が原因だったかもしれないとも語った。

ピカオ氏は耐性菌の存在について、市内の衛生設備が整っていないことに原因があると指摘し、「病院の下水が市の下水と混じってグアナバラ湾や河川に流れ込み、ビーチに到達した」と解説する。

これに対して市の下水道公社は、世界保健機関(WHO)が定めた基準は守っていると述べ、「市の下水の51%は処理されている」と強調した。下水処理は7年前は11%にとどまっていたという。5月には市西部に新しい下水処理工場が完成しており、約43万人をカバーする予定。
リオデジャネイロは2009年にオリンピック開催地として名乗りを上げた時点で、汚染された河川を浄化し、全世帯の80%に下水処理システムを行き渡らせると約束していた。
耐性菌の不安はあるものの、ピカオ氏も組織委員会も、危険性がはっきりしないとしてセーリング会場の変更は勧告していない。
「もし選手が感染すれば、多耐性菌の可能性があり、医師もそのことを知っておく必要がある」とピカオ氏は言う。

スーパー耐性菌は、観光客にも地元の人にも人気があるレブロンやイパネマのビーチでも陽性反応が出たといい、「自分の子どもは連れて行かない」とピカオ氏。「海水を通じて接触した場合、人の健康にどのようなリスクがあるのか、研究を進める必要がある」と話している。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35085425.html
【【ブラジル】リオの海に「スーパー耐性菌」、五輪会場付近や観光ビーチでも】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
五輪開幕まで約1か月となったブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)の空港で4日、警察官らが「地獄へようこそ」と書かれた横断幕を掲げ、給与未払いの現状に抗議した。

殉職した警察官に見立てたマネキンも置かれ、動揺する観光客の姿も見られた。

抗議デモが行われたのは、8月5日に開幕する五輪に向け、観光客約50万人の主な玄関口となるアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港(Carlos Jobim International Airport、ガレオン国際空港)。デモには、警察官や消防士ら100人以上が参加した。

職員らが掲げた横断幕には、「地獄へようこそ。警察と消防士には給料が支払われていない。リオデジャネイロに来る人は誰も安全ではない」と書かれていた。

今年に入り、リオデジャネイロでは殉職した警察官が50人を超えている。床に並べられた制服姿のマネキンは、これらの殉職者を象徴するものだ。

抗議に参加したベテラン警察官のネトさん(56)は、「市民や外国人観光客にブラジルの現実を知ってもらうためにここにいる」と語った。

リオデジャネイロ州の財政難を背景に、リオの警察官らは先週から始まった抗議デモを通じて、給与が何か月も十分に支払われていない現状を訴えている。

リオデジャネイロでは16年第1四半期、殺人事件の発生件数が、前年に比べて15%増加。

路上強盗など、殺人以外の犯罪も増えており、1日には44万5000ドル(約4500万円)相当の五輪取材向けテレビ機器を搬送していたトラックが襲撃される事件も起きたばかりだ。

抗議デモを目の当たりにした観光客は、「素晴らしい都市として知られるリオなのに…」と、警察官らによる「歓迎」に困惑した様子だった。

報道によると、連邦政府による緊急支援を受けた州政府は4日、救急隊員や教師、病院職員、刑務官らに対して、未払い分の支払い手続きを開始したという。

(c)AFP/Sebastian Smith and Madeleine Pradel
http://www.afpbb.com/articles/-/3092930

 







【【ブラジル】「地獄へようこそ」、リオ警察が空港で抗議デモ 観光客困惑[7/5]】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
rio-beach-body-parts-found-2-exlarge-169

切断遺体の漂着現場付近を走る人。左奥がビーチバレー会場。

五輪開幕まであと38日となったブラジル・リオデジャネイロ市の警察当局は29日、観光名所コパカバーナ海岸にあるビーチバレー会場近くに切断された遺体の一部が漂着する事件があったと報告した。

海岸の訪問客が見付けたのは人間の足などで、切断された遺体は女性もしくは若年層の成人とみている。軍警察によると、身元はまだ判明していない。被害者が死亡したいきさつなどもわかっていない。

五輪の競技会場近くで発覚した今回のおぞましい事件は同市の治安に対する懸念を改めてかきたてる可能性もある。

リオ五輪をめぐっては難問や混乱が次々と起きており、円滑な大会運営を危ぶむ見方も根強い。リオデジャネイロ州は財政危機に直面して緊急の資金援助を要請。
ジカウイルス感染症(ジカ熱)対策も引き続き迫られ、法執行機関要員の給料未払いも発覚してデモ騒ぎとなった。

また、聖火リレーにバケツの水をかけようとする男が逮捕されたり、聖火リレー関連行事に駆り出されていた動物園のジャガーが逃げ出し、射殺される騒ぎも起きた。

http://www.cnn.co.jp/world/35085144.html
【【日常?】リオデジャネイロ五輪ビーチバレー会場近くに人間の切断遺体が漂着】の続きを読む

このページのトップヘ