ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 殺人・傷害・事件

殺人・傷害・事件

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180116-00000131-mai-000-5-view

◇最寄り駅の防犯カメラ捜査で、犯罪早期発覚の可能性も

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、昨年9月末の3日間に現場近くで相次いで消息を絶ち、その後、犠牲者と判明した福島市とさいたま市の女子高生2人について、神奈川県警内で集団自殺を疑う声が上がっていたことが同県警への取材で分かった。事件性を考慮し、最寄り駅の防犯カメラを捜査していれば、犯罪が早期に発覚していた可能性がある。結果として集団自殺が行われそうな山中に捜索範囲を広げる対応にとどまった。

 殺人容疑などで逮捕された白石隆浩容疑者(27)のアパートから遺体で見つかった福島市の高校3年の女子生徒(17)は昨年9月27日に、さいたま市の高校2年の女子生徒(17)は同30日に行方不明になった。2人は6人目と7人目の被害者とみられている。

 家族から届け出を受けた福島、埼玉の両県警が2人の携帯電話の電波を調べたところ、白石容疑者のアパートから約20メートル離れたマンション屋上に設置された基地局が、それぞれ同28日と同30日に最後の電波を拾っていたことが判明した。

 神奈川県警によると、福島県警からの捜索要請を受けた同28日、座間署は捜索に署員4人を投入。
約3時間にわたって市内の公園や公衆トイレなどを捜した。10月2日には埼玉県警から捜索要請があり、この時点で3日の間に少女2人が同じエリアで行方を絶ったことを把握したことになる。

 神奈川県警の内部では、署や県警本部の関係者数十人がこの情報に接していたといい、二つの行方不明事案を結び付けて「集団自殺ではないか」との声も上がった。このため同署は4人態勢で自殺者が集まりそうな場所がないか調べたり、捜索範囲を周辺の山中に広げたりしたという。

 ただ、事件に巻き込まれた可能性が考慮されることはなく、2人が利用したとみられるアパート最寄りの小田急小田原線相武台前駅や付近の防犯カメラは調べられなかった。

 神奈川県警はその理由について、福島、埼玉両県警からの要請が「通常勤務の範囲での捜索」であり、切迫性がなかったため--と説明。
「できる限りの対応は取った」(神奈川県警人身安全対策課)としている。

 犯罪捜査に詳しい立正大の小宮信夫教授(犯罪学)は「10代の女性が行方不明になれば、その後、さまざまな犯罪に巻き込まれる可能性がある。集団自殺が想定されたなら、自殺の教唆やほう助などの事件性まで考慮して対応すべきだった。カメラを調べていれば、結果は違っていたかもしれない」と指摘する。


(以下ソースで)

毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00000131-mai-soci

【【座間9遺体】神奈川県警「集団自殺ではないか」捜査初期には事件性を考慮していなかった!?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20171110-00000012-jct-000-2-view

 神奈川県座間市のアパートで発見された遺体9人の身元がすべて特定され、テレビや新聞が一斉に 「顔写真付き」で報じ始めた。同時に、こうした報道にネット上では違和感が出ている。

 被害者の多くは自殺志願者という言葉とともに伝えられてきた。遺体は解体された状態で見つかった。
犯罪史上異例のセンシティブな事件という受け止めから、インターネット上では「この上更に晒し者にする意味あるわけ?」といった声が続出している。
被害者の顔写真つき報道の現状について、J-CASTニュースは弁護士に見解を聞いた。

■「家族にそっと教えてやるだけじゃあかんのか?」

 警視庁は2017年11月10日未明、DNA型鑑定の結果、8人の身元を特定したと公表。6日に確認されていた女性1人を含め、 被害者9人全員の身元が特定された。9人は15~26歳で未成年者が4人いた。

 10日未明から各新聞・テレビでは被害者の名前や居住地、さらに顔写真を報道。全国紙の同日朝刊をみると、朝日は39面(社会面)に載せたが、読売・毎日・産経は1面にカラーで顔写真を掲載した。

 被害者の多くはインターネット上で自殺をほのめかす投稿をしていたとされ、言葉巧みに白石隆浩容疑者に連れ込まれた。
遺体はバラバラに解体され、頭部はクーラーボックスから発見された。アパートからはさらにいくつもの骨が発見されている。
性的暴行をされた被害者もいたという。

 過去にも犯罪被害者の顔写真つき報道には疑問が出ることがあった。その中でも座間の事件は特に、残虐性や被害者の置かれていた立場などに鑑み、顔写真を含めた報道に 「そっとしといてやればいいのにな」といった声がネット掲示板やツイッターに書き込まれている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000012-jct-soci&p=1 

【【座間9遺体】マスコミが被害者9人の「顔写真」一斉報道 ネットでは批判の声も「晒し者にする意味があるのか?」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)の部屋から、「何かを煮込んだような臭い」が頻繁にしていたことが9日、分かった。管理会社の関係者が明かした。アパートのオーナーは、プロボクサーでWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥の父真吾さんと判明。真吾さんは取材に「困惑している」と苦しい胸の内を明かした。

 管理会社の関係者は、白石容疑者が入居した8月22日から事件発覚まで8回以上、アパート管理のため現場を訪れた。事件現場の205号室の前を通るたび換気扇から臭いがし、「毎回、生暖かい風が出ていて、何かを煮込んだような臭いだった。常に同じ臭い。刺激臭ではなかった」と振り返った。昼間が多かった。白石容疑者はこれまでの供述で遺体の頭部と骨以外の肉や内臓は「ゴミとして捨てた」と話している。

 白石容疑者は8月18日、「部屋を内覧したい」と不動産会社を訪れた。実際に部屋を見ると「すぐに入居したい」と話したという。入居月の1カ月分、家賃が無料になるサービスがあるから9月1日の入居にしては、とアドバイスしても即入居を希望した。

 直筆の申込書と身分証明書など契約に必要な書類は同21日までに全てそろえた。職業欄が空欄だったため「仕事は?」と聞くと「すぐ働く。もう仕事は決まっている」と話したという。

詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00049252-nksports-soci
no title

【【座間9人遺棄事件】アパートの家主・井上尚弥の父「困惑している」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
KANAGAWA_PREFECTURAL_POLICE_Japan

神奈川県警は10日、職場の旅行積立金を着服したとして、少年育成課の男性警部補(49)を停職6カ月の懲戒処分にした。

また、女性を盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反の疑いで、厚木署地域課の男性巡査(21)を書類送検し、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。
いずれも同日付で依願退職した。

監察官室によると、警部補は5~7月、数十回にわたり旅行積立金など計約196万円を着服した。
休暇中に別の課員が通帳の残高不足に気付き発覚した。
警部補は「返せば問題ないと思った。パチンコをするためだった」と供述。
全額弁済しており、県警は事件化しない。

巡査の書類送検容疑は9月19日午後、神奈川県座間市のパチンコ店で、従業員の女性(27)のスカート内をスマートフォンで盗撮した疑い。
「下着を見たい感情を抑えきれなかった」と供述しているという。

詳細はソースにて
https://www.nikkansports.com/general/news/201711100000584.html

【【着服に盗撮…】神奈川県警、相次ぐ不祥事「信用失墜」】の続きを読む

このページのトップヘ