ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 病院・医療

病院・医療

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
LU2JOoge95fUGv2_yExgC_44

9月24日、女優の川島なお美が54歳の若さで亡くなった。川島なお美が人間ドックによって小さな腫瘍を見つけたのが2013年の8月。
2014年1月28日、12時間にわたる胆管がんの腹腔鏡手術を受け、胆のうを摘出した。
その後、川島なお美は自身が実践している民間療法について、ブログで紹介してきた。

2014年3月27日のブログには、

「素晴らしい民間療法との出会いがありました」

というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。
腫瘍発見から手術までに期間が空いたのも、納得のいく医師を見つけられなかったからとしている。

●抗がん剤は使わずに貫いた「女優道」

7月5日のブログには、自身のがんは「完治した」とし、川島は抗がん剤を使わないことと民間療法を紹介していた。
その内容は、食事のほかに免疫力アップのためのビタミンC濃縮点滴、電磁波による邪気を取り除くといったものだった。

後日の報道で、川島さんのがんは寛解していなかったことが判明しているが、体にメスを入れたり、抗がん剤の副作用とされる髪の毛等の脱毛もなく、最後まで「女優・川島なお美」を貫き続けたことは明らかだ。

川島は9月7日、シャンパンの宣伝のために夫のパティシエ・鎧塚俊彦氏(49)と記者発表に登場した。司会者から体調について聞かれ、

「邪気を払ったり、体を温めたりして治療をしてます」

とハリのある声で答えていた。「激やせ」と報じられたこの日の会見から10日後、出演していた舞台「パルレ」を降板。その1週間後に、川島さんは早すぎる死を遂げてしまった。

亡くなる直前まで舞台に立っていた川島の死には衝撃と悲しみが走ったが、川島が取り組んでいた民間療法の内容が判明すると、ネット上がザワついた。その内容とは、「ごしんじょう療法」と呼ばれる金の延べ棒だったからだ。

ごしんじょう療法は貴田晞照(きだきしょう)氏が編み出した療法で、日本全国に貴田氏の弟子をはじめとする治療院が存在する。
純金の延べ棒を患部や体全体に当てたりさすったりするものだ。

「スピリッチュアルかよ」
「治るわけねえ」
「現実逃避」

ネット上では、その治療法にドン引きする声が相次いだ。スピリチュアルというと、EXILEのATSUSHI(35)がハマる生体エネルギーや、元オセロの中島知子(44)の洗脳騒動など、一緒に働くメンバーにまで悪影響を与えていると報じられ、怪しいイメージが大きい。

さらに、早期治療を行わず、民間治療に頼った末に助からなかった点は、すい臓がんで亡くなったアップルのスティーブ・ジョブズさんと一緒だと、残念がる声もあった。

川島さんと同じ事務所のタレント・山田邦子(55)は9月25日、TBSテレビ系「情報ライブ ビビット」で、川島さんが2013年7月に「余命1年」と告げられていたことを明かした。
テレビなどの報道で川島さんの深刻な病状を知った人からは、「好きなことをして亡くなったのなら」と同情する声もあった。

民間療法の是非はさまざまな意見があるだろう。しかし、がんと向き合った結果、自分らしく生涯を全うしたという事実は、揺るぎない。
【【現実逃避?】川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
H1409733985

注射筒入り袋内にゴキブリ 高砂市民病院に搬入

兵庫県内大手の医療機器専門商社「宮野医療器」(神戸市中央区)が高砂市民病院(高砂市荒井町)に 搬入した注射筒入りの袋に、ゴキブリが混入していたことが24日、分かった。

同社や病院関係者によると、注射筒は2本ずつ入れた袋を2~3セットにしてパック詰めにしていた。
18日、病院内で職員が見つけ、高砂市が同社に原因究明を求めていた。

同社は「神戸市須磨区の倉庫で、パック詰めにした際に混入した可能性が高い」と説明したという。
同市は、同社に対し聞き取りや立ち入り調査をする予定。

同社は「大変申し訳ない。原因を究明し、再発防止を徹底したい」としている。

(小林隆宏、武藤邦生)
【【兵庫】注射筒入り袋内にゴキブリが混入 パック詰めにした際に混入した可能性】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
news2598738_6

群馬大学病院で腹腔鏡手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、同じ医師の手術を受けた別の患者12人も、手術の後、死亡していたことがわかりました。
この医師による手術の後、死亡した患者は、合わせて30人に上ります。

 群馬大学病院では、40代の男性医師による腹腔鏡を使った肝臓の手術を受けた患者8人が相次いで死亡したほか、別の患者10人が、同じ医師による開腹手術の後、死亡したことがわかっています。

 被害対策弁護団によりますと、病院側の調査で、さらに別の患者12人も、同じ医師による手術の後、死亡していたことがわかりました。これで、死亡した患者は合わせて30人に上ります。

 25日の弁護団の会見には、患者3人の遺族が初めて出席しました。

 「どんな気持ちで手術に向かったか、実際に助けようと思って手術をしたのか、どんな気持ちで取り組んでくれたのかが一番知りたいと思います」(母親を亡くした女性)

 弁護団や遺族は、手術をした医師に直接説明を求める要望書を病院側や調査委員会に提出しています。
【【衝撃】群馬大病院、腹腔鏡手術でさらに10人死亡していたことが判明!計30人死亡…遺族、執刀医の説明求める】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
07814b1d

群馬大病院の術後死、新たに12例が判明
2015年08月31日 03時00分
 群馬大学病院(前橋市)で肝臓手術を受けた患者が相次ぎ死亡した問題で、第三者からなる新たな医療事故調査委員会(委員長=上田裕一・奈良県総合医療センター総長)の初会合が30日、東京都内で開かれた。

 会議後に記者会見した上田委員長は、大学側の調査で新たに12人の死亡が判明し、公表されていた18人と合わせ30人の死亡例が示されたことを明らかにした。今後、診療内容を詳しくみる医学的評価を専門学会に委託。30人の死亡例を中心に問題を調べる。

 初会合では、調査対象を2007~14年に同病院で行われた肝胆膵かんたんすい(肝臓、胆道、膵臓)の全手術とすることなどを確認した。上田委員長によると、この日は大学側が経緯を説明し、委員が意見交換した。

【【新たに12例判明!】群馬大病院の肝臓手術後の死亡・・・合計30例】の続きを読む

このページのトップヘ