ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > NHK

NHK

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
19日に行われたロシアW杯・日本対コロンビアは、2-1で日本が勝利。開始早々の香川真司のPK、FW大迫のヘディングシュートで大金星。日本がアジア勢初の南米勢勝利という快挙を成し遂げた。

 この試合はやはり「怒涛の前半」が非常に重要だった。開始早々大迫はチャンスを作り、PK&コロンビアレッドカード。香川真司がしっかりと1点を確保し、11対10の状況に。その後も日本のアグレッシブな守備と数的有利で主導権を握ったが、ゲームが落ち着いた前半終盤に攻め込まれ、フリーキックで同点。上々ではあるが、地力の差を考えると油断できない状態のまま前半終了となった。

 もちろんその後、放送したNHKでは前半ハイライトや解説者の話を入れた。それまでは別によかった。いや、それだけでよかったのだろう。

 ハーフタイムにまさか「ライブ」が行われると思った人は、少なかったのかもしれない。

「今大会のNHKテーマソング『VOLT-AGE』を歌うSuchmosのライブがハーフタイムに行われたんです。パブリックビューイングをしていたNHKホールで行われたんですが、まったく盛り上がっていなかったという情報があります......視聴者も『なんだこの曲』『試合中は試合に集中させてくれ』『この状況でなぜわけわからんバンドのライブを聞かなければならない』『意味不明な上にかっこよくもない』と大ブーイングでした。

もともと今回の曲は、内容の意図などはともかく『W杯にふさわしくない』『タマシイレボリューション(Superfly)でいい』など最初から否定的な声が多数でした。Suchmos自体は新進気鋭のバンドなのですが、いかんせんマッチしていないようです......」(記者)

 ファンからは満足の声もあるが、サッカーファンの多くからは否定的な意見が多かったようだ。NHKの編成の問題なのかもしれない。Suchmosとしては不運だったか......。

2018.06.20
http://biz-journal.jp/i/gj/2018/06/post_7019_entry.html

写真
no title

【【サッカーW杯日本戦】NHK「SuchmosハーフTライブ」に批判多数!「まったく盛り上がらない」「試合だけでいい」】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
bf319_368_3f0c1e8e838fb7d81eab79c6262e54a3

テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」が現実味を帯びてきた。

ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設も視野にNHKが平成31年度の実施を目指す中、政府の規制改革推進会議がまとめた答申が、「NHKの同時配信の是非について早期に結論を得る」と容認姿勢をにじませたためだ。実施に向けた布石が次々と打たれるが、肥大化による民業圧迫も懸念される。(大塚創造)

「今、受信契約を結んでいる方を対象に同時配信をスタートさせたい」。NHKの上田良一会長が7日の会見でそう述べたように、同時配信は開始時、受信契約締結世帯向けの付加サービスとして行う方針だ。契約が確認できないネットのみの視聴世帯には画面にメッセージを表示して制限する。
しかし、将来的にはテレビを持たないネットのみの視聴世帯にも負担を求める可能性は極めて濃厚だ。

規制改革推進会議の答申を受けて今後は、総務省を中心に検討が進められる。同時配信実施には放送法の改正が必要となるが、昨夏以降、同時配信をめぐる動きは活発化している。

まず、NHK幹部が同時配信について、「将来的に本来業務」などと発言。さらに、NHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」も、ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設について「合理性がある」と答申した。

こうした動きに対し、NHKの肥大化を懸念する民放側は猛反発。その後、NHK幹部が「放送の補完」と火消しに走り、サービス開始時にはネットのみの視聴世帯に対する受信料を徴収しない考えも表明した。
民放と視聴者に配慮した格好だが、NHK幹部の“本来業務発言”には受信料新設のもくろみが透けて見える。

NHKは受信料制度について、29年12月の最高裁判決で「合憲」のお墨付きを得ており、29年度末には受信料の支払い率も目標の80%を達成。32年度には受信料収入が7108億円に達し、過去最高を更新し続ける見込みだが、将来的には人口減に伴う受信料減は必至で、ネットのみの受信料新設は悲願といえる。

受信料で運営されているNHKが事業を次々と拡大して肥大化すれば、民業圧迫は避けられない。NHK検討委の答申によると、ネットのみの視聴世帯に対する新たな受信料は、スマートフォンやパソコンを持っているだけでは請求されず、受信アプリをインストールした段階などでの課金を想定している。しかし、テレビと同様に、その後はスマホなどを持っているだけで請求される可能性もあり、警戒が必要だ。



立教大学名誉教授の服部孝章氏(メディア法)の話「テレビを見る人が減り、ネットを見る人が増える中、NHKの同時配信は受信料新設も見据えて保険を掛けているといえる。
世界的に見ても年間で7千億円もの資金を集められる事業体は稀有(けう)で、地方局が疲弊してネットワーク維持に懸命な民放キー局にとって脅威だ。

同時配信の是非をめぐる議論では、NHKが集めた受信料を、日本の放送、通信にどのように使って貢献していくのかについて、視聴者に丁寧に説明することが必要だ」

産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/14841012/

【【NHK】ネット同時配信へ 受信料新設へ布石着々 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
8159e_929_spnldpc-20180523-0115-002-p-0

NHKが23日、東京・渋谷の同局で放送総局長定例会見を行い、ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」で14日に放送されたサッカー日本代表FW本田圭佑(31)のHPなどでの出演回の予告で「誤解を招く表現」があったことを改めて謝罪した。

表現のミスが起きた経緯について、広報部は「担当者のほうに確認しましたけれど、担当者間の確認が不十分だったとのことで、訂正しお詫びをさせていただいたということです」とし、 予告されていた「ハリルホジッチ元監督解任の舞台裏」について本田が実際に発言したかどうかについては「そのようなことは語っていませんでした」とした。

木田幸紀放送総局長は「番組の制作責任者はそういうことも含めて目配りをして放送に臨むことが当然の仕事ですので、目配りが足りなかったということだと思う」と陳謝。
訂正を本田本人にも謝罪したというが「こちらから説明はさせていただきましたが、本人からクレームのようなものはございませんでした」と明かした。

同局は4日、番組予告で実際にはインタビューで触れていないのに「ハリルホジッチ監督解任の舞台裏」という文言を使用したとし、ホームページ上に謝罪文を掲載していた。

スポニチアネックス
http://news.livedoor.com/article/detail/14756409/

【NHK総局長「プロフェッショナル」本田圭佑特集での「誤解を招く表現」を改めて謝罪 】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 NHKは同局に保存されていない番組を主に家庭用VTRのビデオテープから探し出す「番組発掘プロジェクト」で、1979~82年放送の人形劇「プリンプリン物語」(全656回)の未発掘分が残り1本になったと15日までに発表した。

 15歳の少女プリンプリン(声・石川ひとみ)が、まだ見ぬ故郷と両親を探し求め、仲間たちと旅をするミュージカル風の人形劇。

 未発掘分が残り3本(総集編を含めると残り11本)になってから「全く進展がなく、これ以上は見つからないのだろうか…そう思っていたところに、驚きのビッグ情報です」。長野県在住の男性から「実家(三重県)の母が放映当時録画していたものです。ベータ方式(3倍速)・オープニングカット有り・状態不明ながら、第132回以降、第656回まで、欠番もありますが、約248回分(テープ24本分)を保管しているようです」と公式サイトに連絡が入った。
「番組発掘プロジェクトのスタッフは皆、色めき立ちました!」と興奮。スタッフがテープを確認した結果、冒頭や末尾が欠落している回もあるが、一気に計10本が発掘された。

 これにより、未発掘は第265回「マンガン王国編 ねらわれたプリンプリンの命2」(80年5月27日放送)の1本分、欠落回は5本分(第66回、第314回、第317回、第408回、第411回)となった。ついに、あと1本。番組発掘プロジェクトは「皆さん!最後の一押しに是非ご協力をお願いいたします!」と呼び掛けている。

 番組発掘プロジェクトにより、昨年7~12月にはBSプレミアムでファン待望の再放送が実現した。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/15/kiji/20180515s00041000213000c.html
no title

【【人形劇】NHK発掘計画「プリンプリン物語」残り1本に!一気に10本見つかり「最後の一押しにご協力を」 】の続きを読む

このページのトップヘ