ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > NHK

NHK

20171216-00000018-nkgendai-000-1-view

巨額のカネが動く。

 15日、来年行われるサッカーW杯ロシア大会・1次リーグを中継する放送局が決まった。NHKと民放各局によるくじ引きの末、初戦(6月19日)のコロンビア戦はNHK、2戦目(25日)のセネガル戦が日テレとNHKのBS1、そして3戦目のポーランド戦(28日)はフジテレビとなった。

 NHKは全64試合のうち、32試合を地上波で中継、BS1では全試合を録画放送し、民放各局も32試合を放送するが、気になるのはその放映権料。前回のブラジル大会で日本は400億円ともいわれる放映権料をFIFAに支払った。民放関係者が言う。

「回を追うごとに放映権料は跳ね上がり、今大会も少なくとも、前回と同等のカネが必要といわれている。ブラジル大会では400億円のうち、NHKが7割、民放各局が3割をそれぞれ負担したといわれています」

 仮に今大会の放映権料を前回同様の400億円とすると、たとえばNHKはW杯のためだけに280億円程度の莫大なカネが必要になる。


詳細はソースにて
日刊ゲンダイDIGITAL 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000018-nkgendai-socc 

【【NHKが280億円負担か?】サッカーW杯ロシア大会、巨額放映権料の“ツケ”は誰が払う?】の続きを読む

NHK集金人が女子の家を夜遅くに訪れ、あまりにもしつこい訪問を繰り返した。

女子は恐ろしく感じたのか、尼崎市議会議員の武原正二氏に対して「悪質な集金人がいる」という情報を提供。武原正二氏が女子の家にやってきたNHK集金人を撃退し、そのようすがYouTubeに掲載され、話題を呼んでいる。

すでに数万人が視聴しており「NHKは早く滅びろ!」と怒りをあらわにしている人がいるなど、炎上状態となっている。

・手紙を1日に17通も女子の家に入れる
女子がこのNHK集金人に恐怖を感じたポイントは多々あるようだが、「本日放送受信料の件で訪問させていただきました」という手紙を1日に17通も女子の家に入れていたという点が最大の恐怖ポイントだろう。夜遅くに訪問するのも異常だが、1日17通はサイコな恐ろしさを感じるレベル。

詳細はソースにて

http://buzz-plus.com/article/2017/12/15/nhk-staff-defense/
no title



【【炎上】NHK集金人が女の家に1日17枚も手紙入れる・・・ 市議会議員が異常なNHK集金人を直撃し女を救う動画 】の続きを読む


no title

“アムラー”に支えられて…

 突然の引退発表をきっかけに巻き起こった安室奈美恵(40)フィーバー。
しかし、その折も折、独占インタビューを報じたNHKの特番が大コケしてしまった。紅白歌合戦出場への“呼び水”ともされていたのに、どんな理由があったのか。
 11月8日にリリースされたベストアルバム「Finally」は、発売第1週で111万枚を突破。ダブルミリオンの達成は、ほぼ確実な勢いである。

 芸能記者に聞くと、
「さらに、来年2月からはナゴヤドームを皮切りに国内5大ドームツアーと、香港、台湾などの海外公演も始まります。すべてを合わせた観客動員数は70万人。
それでも、チケットのプラチナ化は免れない。平成の歌姫の最後の姿を目に焼きつけようと、チケット争奪戦が勃発するのは間違いありません」
安室フィーバーは、序章が始まったばかり。

 ところが、11月23日に放送されたNHKの特番「安室奈美恵『告白』」は、なぜか大コケだったのだ。
夜10時からオンエアの1時間番組だったが、平均視聴率は9・1%。それに対し、裏番組の「秘密のケンミンSHOWスペシャル」(日テレ系)は、10・1%だった。
大手紙やスポーツ紙のラテ欄などで、大々的に番組宣伝を行ったのに、同時間帯のトップにすらなれなかったのである。

詳細はソースにて
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/12140559/ 
【【特番が大コケ・・・】安室奈美恵の NHKでもしらけムード 】の続きを読む

ダウンロード

 NHKは、営業職員約900人、戸別訪問する地域スタッフ約2千人、委託先の外部会社約300社という態勢(平成27年度の集計)で受信料の契約、徴収を行っている。対象の数は約5400万世帯、約550万事業所と膨大だ。現場からは「摩擦も多く、ストレスが大きい」との悲鳴も上がる。

 ケーブルテレビの加入時や家電店でのテレビ購入時に契約手続きを進めるなど、他の業種とも連携して効率化を図る。だが未契約者が自ら受信料の支払いを申し出る例は少なく、戸別訪問によってテレビの設置を確認し、契約を勧める活動は欠かせない。

 営業職員の一人によると、地域スタッフや外部会社の社員は、それぞれ1日当たり100~200件の訪問をこなす。対象が未契約や不払いの世帯のため、営業職員は「摩擦も多く、ストレスが大きい仕事」と漏らす。

詳細はソースにて
http://www.sankei.com/affairs/news/171206/afr1712060055-n1.html

【【NHK受信料「合憲」】現場からは「摩擦も多く、ストレスが大きい」との悲鳴も 膨大で困難な受信料徴収 】の続きを読む

このページのトップヘ