ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > NHK

NHK

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。
主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。

長谷川は大河ドラマ初主演。
大河出演は2013年「八重の桜」以来。
今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。

東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。
「明智光秀は謎めいた、ミステリアスな人物。いろいろと想像で池端先生にお話をさせてもらった時に、池端先生から明智光秀像が鮮烈で、やらなければならないなと思いました。長旅になりますけど、これを乗り越えた後に、人が見れないような景色が見れるのではと思い、しっかりやりたい。明智光秀は三日天下ですけど、やり遂げた後に1年ぐらい天下がほしい」と意気込んだ。

大河第29作「太平記」を手掛けた池端氏のオリジナル脚本。
大河としては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てる。
物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描く。

詳細はソースにて

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000123-spnannex-ent

長谷川博己
no title


★1=2018/04/19(木) 16:18:52.53
前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524122332/

【【NHK・20年大河ドラマ】長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の生涯を描く!!】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180413-00000003-ykf-000-3-view

NHKを退社し、ジャーナリストの道を歩み始めた有働由美子・元アナウンサー(49)。フリーになった途端、メディアでは毀誉褒貶が飛び交っているが、あっさりと8年も続いたレギュラー番組を降板した潔さには、局内から称賛の声も聞こえてくるのだ。

「NHKはたとえ人気アナウンサーでも一局員にすぎない。同じ部署に3年いたら、異動対象になります。
井上あさひアナ(36)が『ニュースウオッチ9』を降りた後、京都放送局に異動したのも通常の人事異動でしたから」と放送関係者。

8年も『あさイチ』のキャスターを続けていること自体が異例だったわけだ。この放送関係者は「もちろん高視聴率が望めることや共演の井ノ原快彦(41)側の希望もあり、顔ぶれが変わらなかったという面もありますが、降板は来たるべくして来たということです」とも。

「あさイチ」の後任には、若手の有望株である近江友里恵アナ(29)が就いている。まさに後進に道を譲った形だが、「次々と若手アナが育ってきている中、いつまでも異動もなく東京に籍を置き続けるアナウンサーがいるため、若手アナがなかなか東京に上がってこれないのです。
ある意味、有働さんの決断は後進のためには評価されています」と別の関係者はささやく。

そんな有働さんの去就を受けて、批判のやり玉に挙がっているのが、小野文惠アナ(49)と青山祐子アナ(45)なのだという。

「小野アナは、立川志の輔とのコンビでMCを務める『ガッテン!』が1997年から21年目、笑福亭鶴瓶と共演する『鶴瓶の家族に乾杯』が98年から20年目と異例の長期レギュラーです。
これだけ異動していないアナウンサーはいないでしょうね。現在の夫はNHKの理事を務めています」と先の関係者。

さらに「青山アナは育休中です。産休・育休を取ることは当然の権利ですし、問題になることではない。ただそれが出産と妊娠を繰り返して、6年も続いているとなるとどうしても批判の声が上がってくる。
育休中にセレブパーティーをしようが、それは本人の自由です。ただ、彼女の分、東京に上がってこれない人が出てくるわけですから」とも。

有働さんの退社は思わぬ波紋を広げているようだ。

詳細はソースにて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000003-ykf-ent 
【【NHK】有働由美子元アナ、“男気”退社が思わぬ余波!批判浴びる居座りアナたち 産休・育休繰り返し6年の青山アナら】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180408-00000018-khks-000-4-view

 山形、山梨両県で当時20代の女性3人を乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われたNHK山形放送局の元記者弦本(つるもと)康孝被告(29)=懲戒免職=の裁判員裁判初公判が10日、山形地裁(児島光夫裁判長)で開かれた。被告は「全て間違っている。私はやっていない」と否認。弁護側は現場で採取された遺留物のDNA型が被告と一致したとされる鑑定は「信用できない」として無罪を主張した。判決は25日の予定。

 冒頭陳述で検察側は、2014年の山梨県内の事件では、取材で知り合った女性を懇親会の帰りにタクシーで送って自宅を把握。犯行時には被害者の顔などを撮影し、画像をパソコンに保存していたと指摘した。遺留物のDNA型の鑑定結果については「被告と完全に一致している。鑑定は個人を識別するのに確立された方法で信用できる」と反論した。

 起訴状によると、弦本被告は山形放送局の記者だった16年2月23日、山形市内の女性宅に侵入して性的暴行を加え、約2週間のけがをさせたほか、甲府放送局に勤務していた13年12月と14年10月にも山梨県内の女性宅に侵入し、乱暴したとされる。

 被害者はいずれも1人暮らし。就寝中を狙って早朝に侵入し、抵抗を防ぐため被害者の口を手でふさぐなどしたほか、13年の山梨県内の事件では、被害者の口にクロロホルムをしみ込ませた紙タオルを押し当てたとされる。

 弦本被告は11年4月に入局し、甲府放送局に配属。15年7月に山形放送局に異動し、昨年2月16日付で懲戒免職となった。

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180410_53071.html

【【NHK】元記者強姦致傷、初公判3件全て否認「全て間違っている。私はやっていない」 】の続きを読む

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
20180325-00000145-spnannex-000-6-view

 NHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜後8・00)の特別番組が4月1日の同時間帯に放送されることが25日、分かった。特別編の放送は大河ドラマとしては初の試みとなる。25日に第12回を放送。4月1日に特別編、第13回は4月8日に放送する。

 特別編「~西郷どんと斉彬 密着120日~」では主人公・西郷隆盛(吉之助)役を務める鈴木亮平(34)とカリスマ藩主・島津斉彬を演じる渡辺謙(58)のスペシャル対談や舞台裏密着ドキュメントを伝える。

 鈴木は対談後「謙さんには何度か食事に連れて行っていただいているので、そこでいろいろお話することはあるのですが、改めてこういう対談の場でお話させていただくと緊張しました。本当はもっと話したいことがたくさんありましたが…。素敵な時間でした。撮影中はどうしても『殿』として見ていますし、緊張してしまいますので、撮影が全部終わってから、もう一度謙さんと対談したいです」とコメント。

 渡辺は「今回の対談は、普段話していることとあまり変わらなかったのですが、撮影現場ではどうしても目線の位置が上と下で違っていますが、対談では話す目線の高さが一緒なので、不思議な感じがしました。楽しかったです」と語った。

 同作は当初予定の50回から放送回数を全47回に減らし、同時間帯に特別編を3回放送する。選挙速報で放送時間を繰り上げることはあるが、同時間帯に特別編を組み込むのは異例。
詳細はソースにて
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000145-spnannex-ent 
【【大河ドラマ・西郷どん】4月1日特番放送 大河初の試み、本編休止し同じ時間帯に放送 】の続きを読む

このページのトップヘ