ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > NHK

NHK

NHK_Broadcasting_Center_2016

 NHK受信料制度等検討委員会(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は12日、受信料徴収率を上げるために電力会社などに居住情報を照会できる制度の検討をNHKに促す内容を盛り込んだ答申をまとめた。

 委員会は、2月に設置された上田良一会長の諮問機関。受信料の公平負担のあり方などについて議論しており、同日、NHK執行部に検討結果を伝えた。

 受信料の支払率は2016年度末で78・2%。答申では、オートロックのマンションが増えたことなどにより訪問での受信料の契約活動が難しくなっていることを指摘。電力会社や郵便局などの公益事業者が持つ未払い世帯の氏名や住所情報を照会できるような制度を「整備、運用する妥当性もあると考えられる」とした。導入には放送法の改正が必要になるが、電力会社や郵便局が持つ個人情報を徴収に活用する海外の公共放送では、支払率が90%を超すという。

詳細はソースにて
http://www.asahi.com/articles/ASK9D5R9LK9DUCVL01V.html

【NHK検討委「受信料未払いを減らすため、電力会社に住所を聞ける制度を作るべき」】の続きを読む

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)は20日、第33話「嫌われ政次の一生」を放送。主人公・井伊直虎(柴咲コウ)の幼なじみで、井伊家の筆頭家老・小野政次(まさつぐ)の最期が描かれた。“嫌われ役”に徹した政次の生涯を俳優・高橋一生(36)が好演。井伊家を守り続けた男の壮絶なラストに涙する視聴者が続出し、早くも“政次ロス”が広がっている。



 井伊家を守るため、壮絶な最期を迎えた政次。放送直後からインターネット上では「涙が止まらない。悲しくて悲しくて仕方がない」「来週からどうしたいいんだろう…」など“政次ロス”を嘆く声が続出した。また「政次を近藤の手の者で処刑されるくらいなら自分の一槍で処刑とは…」「こんなの涙なしで見られない」「ドラマ史上最も泣いた」と直虎の決断に涙する声が相次いだ。

詳細はソースにて

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/20/kiji/20170820s00041000259000c.html
no title

【【NHK大河ドラマ】「おんな城主 直虎」高橋一生、壮絶ラストにネット号泣 早くも“政次ロス”広がる】の続きを読む

  • カテゴリ:
NHK_Broadcasting_Center_2016



 NHK受信料制度等検討委員会は25日、2019年に番組のネット常時同時配信が実現した場合の受信料について答申をまとめ、上田良一会長に提出した。テレビを持たず、常時同時配信のみを利用する世帯に現行受信料と同額程度の新たな費用負担を求めることが柱で、同時配信や新たな費用負担の導入には放送法改正が必要になる。NHKは答申を踏まえ、今秋にも方針を決定する。

 答申では、費用負担を求めるのは、スマートフォンなどで視聴アプリのダウンロードなどをした世帯で、スマホやパソコンを持つだけでは負担を求めない。ログインしない場合も、衛星放送のようにある程度視聴できる「緩やかな認証」が適当だとした。また、受信料徴収への理解や法改正が進むまでの暫定措置として一定期間無料にする案なども挙げた。【犬飼直幸】

詳細はソースにて
https://mainichi.jp/articles/20170726/k00/00m/040/126000c

【NHK検討委「ネットしかない家でも受信料を取るべき。居住者情報も照会できるようにしよう」】の続きを読む

C5-91YQVAAAsA7M

妻の松居一代(60)との離婚バトルで連日注目を集める俳優の船越英一郎(56)。
だが司会をつとめるNHKの情報番組「ごごナマ」にはいま、“追い風”が吹き始めているという。

「『オトナの井戸端、作りました』の触れ込みで4月3日にスタートした同番組。社会問題などには
触れず、ゲストとの緩いトークと生活情報がメインで放送していた。そのため裏かぶりする
各局の昼のワイドショーに押され大苦戦。視聴率はとってもせいぜい3%ほどだった。
ところが松居との騒動が勃発すると船越が生でどんな発言をするか注目が集まり、視聴率が
4%を超える日もあるといいます」(放送担当記者)

松居はYouTubeに船越の不倫を“告発”する動画を投稿。船越の事務所は不倫を否定したものの、
船越本人は一切コメントしていない。NHKとしては、扱いが難しいようだ。

「船越さんが不倫をしていたとしても法に触れる行為ではないので、局の内規では番組を
降板させる基準には当たらない。とはいえ船越さんが松居さんに申請している離婚調停が
こじれた場合は、離婚訴訟で長期化することが濃厚です。となると、視聴者からの抗議が
想定される。局内でもどうすべきか、評価が二分しています」(NHK関係者)

だが船越サイドにとって厳し過ぎる決断が、10月の改変を前に下されそうだという。

「視聴率はもうしばらくすると徐々にダウンしていくでしょう。そうなると局としても
『視聴率の低迷を理由に10月改編でリニューアル』という体のいい理由をつけることでしか、
船越を“降板”させる術がない。実際、その方向で話が進められていると聞いています」
(前出・NHK関係者)

離婚騒動が解決しない限り、この先も船越は“無傷”ではいられないようだ。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170717-00010005-jisin-ent

【【船越英一郎「ごごナマ」降板も…】NHKが頭を悩ます10月問題】の続きを読む

このページのトップヘ