ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 朝日新聞・テレビ朝日

朝日新聞・テレビ朝日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
最近は紙の新聞を目にする機会も減りつつあるが、その信用度を調査。
https://sirabee.com/2018/10/14/20161827239/
no title

(Dave & Les Jacobs/iStock/Getty Images Plus)

紙の新聞をとっていない人は、増え続けている。ウェブに配信された記事は見たことがあっても、紙の新聞を目にしたことがない人さえ、今後は増えていくことだろう。
新聞メディアが担ってきたものは、高い取材力と深い知見からの分析、それらが裏付ける情報の信用度だ。では逆に、今、信用されていないのは、どの新聞なのだろうか。

■「朝日新聞」が4割

しらべぇ編集部が、全国20~60代の男女1,344名を対象に調査したところ、「もっとも信用できない」と答えた人が一番多かったのは、朝日新聞で男性の44.2%、女性では少し下がって34.7%を占めた。
no title

2位の読売新聞は、男女差が逆で、女性のほうが約5ポイントほど信用していない割合が高い。僅差で産経新聞が続き、もっとも少なかったのは、日経新聞という結果となった。

日経は、「信頼できる新聞」という調査でも1位に輝いていたため、納得できる結果と言える。

■若い男性の朝日不信が目立つ

では、今回1位となった朝日新聞は、実際にどのような人たちに信用されていないのだろうか。男女年代別で見てみると…
no title

どの年代でも、男性の不信感が女性を大きく上回っている。とくに30代男性では5割に及んだ。また、60代では男女とも比較的低いが、すべての世代で1位に選ばれている。

「ネトウヨ」などと呼ばれるような一部の人から批判的に見られているのではなく、かなり多くの人たちが疑いの目を持っているというのは、認識しておいたほうがよさそうだ。

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

【【朝日新聞】「もっとも信用できない新聞」すべての世代で1位に輝いたのは?…「信頼できる新聞」1位は日経 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title

小川彩佳アナ『報ステ』卒業で涙 7年半に感謝

 テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のサブキャスターを7年半にわたって担当した、同局の小川彩佳アナウンサー(33)が28日、同番組を卒業した。最後のあいさつで小川アナは涙をぬぐい「本当に不器用でいたらない点が多かったサブキャスターでしたが、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。

 小川アナは今後、10月からインターネットテレビ局「AbemaTV」の看板ニュース番組『AbemaPrime(アベマプライム)』(月~金 後9:00~11:00)の司会進行役でレギュラー出演する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000394-oric-ent

【【テレ朝】小川彩佳アナ『報ステ』卒業で涙 7年半に感謝 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
テレ朝 松尾由美子アナ 年下指揮者の川瀬賢太郎氏と結婚「家庭内のハーモニーを大切に」

 テレビ朝日「グッド!モーニグ」(月~金前4・55)のキャスターを務める松尾由美子アナ(39)が、指揮者の川瀬賢太郎氏(33)と結婚した。同局によると今月、婚姻届を提出。挙式、披露宴は未定という。

 2002年4月入社。東日本大震災の被災現場を積極的に取材するなど、報道畑を歩んだアナウンサーで「題名のない音楽会」のアシスタントも務めている。2016年7月、川瀬氏が受賞した「出光音楽賞」の授賞式で松尾アナが司会を務めたことから知り合い昨年8月から交際していた。今後も仕事を続け、担当番組の変更はないという。「お互い支え合い家庭内のハーモニーを大切にして、これまで以上に仕事に精進していきたい」などとコメントした。川瀬氏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者などを務めている。


テレビ朝日の松尾由美子アナ
no title


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000000-spnannex-ent

【【テレ朝】 松尾由美子アナ 年下指揮者の川瀬賢太郎氏と結婚「家庭内のハーモニーを大切に」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
no title


今これほど注目を浴びているアイドルはいない。アイドルグループ、欅坂(けやきざか)46で不動のセンターを務める平手友梨奈さん(17)。
初主演で初主演の映画「響―HIBIKI―」で天才女子高生作家を演じ、人気沸騰中だ。

アイドル評論家の中森明夫さんにアイドル史をひもときながら、平手さんの魅力を語ってもらった。

にっこりと笑うタイプではなくて、憂いを含んでいる。どこか懐かしく、ミステリアスな雰囲気は山口百恵さんを彷彿(ほうふつ)させます。

アイドル史を見ると、1970年代は百恵さん、南沙織さん、80年代は松田聖子さん、
小泉今日子さんと、ソロの全盛でしたが、現在のアイドルの特徴はグループです。

AKBグループは、誰をセンターにするかプロデューサーが決めるのみではなく、選挙形式をも導入して人気の基準を作っているように見えます。
そんな中、彼女はセンターを務め続けている唯一無二の存在です。

日本武道館のライブが、平手さんがけがをしたことで、関連グループの公演に差し替えとなったことは象徴的な出来事でした。
https://www.asahi.com/articles/ASL9N3583L9NUCVL001.html?iref=pc_extlink


【【朝日新聞】 脚光浴びる平手友梨奈 山口百恵を彷彿】の続きを読む

このページのトップヘ