ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 朝日新聞・テレビ朝日

朝日新聞・テレビ朝日


240px-Flag_of_the_Asahi_Shinbun_Company

(社説)天下り調査 これでは実態が見えぬ

文部科学省の組織ぐるみの天下りあっせん問題を受けて、内閣人事局が全府省庁の実態を調べた結果を先週、公表した。

 現役職員が就職先を紹介するなど、再就職規制違反の疑いのある事例は12省庁で27件あった。
情報提供などのOBの関与も複数、確認された。

 しかし、人事課や事務次官らがかかわった、文科省のような組織ぐるみのあっせんの疑いは確認できなかったという。

 さらに納得しがたいのは、報告書の核心部分である、組織的なあっせんが確認できないとした根拠の弱さだ。
任意調査の限界とはいえ、説得力に欠ける。

 かつては離職後2年間、密接な関係のあった企業への再就職を禁じる規定があった。第1次安倍政権が撤廃し、
かわりに官民をつなぐ人材交流センターなどを設けたが、十分に機能していないのが実情だ。

 癒着を断つせめてもの一歩として、「2年」規定の復活を検討すべきだ。

詳細はソースにて
http://www.asahi.com/articles/DA3S12998717.html

【【アホの朝日がハシゴ外しwww】 文科省の天下り問題はケシカラン 徹底的に調べ責任者を吊し上げ】の続きを読む

冨永 格@tanutinn 5時間前
経験則だけど、有名無名のネトウヨが盛んに反応してくるのは彼らにとって痛いところをツイートされた時かな。

ミスターK@arapanman 5時間前
金子勝さんはそういう反応があると「効いてる効いてる」って嬉しくなるってラジオで言ってました。

冨永 格@tanutinn 4時間前
私は性格がいいのでそこまでは(笑)

冨永 格
no title


「天声人語」を6年間担当
http://www.asahi.com/shimbun/company/csr/journalism/topic2j.html

【朝日記者「ネトウヨは痛いとこつかれると盛んに反応してくるwww」】の続きを読む

240px-Flag_of_the_Asahi_Shinbun_Company

文氏は20日の米ワシントン・ポスト紙のインタビューで、慰安婦問題について「(解決するためには)日本政府がその行為について法的責任を受け入れ、公式に謝罪することだ」と発言。
日本外務省は22日、在韓日本大使館の鈴木秀生次席公使が韓国外交省の鄭炳元(チョンビョンウォン)東北アジア局長に電話し、「2015年末の日韓合意で『最終的かつ不可逆的解決』を確認している」と申し入れた。

 文氏はまた、22日のロイター通信のインタビューで「日本は、慰安婦問題を含む韓国との歴史問題を解決するための十分な努力をしていない」と指摘。
日本外務省幹部が23日、在日韓国大使館次席公使に電話し日本政府の立場を伝えた。

 このほか、韓国・釜山市議会の福祉環境委員会は23日、日本総領事館前の「少女像」を市が保護することを可能にする条例案を全会一致で可決した。30日の本会議で成立する見通し。
同市議会は日韓合意に反発する世論の影響を受けやすいとされており、日本政府が求める像の移転がさらに難しくなる可能性もある。

 北朝鮮への対応で韓国との連携を重視する日本は、慰安婦問題をめぐる不協和音が日韓関係全般に悪影響を及ぼすのは避けたい考えだ。
外務省幹部は「(首脳同士が頻繁に行き来する)シャトル外交の再開にも影響を及ぼしかねない」(外務省幹部)と懸念する。

日本政府、文大統領の発言に抗議 くすぶる慰安婦問題

詳細はソースにて
http://www.asahi.com/articles/ASK6R5SRTK6RUTFK00K.html

【朝日新聞「慰安婦問題で日韓関係に悪影響が出ている」】の続きを読む

240px-Flag_of_the_Asahi_Shinbun_Company

 朝日新聞大阪本社の小滝ちひろ編集委員が、静岡県・伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突した事故について、同社公認のツイッターに「不明の乗組員にはお気の毒ですが、戦場でもないところでなにやってんの、と。」と書き込み、その後削除して謝罪していたことが20日、分かった。

 小滝氏は17日に投稿、19日に削除し、ツイッター上で「米軍・コンテナ船事故に関するツイートを削除します。事故に遭われた方やそのご家族への配慮に欠け、不適切でした。不快な思いをされた方々におわびします」と謝罪した。

 同社広報担当によると、インターネット上に批判が集まり、社内からも不適切との指摘があったという。

 小滝氏は1986年に入社、高松総局次長などを経て、2006年から編集委員を務め、社寺や文化財の取材を担当している。



古川伝(つたえ)・大阪本社編集局長の話

 「多くの犠牲者が出た事故であり、ご遺族や関係者のみなさまへの配慮に欠けた投稿だったと受け止めており、おわび申し上げます」

http://www.sankei.com/affairs/news/170620/afr1706200024-n1.html
【【イージス艦衝突事故で】朝日新聞編集委員「戦場でもないところでなにやってんの」 】の続きを読む

このページのトップヘ