ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 朝日新聞・テレビ朝日

朝日新聞・テレビ朝日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
que-10189265280

安田バッシングは「村八分」の構図 玉川徹、再び自己責任論を批判し「ネットなんか見なきゃいいんですけどね」

 シリアで拘束されていた安田純平さんが帰国してから10日あまり。渡航をめぐる「自己責任論」は、まだくすぶっている。

 そんな中、一貫してバッシングから擁護しているのが、テレビ朝日解説委員の玉川徹氏だ。2018年11月5日の「羽鳥慎一モーニングショー」でも、日本が「村社会」だとして、自己責任論への非難を続けている。

■「村のおきてに背いて...」

 玉川氏はこれまで、ジャーナリストは民主主義を守るために存在するとの立場から、自己責任論を批判し続けてきた。最初は安田さんの解放が伝えられた翌日の10月24日、自己責任論について「僕は否定しておきたい。釘を刺しておきたい」とし、

  「民主主義が大事だと思っている国民であれば、民主主義を守るために色んなものを暴こうとしている人たちを『英雄』として迎えないでどうするんですか」

と主張した。

 続く11月1日の放送では、玉川氏の発言に懐疑的な元大阪市長の橋下徹氏と「対決」。共演者の高木美保さんから「(英雄発言は)フライングだったと思う」と指摘され、「ネットでバッシング起きていたから発言した」「逆に、安田さんを苦しめているなら、フライングは真摯に受け止めたいと思う」などと釈明している。

 そして5日の番組で玉川氏は、橋下氏との討論などを受け、週末に考えたことを振り返った。

  「村のおきてに背いた奴は村八分だ。そういう風なことなんだろうなと僕、理解しました。いまだに『村社会日本』なんですよ。結局、政府が止めたのに行って、こういう目にあって、助ける必要がないなんて言うのは、村のおきてに背いただろと。村のおきてに背いて、お前そんなことになってるんだから、村は助ける必要がない。まさにそういう風なことだろうと」

「脱亜入欧はできていない」

 その後、羽鳥慎一キャスターが、過去の類似事例をもとに、海外からの声を紹介する。フランスでは「大統領が出迎えた」、イギリスでは「批判するという発想はありません」。しかし韓国では「『無謀だった』と激しい非難。自己責任論が起きた」との反応だったと説明すると、玉川氏はこうコメントした。

  「民主主義とか個人主義が成熟している国では、こんな(自己責任を問う)話、起きないんですよ。実は日本も韓国も、いまだに社会が『村社会』なんですね。そういう風な国の特徴だろう、と。この『自己責任論』ってのは。ああ、なるほどそういうことかと(納得した)。実は日本の中で、今回バッシングなんかをしている人の結構な割合の人は、韓国とか嫌いな人たちです。ところが、やってること(非難)は、韓国とまったく一緒のことやってるんです」

 そのうえで、自分と違う意見の人を認めず、「気に入らない奴は、村から出ていけ」と言うのは、民主国家として成熟できていないからとし、日本は明治期に富国強兵をしたが、いまなお「脱亜入欧はできていない」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000010-jct-soci


【【テレ朝】安田バッシングは「村八分」の構図 玉川徹、再び自己責任論を批判し「ネットなんか見なきゃいいんですけどね」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

no title

no title

no title

no title


10月31日の本番も暴行や痴漢などで13人が逮捕される事態となってしまった渋谷のハロウィーン。
AbemaTV『Abema的ニュースショー』では、司会進行の三谷紬・テレビ朝日アナウンサーと、上京してまだ2か月、渋谷に来るのは初めてという渡辺ADが現場の様子を取材した。

痴漢の被害に遭った女性は

身動きの取れないほどの混雑を見せたセンター街では、胸や尻を揉まれたという被害を訴える女性も複数おり、顔の見えない仮装をしている男性の中には「もちろん揉みたいです。
合法的に」「これ(衣装)が無かったら無理ですけど、これがあるおかげで何でも出来ちゃう」と話す者もいた。

路上では喧嘩も

さらには路上で喧嘩も勃発、殴る蹴るの暴行を受け倒れる男性の姿も見られた。こうした渋谷のあまりの狂乱ぶりに、渡辺ADはすっかり怯えきった様子で、
「一生渋谷のハロウィーンに行きたくないと思った」三谷に「お母さんに会いたい、帰りたい」「渋谷はもういいです」と話していた。

こうした有様に、海外メディアも「逮捕者のせいで見苦しいものに変わった渋谷のハロウィーン・(シンガポール)「遊び狂った東京のハロウィーン!建物の屋上も燃える」(台湾メディア)と、厳しい見方を示している。

小野寿幸理事長
この騒動に、長谷部健・渋谷区長は「色々とアイデアはあって、代々木公園を使えないかとか、有料制にするイベントが出来ないか」と、来年以降の対応策を示唆。
また、商店街振興組合の小野理事長の「僕はもう3~4年前からハロウィーンじゃないんだと、これは“変態仮装だ“」という厳しいコメントはネットでも大きな話題を呼んだ。

小林秀章さん
 仮装のベテランで、“セーラー服おじさん“として知られる小林秀章さんは「変態仮装行列だっていうお怒りはごもっとも。祭りをやれっていったけど、暴動やれよとは頼んでない。
コミケを見習え!東京ビックサイトには1日に20万人来るんです。それを40年、90回開催しているけど。暴動はただの一回も起きてない。やっぱり自分たちのお祭りだと思っているから。
問題が起きて来年から無くなっちゃったら自分たちが困る」と厳しく批判した。

取材を終えて、「カメラに群がってくるのを見ると、見てほしいという気持が強いと思った」という三谷アナに、
元セクシー女優の鈴木涼美氏は「SNSの流行とリンクしていて、特にインスタとの相性がいい。
普段は派手な格好しない人でも抵抗なく仮装して露出できるというのもあると思う」とした上で、有料化の効果に疑問を呈した。

大王製紙元会長の井川意高氏はハロウィーンで暴れまわる若者たちについて「渋谷や六本木では30年くらい前からおしゃれな外国人がハロウィーンの仮装をしていたが、
それを日本人もやるようになったということ。もともと日本人には稲刈りが終わった後の秋祭りとか、騒ぎたい気持がある。だからあれは田舎者の秋祭りの血が騒いでるんだと思う。
やりたいんだったら自分の田舎に帰って盆踊りで踊ってろと言いたい」とコメントしていた。(AbemaTV/『Abema的ニュースショー』より)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00010008-abema-soci&p=1

【【二度と行きたくない】テレビ朝日・三谷紬アナ新人AD連れ渋谷ハロウィーンで乱闘を目の当たりに 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
tamagawatooru-1

 30日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は東京・渋谷で繰り広げられたハロウィーン暴動を特集した。

 27日深夜には暴徒化した若者により軽トラックが横転。さらにケンカ、痴漢、盗撮などで5人が逮捕されるなど迷惑行為が横行した。渋谷区の長谷部健区長(46)までが苦言を呈する事態となった。

 テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は「行政側が条例を作って徹底的に禁止したら何が起こるんでしょうね? 要するに渋谷の交差点、ワールドカップにしろ、本来はダメなこと。交差点ですから」と改善案を提案する一方で、大騒ぎをする若者の動機に焦点をあてた。

「心理の中に『本当はダメだ』って分かっている部分もあると思う。決まりを破るところに、気持ちよさを感じる部分もある。『本当はこういうところダメなのに』っていうところだから、成立している。安全な場所、例えば『山奥の広場を提供しますよ。集まってください!』と言っても、行かないんじゃないか」と分析した。

 渋谷への若者の出入りを禁じ、ルールに定められた場所でイベントを行っても効果は薄いといい「通常だったらここは止まって騒いだりできる場所じゃないわけですよ。何か決まりを破っているところの快感が、若いから(ある)。若い時、自分でも思い返しても『やっちゃいけないことをやりたい』っていう部分がすごくあったから」。

 蛮行を批判しつつも、自身の青春時代を振り返り、快感を得たいという心理には一定の理解を示した。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1171921/

【【テレビ朝日】玉川徹氏 渋谷ハロウィーン暴動を批判も若者の心理には理解「決まりを破るところに気持ちよさを感じる」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「Mステ」新サブMCに並木万里菜アナ、タモリからの助言は「向上心はいらない」

テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」の新たなサブMCに、テレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが就任することが発表された。

1986年に放送がスタートし今秋で放送33年目に突入した「ミュージックステーション」。MC・タモリと共に進行を務めるサブMCは1996年4月以降テレビ朝日の女性アナウンサーが歴任している。今年の4月に同局に入社した並木アナはこれまで5年にわたりサブMCを担当した弘中綾香アナウンサーに代わる形で、本日10月19日(金)放送の「ミュージックステーション 2時間SP」から番組に参加する。

昨日10月18日には東京・テレビ朝日のスタジオで新サブMCの発表会見が行われた。下平さやか、武内絵美、堂真理子、竹内由恵、弘中綾香と歴代のサブMCも駆け付ける中、Mステ名物の大階段から姿を見せた並木アナは緊張の面持ちを浮かべながら集まった報道陣に一礼し、自己紹介をした。

サブMC就任を伝えられたときの心境を司会者に問われると、彼女は「部長から言われたのですが、頭が真っ白になって心臓が2、3秒止まりました」と当時の状況を吐露。「それくらいに衝撃的でしたが、『光栄なことだよ』と言われ『がんばろう』と思いました」と続ける。両親にこのことを伝えると母親からは「嘘でしょ、信じられない」と返されたというが、並木アナは「ほとんどの皆さんが私を知らない中ですが、自分ができることを精一杯やって。謙虚にまっすぐ、生の音楽の楽しさを伝えられたらと思います」と意気込みを語った。

集まった先輩からは並木アナへのエールとして、5者5様のアドバイスが送られた。9月までサブMCを務めていた弘中アナは「『ホントに私でいいのか』と思うときが来ると思います。私もそうやって放送中に心が折れそうになったことが何度かあったんですが、そういうときは開き直る! 『私しかこのイスには座れない』と言い聞かせて、自信を持って明日からがんばってください」と力強い言葉で並木アナに語りかけ、これを聞いた並木アナは「心がギュッとつかまれました。1つひとつの言葉に重みしかないです」と感慨深げにメッセージを噛みしめていた。

「この中で『私が1番だ』と思うことは?」という質問に対し、「知らないという事」とボードに書き込んだ並木アナ。彼女は「知らないことを1つひとつ経験していって、成長していきたいなという思いをこめてこの答えにしました」と報道陣に思いを伝える。最後に改めて意気込みを問われると「この間タモリさんにご挨拶にうかがったとき『向上心はいらない。反省はしなくていい』という深い言葉をいただきました。まだこの言葉の意味はわからないですが、経験の中で意味が汲み取れるよう、がんばっていきます」とコメント。5人の歴代MCからバトンを受け取るようなポーズで写真撮影を行い会見を終えた。

◆テレビ朝日系「ミュージックステーション」

2018年10月19日(金)20:00~21:48
<出演者および披露曲>
・嵐「君のうた」
・E-girls「Perfect World」
・King & Prince「Memorial」
・ジェジュン「Defiance」
・Superfly「Gifts」
・HYDE「FAKE DIVINE」
・BUMP OF CHICKEN「話がしたいよ」応援ゲスト:佐藤健 / 高橋一生
・MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン「ウマーベラス」


「ミュージックステーション」歴代のサブMC。中央右が並木万里菜アナウンサー。
no title

並木万里菜
no title

no title

並木万里菜(右)にアドバイスを送る弘中綾香(左)。
no title


https://natalie.mu/music/news/304314

【「Mステ」新サブMCに並木万里菜アナ、タモリからの助言は「向上心はいらない」 】の続きを読む

このページのトップヘ