ジャックログ 2chJacklog

ジャックログは 2ch ニュース まとめサイトです。

トップページ > 朝日新聞・テレビ朝日

朝日新聞・テレビ朝日

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
f45b84952a2ce076336d43c5ba7a5d6e

8日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)では、新宿駅前からの中継が行われたのだが、そこに通行人の女性が乱入する騒動が発生。ただならぬ様相にインターネット上が騒然となっている。

■新宿駅前から台風中継
同番組では、交通機関への影響を伝えるため、新宿駅前から気象情報担当の森川夕貴アナウンサーが中継を行なった。

森川アナは、強風の影響で体に雨が吹き付けてくるような状況を伝え、突風によって自転車が倒されている様子をリポート。すると、森川アナの後ろにピンクの帽子を被り、チェック柄のシャツに長ズボン、片手に傘をさし、リュックを背負った中性的な女性が登場。

女性はカメラを意識して立ち尽くし、カメラが向きを変えるのに合わせて、必死に映り込もうとしていた。

■スタッフの制止も聞かず…
続いて、森川アナが場所を移動しながらバスや電車の運行状況を伝えるも、女性は森川アナの後ろについて移動し、映り込むチャンスを伺う。途中、スタッフが女性の制止を試みるも、女性はまるで聞く耳を持たない様子。

次に駅で雨宿りをする人々の様子を伝えようと、中継カメラが森川アナから改札口前に大きく角度を変えると、女性は小走りでカメラの前へ。

カメラが何度も向きを変えても、はしゃぐわけでもなく、呆然とした表情で執拗に映り込んでくる女性。中継の後半では女性を映さないようにとカメラの向きが目まぐるしく変わり、最終的には高い位置に設置された駅の電光掲示板をアップで抜くという対応が取られた。

■女性の乱入に視聴者騒然「怖い」
この中継での様子にインターネット上は騒然。無表情で映り込む姿に「怖い」との声が相次いでいる。

https://www.news-postseven.com/archives/20180809_738634.html 
【『報道ステーション』台風中継に女性が乱入 妨害行為が「怖すぎる」と騒然】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
yasuda-5

テレビ朝日
「発言の意図が不明な事や安田さんに危害が加わる可能性がある事から放送を控えてきた。
安田さんの妻が会見で発言に言及したため放送する事にした」

テレ朝 説明の動画
https://twitter.com/YES777777777/status/1026748387260096512

▼ネット上のコメント

・被写体に危害が及ぶ可能性があるから韓国人という発言は削除するが、
被写体に危害が及ぶ可能性があるにもかかわらずオウムにビデオは見せる。

・「安田さんに危害が加わる恐れ」ってそもそも国内で放送してそれを奴らが見てるわけがないし、
その部分を放送しようがしまいが拘束されてる時点で危害が加わる恐れがのに。

・以前からずっと思ってることですが、メデイアとは勝手に編集して偏向したり、勝手に決めつけるのではなく、
真実だけを伝えてそれを視聴者や購読者に判断してもらうのが当然の形だと思うのですが、
彼らは真実よりもそれが都合悪いと思えば『伝えない』と言う判断を勝手にしてしまう。

・理由になりませんね。他の大きな力が働いたと思ってしまいました。

・報道しない自由を恣意的に使ってきた結果でしょ?「韓国」というキーワードを持て余してるだけやん。

・何故、韓国人と知れたら危害が及ぶの?まだ囚われの身だから、
何人であろうと危機的状況なのに違いは無いのに。意味不明。

・報道しない自由と断言して欲しかった。

・テレ朝の母国である韓国に害が及ぶ可能性があるためカットした?

https://snjpn.net/archives/61948
 
前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533696976/

関連スレ
【テレビ】安田純平「韓国人です」編集カットはなぜ行われた?報道の本質すら歪めるテレビの”忖度”が浮き彫りに
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533202419/

【ニュース番組】シリア拘束の安田純平の新映像 TBS、日テレ→ウマル発言あり、韓国人発言なし テレ朝→完全カット★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533123647
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【【テレビ朝日】安田純平の「韓国人です」発言をニュースでカットした理由「安田さんに危害が加わる可能性があったから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
AAzG37V

テレ朝、岡山工場爆発で無関係の動画放送…謝罪
読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180712-OYT1T50084.html

6日に岡山県内で発生した工場爆発の場面として、テレビ朝日が番組内で放送した動画が、事故と無関係のものだったとして、同局は12日朝の情報番組「グッド!モーニング」内で「放送する際の確認が不足していた」と謝罪した。

同局広報部によると、8日放送の「サンデーLIVE!!」と9日放送の「グッド!モーニング」で動画を使用した。動画を提供した視聴者が、インターネット上に投稿された動画と認めたため、偽物と判断したという。

工場爆発の映像については、共同通信とフジテレビが誤った映像を使用したことを認め、謝罪している。

【【テレ朝】岡山工場爆発で事故と無関係の動画放送…謝罪 共同通信とフジテレビに続き 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
240px-Flag_of_the_Asahi_Shinbun_Company

「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した - 2018ワールドカップ:朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル

忠鉢信一

「13」最高のスタジアムを巡る旅
(28日、日本0―1ポーランド サッカー・ワールドカップ)

 0―1で負けていたポーランド戦の終盤、日本は勝利を目指すことを放棄して、パス回しをして試合を終えました。コロンビアがセネガルに勝ったことで、日本は2大会ぶりに決勝トーナメントへ進出できたのですが、西野朗監督の判断について賛否両論がわき起こっています。

 西野監督本人や選手も含めた賛成派の人たちは、決勝トーナメントに進むことがチームの目的で、そのために必要なことをした、と主張します。しかし日本は試合の途中で敗戦を受け入れたのですから、決勝トーナメントに進めたのは、同時進行だった別会場の試合でコロンビアがセネガルに勝ったおかげです。確率だ、読みだ、と言ったところで、「サッカーくじ」を当てたようなもの。決勝トーナメント進出のために最善を尽くしたとは言えません。

 賛成派と反対派の意見が一致するのは、見ていてつまらなかった、負けて「勝ち進む」のは煮え切らない、といった感情です。同じ感情が、賛成派にも反対派にも起きるところに、モヤモヤの根本がありそうです。

 日本サッカー協会(JFA)は、それを「大切に思うこと」という言葉で表しています。サッカーそのものやサッカーを愛する人を「大切に思うこと」は、サッカーの価値が社会で認められ、サッカーを発展させていくには、欠かせないことだという考えです。

 具体的にどうすることなのか。「JFAサッカー行動規範」が明確です。その一番初めに「最善の努力」という項目があります。

 「1 最善の努力 どんな状況でも、勝利のため、またひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーする」

 W杯の決勝トーナメントに進むためならば、勝利のために、ひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーしなくてもよい、という行動規範はありません。

 国際サッカー連盟(FIFA)にも、「フットボール行動規範」があります。FIFAはこの行動規範でスポーツのモラルと基本的な倫理を示し、いかなる重圧や影響のもとでもこれを支持し、そのために戦うと宣言しています。一番初めに「勝つためにプレーする」という項目があります。

 「1 勝つためにプレーする 勝利はあらゆる試合のプレーする目的です。負けを目指してはいけません。もしも勝つためにプレーしないのならば、あなたは相手をだまし、見ている人を欺き、そして自分自身にうそをついています。強い相手にあきらめず、弱い相手に手加減してはなりません。全力を出さないことは、相手への侮辱です。試合終了の笛が鳴るまで、勝つためにプレーしなさい」

 テレビでは賛成派の解説者やコメンテーターが口々に、目的を果たせばどんな方法でも良い、と力説しています。川淵三郎JFA相談役まで「名監督誕生」とツイッターで褒めています。一方で外国から批判を浴びているのは、ポーランド戦の終盤がつまらなかったからでなく、勝利を目指さずに決勝トーナメントに進もうとしたことがフェアプレーでないからです。「フェアで強い日本を目指す」と宣言しているJFAは、西野監督にJFAとFIFAの行動規範の順守と、世界標準のフェアプレーを求めないのでしょうか。

 日本は世界のサッカーを敵に回してしまったのかもしれません。勝って自分たちの正しさを証明する、という使命感を持つのは悪くないことかもしれませんが、相手は優勝も狙えると評される強豪ベルギー。負ければ非難されるかもしれないという不安は、本来ならばないはずの重荷です。


https://www.asahi.com/articles/ASL6Z0575L6YUTQP03K.html 
【【朝日新聞】「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した (忠鉢信一)】の続きを読む

このページのトップヘ